etc V


記事は上に追加されます

<バシャール>(2011年1月4日〜12日)


「テル」のエムニマさんがユーチューブでバシャールを見つけて載せています。
バシャール

パレレル世界についての説明があるので見てみると参考になるでしょう。
<動画の意味>(2011年1月12日)


エムニマさんが貼り付けてくれた動画を見た人が
「相似象を知っていたので、ダリル氏の言っていることの意味が分かった」という感想を送ってくれました。
もし、相似象を知らなかったら、この動画の言葉を理解できなかったろう、と。

相似象は特定の宗教でも思想でもありません。
単なる「物理」なんです。
それは法則なので、いかなる主義主張とも対立することが有りません。
そもそも、法則なので一個人の思想や宗教などと対立するわけが無いのです。
ただひたすら「この世界の法則」を感情を交えずに淡々と説明したものです。

ヘミシンクの坂本氏によれば、あの世には幾つもの段階があり、
死んだ霊はあの世の段階の途中で引っかかってしまうことがあるのだそうです。
というか、そういう霊が多いらしい。
それはキリスト教などの宗教や特定の思想などです。
「これこそ一番」「これが正しい」と思っていると、その思想の世界に魂が留まってしまい、
救い出すのが大変なんだそうです。

今までの死んだ人=霊は、ヘミシンクやる人が救出していますが、これからはどうでしょう?
それは可能でしょうか?

特定の思想に囚われず、ただ、思考力をフル回転させよ、という当たり前のことしか言ってない
相似象は便利だと思います。

<2011年がどんな年になるか>
(2011年1月2日)

2011年

テーマ:サインとかメッセージとか

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
今年が私たちにとってどんな年となるか占いました。

キーワードとして「指導者」と出ています。
アメジスト→「危険」:熟考
アクアマリン→「協力」:協力関係
カーネリアン→「協力」:方策を練る
ローズクウォーツ→「家族・友人」:いたわりの心
トルマリン→「健康」:今すぐに動き出す

続きは「Sunrise」で。

<来年の運勢>(2010年12月27日)


「とんぱ。」で秘数による来年の運勢をupしてます。

<パラレル世界>(2010年12月26日〜29日)  最新記事へ


パラレル・ワールドのことです。

浅川ヨシトミ氏とペトル・ホボット氏の対談本にパラレル世界のことが出ていました。
◆南米のUMA、チュパカブラはパラレル世界から来た
◆その他のUMAもパラレル世界から来た
◆古代の壁画に恐竜が描かれているのは、パラレル世界から来た恐竜を描いた
◆北極に穴が有り、そこから地底世界へ行った人が居るという話。
   あれはこの世界の地底では無く、パラレル世界へ行ったのだ

などです。

本の内容についてはこちらに詳しく載っています。
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-95.html



ギリスのこう言っては悪いがちゃちなSFXを使ったテレビ番組「プライミーバル」もパラレル世界を描いています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB

アメリカのテレビドラマ「チャーリー・ジェイド」もパラレル世界を描いています。
主人公は三つの世界を行き来出来るという特殊な能力を持っています。
(途中まで見たが主役の顔が嫌いなので途中で挫折しました)

アメリカのテレビドラマ「スターゲイト」もパラレル世界を描いているそうです。
これはまだ見ていません。


今人気上昇中で見るとはまってしまうアメリカのテレビドラマ「フリンジ」もパラレル世界を描いています。



海外、特にアメリカではパラレル世界のことがドラマ化されています。
日本ではまだありません。
アメリカの精神世界の本(トンデモ本)でいち早くパラレル世界が注目されているのでしょうか?


日本ではパラレル世界のテレビドラマは無いが、ネットでは見つけることができます。
「宇宙のこっくり亭/パラレルワールドへの入り口」が参考になります。


最近と言わず以前からですが、変な事件が多いですね。
茨城県でバスの乗客を無差別に包丁で刺した人や、
同棲相手の子供が自分に懐かないからと踏み潰したり、トンデモない行動に出る人が多い。
これは今、地球が光を増しているそうで(太陽だったか、宇宙だったかもしれない)
光に耐えられない人がこのような破滅的な行動を取るようです。

かと思えば生活保護を受けるほどでは無い人、
保護を受けると車などを取りあげられるので、保護は受けられないが生活が困窮している人に
企業からもらった食料品を届ける活動を始めた人達が居たり、行動が両極端になっているようです。
これは光を増した地球(太陽系?宇宙?)に同調して、
自分が気づいた、楽しいと思うことを始める人が増えているということです。




自分の意識が行動や生活や交友相手を選び、未来を選んでいると言えます。
<未来を選ぶ自分の意識>(2010年12月27日)


アメリカの眠れるチャネラー、エドガー・ケイシーが
「日本は今世紀中(20世紀)に沈むだろう(沈まなくてはならない)」と”予言”していました。
(正確な言葉は違うだろうが)
アメリカのスカリオンというチャネラーも日本の沈没を予想していました。

http://www.asyura2.com/2002/bd17/msg/693.html
ここにスカリオンの世界地図が有ります。
http://homepage1.nifty.com/akashic/cayce.html

アメリカ人はエドガー・ケイシーやスカリオンの予想を基にしているのでしょう。
映画「2012」でも日本はいち早く海に沈んでしまいます。
http://oyoyo7.blog100.fc2.com/blog-entry-805.html



このようにアメリカ(欧米?)では、「日本が沈む」という予想が主流のようです。
日本は小さな島国なので感覚的にもそれは分かります。
大陸が沈むのは考えられないが、島なら簡単に予想できますよね。

でも、日月神は
「日本はお土が上がる。ガイコクはお土が下がる」と言ってます。
日本の国土は隆起し、外国は沈没してしまう、と。

この二つの予言は正反対ですね。
何故なのか?と疑問でしたが、分かりました。
パラレル世界です。
日本が沈む未来を選ぶ人と日本が沈まない世界を選ぶ人とが居る。
どの時点で選んだのか、沈んだり沈まなかったりする”未来”はいつなのか?


エドガー・ケイシーは「今世紀中に日本は沈むだろう(沈まなければならない)」
と、予言したことは実は既に成就していたのではないか?
私達が生きているこの世界ではなく、もう一つのパラレル世界の方では成就していた。
そっちの世界ではケイシーの予言通り、日本は沈んでしまった・・・
そっちの世界というのは「ガイコク」ですかね。
日本人以外の国なら日本が沈んだって何も問題ありませんから。

で、私達が住んでいる世界ではそれは起こらなかったので(人類がその未来を選択しなかったので)
日本は沈んでいないのだ、と言えませんか?
つまり今、自分が住んでいる世界に住んでいる人達は「日本が沈まない方」を選択した。

1999年のノストラダムスの予言
「空から恐怖の大王が降って来る」(降りてくる?)
他の世界(パラレル世界)では既に成就したのかもしれません。
私達の世界は「それを選択しなかっただけ」なのでは?
今、この世界に住んでいるのは「恐怖の大王が降って来ることを選択しなかった魂だけ」
これはただの思いつきなのであまり信じないで欲しいのですが。




トンデモですが、つい最近こういう情報が入って来ました。
先日某県で黒い粉が降り、それは富士山の火山灰だと分かりました。
実は或る人(と、その人に賛同する多くの人達)が宇宙から何かを召喚しようとしていたらしい、
という情報が入ったのです。
これは別に秘密ではなくて、その「或る人」が自分のブログに書いているのかもしれません。
(まだ確認していません)

宇宙から何かを召喚することは、意識してか無意識にかそれは分かりません。
(この人は自分の意識としては「良いこと」をしているのです。
  サイトでも盛んにアセンションなどと語っています。
  賛同する人も多く閲覧者数は多く、ブログランキングの上位にいます。
  伊勢なんとか、という人では有りません。
  この人は火山灰が降ったところに住んでいて、
  宇宙から何かの存在を自分の所に呼ぼうとしていたらしい)

で、そのエネルギーによって富士山が噴火するところだったらしい。
でも日本人の意識(魂)が富士山の噴火を選択しなかったそうです。
しかし宇宙からエネルギーが来ていたことは来ていたので、あのような中途半端なこと
(火山灰が噴出す)になったと言います。

(※この黒い粉は※軍によりケム・トレイルだという話も有ります)

意識によって「大難が小難に」なります。
しかしこの件も「富士山が噴火する方の未来」を選んだ魂は居たのかもしれません。
私達が住んでいる世界では富士山は噴火しませんでしたが、
それは私達、つまり私(自分)が、そっちを選んだのだとも言えます。


この件はトンデモなので誰かカードでもペンジュラムでも調べてくれると助かります。
<分裂する未来>


ジュネさんが言うには「地球は幾つも有る」のだそうです。
これはパラレル世界のことでしょう。
未来ではなくて既に分裂しているのかもしれません。
過去にも分裂し、その片方の地球に今、私が生きているのかもしれません。
そして何度も地球は分裂して数を増しているのかもしれません。

「インセプション」という映画を見ました。
そこは個人の夢の世界なのですが、そこに登場する人は
自分とメンバーの数人。
それ以外の登場人物は夢を見ている本人の心が生んだ産物なのです。
そこに知人が出て来てもそれは知人そのものでは有りません。
夢を見ている本人の心の中にある「投影」だと言うのです。

実はこの「投影」という考え方はたしかバシャールも言ってました。
(坂本政道氏との対談で)

未来は分裂して行く(既に分裂していると私は思います)が、
そこに友人知人が登場していても、それは自分の心の投影だとしたら・・・
ではその友人知人はどこに居るのでしょうか?
それは友人知人の意識が有る世界、パラレル世界に居るのでしょう。
友人知人の意識が存在している世界に、私も居ますが、それは友人知人の心が生んだ私の姿の投影です。
と、いうことらしいです。

ハリウッド映画はこのような点で凄いと思います。
トンデモなことを一早く受け取って消化し、それを映画にしているのだから。
映画にするには数年掛かるので、数年前からこのような案(企画)を持っていた、ということですから
アメリカの底力は凄いですね。




PANDORAで何度も記事にして来た本。
「ピラミッド予言」の話です。
これは大きく分けて上・中・下の生き方を人類が選んでいる、という話です。
人類はその三つの道のどれでも一瞬で選べる。
ただ、下の生き方をしている人が簡単には中や上の生きかたを選ぶことは実際にはとても困難でしょう。
上の生きかたをしている人が一瞬で堕ちて下の生き方になるのは簡単だと思います。
そういう人は実際にいます。
ただ何となく楽しく明るく生きている人など、危ないです。
やはり物事を分からないと一瞬で堕ちたり、物事が分からなくて誤解しては意識が暗くなって堕ちて行くとか
普通にあることです。
特に特殊な能力を持った人達。
霊能者やチャネラーなどは、そういう能力が無い人より危ない。
ここはやはり地道に自分の判断力を増して生きることを選択した方が無難だと思います。
<分裂(分岐点)は2012年(?)>(2010年12月29日)


「宇宙のこっくり亭」http://blog.goo.ne.jp/konsaruseijinによれば
バシャールによれば、「地球人類の変化は、2012年に突如として起きるものではなく、
もっと時間がかかる」という。この考え方も、今ではすっかり定着した感がある。
というより、バシャール(および、チャネラーのダリル・アンカ氏)こそが、
この考え方を定着させた精神世界のオピニオン・リーダーのひとりだ。 

もうひとつの特徴としては、
「地球は2012年を境として、パラレルワールドに突入する」というもの。
これこそが、バシャールのアセンション観における、最大の特徴といえるだろう。
要は、「ポジティブな人の地球と、ネガティブな人の地球。
われらが地球は、この2つに分かれる」ということらしい。
いや、2つどころではない。もっと多くの、パラレルな地球が分岐していく。
2012年は、その引き返せない分岐点。
ここから、人々は無数の「地球」に分かれていってしまう。
とはいうものの、さしあたっては大きく2つに分かれる。

ひとつは、これまでの地球と同じように、ハテしなく生き残り合戦が続いていく闘争の世界としての地球。
もう一つは、愛と思いやりにあふれる、平和な理想郷としての地球だ。
実際には、こんな風に単純に二極分化するわけではなく、
この2つの間に、無数のバージョンの地球が生まれる。
  
今までの地球は、強固な「物理的現実」として、われわれ地球居住者の前に立ちはだかっていた。
それは、ある意味で皆の共有財産。
地球に居住する者たちが全員で、
この殺伐としたサバイバル・ゲームの惑星という、たった一つの現実を共有していたのだ。
でも、これからは違うという。地球は、今までほど強固な「現実」ではなくなる。
それは、いわば「仮想現実」のように、各人の意識を反映したオーダーメイド(?)の世界になるという。
 
つまり、同じ「地球」という惑星に住んでいても、それぞれが違う世界を体験しているということになる。
地球は、皆で一緒の物理的な現実を体験する場から、
それぞれに異なる意識的な現実(?)を体験する場に変わる。
まさしく、「同床異夢」を絵に描いたような世界。これは、驚天動地の変化だ。
 
2012年こそが、その分岐点。この年を境に、世界はプリズムのように分かれてしまう。 


そっか、まだ分岐してなかったんですね。
早とちりしました(汗

この2012年12月22日ですが、2011年10月28日であるという説もあります。

それはともかく海外の映画やドラマでパラレル世界のことを題材にした作品が増えていることは
来るべき人類の分岐点を「魂次元で分かる人」「縁の有る人」「トンデモに興味が有る人」「心が柔軟な人」
に知らせるという意味が有るのかもしれません。
私はそうだと思いますが。

<魂の出自>(2010年12月15日)


リサ・ロイヤル監修の「ギャラクティック・ルーツ・カード」を買いました。
数ヶ月前にネットで見つけて(いいな)と興味を持ち
そのまま忘れていたら、nananagaさんのブログ
「nananaga随想記」で記事になっていたので、アマゾンで買ったのです。


ジュネさんの解読で「魂の出自」を教えてもらえますが
出自って一つでは無いんですね。
魂はあちこちの星を巡っているので。
その中でも縁が深い星とか、
今世に最も影響を与えている星とか、
今、どの星からの影響を受けていますか?とか、
そういうコトを訊くならカードでも充分だと思うんです。


このカードは単に「私の魂の故郷の星はどこですか?」という
質問をするための道具では無い、と説明書にはありますが
それを訊くな、とは書いてないので(わらい)
さっそく
「私の魂の出自はどこですか?」と念じて
カードを切ってから布の上でシャッフルし、
束にまとめてから左手で半分にして
下の方の一番上を取りました。そこには・・・


「7/無条件の愛/アークトゥルス/パラレル」とありました。
カードには過去、現在、未来と、時間と無関係のパラレルがありますが、
私はパラレルでした。
パラレルとはパラレル世界で時間が無い世界のことです。
アークトゥルスには時間が無いのだそうです。
(プレアデスは三次元世界だそうです)
「PANDORAはどこからサポートを受けていますか?」
「102/錬金術/エササニ/パラレル」

またパラレルが出ました。


本文には「無条件の愛」に関する説明が載っていますがここでは省きます。
またカードは全部で108枚あり、
小さい数字(統合)→中くらいの数字(分離)→大きな数字(統合)となっています。
統合から始まり、分離し、再統合。
なので私が引いた数字は両方、統合という意味です。

nananagaさんが買った「サイキック・タロット」も面白そうですが、
私はこっちを買ってみました。






<マヤ暦の日記>(2010年11月20日〜21日)


「nananaga随想記」のnananagaさんから。

最近は、ふと思いついたことをやってみることのおもしろさを感じてます!
意外な結果が現れて楽しいです^^

知人から買ったマヤ暦の日記をやり始めてこの傾向が強まりました。
(知人の手作りです!)
マヤ暦を基にした日記をするとシンクロが加速すると聞いて、実験してます^^
(PANDORAにもありましたね!)
同じ知人のマヤ暦の日記をやってて、美輪明宏に会いたいと思ってた人が
勤めてる喫茶店に本人が来て、30分くらい話したという話もあります。
(美輪さんが来てる間は二人以外誰もいなかったそうです)
なんかおもしろいですよね^^

新年のとりかたが、他のマヤ暦とは違ってて、そこは色々な考え方があるみたいです。
それについては今本を読んで勉強してますw


ぜひ、結果を教えてください。
マヤ暦で生きるとシンクロニシティが沢山起こるそうです。
つまり毎日を「今日は(マヤ暦の)何の日」と意識して生きる。
そのためには日記をつけたり、予定を書き入れたりすると良いでしょうが
私は日記をつける習慣が有りません。
不味いです。


マヤ暦の日記を売っている知人のサイトのリンクを貼ります!
http://ameblo.jp/arigatounikki-jhonco/

ついでに、美輪明宏が店に来た友人のブログも貼ります!
トンデモでおもしろいのでw
http://ameblo.jp/a-tanasami1015/

<尖閣諸島のことを易で占った人>(2010年11月9日)


「石井清龍の本筮易」の最新記事(2010年11月7日)より一部抜粋。

尖閣諸島や今後の中国と日本の関係が心配になり占ってみました。
尖閣諸島を中国側が奪い取る意欲がすさまじくて、中国の物に成るまで野獣のように噛み付いて来る。
また尖閣諸島を日本のものとするならば、それは日本に対して莫大なお金を奪える手段として、
中国は尖閣問題を利用する、というのが答えでした。

(以下略)

以下、暗澹とする未来が書いてあります。
下はその易日記の最後の部分です。

嘆きの深い苦しい意識を持ったまま
うごめくあの世の魂達は莫大な量だそうです。
自分の苦しみを伝えたくてこのユタさんに
ものすごく沢山の悩める意識が殺到している様子が易に出ました。

ユタさんは彼らの苦悩をスピーカー役として受け止めているようですが、
伝わってくるメッセージの出所をはっきりと確認することは難しいようです。
つまり届くジャンクメールと同じように、この世もあの世も配信元は疑わしいと言うことです。



あの世の霊のことはゲリー・ボーネルの自伝にも出て来ます。
自分が死んだことに気づかず、時間を越えた世界に囚われている霊が居る。
霊は自分が取り憑く相手に憑いて行く。
ゲリー氏もそういう霊に憑依されたことがあり、その時は自力では取ることが出来ず
他人の力を借りて数週間も苦労したそうですよ。

だからやたらなことはしない方がいい。
チャネリングなどは自分がしっかりしてからやった方がいいですね。
一にも二にも自分の感覚と判断力をマットウなものにすることが求められますね。

<11月のメッセージ>(2010年11月1日)


ホラリー占星術の「Truth&Integrity」に11月のメッセージが載っています。
素晴らしいので一部掲載します。



日本の社会は逆行中の金星で表れ、不安定な世論に反応しやすく
厳しい状況であるようです。
政府筋や経団連などの諸問題への対応には不備が多いため、
いつものごとく、その場しのぎで不要に税金投入などで浪費をしたり、
社会的な信用の損失を引き起こすなど、さらに足下を救われる状況に
陥りやすいのではないでしょうか。
とはいえ、国民それぞれの意志の力が強くなりつつありますので、
政治や社会中枢を抑えていた者達の力が衰えていることや
それらが底の浅い自堕落な実体であることなど、
既に多数の国民から本性を見破られていますが、
形骸化した体制を守る者達からするとそのままにしてはいられず、
とにかく国民には八方美人に愛想を振りまいて
腐敗した実体を誤魔化すことに必死になっているようです。
そのためにも同じ穴の狢であるマスコミとタッグを組み、
似たような娯楽番組をたくさん流して煙に巻くか、
尖閣諸島問題やその他政治関係でも都合が悪い情報は編集するなど、
世の中には問題なんて無いかのごとく
国民の耳元にピッタリと張り付いて聞こえの良い話しを囁き続け、
真実を必死になって隠そうとしているようです。

そのような誤魔化し情報もかえって不自然すぎて違和感が生じやすく、
それを不快に感じる人は、ますます自分なりに考察していきますので
徐々に状況に応じた対応ができる判断力を身に付けるでしょう。
しかし、ただただ安心を見出したい人からすればそれら偽情報でも救いであり、
与えられる虚構のビジョンにすがって満足する人もいるのではないかと思います。
しかし、そのような安心を求める人でさえ、
内心それで良いのかと落ち着かない気持にさせられるくらい
不自然な情報が蔓延してくるのではないでしょうか。

それだけに、事実を求める人からすると、今までの情報を得るやり方では
満足できなくなるのは当然でしょうし、
既成のメディアから離れる人が増えているとも聞きます。
実際テレビや新聞の情報は歪曲されている事は周知の事実とされて、
視聴率や新聞発行数の低下など既にマスコミ離れも起こしており、
ネットからの情報を信じる人も増えているようです。
とはいえ、今後はネットの情報でさえ個人の判断力と情報収集力を
試されるようになりそうです。
そうやって情報を見る目を鍛えられていくと、
それぞれ正しい情報を得る力に繋がりますし、
既成概念の殻を破り柔軟な思考ができる人になっていくと思われます。
世の中が難しくなればなるほど、より柔軟性に富んだ人達が
増えていくのではないでしょうか。

世界的な面で見た日本としては、外国が関わる日本へのトラブルは、
多くが日本をターゲットに絞った攻撃をしかけていると言っても
決して過言ではないでしょう。
例えば領土問題しかり、中国の暴動的な反日運動や水利権に絡む問題など、
あきらかに日本の政治家が緩んでいるこの時期を好機として
仕掛けてきていると思われます。
実際、現在の政府がグダグダでろくな対抗ができないのが問題ですが、
それはそれで、国民的にも日本にトラブルを仕掛ける国の真実を見せ、
今後の外交姿勢を見直せる好機に繋がるかもしれません。

とはいえ、中国など諸外国が仕掛ける他国への不穏な動きは、
自ら画策した思惑のコントロールから外れやすく
自分たちが放った攻撃が暴動の火の粉になって自らに返ってきたり、
他国から批判を受けたりなど、思いがけないマイナス結果が
もたらされるパターンになりやすいでしょう。
それだけ諸外国も内部に火種を抱えていて、
自らの足下が不安定になっている状況であるようです。


(以下略。続きはrindenさんのサイトで)


日月神示に
「世界が一つになりて(日本に)攻めて来る」という言葉が有ります。
これはどうも、今のこと、そして今から数年間のことでないかと思います。
どのようなことになっても、日本人は心に神を入れて(○にゝを入れて)
しっかり目覚めて生きて行きましょう。

<沖縄旅行記>(2010年10月26日〜27日)


10/21〜25まで沖縄本島(〜久高島)と石垣島(〜竹富島)へ行って来ました。
娘と謎の方(麻緒さん)と行く予定でした。
特に不思議なことは有りませんでしたがちょっと不思議なことは幾つかありました。

記事中の写真は同行者のYさん提供です。
<一緒に行った人>


一緒に行くはずだった麻緒さんが直前になって身体の具合が悪くなり行けなくなりました。
私も直前に風邪を引きくしゃみと鼻水が凄くてこりゃあ行けないかな、と思いましたが
20日には持ち直したので行けましたが、麻緒さんはもともと身体が弱いので断念したのです。
で、一緒に行ける人を探さなくてはいけません。

その時、絵のお客さんの中で度々(たびたび)PANDORAの感想や情報を送ってくれる人を思い出しました。
●独身女性
●都内在住
●自由業に近い仕事

という条件に合い、さらに
●私が顔を知っている(空港で待ち合わせるため)
●性格が良い

ことからYさんに「お誘いメール」を19日に出しました。
Yさんとは去年、社共の会とOFF会で会っていたのです。

でも、Yさんが参加できない場合のことを考えてPANDORAの「お知らせ」コーナーに
「沖縄に行きませんか?」という記事を載せておいたのです。


Yさんから19日の夜中に私に
「参加します」メールが来たので「お知らせ」欄に「決まりました」と記載しました。
これが20日です。
不思議なのはYさんが19日に友人と会って「どこか旅行に行きたいな」と会話していたことです。

わお!なんと!飛行機代がタダ!?
ぜひ行きたいです!ありがとうございます!
さっき「ああ〜旅行に行きたい」と友達と会って
話していたところです。
願望実現早すぎる…
仕事など色々あるけど
ありがたいお話、喜んで乗っかります^^


行き先は沖縄でなくても良いのですが、Yさんは以前から一度は行きたいと思っていたそうです。
<M資金>


私が沖縄に行くということを知った市内に住んでいるM氏が
「現地でお昼ご飯でも食べてください」とお餞別を1万円もくれました。
これを「M資金」と名づけて旅行中使わせていただきました。
<竹富島の水牛とヤモリ>


まず羽田から沖縄本島の那覇まで飛び、そこからすぐ石垣島へ行き、そこからすぐ
フェリーに乗って竹富島へ行きました。
羽田から飛行機に乗ってから雨になり、その時からずっと雨です。
台風13号の影響です。

竹富島は石垣島からフェリーで15分くらいのところにある島です。
ここは赤瓦と白い漆喰(しっくい)、或いはこの白はセメントかもしれませんが
素敵な屋根の家が沢山有る島でした。



残念ながら竹富島に居る間、雨は小降りになったり嵐になったりしていました。
この島は珊瑚礁から出来た島なので地面は珊瑚と貝で出来ていて白いのです。
砂のように見えるのは全て珊瑚と貝です。
観光客相手に水牛に引かせる車が島内を循環しています。
水牛は御者がサンシンを弾きながら民謡を歌うその歌に合わせて歩いていてとても可愛い。
島の人が観光客相手の観光業を始めたのですが、それを見てよいことだな、と思いました。

民宿で夕飯を食べていると明かりを目掛けて飛んで来る虫を
食べるために窓にヤモリが張り付いています。これも可愛かったです。


この民宿は朝夕二食付きで夕食時には泡盛飲み放題なので酒飲みには嬉しいし
水牛の馬車の通り道に建っているし宿の人の感じは良いしお勧めします。

が、ご飯は不味いです。
多分炊いたご飯をずっと保温しているからだと思う。
食事をするたびに(何故?)と思いました。
<竹富島海岸のエイ>


竹富島に居る間に奄美大島では台風によって土石流が起こり死者も出る被害が出ていました。
二日目にちょっと雨が上がったので海まで歩いて行き遠浅できれいな海に入ってちょっとだけ遊べました。
Yさんは水着を持ってくれば良かったと後悔していましたが。

釣りをしていた人が
「エイが来た!」と叫んだので見てみたら、
向こうから枕くらいの大きさのエイがやって来る。
私達のそばまで来ると水面に近いところまで上がって背中を見せて去って行きました。
私が釣り人に
「エイは釣らないんですか?」と訊いたら「毒針が有るから取らない」という答え。
エイの尻尾の先端に毒の針が有るそうです。

エイがこのような浅瀬に来るのは珍しいのではないかと思いましたね。
妄想ですが、このエイは私達に
「良く来たね」と挨拶をするために近くに来たのではないかと思います。
<石垣島のアヌビス(笑>


竹富島からフェリーに乗って石垣島へ渡ったらこの頃は雨も上がっていました。
バスターミナルから市場へ行こうとしたら野良犬が歩いている。
不思議なことにエジプト神話に出て来るジャッカル(山犬)の神、アヌビスそっくり。
毛の色はまだらだったので真っ黒なアヌビスとはそこは違いますが、体格が良くて尖った顔をして
堂々と胸を張って歩いている様子はアヌビスそのものでした。
市場へ行く道を私達を
「こっちですよ」と先導するかのように歩いてくれました。

那覇まで飛行機に乗る、その時刻まで石垣島の市場で買い物をしました。
この市場はなかなか面白かったです。

そうそう、沖縄の建物はエジプトの建物と似ています。
石垣島の市場はエジプトのスーク(市場)に似ています。
人間も明るく温厚親切で似ています。
街にヤシが沢山生えている所が似ている。

(※この記事を読んだ方から「私もその日、その場所に行ってましたとメールが来ました。
   その方は午後、この町を歩いたそうです。アヌビスも見たそうです)




後で行った那覇は大都会で便利ですが、あまり住んでみたいと思えません。
石垣島は規模が小さくて住み易そうです。
石垣島〜竹富島他を八重山諸島と言い、沖縄本島の辺りとは文化圏が違っているようです。
八重山は私達はヤエヤマと言いますが、現地人はヤイマと呼ぶらしい。
八重山諸島にはイリオモテジマ、ハテルマ、ヨナグニなどがあり、さらに南洋風のようです。
もうちょっとで台湾に行けます。
距離にして263キロとか(石垣島からか?)


もし、また沖縄へ行くことが有ったら今度はイリオモテ島に行きたいですね。
マングローブのジャングルの間の川を小船で進みたいです。
<沖縄本島〜南城市>


平成の大合併で南城市になったのではないかと思います。
(もともと南城市というのは有ったが、周辺の小さな町村と合併した)那覇市の東の方に有る町。
そのアザマ(安座間)という場所の民宿に泊まりました。

そこからちょっと離れた場所にセイファウタキというのがあります。
有名なパワースポットです。
ここは琉球王朝時代に、王様の女の家族、たとえば姉妹や娘などが王様を霊的に守るために居た場所です。

泊まった民宿がこの近く(と、言っても数キロ離れていますが)なので
到着した日に民宿のおじさんが車に乗せて行ってくれました。
沖縄のおじさんは皆さん優しく親切でお喋り、濃い顔をしています。
<斎場御嶽(せいふぁうたき)のイモリとうさぎ>


御嶽はウタキと読み、聖地のことです。
ここで祈りを捧げたりしていたらしい。
私はウタキにはあまり興味が無かったけれど、行ってみたらかなり神秘的な場所で気に入りました。

若いYさんは沖縄へ行く、と決めてから喉の辺りにグワシと違和感を感じそれでも
構わず参加しましたが、雨に降られたりして身体の調子が普段とは違って熱っぽく具合が悪そうでした。
でも身体は元気に動けるのです。
本人曰く
「浄化されているのだと思う」そうです。
若くて元気な人も調子を崩してしまうのだから、麻緒さんには無理だったなぁ、と思いました。
(※この時期に体調を崩した人がとても多いようですよ。
   ブログを読むと、皆さん体調を崩し、風邪をひいていたようです。
   ジュネさんが言うにはいろいろな意味で変化烈しいので人の身体がそれについていこうとしているから。
   症状は大抵風邪となって出ているそうです)


ウタキの一番高い場所から久高島(くだかじま)が見えます。
ウタキの神女はここから久高島を拝んでいたそうです。
下の写真の水平線の所、左半分にうっすらと久高島が見えます。



そこから山を下っている途中で観光客のグループの一人が
「あ、イモリが居る!」と言いました。
どれどれ?と見てみたら可愛いのが居ました。
これは
「シリケンイモリ」と言って尻尾が剣のように尖っている。
毒も持っているそうです。

竹富島で見たエイも尻の先の剣に毒を持っていたので、また似たようなのと出合ったわけです。
私は行く先々で毒の剣を持つ心強い勇者のようなのと会うなぁ・・・と思いました。
このイモリも私達がそこを通るまで待って居てくれたような気がするのです。
もし私の後ろに不動明王が憑いていてくれるなら、剣を持った彼らは
「親分、ここらへんの警備はおいらがちゃんとやってるさ〜」と出迎えてくれたのではないかと・・・



上の写真はせいふぁうたきで最も有名な場所です。
この大きな岩は人工的なものに見えて仕方ありません。
ひょっとして古代のムー文明の巨石建造物なのではないか、なんて思いました。



見終わって電話をしたら民宿のおじさんが車で迎えに来てくれました。
コンビニで夕食を買って帰る途中の道路脇に

犬くらいの大きさのうさぎ
が背筋をピンと伸ばして道路側(私達が居る側)を見ていました。
うさぎが居てもいいけど、このように不動の姿勢でこんな危険な場所に居るということに驚きました。
<久高島の猫>


翌日の午前中は空は晴れて海にも入れました。
私は民宿で洗濯をしている間、若い二人が歩いて3分ほどの海に行きました。
ここは海水浴場なので夏場は賑わうそうでこの民宿もそういう人達のために有ります。
とても新しくきれいな素泊まりの宿です。
建物の二階は民宿、一階は酒場でカラオケがあり、沖縄民謡を歌って楽しそうでした。
寝てから歌声がちょっとうるさかったけど、下へ行って一緒に飲んで歌えば楽しいと思います。

午後はいよいよせいふぁうたきから見えた、神が住む島と言われる久高島へフェリーで出かけました。
(フェリーでは25分、高速船では15分ほどで行けます)

この島はアザマの民宿のおじさんが言う通り
「泊まるほどのところでは無かった」です。
特に見る所も無く、泊まった宿は霊的にヤバい感じでした。

やたら猫が多いな、と思っていたらその日の夜、そこで猫が集会を開いているのが部屋の窓から見えました。


私は単にヤバい感じがしただけですが、後の二名は怖い思いをしたそうです。
娘は夜中にトイレから帰って来たら、部屋に私が立って外を見ていて、私の布団には誰も居なかった、と言います。
しかし私が寝ながら何か言ったので(はっ)としてもう一度見たら私は布団に寝ていたそうです(怖
時間がズレていたのだと思います。

Yさんは半分目覚めていた時に去年(?)一人旅をしていた東京からの旅行者が入ってはいけない海岸で
遺体となって発見された、という、民宿のおばさんが言っていた、その人だと思われる「若い女性旅行者」が
現れて何かを訴えたので
(私はあなたには何も出来ないから)と念じたら消えたそうです(怖
(その旅行者は行ってはいけないナントカ浜へ一人で行き、遺体で発見されたが
  身元が分からないのでまだ遺体安置所に身体は有るそうです)


私は幸いに何も見ませんでしたが、何か知らないがヤバいと感じた直感は当たっていた、と思いました。

この宿はお勧めしません。
霊感の有る麻緒(あさを)さんが来なくて良かったと思いました。

ジュネさんに訊いたところ、霊のお持ち帰りはしてないそうです。
Yさんが心配でしたが、それは無かったようで良かったです。

その霊は島から出られないのだそうですよ。
島に結界が張ってあり、出られないとか・・・
気の毒ですが、その人は連絡先も宿の人に言ってなかったので仕方ないですね。




この島はとても聖地とは思えないな、と思っていたのですがYさんが情報を送ってくれました。
http://blogs.yahoo.co.jp:80/kusinakayone/49642185.html


ジュネさんの解読を受けたのでこの島について訊いてみました。
するとやはり聖地では無いそうです。
同感です。
私の感じではあそこは普通の場所です。
ジュネさんが言うには
「本当の聖地は皆に知らせることなく、隠してある」とかで
これにも大いに賛成します。
琉球王朝はとても賢いのです。
外的から守るために自分の民をも騙していたのでしょう、本当に賢い。
そうでなければあの中国から独立して居られないし薩摩ともやっていけないと思います。
<那覇の首里城の龍の雲>


翌日久高島から高速船に乗って昨日まで居たアザマの民宿に行きました。
Yさんが携帯電話を置き忘れたので取りに行ったのです。
おじさんはまた歓待してくれました。
この民宿ではお茶(沖縄ではどこへ行ってもサンピン茶というジャスミン茶が出ます)でも
コーヒー(インスタントですw)を自由に飲めます。


そこから歩いて5分のバス停でバスを待っていると、Yさんと娘が久高島で出会った
タクシーの運転手がタクシーに乗ってやって来て
「乗って行かないか」と言うのです。
那覇からここまでのバス代が760円だったと言うと
「一人800円で乗せる」と言うのです。
タクシーの方が早いし楽なので乗りました。
するとここらへんの観光地の鍾乳洞や他の場所へ行くなら乗せて行くと言います。
鍾乳洞には興味が無いので断ると
「だったら首里城へ行くといい」と言ってくれました。

どうせだから行こうと思って乗せて行ってもらいました。
結果的には首里城へ行っておいて良かったです。
とても良いところで気に入りました。
首里城の中庭で空を見上げたら龍のような雲が天いっぱいに見えました。
この雲は首里城を去る時も見えていました。
琉球王国のシンボルは龍です。
中国の龍は5本爪ですが、琉球では中国に遠慮して4本爪の龍が国と王様のシンボルなのです。


首里城には王様が居て、王様の姉妹か娘がせいふぁうたきで祈りました。
王様もたまにせいふぁうたきへ行って一緒に祀りをした。
せいふぁうたきから拝むのは久高島です。
琉球王国の政治は政(まつりごと)と祀り(まつり)ごとの両方重要で今回はそれらを全て見ることが出来ました。
<本当の不思議は目には見えない>


旅行を企画したのは娘です。
最初は一人旅をしたかったようですが
空港でトイレに入る時とか、タクシーに乗る時、ヤバい民宿に泊まる時など
いろいろな面から言っても道連れが居た方が良かったのでした。

一緒に行ってくれたYさんは美人なだけでなく、物事が分かり一緒に考えてくれたので助かった。
食事の時、個人の注文とは別に一品試しに食べてみようという時
「M資金」を使わせていただきました。
タクシー料金など三等分するのも面倒な場合もM資金が役に立ちました。
YさんはM氏とは二回会っています。
その他、M氏が意気消沈している時、Yさんから届いた神様の塩をM氏に渡したことがあります。
その塩はちょうど良い具合にM氏に渡ったのでした。
(PANDORAのどこかに記事があります)
不思議な巡り合わせでYさんの真心がM氏から返って来た面も有るのです。

また、麻緒さんがサンプルとして作って送ってくれた麻の紐を、ふと思いついて
先日Yさんに送っておきました。
そのYさんが麻緒さんの代理で行くことになったのも不思議な巡り合わせです。

目の前で起こるすぐそれと分かる不思議よりも個人からは見えない繋がりというか縁によって
思いやりには思いやりが返って来るものだなぁ、と思いました。


Yさんは私から
「あさって一緒に沖縄に行きませんか?」というメールが来た時即、決断しています。
この時「でもお金が・・・」「でも仕事が・・・」「でも家族が・・・」「でも体調が・・・」「でもペットが・・・」と言っていると
旅行には参加出来ません。
完璧な状況など通常は有りえないのではないでしょうかね。
全ての条件が揃う日など、多分来ないと思いますよ。
だから心が「行きたい」と思ったらマイナスなことは考えず、心が欲するままに行動するのが良い。
勿論行けるようにやれることはする、という前提です。

最初の二日間は雨でしたが最後の二日間はきれいに晴れて
久高島ではエアコンつけないと眠れないほど暑かったです。
Yさんは
「最初は天気が悪いが後から良くなる」ような気がしてならなかったそうでその通りになりました。

すぐそれと分かる奇跡と違って高い所からの導きは目に見えませんから感じないで通り過ぎてしまう。
日月神も
「すぐのおかげは小さい」(すぐ分かるご利益は規模が小さい)と言ってます。
高い所からのおかげ(ご利益、導き)を受けるには日頃から素直に正直に生きることです。
一人欠員が出来た時すぐYさんが浮かんだのも、そういう高い所からの導きだったのだと思います。
<沖縄とハワイ>(2010年10月27日)


沖縄は日本を龍体とすれば
(日月神は日本は神の身体であると言います。
  神は龍体を取りますから、日本の国土のカタチは龍体であるという記述も有ったかもしれません)

龍の頭の前に有る「玉」です。
だから琉球と言って「玉」=「球」の文字が入っている。
龍にとって玉(球)は大事な宝物ですから(龍の魂と言っても良い)
日本にとって沖縄(琉球)はとても大事な特別な場所であることが分かる。



日本雛形論(神道の一派の考え方)によれば、日本は世界の雛形だそうです。
世界地図と日本地図は対応しているのです。
それを相似象と言います。


対してハワイは日本雛形論から言えば琉球に当たると私は思います。
共通点は
●赤道に近い、暖かい島である
●精神的に進んでいる、深い
●王国が有った
●琉球の隣は台湾、ハワイの東には南アメリカが有り、南アメリカは台湾に相当する

北海道は北アメリカに相当していますが、この土地は江戸時代に
アイヌを騙し打ちにしたりして日本の領土になって行きました。
北アメリカもイギリス人などがやって来て、現地人を騙したり虐殺してアメリカにしました。
ほぼ同じ頃、似たような状況で同化が進みました。

台湾も戦時中は日本が併合していました。
ここは南アメリカに相当していて、両方現地人がいましたが、
「進んだ文明国」によって植民地になっています。
同様です。

ハワイと沖縄(琉球)は対応していると思えたのでジュネさんに訊いたら
「両方ムー大陸だった」そうで、だから似ているのです。

面白いですね!

<アンケートのお願い>(2010年9月20日〜25日)

BBSに「アンケート」というスレッドを立てました。
パンドラの壷→「直感について」→<ゆうこさんのセッション>に掲載した「はにわ」(江戸時代の土人形)の
画像が気味が悪いという声があったので、記事から画像を削除しましたが、私は何も感じません。
私同様何も感じない人がいるのか調査をしたいと思います。
BBSには問題の画像が有りますので、見たくない方はBBSには行かないようにw

このアンケート調査は23日まで行い、その後は画像は削除します。
この画像の関連記事は「ぱとりの地球学習帳」にあります。
<集計結果>(2010年9月25日)

コメント総数は75個でしたが重複している場合は、書かれたアルファベットの両方をカウントしました。
アルファベットが書かれていないのが7つあり、「不明」としました。

怖い   A=33人
        不明=7人   計40人
怖くない B=16人
        C=29人
    計45人
合計=85人(重複有り)


BとCは両方「怖くない」ので、この二つを合わせると45人
不明の人は怖いようなのでAに合わせます。すると合計40人で、ほぼ同数になりました。

皆さんご協力ありがとうございました。

<数の研究>(2010年10月18日)


「数の不思議ポエム風」は面白いです。 http://blog.livedoor.jp/occult_number/

<神様!>(2010年10月16日)


ヤスミンさんの「神示」の2010年10月14日の記事より。

2010年10月14日

夏の巻  第四帖

何神様とハツキリ目標つけて拝めよ。只ぼんやり神様と云つただけではならん。
大神は一柱であるが、あらわれの神は無限であるぞ。
(一部抜粋)
 
これを読んで(ああ、そうか)と思いました。
日月神は本当に親切です。
ただ漠然と「神様・・・」と祈っても願ってもダメということ。
元の大神は一人だけど、その下に沢山の神様が居るので
人間が漠然と「神様、これこれをお願いします」と祈ってもどの神だか分からず、
神様の皆さんは謙虚だから(多分私では無いだろう)と遠慮したり
(他の神様、どうぞ♪)と手柄を譲り合ったりしてしまうのだろうなぁ。

これは良いことを聞いた(読んだ)。
日月ブログはありがたい。

<日月神は狐霊?>(2010年10月14日〜18日)


http://blog.arcturus-star.com:80/   ここに載っている弥真+(倭)の真実
2009/11/27(金) 午後 0:22無題歴史 を読んで
この内容について占いで調べてくれる人、いますか?
<カモワン/nananagaさん>(2010年10月16日〜18日)


記事できました!
http://d.hatena.ne.jp/nananaga/20101015/p1
長くなったので、二つの記事にまたがっています^^;


この記事では「狐霊か?」という問いに直接答えていませんね。
結果的には「NO」なのですが。



> あの昔風の言葉の「預言者」のような人が書いた文章の内容は
> 本当なんでしょうかね?

2010年9月22日の記事、「天義に生きるいのち」を調べてみました。
あの内容は、本当ではないようです。


Q.旃●さんの語る、2010年9月22日の記事の内容は本当ですか?

隠者R
正義R
法皇→運命の輪(視線カード)

で、NOです。


語られている内容は、霊的成長へ向けた心構えという感じだですが、
知恵としてはお粗末みたいです。
(隠者Rが正義Rを見ています。霊的知恵としてふさわしくない)
ただ、この文章の製作者?旃●さんは
霊能力者(運命の輪のスフィンクス)で教祖様(法皇)のようです。


ちなみに、その下の記事「決裁の時、参った」も調べてみました。


Q.「決裁の時、参った」は本当のことですか?

神の家
愚者
運命の輪R→恋人(解決カード)

YES、と出ました。

本当に神様から降ろされた(神の家)ようです。
しかし、それを伝える人(愚者)は時代遅れの言葉づかい(運命の輪R)なので、
コミュニケーションスキルを学んだ方がいいようですね。(恋人。解決カード)

神様は、それを今の世の人に伝えたいがために降ろしているのに、
大層な言葉づかいで偉ぶり、神様の心を無下にしていると思います。
自分は神の言葉を降ろせるんだ、という傲慢さが表れているのでしょうか。
世のため人のためにやっているという意識レベルにない方なのでしょう。
僕にとってもこの手の傲慢さと、世のため人のためという意識レベルは課題です。


ちなみに、先の●檀さんですが、何者か気になったので観てみました。


Q.旃●さんは本物の霊能力者ですか?

運命の輪
女帝
力R→太陽(解決カード)

YES、と出ました。

運命の輪は、一回目のリーディングで出た運命の輪と意味が同じっぽいです。
運命の輪のスフィンクスは、未来を見通す第三の目(サードアイ)を持っているので、
預言者的な能力を持つ方なのかもしれません。
教祖様(女帝)をやっていますが自分の意思でやっているわけではないのかもしれません。
(力R)
自信がなく、なよなよしていそうなイメージでしょうか。
誰か徳のある人に相談した方が良さそうですね。(太陽。解決カード)

以上です!
あのサイトの管理人はこの宗教?の信者なのかもしれないですね。



あ、それから、日月神は狐霊か?というのも観ました^^;

太陽
審判R
悪魔R

ということで、NOです。

日月神が直接降ろしたわけではないようです。(審判R)
仲介者(神?)がいたようですね。(太陽)
勿論、どちらも三次元的なものではないということです。
(悪魔。ぱとりさんのリーディングを参考にしました^^)



nananagaさん、ありがとう!
カモワンの読み、巧いですね!

<BSWは効果無い?>(2010年10月12日〜15日)


「銀の龍の背に乗って」(2010年10月11日)の記事にBSWのことが書いてありました。

私「ホ・オポノポノのBSWとか」

ジュネさん「ああ…あれ、私はしてないかな。だってBSWって日光に当てて酸化とかしないのかな?

それに、水ってわざわざBSWをしなくても人の波動が入るから…BSWでもね。
だから、あまり関係ないかな」

ジュネさんが言うには、別に無理にBSWをしなくていいんですって。


水は、その人の波動を表すので、

その人の波動が一番大切

だからと言われて「ああ、それもそうだな」と思いました。

なるほど、人の波動が入るんですね?
以前「まほろば」のうり姫さんがBSWは効果が有るか?とカモワンに訊いてました。
答えはNOだったと思います。
結果についての解説がハッキリしていなかったので、
ここで取り上げませんでしたが、結果に対する意見を読みたかったな、と思います。

また、NOと出たら、ぱとりさんのようにさらに突っ込んで占えばもっと良かったと思います。

私が思うにBSWは水を沢山飲ませるための方便ではないかと。
オリオン人が今から20年ほど前に言ってましたが(アーリオーンという存在)
毎日水を大量に飲むと良いのだそうです。

でも、それをする人があまり増えなかったので、
ハワイの方で「青い水」として広めたのではないかと思います。
だからただの水でも良いと思いますが、BSWを作れば何か効くような気がするのと
せっかく作ったものは消費したくなるので、
ただの水を一日2リットル飲むよりも、人は飲み易いのではないだろうか?

また、信じて飲めば効くんです。
プラシーボ効果というのが有りますからね。
でも、うちの◎ちゃんは信じてないのに、3日で頑固なイボが治ったんです。
これは不思議でした。


良いと思うこと、言われることはやってみると良い、というのが私の意見。
とりあえずでもやってみる。
効果が有るのか無いのか、自分で確かめてみるのが良いと思います。

もう一つ。
ジュネさんが巴さんに言っているのは「無理してやる必要は無い」ということです。
何か無理をしていたのでしょうかね。
それをすることによって周囲と摩擦が起きるようなら、やらない方が良いということでしょう。
何事も真剣に成りすぎたり真面目過ぎるのはまずい。
適当にやるのが良いです。
<易>(2010年10月13日)


この問題について、ぱとりさんが易を立ててくれました。
http://d.hatena.ne.jp/patrimpas/20101012/p2
<ハワイの方から>(2010年10月15日)


BSWが効果ない?という記事読みました。
私も少し試してた時期があるのですが、うちの息子当時1歳もゴクゴク飲んでました。
普通の市販の水は好んで飲まないし飲むと下痢してたのにBSWは下痢もせず。

私の方は変化という変化があったのかなかったのか思い出せませんが、
近所でも大量に外にブルーのガラス瓶を玄関前に置いてる家もあるし、
ナチラルフードストアーでも2年くらい前から
青いガラス瓶に愛とか平和とかピースマークなどが書かれた物も売ってるので
ハワイでも流行ってるんだと思いました。

フラワーエッセンスと同じで太陽に当ててブルーのエネルギーを水に転写してる(
こちらで売ってる青い瓶の文字も同様に水への転写目的と思われます)
青は浄化とかのエネルギーがあるそうなので、そのエネルギーが必要な人は取り入れればいいし、
取り入れれば反応し合って何か変化が起きる、必要ない人には何も起きない。

フラワーエッセンスも必要ない物はエネルギーが作用しないので、それと同じことだと思います。

アトランティスだったかな?の時代は、そのブルーの色を転写した水を川に流し、
水全体を浄化するということをしてたそうです。

あとは色別にエネルギーを水に転写して使ってたようですよ。

うちにある本で読んだような気が。。。
何年も前の記憶なので詳細は忘れましたが、もしご興味あればもう少し詳しく調べてみましょうか?




ぜひお願いします。
<効果は有ると思う>(2010年10月15日)


Rさんから。

今pandoraの「bswは効かない?」を読んでいて思い浮かんだことがありましたので。
 
青い瓶に入れると青色の波動=浄化の波動が入るので、
それを飲むことで浄化が出来る・・・みたいなことは前に聞いたか読んだかしたことがあります。
が、それについてはよくわかりません。(感じません。。)
私が実際に感じたことは、
青い瓶に入れておいた水は、電気ポットで沸かしてもカルキ臭くない です。
(他の似たような条件で試したことはないので、それについてはわかりませんが)
ポットの機能にカルキ抜きボタンがあり、それを使用しても臭いときがままあった(沸かした直後とか)
のですが、bswにしてからは臭くなく、またカルキの結晶?のようなものがポット内に出来なくなりました。
 
あともう一つは、
我が家では非常用の水として、ペットボトルに水道水を入れておいてあります。
今まではある期間がたったら入れなおしをしていて、すごくめんどくさかったのですが(やらなかったり)、
ある時どんどん作って、どんどん消費するbswをそれに置き換えれば
水は常時ある、取り換える手間も必要ない
と気付きまして今ではbswの非常用水がペットボトルで常時10本あるかんじです。

なるほど、それはいいアイディアです。
BSWに凄い効果を期待する人にはそれほど効果は無いと思います。
たとえば癌が治るとか、麻痺していた身体が動いた、とか。
そういう人が占いで「効果があるか?」と尋ねれば
「それほどは無い。あんたが思っているほどは無い」と言う意味で「NO」という結果になるかも。

少しは効果が有る場合。
占う人がほんの少しの効果なら効果と認めない場合は、「効果は有るか?」と訊けば「NO」と出るでしょう。
訊きかたは難しいです。

占いで尋ねる場合は、詳しく訊いた方がいい、ということが一つ。

もう一つは効果を信じるあまり、信者の態度になってしまうとか、有頂天になる、興奮する、
他人に強要する、などの反応がある場合。
もしそうなら、そういう人に必要なのは「冷静な態度」「不動心」ではないでしょうか?
もっと言えば「判断力」です。
それが無い場合は何をやっても「良い」という結果が出ることは無いのでは?

なので、このレベルに居る人にはBSWを含めて他からの波動云々するよりも、
まずは自分の波動を上げなさい、というジュネさんのアドバイスだったのだろうと思います。


私の意見としてはBSWは或る程度の効果はあると思うが、効果の程度は人それぞれである、
だってただの水だから。
で、ただの水なので安全だと思います。
そりゃ容器に入れっぱなしにして半年も置いておけば不味いが、
常識的な範囲内では「良い」と思いますよ。

また、その水を飲むことによって自分のインナー・チャイルドを意識することも出来る。
BSWを飲むという行為は、自分がインナー・チャイルドを治すと
積極的な姿勢を取ることになります。
なのでこれはアファメーションのような作用もすると思います。
意識できれば問題の解決に近づきますからね。

BSWへの信頼度やインナー・チャイルドへの取り組み方は人それぞれですから
中には害になる人がいても不思議は無いですね。
人は皆、違うので。

<チャネラーについて>(2010年10月3日)


反省したのでここを紹介しておきます。

http://www.1genki.net/reinou.htm


と、紹介したら或る方からこのようなメールが・・・

平岩本を気に入っていたようなのに残念だったな。
まぁ仕方あるまい。
判断ミスは誰にでもある。
とはいえせっかく以前アイツはおかしいといっておいたのに。ww

で、それはともかく。

<チャネラーについて>(2010年10月3日)


反省したのでここを紹介しておきます。

http://www.1genki.net/reinou.htm


という記事がパンドラにあったので上記記事を見たが。
コイツもおかしいってwww

十秒程度wしか見てないが、絶対にアウトだ。
久々に波動的に気持ち悪くなった。

どれだけマトモに思えること書いていたとしても(ちゃんと目を通してないのでわからんが)、
勧めないほうがいいと思うぞ。


いや、実はまだ全部読んでません。
発見したのでとりあえず後で読もうと思ってURLを貼っておいただけです。
皆さんにお勧めもしていません。

私がこのサイトで紹介するものは別に勧めているわけでは無いんです。
ただ、紹介しているだけ。
それを良いとも悪いとも言ってません。
ただ、紹介しているだけなのでそのように受け取ってくださいね。

また、私が良いと思ってハッキリ勧めている場合でも、
H岩氏の本のように、トンデモないものだった、ということもあります。
私は故意にウソはつきませんが、間違っている場合が多々あるので
「鵜呑みにしないよう」注意書きをあちこちに書いてあります。
中にはそれを読んでいても、信じてしまう人がいますが
そういう場合は私はやりようが有りません。


それはともかく注意してくれた方は霊視してくれたようで、これはありがたいです。
気持ち悪くなってしまったそうで、それは申し訳なかったですね。
ははh!

<H岩Kじ氏>(2010年10月3日)


ifさん、こんにちわ。
マリアノ工房のまりおです。

今さっき、オレさま依頼の絵を描いていて、一息入れるつもりでネット を見たらこんな記事が.....

 自称霊能師で「ロマゾフィー協会」代表の平岩浩二(49)、妻司
(36)両容疑者が元弟子の女性を棒で殴ったとして、傷害容疑で逮捕
された事件で、2人が警視庁の調べに「霊視などは全部でたらめだっ
た」と供述していることが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、同協会の活動について、両容疑者は「生活費の
ために演じていた」と述べており、同庁捜査1課は数千万円の恐喝容疑 などでも調べている。

 捜査関係者や被害者会によると、平岩容疑者は2002年春ごろ、ロ
マゾフィー協会を設立し、講習会や「霊視」と称するカウンセリングで
弟子を集めた。見込んだ弟子は「内弟子」と格上げして一緒に生活し、
身の回りの世話をさせる中で、暴力を振るい、金品を要求。「協会を離 れると死ぬ」と脅していた。
 


全部でたらめで、霊能者を演じていたとは!!!

霊能者を演じている霊能者達は、この記事を読んでどう思うのでしょう ね?


っが===ん!
H岩氏の本は面白いので、皆さんに何度も紹介してしまいました!
本の内容もデタラメなんでしょうか。
皆さん、ゴメンなさいっ!

<今、天秤座が熱い>(2010年9月25日)


太陽が天秤座に入ったんですと。
占星術ってのはよく分からんです。

今、天秤座の有名人が熱いです。
●菅総理=中国に対し優柔不断・オザワ氏には決然
●石原都知事=中国と日本政府に対し烈火の如く怒る
●イチロー=ヒット200本達成してもクール(十数年毎朝カレーでよく飽きない)

一般庶民も熱い。
●旦那=某国に〒口りストを送れ!と吼える
●私=いや、原■落としゃいいんだよ!と吼える

優柔不断なのか決然としているのか、熱いのかクールなのか、
適当なのか真面目なのか、一発屋なのか地道なのか・・・
みんな天秤座ですが一概には言えません。

普段は優柔不断だそうです。
それは決定する際には「●●さんが好きだから」とかいう価値観が入らないので
どちらに決定するかに時間が掛かるからでしょう。
●●さんが好きで、××さんが嫌いだから、●●さんの言う通りにする、とか
いう思考回路の人は考える必要が無いのではないでしょうか?
最初から決定しているんだから。

あ、ビートルズの中で人種差別しなかったのは天秤座のジョン・レノンだけだったそうです。
あとの三名は日本人のヨーコさんを差別していたようです。
ここでも「●●人だから」というしょーもない価値観は働いていないようです。

しかし決定するとそこに人情などというものが入りませんから、
天秤座は断固たる処置を平気でとるそうです。
情が絡んだ話が大嫌いなので、そこで情に左右されるということが無い。
男性星座だそうです。

<パワースポット考>(2010年9月20日)


「nananaga随想記」のnananagaさんがパワースポットに関してカモワンで占いました。
「江原啓之とパワースポットについて」

<聖地>(2010年9月18日)


こんにちは、Tです。
先日お世話になった方の妹さんが、生態調査の仕事をしている関係で、
リスの分布を調べにアリゾナの砂漠に一ヶ月行くんだよー、ビミョーに行きたくねえかも〜
(笑・寒暖の差が激しいのと、グランドキャニオンやセドナなど有名どころから離れてるので)、
という話がありまして。

「どうせ君のことだから、着いた先が実は聖地だったりすんねん!
●●原発予定地の時みたいに!
(以前彼女が調査した土地には神社があります。
 彼女曰く、なんかやたら願い事が叶いやすかったそうです。そこに原発って…)

とつっこみつつ、日本の神様カードとアスクユアガイドをひいて
(前者が塩の神様で、カードの意味ははどっちも浄化・自分に立ち戻れだったです)
数霊占いで「アリゾナ(124でした。きのこ雲とか解毒←これも)」
調べて出発間際に写メ送ったら、先日絵葉書が来まして。
塩分取らないと死ぬ〜(笑)」
「アリゾナ(グラハム)山はアパッチ族の聖地でしたー」ですと。


んで、おもろい話入手。
アパッチ族の聖地アリゾナ山の上部に、
バチカンとアリゾナ大
一般人は立ち入り禁止にして天文台を作ってるそうです。
アパッチも聖地だからお祭りの時にしか入らないそうです。
作るときはそりゃあもめたのに、上手いことうやむやにして押し切って建てちゃって、
天文台があるならいっそ観光地にでもしたらいいのに、
それももせずに立ち入り禁止にしたもんだから、
アパッチはもちろんキャンプに入れなくなった一般人も怒ってて、
未だに「天文台爆破したる!」って人がいるので、大学が6人ポリスをやとって見回りをさせ、
周辺の無線は全て聞いているんだそうです。
ちなみに天文台は大変キレイで、バチカン用の宿舎は金にあかせて別荘のごとき豪華な建物だそうです。
バーベキューセット付きらしいです(笑)
どうして「そこまでして」「ここ」に「天文台」を「バチカンが建てる」ね〜ん。という話でした。


不思議な話ですね。
バチカンは世界中のカトリック信者から金を吸い上げていて、大金持ちでしょうね。
(映画「天使と悪魔」参照のこと)
いったい何を企んでいるのかバチカン・・・



パワースポットというのは本当にあるらしい。
イヤシロチであることは勿論ですが、それ以上の意味が有る場所があるらしい。
日本にもあるらしい。
その土地は「宇宙と直結している」そうで・・・
今度M氏とそこへ行ってみようと計画しています。

(そこへはウチから日帰りで行けます)
何にでも言えることなのですが、本当のことはおおっぴらにはならず
隠されていますね。
無名の場所こそ、本当のパワースポットなのではないかと、思っています。

<口マゾフィー>(2010年9月17日〜20日)


「動物の心が分かる本」というのをPANDORAで紹介しています。
面白い本です。
ところがその著者のH岩K2氏が逮捕されました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000016-jij-soci

彼がやっていることは神智学だか人智学なので、そこらへんに詳しいオレさまに
去年か一昨年ちょっと訊いたところ
「周囲に女を集めてハーレム作っている。
  バラ十字のマトモな人達は彼を異端視している。」
とのこと。
H岩氏のサイトへ行ってみたら、う〜〜〜んn・・・これはなんというか、
TQ霊が好むような作りになっていました。
一見して嫌〜な感じ。

でも、本は面白いので皆さんに紹介してお勧めしたのです。


私などは誰の信者にもならないので、私のようなタイプの人なら良いのですが、
すぐ誰かに憧れて入会したりする人がいます。
他人に左右される人。

自分はしっかりとそこに居れば良いのですが、自分の居場所を移動させてしまう人。
グラウンディング出来て無い人というのはこういう人のことかな?と思うがどうでしょう。
私はグラウンディングって言葉の意味が良く分からないので用法違っているかも。

「発酵道」という本があります。 著者は酒蔵の何代目かの主人。
これは面白いですよ。



その中で
「発酵場が出来た人」というのがあります。

普通の酒蔵は菌を嫌うので酒蔵見学の日の朝は「納豆を食べないで」と言われます。
しかし発酵場が出来た酒蔵は外から菌が入っても大丈夫なんだそうです。
外からどんな菌が来ようと酒蔵の方が勝ってしまうんですと。
人間もそうなった人は大丈夫なのですが、
普通の酒蔵は発酵場が出来て無いのと同様、
普通の人は他からの刺激に負けてしまう。



口マゾフィーに、いやH岩氏に興味を持ったばかりに
弟子入りしてしまい、トンデモ無い目に遭った人がいるようですが
これも学びの一種であると思う。
普通の人はそこまでしないうちに分かりますが、
それを体験しないと分からない人も居るのだ、という話。

<アニマル・コミュニケーション>(2010年9月10日〜12日)


ifさん、こんにちは
きのこと申します

以前、アニマルコミュニケーションの講座のことで、パンドラで記事にしていただいたことがあります
 
講座を受講したり、ワークショップに出ることはもうしていないのですが
アニマルコミュニケーションの練習は自分なりに続けたくて
ペット関連のSNSなどで練習モニターさんを募集してます
ですがなかなか応募が集まらず、苦戦しているところです
 
先日、69ハーモニーのkayoさんの無料セッションを受けさせてもらいました
いろいろ話を聞いてもらってるときにこの話になり、ifさんにお願いしてみては?
と背中を押してもらいました
 
そこで思い切ってifさんのお力をお借りしたくてメールしています
 
コミュニケーションの方法は、写真を見て動物さんのエネルギーとつながって
お話をするという方法です
なので、まず最初にメールで動物さんの写真と、
動物さんに聞いてみたいことの質問を送ってもらうようになります
 
勉強を始めて1年と5ヶ月、コミュニケーションさせてもらったのは今までで42件です
犬、猫に限らず、うさぎ、インコ、カエルとコミュニケーションしたことがあります
いろんな動物とコミュニケーションさせてもらうほうが勉強になるので、動物の種類は問いません
 
パンドラで、ペットさんとコミュニケーションさせてくださる方を募っていただけませんか
どうぞよろしくお願いします

その場合、試しにウチのネコでやってもらってそれをパンドラの壷に記事した方がいいです。
どんな感じなのか分かるし。
うちのネコでやってもらえませんか?



はい、喜んでコミュニケーションさせていただきます
 
猫さんとお話するにあたって、教えていただくことがありますのでお願いします
 
☆動物さんのお名前 :年齢 :性別
 
☆動物さんに語りかけるとき、ご自身を何と呼びますか?:例:ママ

☆検証可能な質問をふたつ
 
検証可能な質問というのは、例えば、ほかの動物さんと同居してる?どんなご飯を食べてる?など、
私が動物さんとコミュニケーションさせてもらった結果をお知らせしたときに
飼い主さんご自身で答え合わせができるもの 、という意味です

(※これは、本当にコミュケーションが取れたのかどうかを確認するためのクイズのようなものです。
   きのこさんの知らないことでペットが知っていることを書きます)


 
☆動物さんに聞いてみたいことをふたつ
 
こちらは、動物さんに聞いてみたいことを自由に考えてもらって大丈夫です

よろしくお願いします


にゃあん!

☆動物さんのお名前 :年齢 :性別
           名前は「にゃあん!」迷いネコなので年齢不詳多分子供「オス」
 
☆動物さんに語りかけるとき、ご自身を何と呼びますか?:例:ママ
            「お母ちゃん」

☆検証可能な質問をふたつ

            「もう一匹ペットを飼ってます。それは何?」
               「遊び相手(人間・うちの家族)は誰?」

☆動物さんに聞いてみたいことをふたつ
            
「@うちに居て楽しいかい?

            「A以前家の中で糞をしたので叱り、夜は外へ出してました。
                夜行性だし主人が嫌がるので主人の寝床に入ったら騒ぎになるから。
                でもだんだん寒くなったら夜も家の中に居ていいのですが、
                今は夜、「にゃあん!」と鳴いて外へ出ていきます。
 
                「ここ(トイレ)でウンチするなら家の中に居てもいいんだよ」と言ってますが、
                分かっているんでしょうか?伝えて欲しいのは
                「家の中のトイレでウンチするなら夜も家に居ていいんだよ」です。
 


返事が来ました。

「にゃあん君とのコミュニケーション結果」

ifさん、おはようございます
きのこです
にゃあん君とコミュニケーションさせてもらったので結果をお知らせします

☆写真からのイメージ
見かけは子供だけど精神は大人だと思います
写真のにゃあん君に同調すると、呼吸が深くゆったりとして安心しきっている様子が伝わってきました
体調は特に悪いところはないようです
 
☆コミュニケーションは、私の心の中のスペースに動物さんを呼んで、
そこに来てもらうことから始まります
にゃあん君は抱かれるのが好きですか?
名前を呼ぶとすぐに来てくれて、膝の上で丸くなってました
コミュニケーションを始めたのが今朝7時半過ぎでしたが、
膝の上でお腹がグーッと鳴ったので、まだ朝ごはんを食べてないのかな?と思いました(^^)
 
☆検証可能な質問1
もう一匹生き物を飼ってます。それは何?
 
鳥が浮かびました
インコかな?
体の色は濃い緑色です

これは笑っちゃいました。
庭に大きな甕を置いてその中で金魚を飼ってますが、ネコからは見えないんでしょうね。
鳥というのは、ネコが昼寝している縁側のすぐ外に木が有り、
そこに緑と灰色を混ぜたような色の鳥が毎日来てはけたたましく鳴いています。
それをネコはじ〜〜〜っと見ているんです。
その鳥のことだと思います。

☆検証可能な質問2
遊び相手(人間・うちの家族)は誰?
 
猫じゃらしのようなもので遊んでいる様子
突かれて、猫パンチで応戦している様子が浮かびました
相手は若い女性のようでした
 
次女のことです。
ねこじゃらしを取って来て遊んだりしています。

息子もネコをかまっていますが昼間は学校に行っていていないので
一番遊んでいるのは次女です。


☆動物さんに聞いてみたいこと
@うちに居て楽しいかい?
 
この質問をすると、とてもあたたかい気持ちになりました
遊び相手がいる。仲間がいる。安心という言葉が浮かびました
クロネコの姿が見えたのですが、近くにクロネコさんはいますか?クロネコ
 
これも可笑しい。
クロネコの小さい縫いぐるみがあり、
それを天井から下げた紐につけて
動かしてネコをかまっています。
にゃあん!はそのクロネコをパンチしたり、
飛びついたりして遊んでいます。

画像はそのクロネコ→
上の赤いのはカエルです。
荷造り用の紐でぶら下げています。


 A以前家の中で糞をしたので叱り、夜は外へ出してました。
 夜行性だし、主人が嫌がるので主人の寝床に入ったら騒ぎになるから。
 でもだんだん寒くなったら、夜も家の中に居ていいのですが、
 今は夜、「にゃあん!」と鳴いて、外へ出ていきます。
 
 「ここ(トイレ)でウンチするなら家の中に居てもいいんだよ」と言ってますが、
 分かっているんでしょうか?
 伝えて欲しいのは、「家の中のトイレでウンチするなら、夜も家に居ていいんだよ」です。
 
「トイレでウンチをする」というのはわかってるようです
今回トイレじゃない所でしてしまったのは、わざとというか
あえて夜、外に出されるように仕向けた、という印象でした
 
なるほど。

出て行くのは決まった時間ですか?

そうです。
毎日夕方に一回出てまた帰って来て夜になると出て行って朝まで帰って来ません。
毎日ほぼ同じ時刻です。

朝は玄関の前で私が扉を開けるのを待っています。

にゃあん君は、どこか行く所があるようなんです
だから今は、夜は外に出たい
そこで何か目的があるようで、それが完了すれば夜もうちにいる、と言ってます
 
どこに行ってるか、何をしているかは教えてもらえませんでした
 
コミュニケーション結果は以上になります
検証、よろしくお願いします  

面白いですね!
追加でもっと訊きたいです。
いつかきのこさんが有料鑑定を開始したらぜひ依頼します。

さて、きのこさんはブログでモニターを募集しています。
不定期で一回一名。
ブログに「受け付けます」の記事が掲載されたら、最初にコメント入れた方を受付るそうです。
結果はブログで公開が条件。

パンドラにとっては願ったり叶ったりの企画です、きのこさんありがとう。
<動物と話したい>


はすはなさん(hasuhanaドットコム管理人)も
動物と会話したいと思っていたそうで不思議な体験もしています。


ifさん

さっそくブログに記事を書きました。
http://pelsencame.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-98a8.html

実は今日、早々と、アニマルコミュニケーションに関する本をいくつか、
図書館で借りてきたんです(笑)
ブログにも書きましたが、「生き物たちと会話できたらいいな〜」という
私の願いに対する、1つの答えが返ってきたように思えます。


<霊感の有る人>(2010年9月5日〜6日)


先日或る番組で手相を見る芸人が言ってました。

「昨日の夜何を食べたのか、思い出す時
 @テーブルに並んだご飯やおかずなどが浮かぶ人
 A夕食を食べている自分を斜め上から俯瞰した光景が浮かぶ人
 とがいますが、霊感が有る人はAの人です」


言葉は忠実に再現していません。
私が分かり易く箇条書きにまとめました。

私はAなんです。
いつでも思い出す際には自分を入れて斜め上から俯瞰しています。
それが普通だと思っていました。
皆さんはどうですか?
<私の場合>(2010年9月6日)


閲覧者の方が自分の場合を教えてくれたので紹介しますね。
まず、Oさんから。

ifさん、こんにちは。Oと申します。
霊感があるかどうかの記事ですが、私は@でした。


次にYさんから。

ifさん、こんにちは。

パンドラの《霊感の有る人》を見てメールしました。

私もあの番組を見ていて、仏眼もあることだし・・と挑戦したんですが、
浮かんだのは、テーブルについて、ご飯茶碗と箸を持ってる自分の手
とテーブルの端でした。

なぜご飯茶碗と箸!?
今でも分かりません(笑)
コレも俯瞰に入るのでしょうか(^_^;)


Yさんの場合は「自分が見た図」なので、@ですね。
従って俯瞰では無いです。
Aの人は自分の肉体の目が視点になっていません。
自分の身体の外から見た様子なのです。

<ガンと占い>(2010年8月28日)


今から半年ほど前に近所の奥さんが電話を掛けて来て「占ってほしい」と言うんです。
「いいよ」と言ったらすぐやって来ました。

その奥さんのご主人がガンになり、胃を全摘手術したのだそうです。
奥さんが占って欲しいことは
「ガンは治るか?」です。
占ったら「三枚逆位置で治らない」と出ました。
私は
「あっりゃ〜〜〜!ダメだこりゃ、治らないや、はっはは〜」と笑ってしまいました。
不謹慎ですが。



実はその奥さんにはもう5年以上前からこのサイトのことを教えてあります。
しかし読んでも面白くないのでしょうね、読んでないのです。
だからガンになったら、即手術することしか頭に無い。
私は何も自分のサイトを読んでくれないから不満なのでは有りません。
このサイト読めない人は、世の大方の人と同じ波動なので
世の大方の人が取る行動を取ったのだな、と思うだけです。
せっかく世の大方から抜け出せる方法を書いてあっても、
サイトを閲覧する方の人が世の大方の波動なので、このサイトは面白くもなんとも無い。

全ては波動が決定するなぁ・・・という話。

ご主人がガンになったら、奥さんはネットで調べれば良かったのです。
でもそれをしない。
パソコンを使えても、そういう用途に使おうとは思いつかないのです。
この人、他の面でもかなり問題有りの人、わからずや。
わからずやの人は何か取り返しのつかないことをして思い知り学ぶ傾向が有ります。
私などはそんなのは嫌なのでそれを防ぐためにはまず自分の心を変えようと思いますが
そうでは無い、世の大方の人は、自分が分かる範囲内だけで「巧くやろう」とするようです。
結果的には原因は目に見えないところにあり(心や波動)
目に見える部分をいくら「改善」してもそれは表面が変わるだけで実は何も変わってないのです。
しかし見えない世界のことを感受出来ない人には、理解が出来ない世界の話。


さて、占ってからその奥さんに言いました。
「ガンは手術しても抗がん剤を打っても放射線やってもダメなんだよ」
「患部を切り取ったら今度は全身に転移するよ」
「一度でもそういう治療をしたら今度は反省してもダメだろう。だってガンを拗らせたから」

残酷ですがそれは事実が残酷なのであって、事実が発生したのは私のせいではありません。
私には何の責任も無いことです。

http://hon42.com/iryou/syou.html

その奥さんは
「手術しちゃダメなのかね」と言うので
「そうだよ、知らなかったの?ネットじゃ常識だよ」
あ〜〜〜あ。
あ〜〜〜あ!!!

言っておきますがこの人のご主人がガンを拗らせたのは私のせいでは有りませんから。


それから占い師の資質についてひとこと。
言いにくい結果でもウソを言ってはいけない。
本当のことが言えないなら占いなどしてはいけない。

<光の使命コード解析>(2010年8月25日〜9月12日)


「銀の龍の背に乗って」の巴さんが「光の使命コード解析」の勉強中だそうで
私で練習したいと言うのでやってもらいました。
喜んでモニターになりますよ。
今の姓と旧姓、両方見てくれました。



☆名前に含まれるサポートマスター

エジプトのトート神、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神、不動明王、救世観音

☆縁のある場所、過去世に関する場所

メソポタミア、奄美大島、阿蘇神社、マヤ、アジア、佐渡、瀬戸、壱岐、紀伊

この中でメソポタミア(シュメール文明)が大好きです。
阿蘇は、前世そこらへんに居たようだし。


☆名前から読み取れるキーワードやアドバイス

・本姓
→森林浴、子供、麗しい、林、社会、政治、母、インディゴ、社長、カラス、
麻、野菜、和尚、巫女、神、アロマテラピー、書くこと、描くこと、海、動物

生まれた日のアニマルメディスンがカラスなんだそうです。

・旧姓
→優雅、気品のある、書くこと、真、真実、天、天の道、弟


☆名前から読み取れる向いている職業など

母親、教師、政治家、評論家、占い師、小説家、画家など


☆名前に込められた今世の克服すべき課題、または使命

真実は何かを考え見抜くこと
子供を育て護ること
母親としての愛情を考え、過去を振り返り、生かすこと
真実を描く(書く)こと


☆名前に込められている意味

「誇り高き、インディゴ・マザー」

「子を愛し、護る永遠の母」

「私は、真実の架け橋」

「真実を示し、導く」


「地の道を示す、優美な人」



****************

ifさんは家族の中の大黒柱であり、インディゴチルドレンたちにとって導いてくれる母です
(PANDORAに集まってくる人たちを、導いてくれてますもんね)

いつでも優雅に冷静に物事を見つめることが出来ます。

社会や政治と言ったものの中から、なにが真実なのかを探し当てることの出来る方です。
ifさんのお名前の中には、「真実」と言う言葉が沢山出て来ます。

社長と言う言葉が出て来られるようにリーダー的存在です。
家族の中心に、周りの中心人物、お子さん達を護る。
自分の子供だけでなく、インディゴ達も護り導く方。


もし行き詰まった時は、何かを書いて頭を整理をしたり、
絵を描いたり、森林浴、朝日を浴びると回復します。
また野菜を食べることによって、パワーアップします。


旧姓と本姓
合わせると


「天の高天原、地の竜宮」

となります。旧姓の時、ifさんは天の道へと導かれていたのですね。
また、これは過去世での天界(天の道)から、
地球と言う地の道に天国を作るために生まれてきたのだと言うことへと繋がります。

繋がってますね〜!

そうなんですかね!(単純なのですぐ信じる)
子供の頃、よく「親が天の雲の上に居て、自分は地面に居るので悲しくて泣く夢」を見ました。
旧姓は「天」を、今の姓は「地」を意味しています。不思議です。


ちなみにサポーターに不動明王様がいますので、霊的な面から言うと、とても力の強い方です。
ちょっとやそっとの、浮遊霊は不動明王の炎で近づくことが出来ないでしょう。
(ちなみに、不動明王の加護を受ける方は、暑がりが多いです)

以前、痩せていた時は暑がりでは無く、汗もかかなかったのに、
太ってからは暑くて汗をかいています。
途中から不動明王が憑いたのかな?

*********************



以上です。
ちなみにifさんのHNとご本名をも合わせますと、

「不確実から真実へ」

おお!
私の趣味に合っています。
あやふやで曖昧なことが嫌いでいつも、明らかにしてやるぜ、と思っています。


真実の人、どの不確実な物事も真実を見つけ出してしまいますねifさんのお名前は!
解析させて頂いてありがとうございました。



こちらこそ、ありがとう御座いました。
<トーテムアニマル>(2010年9月12日)


最初の解析の時トーテムアニマルという項目は有りませんでしたが
ぱとりさんがしてもらった解析にはそれがあるので、私も頼みました。

ifさん


トーテムアニマルと、ルーンも光の使命コード解析に付け加えるつもりなので書いておきます〜!

☆トーテムアニマル

カラス、鷹、ライオン、鹿、カバ


☆ルーン

マンナズ:他人を助けることと助けられること

マンナズからのメッセージ→焦らないこと

アンスズ:新たな道を探すこと、新たな繋がりを作ることが出来ます

アンスズからのメッセージ→明晰さの欠如には気をつけましょう。

ソウェイル:あなたには自己現実の太陽エネルギーがあります

カノ:火の力
カノからのメッセージ→他者とのずれには気をつけましょう


以上です。


ルーンも引いてくれるんだ♪
トーテムアニマルは面白い。
巴さん、ありがとう!

<Son(息子)>(2010年8月19日)


ウチの可愛い可愛い末っ子の◎ちゃんのことではありません。
数日前から昼間我家の居間のソファで一日中寝ているネコのことです。

変わったネコで、竹の子の季節の頃からうちの近所に出現して虫を捕って食べていました。
可愛いネコなのですがうちでは飼えないから
どこか優しい人の家へ行って飼ってもらえばいい、と思っていました。
うちの近所6軒のうち2軒は犬を飼っているので
残りの4軒のうちのどこかの家で飼えばいいのに・・・と思っていましたが、
二ヶ月経っても誰も飼わないようです。

数日前の朝、うちの玄関から入って来たので、
居間へ連れて行き水やえさを与えて、踏まれないようソファに載せておいたら
その日から朝からうちへ来るようになりました。
夜、主人の布団に乗ったりしたら主人が騒ぐので、昼間だけ飼うことにしました。
名前は「にゃあん!」です。


で、友人のM氏がジュネさんの解読で見てもらったら、M氏の飼い猫は宇宙ネコだったそうです。
私は自分でカードを引いてみました。
質問「このネコはウチで飼うべきですか?」
答え「Son」


あなたの息子は、常に守られ、保護されています。
あなたの問いには、あなたの息子、あるいはあなたにとって息子のような男性が関わっています。
おそらくあなたは、その人を心配しているか、どうにかして彼を助けなければと使命を感じているかもしれません。
このカードは、あなたの直感が正しいことを証明し、その方向へ向けて行動を起こすように求めています。
妖精たちは、あなたの息子が安全で幸せで、見守られていることを知って欲しいと思っています。
(中略)
あなたは、あなたにとって息子同様の、オスのペットを可愛がるのが大好きです。


と、出たのですが、このネコがオスなのか分かりません。
ティンティンが憑いているのか見たのですがやはり分かりませんでした。

私は息子達を心配していないし、このカード間違ってるのではないか?と思って
また切ってみたら、同じカードが飛び出して表を向けました!
怖いです・・・

それから数日。
今日、指輪のK子が遊びに来ました。
K子がネコを見て
「可愛い可愛い」と可愛がり、「このネコ、オスね」と言うんですよ。
と、いうことは、カードで出た
「オスのペットを可愛がる」ってのは当たっていたのです。
カードってあまり信じてなかったけど、当たるんですね!

<宇宙ネコ>(2010年8月13日〜19日)


飼い犬、飼い猫、その他のペットを家族のように我が子のように可愛がっている方、多いと思います。
飼い主の言葉を理解したり、心を読んでいるようだ、という報告が私のもとへ幾つか来ています。
そんな方にこの記事は参考になるかもしれません。

今回もM氏からの報告です。


7月中旬に、この世を去った黒ネコの「ちび」がどうしているのか、ジュネさんに訊いてみました。
そうしたら、トンデモな答えが返ってきたのでビックリしています。
その時の主なやり取りを報告させていただきます。


【質問】
 7月14日に、可愛がっていた黒ネコの「ちび(雌)・9歳」がこの世を去りましたが成仏していますか?
 また、この子の存在は、我が家にとってどのようなものだったのでしょうか?

【リーディング結果】
・この子は、宇宙ネコなのだそうです。

 (宇宙ネコとは、身体はネコですが、魂(意識)は宇宙存在であるということのようです)

・この子は、既に成仏している。そして、地球から離れたところにある「宇宙存在の集合意識体」の中にいる。

・普通のネコは、亡くなった場合、ネコの集合意識に入るのだそうですが、ごく稀に、この様なことがあるのだそうです。

・この子は、次は、宇宙存在(宇宙人等)として生まれ変わることになります。

 (元々が宇宙存在なのですから、当然といえば当然なのですが)

・また、この子は私の家を選んで来たということでした。

・そして、今も私(家族も含めてだと思いますが)と宇宙との繋がりをサポートしてくれている。

 (宇宙存在として、宇宙意識との繋がりを強化するために来てくれたのでしょうね)

 ちなみに、この「ちび」のことは、7月15日付けの自分のブログにも書いているのですが、
この時、この子が我が家に拾われて来たのには、何かしら意味があったのではないかと感じていました。
なので、リーディングを受ける日が来るのを心待ちにしていたのです。
 それにしても不思議なのは、この子がこの世を去った直後から、仕事の面で新たな大きな展開があったことです。
このことも、決して偶然ではないと思っていましたので、リーディングの結果を訊いて納得しました。
それにしても、黒ネコの姿をした宇宙存在が、こんな身近にいたとは思ってもいませんでした。
以上、トンデモな「宇宙ネコ」の報告でした。



ネコの記事が載っているのはココです。

第二十七巻 春の巻 第十八帖(抜粋)

 使命がいのち。上から、神から命ぜられたことがいのちぞ。
使命はつくられた時に与えられる。使命なくてものは生れんぞ。(以下略)
<うちのネコも宇宙ネコ>(2010年8月19日)


Yさんから。

うちのニャンコもM氏の黒ネコ様と同じ

「ちび」という♀で、ジュネさんに「宇宙ネコ」と言われました。

宇宙存在と交信しているそうです(飼い主の馬鹿っぷりを宇宙にご報告…?)

<分かれゆく未来、分かれゆく運命>(2010年8月10日)


友人のM氏がジュネさんの潜在意識解読を受けました。
受ける前に私に「何か訊きたいことが有ったら、代わりに訊いておきます」と言うので頼んだことがありました。



こんばんは。
今日ジュネさんの解読を受けました。
頼まれていた、木内鶴彦氏の近未来の話と、バシャールのパラレルワールドについて、取り急ぎ報告します。

【木内鶴彦氏のいう近未来について】
 木内氏がいう近未来の状況は、見方によれば、現在も既に存在しています。
(既にポジティブな世界とネガティブな世界が共存している)
もちろん、近未来については、木内氏がいう世界だけしかないということではない。
波動の違いによって無数に住む世界が存在するようになる。
これまでは、自分の想念(思い)に対して無責任でも良かった。
しかし、これからはそうはいかない。

今年になってから、さらに潜在意識にアクセスし易くなってきているからである。
潜在意識にアクセスすることにより、その想念(思い)は現実化しますし、現実化へのスピードも早まってきている。
善いも悪いも、自分自身で住む世界を選ぶことになります。
二極化も一層進んでおり、普段の心の持ち方が益々重要になってくる。
なので、日々をどういう気持ちで過ごすかがとても大切です。

とのことでした。

【バシャールのパラレルワールドについて】
 バシャールの列車の喩え(線路が無数に分岐等)を用いて確認してみました。

(※「未来は選べる」という本田健氏とダリル・アンカ氏の対談本に書いてあります。
   これって本当なのか、ジュネさんに訊いたのです)


やはりバシャールが言うとおり、これからは、住む世界が無数に存在することになるそうです。
まさに、三千世界ということでしょうね。
異波長(波調)の者(集団)は、ますます分離していく。
「波動が異なると分離していく」、これは宇宙の法則ですとのことでした。
(「同波長の法則」というのがありますが、逆もまた真なりということでしょうね)
時間の都合で、何年頃から分岐し始めるか等については、確認し損ねてしまいましたが(滝汗)

いずれにしても、木内氏の話と同様、日々の心の持ち方、意識の向け方が大事である、
とのことでした。


意識が大切、ということだそうです。
その意識の持ち方ですが、これが難しい。
多くの人が「良い」と思って間違っているから、です。
アメリカで行われた人類の想念調査によれば「98%はマイナス」だったそうです。
この世界に飛び交う意識の、98%がマイナスな想念だった、ということ。

意識を変えるには時間が掛かります。

<E腹さん>(2010年8月2日〜4日)


「SUNNYSIDEでの日々の徒然」(2010年8月1日)より。

ある有名人について

先日のブレスを迎えた時、石屋さんとの会話の中で

【最近、Eさんおかしくない?】がありました。


このEさんとは、スピリチュアルを身近なものとして広めた方。

その石屋さんはEさんのことを認めてらして、好きだったはず。

私も本などは読んでいませんが、結構好きでした。



が!!!



少し前に久しぶりにTVで見てびっくりしていたんです。

あれ!?なんか変・・・。

(ファンの方には申し訳ないのですが・・・。)

「千と千尋の神隠し」で最初に飲食店で大人が食事をしたら

醜いブタちゃんになった・・・あれを思い出しちゃったんですよね。


その時にはさらぁ〜っと流していた私ですが、石屋の蓮さんとの

会話で再び思い出してしまいました。

ということで、カードを引いてみました。

(以下略。続きはサイトで)
<四次元消滅後のE腹氏>(2010年8月3日)


ifさま

こんにちは!こんなに暑いのだからいっそ体脂肪まで
燃えてくれればいいのになと思う陽気ですね、SKです。

PANDORAのエハラさんの記事を拝見し、ああやはりなあと思いました。
私の師匠であるチャネラーさんは、以前からとても冷静にオーラの泉や
エハラさんのことをみていました。

先月、いまはもう四次元(いわゆるあの世)が消滅した、という話を
していたのですが、ふと思いついて、
「だからエハラさんはもうテレビにでなくなったんですかね」といってみました。
すると、そのとおりだとのこと。



死んだ魂が仮の場所としてあの世に滞在し転生をしていたのがこれまでの話。
でも、死んでももうあの世はないので、いまは恐ろしいことに、この世に
うろうろして、すきあらば生きている人間にとりつこうとしているそうです。
エハラさんは、あの世があったときにはあの世との交信をしていましたが、
いま、この世にさまよう魂は、行き場がなく居場所を生きている人間に見出そうと
狙っているそうなのです。

ですから、はえとり紙のような性質を持つ人間は心せねばならない、と
注意されました(私はどうもそういう性質のようなので)

ということで、お役目としてあの世との交信をしていたエハラさんでしょうけれど、
あの世無き今、死んだ魂とつながるということは、居場所をねらっている存在と
つながるということで、TQのケがあるようです。

たしか日月神示をななめよみしたときにも、なんとなくそんなことが書いてあったような
気もしないではないですが、とにかく、いろいろな意味でまさに今は戦いのようです。




変な事件が増えてますもんね。
残酷な子殺しなぞの犯罪や、犯罪でなくても
低級な人間じゃないとやらないようなことを平気でする人が増えています。


こういう時にやたらエネルギーを伝授されたり、
やたらレイキをしたりされたり、チャネリングしたりするのは危ない。
施術者と依頼者の波動に相応しいモノが寄って来ると思います。
一刻も早く波動を上げることです。
(高波動の方なら大丈夫です)
ところが、波動を上げましょうと言っている本人にサトリが無いので
変なことになっているのが今です。
難しい時代であると言えます。



波動をあげることについて、師匠はいっています。

波動をあげるとたしかに波動の法則でよってこないということもありますが、
一概に大丈夫ともいえません、と。

波動をあげるということは、より光り輝きはじめるということ。
それは、夜の電灯とハエの状態となる、すなわち、たとえ肉眼ではみえず
自覚できなくとも、光輝きはじめる人にはそうでない人よりも
さまよう魂はよってくるのだと。

ハエどもがよってこないまでの高みのぼるには遠い道のりです。
波動をあげはじめているから大丈夫、というのではなく、
地球もろとも波動をあげつつある人こそ、狙われやすいそうです。
そのような自覚をもつのともたないのとでは、隙を狙われる点で
違いがでてくるようです。

(いっつも注意されますが、ぼやぼやしているので、隙がありすぎ、と
怒られてしまいます。)

パンドラの壷の古い記事(2005年か2006年)で、
うちの長女が中途半端に波動が高くなりうすらぼんやりと光ってしまい
(魂か何かの光のこと)
変なモノに頼られてしまい、大変なことになった話を書きました。
私が「波動を上げる」と書いた意味はこのような中途半端な状態のことでは有りません。
変なモノが寄りたくても寄れないほど、高い状態のことです。
中途半端に光っている人は、さらに精進しましょう。
あの世のモノから狙われないように。

<エネルギー革命前夜>(2010年7月26日)


Eさんから。

明総出版からのメールにこんな記事がありました。↓

<現在の世界の波動について>(2010年7月23日)


謎の方がジュネさんの潜在意識解読を受けるから、ifさん、何か質問したいことが有ったら
私がついでに訊いておきますよ、と言ってくれたので、ちゃっかり頼んじゃいました。
今、占星術師の間で話題になっている、カーディナル・クライマックスによって
人類の意識が変化するのかと、皆既日食について。
<7/7の方が意味が大きい>


黄色い文字は謎の方緑の文字はジュネさんです。


天文現象についてです。

●2010年7月11日におきる皆既日食について
  (南太平洋から南米チリにかけては観測できるそうです。)
⇒皆既日食が見えるかどうかは関係なく地球全般において変化する。
 地球も人間も同時進行で変化をしている。
 人間のエネルギーは繊細ですばらしいものである。


@さまざまな視点があると思いますが、
 この世界においての皆既日食のもつ意味を教えてください。
⇒日蝕は月食と違い、宇宙的なものであり人間のつながりにおいて影響を受ける。
 このつながりは地理的ではなく、
意識レベルにおいて同じ波長のもの同士が関係し合う
 いわば
集合意識レベルでの変化を促す。 
⇒同波長の者同士がいっせいにα波の状態で
 同じ意識を持てばその集合意識が進化し大きく変わる。


Aまた、皆既日食でこの世界は変化しますか。
⇒人間のエネルギーそのものが変化を起こす。
 特に、ネガティブなもの(洗脳とか支配されている状況など)をはずせるチャンスであること。
 
望むこと意識することの実現化がスピーディーに進む

Bもし、世界が変化するとしたらどのように変化しますか。
⇒エネルギー変化は共通の部分もあるし、個人的なものもある。
 変化の実現においては個人差がある。
⇒物理的に個人の最小エネルギー範囲は70センチ必要。
 70センチ以内になると他者と影響しあう。




●「カーディナル・クライマックス」について
(7月末は占星学的に100年に一度の配置と言われる「カーディナル・クライマックス」が起きるそうです。)
http://morikaori1.blog37.fc2.com/blog-entry-265.html

@100年に一度の配置がおきるというその意味を教えてください。

⇒この言葉は知らなかったのですが、星の配置を見る方法にはさまざまな流派があり、
 時間も加速化されてきているので誤差があるように思う。
⇒むしろ、
2010年7月7日の七夕前後からの変化のほうが顕著


 Aはこの七夕ごろの変化についての回答。

A変化があるといわれていますが世界にどのような変化がありますか。
×カーディナル・クライマックスについては不問。

⇒2010年七夕前後の変化について
 今年の七夕前後の変化は20年前から起きて来た変化のピークのようなもので、
 潜在意識によりアクセスしやすくなったといえる。
⇒この時期はセンサーの働きがよくなり目覚める人たちが多く存在する。
⇒思ったことが実現しやすくなり、最小のエネルギーで最大の効果を得られる。
 進化したいのなら自由を得るチャンスで、自分で選択できる。
⇒20年前から最近までは過渡期であり、地球も含めてさまざまな現象は、
 押さえられてきたことが出現してきており、この間の学びは「リラックスすること」だった。
⇒意識のうえにおいては多くのサポートがあり、望めば自分で出来る。

⇒地球は、やがては
クリスタルの星になる予定。
⇒食物を摂取する必要もなくなっていく予定。
⇒病気の治療は薬による治療ではなく、必要な周波数を処方されるようになる。
  実際、現在の科学においても量子物理学のレベルで理論的に証明されている


謎の方、ありがとう御座いました。

<災害と想念>(2010年7月17日〜18日)


今年の夏は異常ですね。
西日本、特に九州地方は雨の被害が続出しています。
九州以外の土地でも崖崩れ川の氾濫、道路冠水、家屋浸水など、人的被害が出ています。
PANDORAの閲覧者が住んでいる地域でも災害が発生しているので、
心配になってメールを入れました。

雨はすごかったですが、ここらは全然平気です。
「通行止め」や「がけ崩れ」など困ったことも無く、
ありがたいなあと思っています。


ほっ。
この方の隣の隣の町では死者が出ているので、心配していました。


西日本の或る県でも死者が出ているので心配でしたが、その方のサイトを覗いてみたら・・・
「Sunrise」(2010年7月16日)の記事より。

こちら方面は雨でニュースになっています。
わが市の両隣も雨量が多いそうです。
こちらはこれといった被害を目にしていません(自宅周辺だけかも知れないけど)。
以前はすぐに車が半分くらい浸かっちゃう道路というのがありましたし、
ウチの近所もすぐに浸水しちゃってたんですが、
何度もそういうことがあったので、きちんと工事をしたようです。(以下略)

無事なようです。


災害は何故起こるのか?
災害は無用に起こるのでは無く、想念が悪化するので
それを地球が浄化するために起こす、という説があります。
本当でしょうか?

PANDORAの閲覧者の方の「隣町」では災害が起こり死者も出ているが、
閲覧者の方が住んでいる町は「なんとも無い」という現象が起こっている。
しかしたった二例で結論は出せないので
誰か「いいや、ウチもちゃんと崖崩れにあった」とか
「床上浸水した」とか「車で走行中道路が陥没した」とか連絡してください。

<私の県でも>(2010年7月18日)


Fさんから報告がありました。

私の住んでいる町の隣も、酷い災害がありました。
隣町といっても、田舎でかなり広いので、少し離れています。
何人か死者も出たようです。
●●県●●市というところです。
 
こちらは、その時間帯は雷もなりましたが雨は降りませんでした。
たった4〜50kmしか離れてないのに、向こうは集中豪雨で大変だったようです。
私の住んでいる三次市は、30年以上前に酷い水害に会い、
かなり被害があったらしくそれ以来、色々と対策をしてきたようでした。
 
県内では、他にも何箇所か被害があり、死者が出たようです。
(いずれも我が家から100kmの範囲内ですね)
姉が住んでいる所は、床下浸水?位になり、近所の人は車が駄目になった人も、いたようです。
(姉は、修理すれば、乗れるというレベルで済んだようです)
 
被害はなかったものの、3日3晩、激しく降り続いた雨は、何か意味があるだろ?と思わずにはいれません。
 
まはるださんの鑑定結果を楽しみにしています。

まはるださんの所もFさんの所も「以前ひどい災害があったが、それに対処してきた」
という点が共通していますね。

それにしても雨は狭い範囲に集中して降っているようです。
去年のゲリラ豪雨もそうでしたが「狭い範囲内に集中して降る」ようになりました。
不思議なことです。
雨の降り方も変わる・・・と、日月神示にあったような・・・
<仮名静かの地元で土砂崩れ>(2010年7月18日)


こんにちは。
災害の記事で同じ広島の方の記事があったので、私も県内の災害のニュースを
見て浮かんだことをメールしてみますね。
 
今回の雨で広島県内の各地で災害があり、広島市内でも床下浸水や車が浸かったり
道路が冠水したりと大変だったようです。
たしかにかなり激しい雨でした。
外回りの仕事をしているのですが、激しくずぶ濡れになって大変でしたが
まさかそこまでだとは思ってもみませんでした。
庄原市での災害の時、広島市内も昼から晴れておりましたし、夕方に少し雨が
降っていましたが「やっと梅雨が明けたんだなー」と思えるくらいの状態でした。
 
それが、帰宅後に見たニュースで孤立している集落情報が流れているのを見て
「どこだろう?」と思ったら県内で驚きました。
その時に最初に思ったことですが・・・。
 
庄原市って郵政問題で騒いでいる仮名静かさんの地元なんですよね。
土石流が起こった地域出身とニュースで言っていたように思いますし、すぐに
現地入りされていたようでした。
ここ最近の亀井さんの外国人参政権反対については納得しつつも、言動には
「???」なことが多かったせいか、おもわず、自分の感情や無念さを晴らすために
全く異なる方向性の社民党と連立だとか、国民や日本のためではなく、自分のために
政治を利用しようとしていることに対しての警告なのかなぁ・・・と思ったんですよね。
 
遠い親戚が庄原市にあり行ったことがるのですが、かなりの田舎です。
田んぼの中に家が点在しているような場所なのに、とてもキレイな道がついていて
びっくり!「さすが有名な政治家がいると道路が良くなるなー」と思っていたのです。
今回の被災地の川は、過去には氾濫したことなかったそうですし、何か意味が
ありそうだなーと、私も思いました。
 
 
でも、こうして私がメールできるのも全く被害を受けていないからで
災害地域在住であれば、家周辺のかたずけなどで安心してメールもできていない
かもしれませんね。だから、何事もなく仕事をしていてずぶ濡れになっただけの
私はラッキーだったのかもしれません。




仮名さんを出した地元民に、そのカルマが来ているかのような現実。
選挙民の方は本当に真剣になった方が良いと思う。

ところでウチのところは大丈夫かな・・・

<面白いブログ>(2010年7月8日)


なかなか面白いことが書いてあります。
「心の敷石」  2008年11月
http://blog.goo.ne.jp/candy-cats7/m/200811

<占星術チャート>(2010年7月5日)


生まれた日の星の位置が分かり、印刷が出来て説明もついている便利なサイトを紹介します。
「ニルマーラ占術研究所」の「無料占い・西洋占星術」です。
これは便利。しかも無料。お勧めします。

<カーディナル・クライマックス>(2010年7月3日)


今年の7月に占星学上の一大イベントである「カーディナル・クライマックス」が起こるそうです。
カーディナルとは、活動宮のことで「牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座」のこと。
「西洋占星術普及委員会」  http://morikaori1.blog37.fc2.com/blog-entry-265.html
によればこの現象は100年に一度起こり10年間くらい続くそうです。
活動宮に惑星が入るので世界や国家の動きが活発になるのでしょうか?

「占星術思いつきメモ」
  
http://blog.goo.ne.jp/pneuma_2007/e/df6270998f4183a28cb7f9dd8fee3698
このサイトによれば、天変地異や事件なども関係有りそうです。
下のサイトも専門的。
http://blog.livedoor.jp/speculative_astorogy/archives/cat_50023241.html


http://macro-micro-cosmos.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-4c00.html

占星術家の先生達によれば「2012年のアセンションより凄い」と言われているそうです・・・
http://www.myspiritual.jp/2009/11/post-704.html


先日、月食があったばかりですが、今度は日食の話。
今年の日食は7月12日(南太平洋で皆既日食、日本では見えない)に観察できる。
※現地時間では7月11日

<素数>(2010年6月16日)


先日ジュネさんと会ってトンデモな話を沢山仕入れて来ました。
その中の一つを紹介します。

宇宙は数で出来ていて、特に素数を解明すれば宇宙の謎が解けるんだそうです。
宇宙の謎というのは、宇宙の成り立ちなどのことです。
素数とは自分自身の数でしか割れない数字のこと。
具体的には1、2、3、5、7、11・・・で無限に有ります。

数を階段に見立てると、上に書いたように「1、2、3」と素数の段が続く箇所があれば
ず===っと普通の数字だけが続く箇所もある。
規則性が見られないのだそうです。

ところが、その階段を今度は数学ではなく、物理学かなにかの見地から見ると。。。
何か法則のようなものが発見できるか、その階段の様子が何か意味を持っているとしか
言えない・・・・という話でした。
(ニュアンスが違っているかも。
 なんたって私もジュネさんも数学分からないからね=)


それで素数を研究する人は世界中に居るのですが、大抵頭がおかしくなってしまうのだそうです。
日本人にも研究者が居て、世界のそういう人達の末路を見ているので、
その人は毎日筋力トレーニングをしながら、素数を研究しているのだそうです。
頭だけ働かせてもダメなんでしょうね。
やはり体力もモノを言う・・・というよりは、ちゃんと生活をして地に足をつけないと
精神がおかしくなるのではないかな。

数学が得意な方。
ぜひ、素数の謎を解いて宇宙の謎も解いてください。



そういえば・・・「万物は数でできている」と言ったのは古代ギリシャのピタゴラスでした。
宇宙人の言語も数だそうです。
私が子供の頃宇宙へ向けて
日月神示は数字(漢数字)と記号(渦や○、◎、ゝなど)で書かれています。
なので書いた本人(岡本天明)には意味が分からないので、神道研究者が何人か集まって
数で書かれた神示を解読し、日本語に翻訳したのです。

<浄化の雨?>(2010年5月27日)


仕事柄毎日天気図を見ているM氏から。

24日(月)は、この時期としては珍しく全国的に大雨が降りました。
日本列島のかなり広い範囲が雨雲に覆われていました。
ちょうど雨量レーダーでチェックしていたら、
宮崎県の口蹄疫が発生した地域を中心に、
かなり激しい豪雨が降っていました。
他の地域では、あまりみられなかった降り方だったと思います。
まるで浄化してくれているかの様でした。


殺処分をしている宮崎県の酪農家の方達には作業はしづらいし、
牛豚を殺すのは可哀想だし「涙雨」のようですね。

<ヒューマンデザイン/kayoさん>(2010年5月14日)


ヒューマンデザインのサイト「69ハーモニー」のkayoさんに「天命」をリーディングしてもらいました。
これは結果をここに報告するという前提でしてもらいました。
一般には受付はしていますが、まだやってはいけないという規約があるそうです。
(全てを講習しないと販売できないそうです。今月の22日から鑑定可能になるのでお待ちください)

私の生年月日と出生地を伝え「天命」を調べてもらいました。
ifさん
 
お待たせいたしました。
天命のリーディングのご報告です。
 
私たちは輪廻転生を繰り返しています。
その繰り返しの中の1コマとして今生を生きています。
 
私たちは今生で生きるための課題≪テーマ≫を持って生まれてきます。
その課題がヒューマンデザインシステムでいう天命(使命)に相当します。
この天命の根本は人類に対して何をするのかということです。
人類の中の1人、社会を構成する1人としての天命で、
個人的な天命や日本という制限された社会の中での天命では決してありません。
 
また、天命は自分で選択して生れてきます。
一般的に見て≪悪≫に属する天命を選ぶ人もいます。
≪悪≫がいなければ≪善≫もまた見えない、≪悪≫には≪悪≫の必要性があります。
すべての天命には意味がある、
その意味がある天命を持つ人に排除されるべき存在はありません。
 
さて、実際に天命を知ることでどのようなことが分かるのか…
今生に生まれてきた課題を知ることで、
なぜかいつも同じようなことを繰り返してしまうとか、
なぜかいつも同じようなことにこだわってしまったり、許せなかったりすることの意味が見えてきます。
 
日常生活の中で天命に沿った生き方をすればどうなるのか…
自分が何をすべきかわかります。
仕事をしていても、家事をしていても、子育てをしていても、友達と話していても
その中で自分の天命に沿った振る舞いをすることで、ifさんの魂が喜んでifさん自身が輝き出します。

 
 
ifさんの天命
メールにはifさんの出生情報を基に作成したチャートを添付しています。
名前の欄から5段下のインカネーションクロスの項目をご覧ください。
チャート上ではインカネーションクロスという項目が天命を示します。

インカネーションクロスは大きく分けると
ライトアングルクロス、レフトアングルクロスに別れます。

ライトアングルクロスを持って生まれた人は自分の個人的な人生を全うすることが人生のテーマの1つになります。
人のことよりも自分の生き方を貫くことで、カルマを作るために今生を生きています。
レフトアングルクロスを持って生まれた人は人のために生きることが人生のテーマの1つです。
前世で作ったカルマを人に尽くすことで清算するために今生を生きています。
 
ifさんはライトアングルクロスですから、ご自分のデザインに従って、
自分の思いのままに人生を全うすることが人生のテーマです。

天命は
原始的な野蛮性をテーマに持ったクロス
⇒文明社会の要素をテーマに持ったクロス
⇒成熟した文明社会が2極化する要素を持ったクロス⇒
文明社会が成熟し、そこから崩壊を起こす要素を持ったクロスという順に
循環しています。

ifさんのクロス Maya-32は≪持続のクロス≫
3番目の成熟した文明社会が2極化する要素を持ったクロスです。

社会が成熟し表と裏の2面性が際立ち、人類の存亡の危機が危ぶまれる時に
すべての人、モノが調和して生きるマヤの世界(マヤ文明に代表される古代の英知)を伝えることが天命です。
人類存亡の危機に際し、マヤの英知に学ばなければならないことがあると周囲に伝え続けます。
このクロスを持つ人は種が存続し続けるかどうかを敏感に感じ取ることができ、
他の人が気づかないうちから、存続の危機に関しての情報(マヤに基づいたもの)を発信し続けます。

また、モノの価値を見分ける(評価する)目を持っています。
今日いくらで売れて、何日後にはどこでいくらになるということが分かります。
この評価は種の存続ということを敏感に感じ取る力に基づいています。

≪持続のクロス≫の根本には種の滅亡への恐れがあります。
人類は古代から文明の消滅ー再生を繰り返しています。
マヤの英知をしても消滅は避けられませんでした。
そのことへの根本的な恐れがあります。
ですから、社会の隅々にまで目を行き渡らせ、改善していかなければならないところを探します。
そして、悪い部分を見つければ、マヤの英知を使い改善しようとします。



もう1つ、パンドラの天命
(パンドラのチャートも添付しています。
ヒューマンデザインでは人間だけでなく、モノのデザインも見ることができます。)



 
パンドラはレフトアングルクロスですから、人のために生きることが人生のテーマです。

パンドラのクロス 
Defiance−2は≪抵抗のクロス≫
2番目の文明社会の要素をテーマに持ったクロスです。

原始的な野蛮性を持った社会が
これから文明社会として発展していくために様々な可能性を示すことが天命です。

このクロスが示す可能性は標準的な方向性に抵抗する可能性です。
一般的なレールではなく、もっとちがったさまざまなレールもあることを示唆し、
少し違った変化のある方向へ導く使命を持っています。
 
リーディングは以上です。
 
内容の上で分かりにくい部分、改善点等あれば
お知らせください。
勉強させていただきたいと思っています。
よろしくお願いたします。
 
 
私の個人的な感想を書かせてください。
ifさんも、パンドラも天命通りに生きていらっしゃるように感じます。
天命通りに生きていらっしゃるからこそ、
光輝いていらっしゃるのだなと感じいっています。
 
リーディングで私も楽しませていただきました。
 
ありがとうございます。
 
                          kayo

<この世の終わり/霊障>(2010年5月6日)


リンク1→「石井清龍の本ぜい易」の日記より。

「最近考えていることを度胸出して書きました」

(省略)

木村氏の自然体で柔和な人柄がにじみ出た本で、りんご栽培の事だけでなく、
著者が宇宙人にあった話、龍に会った話までありました。
鑑定にいらっしゃったお客様がこの本を読んで、その内容を易に質問したのです。

その質問は、木村氏が宇宙人に連れて行かれて、円盤の中で地球のカレンダーを見せてもらったことです。
地球のカレンダーには、地球の終わる日が記されていたそうです。
そして、その地球の終わる日は、マヤ暦が終わる頃よりも早くはないが、意外と早いと書いてあるのです。
そして地球の寿命に関しては誰にも言ってはいけないと宇宙人に忠告されたので、
著者もそれに関しては言えないというので、易で、そのことの信憑性について占って欲しいとのことでした。
そしてその地球の寿命がいつなのかも易で知りたいとのことでした。


易の答えは、
木村氏を円盤につれていった「宇宙人」は、霊的存在だったそうです。
その霊は、あの世の宗教団体の霊で、地球が核爆弾や環境破壊で壊れていくことを案じているのです。
そのために地球にいる我々に警告を発している、というのが易の答えでした。
そして、その霊的存在が見せてくれた地球のカレンダーが地球の寿命がもうすぐ終わると言うのは、
本当ではないという答えが易にでました。



どちらの答えが本当かは、私も判りませんが、警告することによって改善できることが理想だと思います。
霊の存在について私は自分のHPに書けないと思っていましたが
最近、霊障で苦しむ相談が
とっても増えてきました。

霊障のご相談を受けますと、わたしもどうにも成らないほど体を壊してしまいますので
霊のトラブルをかかえたご相談は申し訳ないのですがお受けしないようにしております。
霊が何体も自分に取り憑いているとか、家にも会社にも霊が沢山いる、
家族がおかしくなってしまった、どうしたらよいのだろうか?
こんな相談がひっきりなしに届くのです。

霊障の相談をできるだけ避けているにもかかわらず
一般のご相談者も不思議なくらいに、霊のトラブルをご相談されるのです。
今の時代は、霊が生きている世界にかなり入り込んでいるようです
亡くなった後でも、人間も動物も魂は生き続けているという事を、わたしは信じざるをえなくなりました。
この世が苦で、早く死んで楽になりたいと思う人は多いですが、死んでも魂は永遠に不滅なんですね。
死ぬのではなくて、ただあちらに行くだけなんです。

(省略)

この世にもひどい教組がいるように、あの世でもとうぜん、歪んだ価値を信仰としている教組がいるようです。
今まで生きていた地球が魅力なのでしょう、執着心のつよい霊は憑依したり影響をあえて与えてきます
鬱病や統合失調症の症状を持つ人は、結構霊による憑依現象が多いのも事実のようです。
死後、霊になった自分の執着心で、生きている相手が体調をくずしてしまうことがあること、
それが判ったら、死後の意識をどうするか、考えておく必要を感じます。
少なくとも今この地で生きる我々は、あの世で生きる先輩達の真似をせず、
人間としてできるかぎりあかぬけた意識を持って
魂の向上をめざしていけたら幸せの道に進んでいけると感じています。

崇高な精神が、自分の宗教こそ絶対的な真理だと信じ、
自己の信念を他者に強要するのを神様が納得する真理だとはわたしには思えないです。
霊によって苦しむ相談者を沢山知ってから、私は今この世で生きている間に、
我々が死後どういう価値を持って生きるべきかに気づくこがとっても大切なことだと、
心から思うようになりました。



人にとって、「
幸せになれない元」となるものは何かと占ったことがあります。
それは、
愚かであること・執着心・
こだわり・頑固・融通のなさ・
かたくなさ・動かないこと・
取り越し苦労による
思い込みで身動きできないこと
、だそうです。



人は、こだわりやすい生き物のようです。
こだわっているほうが、自分の存在を感じていられるのですが、こだわる意識は止まっている状態です。
身体も水も空気も、止まってしまったらそこで腐敗が生じるんですね。
循環こそ気持ちよく流れてあるべき魂がいきいきと生きることができる道ですね。(もちろんよいこだわりもあります)
死んだ人が、この世に未練を持ってこの地に残る人が多いようです。
死んだ後、生きている人に執着したり、生きている人に思いを残すと、
不思議なくらいに生きている人はその霊によって身体が悪くなります。
悪い影響を生きている人に与えてしまうことは、良い行為ではない証拠です。
多くの先輩達が、死後この世に留まって生きている人に執着した霊となっているようですが、
死後もこの世への未練をすてきれず、人に憑依したり、まとわりついたり、
この世の家に住んで生きている霊がいます


死後あちらにいくこともそのままこの地に留まることも、自分の意志で決められるのですが
他者に迷惑をかけてしまう憑依して生きようとおもう生き方は自分自身にとっても
業が深くなるだけですから損になる行為なんです。


心と言うものは、肉体を無くせばますます意識の方向に進んでいきます

無限に続く魂だからこそ、垢抜(あかぬ)けた意識をめざしていくこと、
これが魂がしあわせをつかめる道だと易はいいます。

(中略)

人は神様と直線で繋がっていると感じます。

(中略)

わたしは以前幽体離脱したことがありました。
体から自分のもうひとつの体が離れる時、天井に登っていく自分の体が煙のように軽くて、
煙ですから上に上がるしかなかったのです。
怖くて怖くて下に下がろうと必死になりましたが、上がるだけだったのです。
つまり
肉体を離れた時、意識が重いと、未練や怒りや悲しみがあると、
上に上がることができない事を実感した
のです。

生きていても死んでいても、何かに執着して留まる意識、束縛したい意識、執着したい意識、
そういう心から開放することを目指せるならば、その魂は幸せをつかめるのです。

そして、死後、自分が執着することによって、この世で生きる人達が
霊による被害を受けることを知っておくべきだとおもいます。
あまりにも霊による障害で苦しむ人が多い時代になりましたので、
本意ではなかったのですが、ここに書きました。


<水龍の不思議>(2010年4月20日)


ifさんこんにちは。
水龍ストラップと火龍ストラップをまとめて購入し、
以前、火龍ストラップのちょっと不思議な話をお知らせしたYです。

ゲルマニアの管理人さんにもメールしたのですが、
水龍ストラップでとても不思議な出来事があったのでお知らせします。

昨日、主人の水龍のストラップの糸が切れてしまいました。
お恥ずかしい話なのですが、ちょうど、主人が警察にシートベルト違反で捕まってしまい、
主人いわく、ちょうど発進したばかりで、これからシートベルトをしようと手をかけていたのに
そこを止められてしまったから、すごく腹が立って警察に抗議したんだそうです。
その時、急に携帯が「ブーッ」とほんの一瞬バイブのように振動したので
電話だと思って携帯を出したら・・・。
ストラップがバラバラになっていたらしいのです。
別にぶつけたわけでも、何でもないのに糸が切れてしまったと。
しかも電話は誰からもかかってきていなかったそうです。

水龍のストラップも一緒になって警察に対して怒ってくれたのか
もしくは、それ以上激怒しないように、主人の怒りを鎮めてくれたのか。。。

とーーーっても不思議な出来事でした。



う〜〜〜む。
龍神は私でないと作れないので、全て私がテグスを通しています。
私の波動が龍神に入っているなら、「怒りを鎮める」方ではなくて
「ご主人よりも怒って、怒り過ぎたために自分が壊れた」という方が当たっているかな?
ケイタイのぶ===っ!は水龍のブーイングでは?
えへへh・・・
えへへへ〜〜〜♪

私なんかシートベルト着用義務違反で2年間に5回くらい捕まりました。
(だってもしシートベルトをしていたら、突然ライオンが出て来たら咄嗟に逃げられないでしょ?
  そんなのとても危険だと思う)
(え?オマエの家の近所にライオンが出るのか、って?)
(いや出ませんがね。可能性はゼロじゃないでしょう。
 サファリから逃げ出すかもしれないし、誰かが飼っていたライオンが逃げることもある)


二回目に捕まった後考えたことは(次は絶対逃げてやる)でした(あはh〜お茶目〜)
でも、アレって逃げられない道路でやるんですよね!
K札汚ねえぞっ。
やるなら「国道」と「高速道路」でやれって感じ。
そう、命懸けで。


それはともかくそのお陰でそれから三回までの免許更新時には
つまらない講習を受けなくてはなりませんでした。
あと一回残っています。
こういうコトをするので民心がどんどんK札及び政府から離れて行きますね。
革命が起こってもアタシは知らない。



と、いう話ではありませんでしたね。
水龍、ガラが悪くて済みませんでしたね(謝罪)

<”宇宙人”の相談相手>(2010年3月24日)


PANDORAのお客さんの中には地球転生回数が非情に少ない人や
今回が初めて、という方が何人もいます。(※ジュネさんの鑑定他、による)
その方たちに関しては私は別に他の人と違う感じは受けませんが、純粋だとは思います。

その方達がこの低波動の地球に生まれて来て苦難の道を歩んでいるのを見ると気の毒です。
が、地球人として存在しているんだし、周囲を理解し、心を強く持って生きなくてはなりません。
しかし、ま。
その方達の悩みごとの相談に乗るような形にはなりますわね。


ご存知の通り(わらい)私は日本を始め世界中の”常識”は知ってはいるが、
それに洗脳されていないので、地球にとまどう方達の気持ちを無碍に却下する気はありません。
同情はしませんが(申し訳ない、感情が1ミリも動きません)何をするべきかを一緒に
考えることは出来ます。

我が家の◎ちゃんも宇宙人だそうですが、別に違和感を感じません。
なので何星人の方でもOKです。
ところで地球への転生ですが・・・基本的に皆、出自は宇宙らしい。
そして地球上では時間は一直線に流れているが、あの世ではそうでは無い。
本体は異次元に居るのでしょう。
たとえば、モンロー研究所の所長の、故モンロー博士は地球に転生する際
「現代ニューヨーク」から始めたそうです。
あの世には時間はありませんから、本体は自分が生まれたい時代に生まれることが出来るのだと思いますよ。

なので地球転生回数が多い人は、何百回も地球転生に挑戦しているわけです。
ちょうど、ソリティアというゲームがありますが、それで遊ぶのと同じです。
ソリティアはPCに内臓されているのですぐ出来ます。
これが好きな人・・・私のようなのは毎日何回もやるわけですよ。
もう10年くらいやってます。
なのでいったい何回やったでしょうね?回数は分からない。

すると上達するんです。
基本的なルールはあるが、実際にやってみるとそれ以外にも覚えておくと便利なことがあることを知る。
これは経験しないと分からないので、何度もやってみて覚えるしかない。

地球への転生もきっとこうなんだろうと思うのです。
初めてソリティアをやればわけが分からないので、やりようがあったのに失敗してしまう。
それと同様に初めて地球に生まれてくれば、やりようがわからないので失敗してしまう。

転生すると前世の記憶は無いのですが、魂に経験値が蓄積されるのです。
それはソリティアで勝てる知恵のようなものです。

だから転生回数が多いほど魂の知恵が多い、というか深いので失敗は少ない。
実際は転生回数が多いと、困難な人生を選ぶようになる(だって簡単だったらつまらない。
これもゲームと同じですね)。


転生回数が多い、少ないは魂がゲームを好きかそうでもないか、にもよるでしょう。
「私はあの世の裁判官だった」という本に、地球での転生をやめて他の星へ行く霊のことが書いてあります。



それらの霊はもうゲームを終了するんでしょう。
別にその魂が優秀だからでは無い。
そういう場合もあると思いますが、全てでは無いと思う。

古い魂でも転生回数が少ないのはゲームがあまり好きでは無いのかもしれません。

それはちょうどPCにソリティアが内臓されていても、ちっともやらない人がいるのと、
私のように毎日やっている人とがいるのと同じです(相似象)。
要するに地球に転生して遊ぶのが好きな霊と、そうでも無い霊がいるのです。


あの世には時間が無いので、自分がこれから転生する時代が未来とは限りません。
いくらでも過去に転生出来るはずです。
なので過去の出来事だ・・・と安心しては居られない。

地球で核爆弾が使われたので宇宙人が驚き、これからは地球では核爆弾が使えないようにしたそうです。
安心するのは早いです。
今、この地球に生きている私達の本体はあの世にいて、あの世には時間が無いのです。
この先いくらでも「過去に転生出来る」のです。
その過去が「核爆弾が炸裂する時代」だとしたら?
有り得るんですよ。

日月神は言ってます。我良しの魂は
「粉(こ)も無きようにする」と。
魂が粉も無きようになるのは核爆発しかないです。
なので、今あまりにも人道に外れた生き方をしている魂は、いくらでも過去に戻りそのカルマによって
魂が粉も無きようになれるのです。

歴史書にはありませんが、大昔中東〜インドで核爆発があったことが地質を調べたら分かったそうです。
そのくらい大昔にも核兵器はあったようです。
その時代に、カルマによって転生する可能性はあります。

<エネルギー伝授の後>(2010年3月20日)


閲覧者の方から。


先日、ある整体院へ行って施術してもらいました。
普通の整体と違って、手法は相当変わっていましたが…

メインは首のケアだったんですが、エネルギーワークの
弊害についても対応していただけるということ
だったので、昔受けた伝授エネルギーを除去してもらいました。

施術前の問診で「受けた伝授の影響で
霊媒体質になってしまっている」と言われ、え、そうなの?と。

エネルギー伝授って、そのエネルギーを通す
穴を開けるわけで、ある意味霊道を無理やり体に
開けるのと一緒だから、その穴に入り込んでしまうんですかね、
自分の状態に応じてふさわしいものが。

低級霊に憑かれていたのか、それとも非常によろしくないものが
干渉していたのか、はたまたその両方なのかはわかりませんが、
影響を受けていたことは確かなようです。

施術後、身体はもちろんでしたが、思考がクリアになり
(頭の中にかかっていた膜が除去された感じ)、始終沸き起こり
押さえ込むのに苦労していた破壊衝動もほぼ消失…

低級霊に憑かれてしまった人が思考力を失うのか、思考力が
ないから低級霊に憑かれてさらにドツボにはまるのか、順番はわかりませんが、
なるほど、「思考力がない」とはこういうことかと…
徐々に思考力奪われたら、自分じゃ気がつかないと思います。
敵?のやり方、巧妙です。


自ら進んで状態を悪くしているとは思いませんでしたが…
当該伝授エネルギーのある手法が本当にできるのかどうか、
試してみたくて伝授を受けたんですが、好奇心程度で
伝授受けたらダメですね。
伝授を受ける際、一応マトモそうなところを探しましたし、
伝授してくれた人は非常にきちんとした普通の方でしたが、
その人より上流で既に汚染されていたら、もうアウトだし、
かといってエネルギーの出所を一から辿っていくのは事実上困難・・・
手をだすべきではない分野だな、と思いました。


私は、伝授の際非常に嫌なビジョンが目の前に広がり
「これは受けてはいけなかったな」と直感的に思ったので
それ以降殆ど当該エネルギーを使うことはなかったのですが
それでこれだけな影響大きかったわけで…怖いなあと。




やはりまずいですか。
エネルギーの伝授などやるものではない、という私の持論を裏付ける情報でした

この方は好奇心からやってもらったそうですが、
悪名高いかくせい剤も殆どが「好奇心から」です。

<携帯に最適な塩>(2010年3月8日)


「かりよん」のゆずかさんが参考になる記事を書いているので掲載します。

粗塩

今日も「ブログかりよん」に来てくださって、
ありがとうございますいらっしゃいませ!


さて、粗塩のことですが、
以前から毎日、外出する際は必ず身につけています。

身につけているのと、そうでないのとまるっきり違います。
疲れ方が。

粗塩はその人に合う合わないがあるので、色々試してみるのが、
一番いいなと私の経験から、思うのです。


今、身につける用としては「エンジェルサロン」で
扱っているネーミングが愉快な「なにかのご塩(えん)」を使っています。



このお塩、面白いです。


(以下略。続きは「かりよん」でご覧ください)


超能力者の秋山真人氏が言うには
「死霊よりも生霊の障り(さわり)の方が重大」なんだそうです。
「死後世界地図」という本に書いてあります。

大本教の出口王仁三郎が幽霊屋敷に行き、一言「こらっ!」と怒鳴ったら
霊は逃げてしまったそうです。
やはり死霊の障りはたいしたこと無いのです。
ただ怖いだけ。

生霊の障りというのは「念」のことです。
生きている人間が他の人に無意識に飛ばす念は強いのだそうです。
秋山氏はそれを防ぐために「水」か「塩」を勧めていますよ。
霊は水があるとそこに囚われてしまうそうです。
塩も霊というか、念を防ぐには有効だそうです。

かりよんさんが「なにかのご塩」を勧めている理由があります。
身につける場合ですが。

かりよんさんはブログランキングに参加しているので
ポチっとな♪お願いしますね。

<”地球人の顔”は日本人の顔>(2010年3月3日)


おなじみの宇宙人(?)のグレイでも顔には個性があるとは思いますが、
彼らを「種」として見た場合、同じに見えます。
犬にも個性があるはずですが「犬種」として見た場合、毛の色の違いはあれど
やはり同じタイプの顔をしていますよね。

それと同じで地球人は様々な人種がいるし、個性があってバラバラですが、
それを「種」として見た場合、どのような顔になるのだろうか?と、やってみた人がいます。
今日立ち読みした本に書いてありました。
2003年にコンピューターで合成して作ったその顔は「日本人」の顔でした(驚



「日本は世界の雛形」というのをご存知だと思います。
日本の国土、地形が世界地図に対応しているという、神道系の考え方です。
ところが雛形なのは地形だけではありません。
日本人の顔も世界の雛形なのです。

若い頃同僚のイギリス人と一緒に居酒屋へ行ったら、イギリス人が或る男性をじ===っと見て
「彼は日本人か?」と聞くのです。
私が
「そうだよ」と答えると、イギリス人は(おかしい、そんなはずは無い)と言う顔をして
さらにその男性を見つめていました。
その男性は日本人としては彫が深い方ですが、外人顔ではなく日本人顔だったのです。

ユダヤ教のラビ、M・トケイヤー氏が日本に来てから書いた本には
「日本人の中にユダヤ人の顔をいくらでも発見することが出来る」とありました。

古代日本には海外から様々な人が渡って来ているので
日本人の顔が様々な人種の混合なのは納得がいきます。
「日本人の顔も世界の雛形」と言えるでしょう。

<分かられてしまう世になった>(2010年3月3日〜4日)


いくら巧妙にウソをついても、本心を隠しても本当の所が他人に分かられてしまう世になりました。
分かる方法は
◆チャネリング・霊視
◆占い(カモワン・タロット・ホラリー・ペンジュラム・Oリング・キネシオロジーなど)
◆直観・サイン
などです。

人と人のトラブルの多くは判断力の差による、誤解から生じているので
上の方法で相手の思考を正確に受け取れれば誤解が少なくなると思っています。
なので私は「ウソがつけない世」になるのを歓迎します。

正確なチャネリングで思考を読み取ってくれれば、私が説明する必要も無くなるので
こりゃ楽だわい、と思っています。
なので性質の良い、判断力の高いチャネラーが好きですw
(チャネラーはそれぞれ自分と同波長の世界と繋がっていると思うので、どんなチャネラーでも良いかというと違います。
  言ってること、書いていることが???なチャネラーとは縁を作らないようにしています)


チャネラーを選ぶ基準は「私よりもマットウな人」なので沢山いると思いますが、多くの中から
たまたま縁のあったジュネさんとか謎の方を信頼しています。
今のところ(バカなことさえしなければ)私も相手からも好かれているようで良かったです。



さて、「真実」を分かる方法はチャネリングだけではありません。
占いも有効です。
占いの中でも生年月日を基にした固定的なものよりも、シンクロニシティを利用したものが良い。
生年月日を基にしたものは統計なので、統計のウソという言葉があるように
全員に当てはまるとは言えないと思う。必ず例外があるのです。

シンクロニシティを利用した占いであるホラリー占星術も当たります。
面白い記事を見つけたのでここで紹介しますね。
管理人さんはブログランキングに参加しているのでポチッとな♪お願いします→
「日本人になる気がない」
<リバース・スピーチ>(2010年3月4日)


Mさんからの情報です。


パンドラの壷の

<分かられてしまう世になった> 

についてですが、

昨日下記の記事を読んだばっかりだったので驚きました。

リバース・スピーチというのは私は知らなかったのですが、

この方法が本当に使えるなら、

企業や国家間取引とかが本当にまるはだかになってしまうと思いました。

自分でも気づいてない自分の本音(潜在意識?)も

わかるので、生きやすくなるかもしれませんね。


リバース・スピーチ...2010年2月26日

http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_6.htm

ただ、逆再生するには容量の重いソフトとかも必要みたいなので、

もっと身近に再生できる機械とかがあればいいなと思います。

「逆さマスタージャパン」というおもちゃもあるようですが、

これが使えるのは6秒以内だそうです。

(アマゾンにありましたがうまくリンクできませんでした)


<予約したチケットが取れなくて命拾い>(2010年3月2日)


「クリスタル・ピープル」にあった記事。
http://plaza.rakuten.co.jp/akaifusen/10012

<2010年という年>(2010年3月1日)


他には無い斬新な切り口で時代を分析している平御幸(たいらみゆき)氏によれば今年は特に重要な年。

未来を信じて

2009-12-31 08:39:57 | Weblog
 06年の3月から始まったこのブログも、もうすぐに満四年となります。
在日と電通による真央潰しを告発するという初期の流れから、読者の理解が深まるにつれ、
その背後に蠢(うごめ)く巨大な組織、すなわち統一協会と韓国そのものを問題視する流れに変化しました。
また、彼らと手を組んでいる、反日の上海閥やロックフェラーという怪物を炙り出しました。
ロックフェラーの私的な諜報機関であるCIAは、読売グループを使って民主党政権を誕生させ、
日本は内部から崩壊する一歩手前に追い込まれています。

 僕の専門は、古代遺跡の解析と古代史の新たな視点により、末日に聖書の奥義を公開する預言者的な役割にあります。
末日というのは、イエスが再臨する直前の混乱期を指すのですが、

この時期に人類は光か闇のどちらかに振り分けられる
事になります。
もっとも、振り分けられる人は強制されるのではなく、自分の意志で喜んで別々の道を歩むだけなのですが、
その道は天国と地獄に至る二股道なのです。

 民主党が政権を取ってから、絶望にも似た空気が世を支配し、
多くの人は無気力に打ち拉(ひし)がれる状況で新年を迎えます。
しかし、新しい年は、獣の数字の10を持つ2010年なのです。
絶望の上に絶望が待っているのでしょうか?

 
実は、民主党政権誕生も、韓国選手の買収疑惑も、2010年の日韓併合100年という節目に合わせた一大プロジェクトなのです。
統一協会の教義の中心にあるのは、日本が韓国を苦しめた原罪の国であるという教えです。
日韓併合はその象徴的な事件であり、その復讐の時に定められたのが併合から100年の2010年なのです。
要するに、日本と天皇に謝罪させて、韓国の下に日本を置こうという計画があるのです。
だから、全ては2010年に合わせて資金がつぎ込まれ、天皇陛下を朝鮮半島に連れ出そうとしているわけです。


 しかし、僕が公開する奥義においての日本は、アブラハム、イサク、ヤコブと続く、イスラエル12部族の末裔であり、
天皇家は南北に分かれたイスラエルの王族なのです。
従って、「日本は末日において、世界を救う救世主的な立場に置かれる」というのが聖書学的に正しい解釈となります。
その証しが、飛鳥氏が述べるように、伊勢神宮に眠る契約の箱であり、イエスの十字架なのです。
統一協会の日本原罪論は、このように根本的に間違っているサタンの教えなのです。

 このように、日本が世界を救うという末日の奥義ですが、それが理解されると絶望が希望に変わるのです。
神様が契約として日本を保ち、末日に御技を示す訳ですから、それを信じる人が一人でも多くなる事で、苦難の時期は短くなるのです。

 サタンのやり方は、嘘、捏造、マスコミ支配、工作員による言論誘導、
などなど、要するに組織力と資金力に依存した方法で行われます。
真央潰しも麻生叩きも、全く同じ方法で行われていた事に多くの人は気付きました。
サタンは犬にたとえられるので、やはりワンパターンなのです。
サタンは支配する事で、人を動かそうとするのです。

 対して、サタンに抗する人たちは、個人個人が独立していて支配されていません。
しかし、掲示板やブログなどで行われているように、人々が知恵を出し合って解決の糸口を探る、
いわゆる集合知という武器で戦う事が出来ます。
これが、イエスが預言した、弟子の投網にたとえられる文字通りのネットワークなのです。


 この集合知により、偏向報道の新聞社やスポンサーに対する不買運動の方法が提起され、
チラシ作りやポスティングのノウハウが鬼女を中心に公開され、実際に新聞の購読者数が激減しています。
手強いのはテレビ局と広告代理店の電通ですが、テレビを見ないという習慣が広まれば潰す事が出来ます。
手始めに、紅白歌合戦のボイコットは必要ですね。
紅白歌合戦を観なくては一家の団欒(らん)が保てないようでは、その家族は既に破綻しているのです。
年末年始くらいはテレビを見ずに、神社へのお参りや除夜の鐘を突きに足を運びましょう。

 さて来年ですが、人類と日本の未来は、信じて育む事で明るくなります。
「来」という字は、十字架(イエスの磔刑=紀元)を挟んで、旧約のヤハウェを表わす「八」と、
新約のイエスを表わす「八」が向かい合っている(同じ神)事を表わした「米」に、新たに十字架が乗っかったものです。
米の上の十字架がイエスの再臨を表わす訳ですが、イエスは木に掛けられたので、「木+八=米」でも同じです。
未来ですが、現時点でイエスはまだ再臨していない(来たらず)なので、「来」からイエスの八が抜けて「未」になるのです。
イエスは神に捧げられた子羊だから、未がヒツジと読まれるのです。

 来年の干支の
寅(とら)は、ヨセフの息子エフライムが生まれた年であり、
エフライムがエジプトで立法を整えたので、ここから立法がトーラーになったと考えられます

イエスが生まれたのも寅年。そう考えれば悪くないはずです。では、良い新年をお迎え下さい。

      エフライム工房 平御幸


<龍神チャーム>(2010年2月18日)


Yさんから。

今日、ゲルマニアで購入したストラップ「水龍」と「火龍」が届きました。
早速ちょっとだけ不思議なことが起きたのでメールします。

ゲルマニアの商品、ずっといいものがあったら欲しいな〜と思っていましたが
なかなか毎回、販売の日を忘れていて乗り遅れたり、
タイミングがあっても「これだ!!」と思うものがなかったりして購入までには至りませんでした。
でも、今回はタイミングがバッチリあって、主人のものと2つ購入することができたんです。
(なんだか縁を感じた)

で、到着後・・・。
予定では火の性質・性格の主人に火龍。水の性質・性格の私が水龍をつけようと思っていました。
ところが、パッと見て私は、赤い火龍に惹かれ、
さらに主人に見せると、主人は青い水龍のストラップがいいと言うんです。
で、予定とは逆でしたが、お互いの感覚を信じて、気に入った方をつけました。
(これも面白いなーと思ったんです)

さらに・・・。
私の携帯には今までついていた、ビーズと石のストラップがあり
これもかなり気に入っていたので、2つ一緒につけたんです。
色のバランスとか、ちょっと似合わないかな?とは思ったんですが、どちらも捨てがたかったので。

そして今寝ようかなと思って、携帯を枕元に置き、ベッドに上がったところ
「グギッ!!!」と嫌〜な音が。。。
今までつけていたストラップの糸が切れ、ビーズと石がバラバラになってしまいました。

火龍のストラップは切れていません。(到着日に切れたら泣きますがw)
今までのストラップは火龍との争いに負けちゃったのかな??^^;;
こんなことは初めてです。ビックリしました。
(私の体重に負けたのかもしれないけどw)


火龍の激しさにもともとついていたストラップが負けてしまったんでしょうかね。
チャーム「龍神」に関しては不思議なことが沢山起こっているようです。

この間germaniaで販売した龍神は、商品見本でした。
作った龍神の中で特に気に入っていたものを見本として保存しておいたのです。
でも、自分でこんなに持っていても仕方無い(意味無い)と思ってgermaniaに送りました。

<ブラツォ>(2010年2月16日〜17日)


ブラコとも言います。
http://www.myspiritual.jp/2009/09/post-522.html

クロアチア人男性のブラツォは何もしないが「人が彼の目を見るだけで瞬時に癒される」のだそうです。
日本にはまだ来ていませんが、来日したら大変な騒ぎになることでしょう。
病気を治すのに金銭は受け取らないのは彼の実家が大金持ちだからなんだそうです。



ヒーリングについての私の意見を書きますね。
まず、「病気は自分で治せる」と思います。
@自分の意識を変える
A「怪我・病気・事故」に載せた<病気を治し得る手の作り方>を実行する
B身体の浄化、様々な方法があるので実行する

などです。

上の三つの中で最も重要なのは@自分の意識を変えること、ですね。
自分の意識を変えないで病気だけ治してもらってもまずいのではないでしょうか。
せっかく「自分の間違った思い」を現象化して身体が病気になってくれたのに
そのメッセージを無視すれば却ってまずいことになる。
たとえば「ガンになったので患部を切り取る」とか。
これをするとメッセージを無視したことになり、今度はもっとまずい状況になります。
つまり、本人の悪想念(間違った想念)をせっかく一箇所で現象化してくれていたのに
そこが切り取られてしまったので、今度は身体中に現象化(転移)するとか、です。



なのでブラツォ。
彼の目を30分間見つめて病気を治してもらうことが良い結果になるのだろうか、と私は疑問です。
<私も同感>(2010年2月17日)


Yさんより。

ブラツォさんの記事を読んで、私もそうだなと感じました。
私は5年ほど前から慢性的におなかの調子が良くなく、
ずっと鍼灸院やら病院やらを「治して欲しい」という思いで巡っていたのですが、
1年前にPANDORAに出会ってからいろいろ読み進めていくうちにふと、
「今、ここで治るとこれから先私は何も悟らなくなる」といった思いがわきあがったのを思い出しました。

それが直感ですね。

そもそも「治して欲しい」っていうのがいけなかったな、と思います。
自分で体を壊したんだから、自分で治さなきゃいけないし、治せるはずなんですよね。
以前にクリスタルオラクルのまはるださんとカモワンタロットのゆつさんに
体調のことで占っていただいたことがあるのですが、
どちらの結果でも
「協力者は必要だが、その協力者についていく、
治してもらうというものではなく、あくまで主体はあなた」
と言われました。

言われた時はイマイチピンと来なかったのですが、だんだん私が気付いたのは、体調のことに限らず、
受け身と言いますか従順と言いますか、自分でしっかり考えてハッキリと何かを決めたことがない、ということでした。
ずっと誰か(大抵母ですね)がお膳立てしてくれたところを通っていく…そんな感じでした。
だから何か上手くいかないことがあっても私のせいじゃないし、誰かが何とかしてくれる、という甘えがありました。
(今もまだあると思います。)
今は自分でしっかり考えて決める、ということを少しずつ実践中なのですが、
自分でちゃんと決めたことはそれに対して自然と責任感が芽生えてくるなというのを感じています。

治るのにはまだ時間がかかりそうですが、ひふみ神示の

「まことに改心出来たと、神が見届けたら、
今度はこの世はもとより、何の心配もないやうに守つて、肉体、顔まで変へてやるぞ。」
という一文を励みにしてます。
改心まだまだなので、しっかりやっていきたいです。


まず、自分の身体を病気にした真の原因である「自分の心」を治すことが先ですね。
素直になったら自然にそういう思いが湧いて来たことが素晴らしい。

<私はあの世の「裁判官」だった>(2010年1月31日〜2月2日)
  
 記事を一部訂正しました(2010年2月5日)


トンデモ中のトンデモです。
しかしとても面白かったので、お勧めしますよ。
タイトルが「裁判官」とありますが、「相談役」です。

今も地球の上空に滞空している彗星型の宇宙船のような「霊界」の話です。
それを「霊魂彗星」と名づけています。
勿論物質ではなくて、霊の世界なので肉眼では見えないのですが、
たまに人間に目撃されてしまうことがある。
(彗星の本体は隠してあるのですが、
 そこから数人の霊が表に出たところを見られてしまった)

アメリカの宇宙飛行士二名に目撃されてしまい、
彼らの思考を読んだら
「神様がいた!」と驚いているのが分かった。
このことが後にどのような展開になるのかを、シュミレーションしたら、
この二名が宗教団体を作り一時は巨大になるが、
そのうちしぼむのが分かったので放置の方針にした、とか、笑えます。
著者は現在日本に居る70歳の吉田さんと言います。
吉田さんは霊魂彗星の5人の管理者の中の一人。
5人はTOPから5番目まで序列がついていて、吉田さんはナンバー2だそうです。
5人のうち、地上の様子を実地で見る(体験する)ために常時2名が地上に転生しています。
あとの3名は彗星を運営しています。

霊魂彗星の一日は地球の30年に相当する。
彗星で一日が経つと、地球では30年経っています。

地球に転生(誕生)する魂は、30人、40人、50人のグループを作っています。
(例外としてグループに入らず、一人でやっている霊魂もいるそうです)
人間の魂の光の強さは、小さい(弱い)人は電球にたとえると5ワットくらい。
あとは10ワット、20ワット、30ワット、例外として100ワットに分かれる。
5ワットクラスの人は全体の55%、10ワットクラスは30%、
20ワットクラスは13%、30ワットクラスは2%いる。
(※カモワンであなたの光がどのくらなのか、調べます。
   メールで申し込んでください。件名を
「ワット数」と書いてください。
   30ワットから調べるので最低二回、最高四回になりますが、料金は2000円でOKです。
   ただし、画像と解説はつきません。「●●ワットです」とだけ答えます。
   最初に「30ワット」と出た場合、次の質問は「30ワットを超えていますか?」と訊きます。
   ちなみに私とM氏は30人規模の同じソウルグループの一員でした)


霊魂のグループの光の総和は同じ
です。
なので、30人のグループと50人のグループのそれぞれの光の総和は等しい。
ということは、30人の少数のグループの方が個人の魂の光の量(明るさ)の平均値が高い。
私が思うにこれがソウルメイトではないかと思います。
グループソウルと言うんですかね。
何も恋愛の対象だけがソウルメイトではありません。



霊魂の使命は地球全体の波動向上(平均値を上げること、アセンションのことではない)
ですから、
5ワットクラスの人がそれぞれ自分の波動を上げることが、もっとも効率が良い
数が多いですからね。
30ワット以上の光の人が地球に生まれると、生まれつきパワーが強いし
能力的にも優れているので、良い方に行ってもそれほど全体の波動向上には貢献しないが、
政治家などになって沢山の人のために働き、その結果国民の波動を上げる方向に持って行くことが出来る。
(何らかの要因で50ワット、100ワット級の人が発生することは無数にある)
ところが生まれつき優れているために、ワット数の多い人は却って身を持ち崩してしまう事例が多いそうです。
これが「使命を忘れてしまった状態」です。



彗星の1日は地球の30年。
彗星で三日経つと、地球では90年が経っている

グループの霊魂は地球で死ぬと地球上空でグループを作って待っています。
グループの一員が全員揃うのを待っている。
期限は90年です。
先に死んだもの達が待ってくれている。
この様子がよく霊界に行った、という人の体験談に出てきたり、霊能者の説明にありますね。
死んでから霊界(か、その入り口)に行くと懐かしい同波長の人達が出迎えてくれる様子。
このことです。

90年を超えてもまだ生きているメンバーのことはグループの他のメンバーはあの世から応援して待っている。
「早く死ね」とか思わないんですね、なるほど。
(老人になって治る見込みの無い患者が病院で植物状態にされることがあります。
  この件について、私は「怪我・病気」のページで批判しましたが、それが正解だったようです。
  植物状態になった老人の光はどんどん減少してしまう。
  地球に転生する目的の一つに「自分の光を増すこと=波動を上げること、がありますが、
  こうなると光は却って減ってしまうので、まずいそうです)



さて、90年以内に全員揃ったグループも、90年を少し超えて揃ったグループも
それぞれ彗星に帰還して来ました。
それぞれの人生の総括(今生の反省と次の来生の計画)を行って、それが一日。
この一日は彗星での一日なので、地球では30年経っていますが。
前回、地球に転生して生まれて生きて死んで帰還して総括するまでが彗星では4日経っています。
地球では120年です。

そしてまた魂のグループは一団となって地球に転生(彗星から飛び降りること)する。
吉田さんも今回日本に生まれてきたそうです。
そして他の霊魂と同様、あの世の記憶は封印(潜在意識下に隠されること)してあった。
それが今回の人生ではもう、地球の変化が差し迫っているために、
時間が無いので途中で思い出すような設定をしていたのでしょう。
思い出す切っ掛けがあり(作り)、それから30年経って、この”事実”を皆さんに教えなくては、と本にしたそうです。
ちなみに吉田さんはあの世で管理者をやっている時の光は
10億ワットで、光は1キロ四方を照らしているそうです。
その光を仲間に預けて置いて、
5ワットの人間として生まれました


吉田さんはあの世では彗星に乗っている霊魂達から「神様」などと呼ばれているそうですが、
その際
「私は神様ではありません」と、強く否定しているそうです。
しかしいくら否定しても相手の霊魂は10億人いるそうで、キリが無いので
一度否定してもまだ神様扱いする相手は放置するそうです。
これは愛をもって、放置ね。
理屈で納得させても仕方ない、という感じでしょうね。
しかし、吉田さんは神様だと私も思いますよ。

彗星はその上の「銀河なんたら」というところと連絡を取り合ったり、行き来しています。
宇宙には「隕石」が地球に衝突する可能性があります。
この可能性も常に彗星の中に居て、シミュレーションしています。
衝突する可能性を計算する。
(彗星の中から地球の様子も見ています。
  世界中の科学者の中で、この危険を察知する人が何人いるか、とか。
  すると世界に2人いると分かる。
  なので、この科学者がそれを発表したらどうなるか、とシミュレーションする。
  すると一人が発表する可能性が高いと出る。

 
 発表した結果、この科学者が世界中の科学者から笑いものにされる、と出る、とかです)

地球が隕石をどうしても避けられない場合は、彗星管理者のTOPの方から一名が、
身を挺して隕石と衝突して隕石を消滅させるそうです。
当然、自分の霊魂も消滅します。
普通の人間にはとでも出来ないことですが、管理者はそれが出来るのだそうです。
管理者が持っている1億キロワットの光があれば可能なのです。
これって、神としか言い様が無いのではないかな。
自分では「神ではありません」と言ってますが、自分の魂が消滅しても他の霊魂を救えるのは神でしょう。

と、いうわけで吉田さんは現在ナンバー2ですから、もし隕石衝突の場合は、
吉田さんの上司に当たる人(霊)が隕石と衝突し、消滅する予定です。
すると吉田さんが自動的にTOPになるのです。
そして、新たな魂が5番目として採用される。
TOPになったら、次の隕石衝突の際には魂消滅を覚悟しなくてはならない。

神様ですよね。
吉田さんの名前は寿治(じゅうじ)と言います。
寿治=じゅうじ=十字=
十=神
名前が「私は神である」と語ってますね。


彗星の中で吉田さんと他の管理者が会話する場面があります。
それが意外と「普通の会話」なので可笑しい。

吉田さんが前回彗星に帰還した時の様子を思い出して書いてます。

西暦1900年頃。
40代半ばでいきなり、帰還させられた吉田さん。
(つまり、地球的には死亡させられた)

「急遽、対処せねばならないことが出来ましたので、帰っていただきました。」と言っています。
「私のそばに近づいて来た三人は、全てを知り尽くしているといった、神々しい感じの人で、
私に気さくに話しかけてきました。
「いやあ、ご苦労さまでした。」
私はなんのことか分からず、理解できなくてぽかんとしていました。
なおも親しげに微笑みかけてくるので、その態度から私とは特別な関係であることが、感じとられました。
「無理もないことであります。」
とその中の一人に言われたので、自分で知ろうとしました。
そうして輪廻転生の説明を聞きながら地球の全ての生き物が
ここを基点として生まれ変わっていることを少しづつ思い出し始めたのでした。
(動物も、魚も彗星にいます)

吉田さんは地上に残したわが子のことを考えるとすぐ戻りたかったが
「我慢してください。」と説き伏せられた。
吉田さんと同時期にヨーロッパに転生していた(地上に降りていた管理者の一人)も
途中で帰還させられて怒ってたそうです(笑)。
人間的でいいですね。


この本を読んでまだ疑問があります。
彗星には10億人の霊魂が乗っていて、それが地球に降り、三日後(地球では90年)に帰還します。



謎の方より。
彗星の記事、おもしろかったです。
姪が小さいときにどこにいたか聞いたら、
空の上のほうでみんなを見ていたって言ってました。
そこかな。

さすが謎の方の姪御さんです。
<ワット数を調べることについて>(2010年2月2日)


こういうコトは余計な情報になるのであまりやらない方が良いかと思いましたが、
好奇心が先立って、希望者だけ見てみることにしました。
念のために「とんぱ。」のみつきさんにそこらへんのところを見てもらいました。


☆card1:日昇

「太陽が山の頂を照らすように、
あなたの人生にも幸運が訪れる」

運気は急上昇しています。
これまでが苦難の道程だったなら、
問題は解決し、
今後の進展にも大いに希望が持てるでしょう。
また、目標に向かって頑張り続けてきた人には、
いよいよ達成の時が近づいています。
あらゆる計画は積極的に出て吉。
特に事業の拡大・拡張、新規開拓、
起業などにはうってつけの時期と考えてOK。
また留学やスキルアップのための勉強を考えているなら、
ぜひともすぐに準備に取り掛かってください。

もし体調に不安を感じていたなら、
徐々に快方へと向かうでしょう。
でも、長年の持病などの場合には、
これまで以上に良い医師や療法士にめぐり合える、
という予感も示しています。
完全治癒を目指してみませんか?

いずれにせよ、全ての物事に前向きになって。
あなたのやる気が、
トンパの神々のご加護を引き寄せるのです。

-------------------------------------
以上がカードのメッセージです。
次に、ひとことチャネリングメッセージです。


********************
指針・心がけ・援助・輝き、
という言葉が浮かびました。
そうですね…
指針や援助という人を励ます働きになる
イメージです。

もちろんおのれからもちかけて
だれしもにしてよいことではないが
いらいをうけておこなうことに
なんらもんだいはない。
おのれをおのれのひかりのまま
いかすことすらこんなんなじだい、
おのれをはげますすべとなるものがあれば
ありがたいものである。

勿論己から持ちかけて
誰しもにして良いことではないが
依頼を受けて行うことに
何ら問題はない。
己を己の光のまま
生かすことすら困難な時代、
己を励ます術となるものがあれば
ありがたいものである。
********************


どんな結果が出ようと、腐らず堕ちこまず舞い上がらず平常心で居られるよう、
日頃から心を訓練している方だけ、受け付けたいと思います。


<加速度>(2010年1月29日)


アメリカのチャネラーが「地球と人類の波動は加速度をつけて変化している」と本に書いてましたが、
映画「アバター」の興行収入に、それが現れているように思えます。
Wikipediaより。
  • 2009年12月18日の公開から20日までの週末3日間で全米で7300万ドル、
  • 世界興収2億3200万ドルを記録する大ヒットスタートとなった。
  • さらに公開17日目には『タイタニック』の3倍のスピードで北米興収3億ドルを突破、
  • 世界興収では10億ドルに達し『ダークナイト』を抜いて歴代4位に躍り出た。
  • 年が明けてからもその勢いは止まらず、公開20日で北米3億7400万ドル、
  • 世界興収11億3500万ドルを突破して歴代2位に、そして2010年1月25日、
  • 興行収入は北米で5億5200万ドル、世界では18億5500万ドルに達し、
  • 破られる事はないと思われていた『タイタニック』の歴代世界興収記録18億4800万ドルを抜いて1位となった。
映画「タイタニック」(1997年)が8ヶ月で作った興行収入を、「アバター」は39日で抜いたそうです。
30日×8ヶ月=約240日
39日≒40日とすると、6分の1の時間で追い抜いた。
勿論映画の内容にもよるのでしょうが、それにしても物事の変化が早いように感じます。

<初夢>(2010年1月10日)


超能力者の秋山眞人(まこと)氏が言うには
「大みそかの夜から正月7日の夜までに初めて見る夢」だそうです。

<金星へメッセージを送ろう>(2010年1月9日)


明日(1/10)までです。  http://www.jaxa.jp/event/akatsuki/index_j.html
メッセージを送ったらこんな素敵な乗車券もらっちゃいました。
乗車券の左下に書かれているのが私のメッセージです。
いや〜〜〜ろくなのが思い憑かなくて(恥

券のサイズは約半分にしてあります。

金星乗車券

<ライフナンバー占い>(2009年12月26日)


我が家の家族の前世を複数のチャネラーに訊いてみました。
私と長女と次女の前世は
不思議なことに殆どが王族、貴族、豪族、武士など身分が高い人か
金持ち相手の銀行家、貴族出身の酒場の主人など裕福な人ばかり。

先日次女の小子がジュネさんの電話鑑定を受けたら
「前世はエジプトの王子。小子さんは王家の長男で、長女の大子さんは次男、
ifさんは三男だった。長男である小子さんは親の領土をそのまま継承、
次男と三男は『自力で領土を作れ』と言われ、領土拡大に奔走していた」
と言われたそうで、
笑いました。

領土拡大・・・・・・・・・・・・・・・・・・好きな言葉です。
あとは「帝国」「支配」という言葉も好きですね。
今はもう使っていませんが以前唐突に「ドミニオン」という言葉が浮かび、
数か月間頭から離れなかったのでそれをメールアドレスにしました。
ドミニオンとは「領土・支配」という意味です。

私と娘の前世を調べると王族ばかりなので、不思議に思っていました。
でも全部調べたわけではないのでたまたま語るに足る前世が王族であるとか、
今の人生に影響を与えている前世が王族なのではないか、と思ってました。
なのであまり気にしないでいたら・・・


ライフナンバーというものがあります。
カバラの一種ですかね。
人の誕生日から性格や運勢を知ろうとする占いの一つです。
誕生日から答えを出す占いの中ではカバラが一番当たるんだそうです。
(違う意見もあるだろうけど)
ライフナンバーが簡単に分かり、説明文が面白い「ライフナンバー占い」を紹介します。

それによると私と二人の娘は「1」で、前世が王族貴族だったんだそうです。
だからチャネラーに訊いて分かった前世が王族貴族が多いのも分かる(かな)。
まぁ、これはお笑い&お遊びなのでそのつもりでやってみてください。

ちなみに他の家族のライフナンバーは
◆孤独に何かを追求した人(王家お抱えの学者か?)
◆犯罪者か二重国籍など、やばい人生(王家のお家騒動と関係有りか?)
◆動物(王家のペットか?)
だそうで、凄く納得がいきます。

<2011年10月28日>(2009年12月11日)


「ムー」最新号によれば、マヤ歴とグレゴリオ歴とをきちんと突き合わせてみた結果、
人類がカオスポイントを迎える日(つまり巷で言われているアセンションの日)は、
2012年12月22日ではなく、2011年10月28日だそうです。

二つの異なる暦を最初に照合した際、間違いがあった、という説。
ありえますね。

<浄化には塩>(2009年12月5日〜8日)


先日、ウチの次女が「お腹が痛い」と言いだし、三日間痛がっていました。
(腐ったものでも食べたのだろう)と思っていたら、次に私が急に腹痛を起こし三日間寝込みました。
この痛さは以前生牡蠣に当たった時の痛さと似ていたので、食当たりかな、と思ったけど生牡蠣なんて食べてないし
生ものと言えばスーパーのお寿司を食べたくらいです。
でも同じものを食べた娘は平気だったのです。
その後力は出ないわ、ビールは美味くないわで散々な目に遭いました。
ちょうどジュネさんに潜在意識解読を予約していたので、今日それについて訊いてみたら・・・

なんと!
「念にやられた」んだそうです。
どっひ===!

その念は別に私を恨んだり妬んだり憎んだりはしていないんだそうです。
私が相手をしたお客さんに憑いていた死霊が私を頼って浄化して欲しくて来ていたそうです。
悪気(わるぎ)は全然無い。
そのお客さんもそんなことは知らないし悪気は勿論ありません。
死霊の方にも悪気は無いのです。
ただ他に頼る処が無いので来たそうです。

まず娘がお腹が痛くなったのは娘が霊的に敏感だから。
この子は三歳くらいの時夜中に霊を見たことがあったり、
なくしたモノの場所が頭に浮かんだりと霊感があるのです。
私は何も感じないのでいいや、と思っていたけど、感じなくても霊の影響は受けているんですね。
嫌だな=。


今年の夏、ジュネさんに会った時、ジュネさんが言ってました。
解読を始めた頃やはりいろいろなモノに頼られてしまい、それを防ぐために毎月塩を10万円買ったそうです。
その時は(へえ!)と思っただけですが、今回このような目に遭うと納得がいきます。
ジュネさんは防御のために塩を使い始めて10年になるそうです。
で、塩に関してはかなり詳しくなったそうで。

ジュネさんが良いことを教えてくれました。
メモに私の名前とHN、サイトの名前を書く。
家族全員の名前を書いて小さく折り畳んで模様の無い白くて丸い皿に置きます。
その上に塩を50グラム載せて三日間そのままにしておく。
使用後の塩はそのまま捨てます。

私は勿体ないからお風呂に入れようと思うけど、どうでしょうね。
と、思ったら、浄化に使った塩はマイナス・エネルギーを吸い取っているので捨ててください、とのこと。

それを二回行う

それが済んだら次回からは「何かおかしいな」と思った時、
塩を30グラムメモの上に載せて三日間置いておけばよい、ということです。


ただし、これは私用のやり方で、人によって塩のグラム数や期間は違って来ます。
また、誰でもやれるというわけでは無いそうです。
この浄化法が向かない人もいるんだそうです。
塩の浄化法が可能なのは、それがやれるまでの波動を獲得した人だけ。
そういうわけなので塩による浄化法についてはジュネさんに個別に訊いてみてくださいね。




上の左は「なにかのご塩」です。丸い容器に詰めて固めて成型してみました。
右は「ミルラ」(塩とろうそくの店)のピンクソルト。厚紙を丸めて三角錐を作り、塩を成型しました。
白い小皿はダイソーで買いました。
塩の下に四つ折りしたメモが置いてあります。

塩を売ってる人が二人も居てくれてラッキーでした。
<体験談>(2009年12月8日)


Mさんも、以前ジュネさんからアドバイスを受けて塩による浄化をやってみたそうです。

塩による浄化、私も今年ジュネさんに教えてもらって時々実行しています。

私の場合は「家系の浄化」です。

実は、私の父方で不幸な死に方をしたり、精神の病を発症する人が多いのが

とても気になっておりまして、

何が原因なんだろうと思っていたので、ジュネさんに聞いてみたのです。

すると、とても生命力の弱い人が多い家系なので浄化した方がいいとのことで

教えていただいたのが、塩による浄化方法でした。


 家系の浄化なので、ちょっと大掛かりです。

まず、私達夫婦と子供を中心に両方の家系図を書き出していき、

一番上に8家の名前が揃うまで遡ります。

わかる範囲で構わないので、細部もできるだけ細かく書き込んでいきます。

書きあがったものは原紙として保管し、浄化にはコピーしたものを使います。

コピーした家系図を畳んで、白くて丸い容器に入れ

上に30gの塩を乗せて丸2日。塩を取り替えて更に丸2日。

これを、誰かの命日やお盆など節目ごとに行ったり

ちょっとおかしいな、と思ったときに行ってみてください、ということでした。


 これを聞いたのが今年の4月。

なのに、家系図作成にとりかかるのがめんどくさくて

なんとか出来る範囲で書き上げ、最初の浄化を終わらせたのがお盆の直前でした。

ちなみに、夫の実家とは殆ど絶縁状態に有りまして、夫が連絡を取りたがらないので

夫方の家系図は虫食いだらけの貧相なものでした。

合計4日の浄化が終わった家系図の紙は、なぜかびしょぬれでした。

雨が降ってたからかなあ・・・と思ったのですが

置いていたのはエアコンの吹き出し口近くで、むしろ乾燥している場所のはずなのです。

それに結露なら容器自体も濡れてるはずなのに、

塩と紙だけ、じっとりと湿っていました。

でも、塩は湿気を吸いやすいからそんなもんなんだろうと気にも留めていませんでした。


 そして浄化後のことです。

何だか夫の様子がおかしくなってきまして

(キレやすい、やたら感情的、話が通じない、物事を嘘みたいに悪い方へ取るなど)

よくわからんがキモイ奴だな、と思ってたら

何を思ったか突然、あんなに嫌がっていた実家へ1人で帰ってしまったのです。

半日で帰ってきたのですが

何しに行ったのかと思ったら、家系のことを聞いてきたのでした。

その時、初めて自分の父方の祖父の複雑な生い立ちを知り愕然としたとのこと。

夫が聞いてきたとおりに家系図を訂正し、再度浄化を行いました。

 

その浄化の間中、夫は原因不明の背中の痛みに苦しんでいました。

それと、よくわからない思考が頭の中に入り込んでくるなどと言ってました。

(夫は、ジュネさんに憑依体質と言われています)

浄化が終わる日、夫の背中をマッサージしていたら

夫が、「(今自分に憑いていて苦しめているのは)父方のおじいちゃんかもしれない」と言い出したのです。

「そう思うんならそうなんでしょうね」と適当に流していたら突然

花火、線香花火・・・と頭に浮かんでしまって

「今晩帰るから線香花火で送ってほしいんだと」と言ってしまいました。

その数分後、夫は急に背中が楽になったそうです。

結局約束どおり花火で送りましたが

あれが本当におじいさんだったのか、通りすがりの低級霊だったかはよくわかりませんw

 

その後何度か同じように浄化していますが、最初の時のように紙が濡れることは全くなく

あれって地味ながら霊現象だったのかしら・・・などと思っています。


 今回、家系の浄化の仕方をジュネさんに聞いた時

相談したのは私の父方だけだったのに、こんな壮大な浄化になってしまって

それを私なんかがやって効果なんてあるのか?

と、かなーり疑問だったんですが

たとえ微々たるものでも効果が期待できるからこそ教えてくれたんですよね。

こんな私でも、少しでも浄化を進めることが出来れば・・・と思っています。

ちなみに塩は、ミルラさんのブラックソルトを使っています。

 

凄いですね、掲載させてね。

私の体験がお役に立つならどうぞお使いくださいませ。

今日また、すごいことがありました。

ifさんに塩の浄化のことでメールした後、

そういえば最近、家系の浄化してないな、と思って

久しぶりに実行しようとしたんですが、塩を切らしていたことを忘れていて・・・。

あわててミルラさんに注文して、今日届いたのです。

で、ついていたおみくじを開けたら

「先祖霊が喜んでいる」

って書いてありました・・・・・・!

 

私なんかに家系の浄化なんて壮大な仕事ができるのか

と、まだしつこく思っていましたが

喜んでくださっているのなら

これからも地道にやらせていただきます。

 

おみくじは何度かもらってますが

ここまで状況がシンクロしたのは初めてだったのでびっくりしました。


さらに凄いですね。

<日本ひな形論>(2009年12月2日)


神道系トンデモ思想では”常識”ですが、「日本ひな形論」というのがあります。
最近、それを視覚化したものを発見したのでここに載せます。




この画像は「バカ世界地図」http://www.chakuriki.net/world/の「投稿地図」にある「026・のばさん」の作品です。
よく出来ています。


日本ひな形論というのは、日本は世界を縮小したモノである、という考え方ですが、それは地形だけに留まりません。
(砂漠や山や川、湖や半島も対応しています)
日本に起きたことは時間差で世界でも起こるということです。
大昔・・・アトランティスやムーより昔か同時代か分かりませんが、当時は日本列島で起こったことを見て
世界で何が起こるか(或いは起きたか)を見ていたそうです。
トンデモです。

<面白いサイト>(2009年11月27日)


Nさんが教えてくれた「クレアなひととき−世界の終局。カオスの向こうに」は面白く参考になります。

<ウオークイン>(2009年11月26日〜2009年11月29日)


歩いて入れる箪笥部屋やお店のことではありません、転生の話です。
初歩の初歩の話ですが、ウオークインについて書きます。


転生者オンム・セティという女性がいました。
もう亡くなりましたが彼女は前世がベントレシャイトという名前の古代エジプト人で、セティTと恋愛してしまったため
彼女は神官達に自殺を強要され、セティTの方は長い間冥界に閉じ込められていたそうです。
そのオンム・セティですが、イギリス人で名前をドロシー・ルイーズ・イーディー(1904〜81)といいます。
彼女がまだ3歳くらいの時、自宅の階段から転げ落ちて死んでしまう・・・・が、息を吹き返しました。
が、その後彼女は「以前とは全く違う自分になっていた」(本より)そうです。

これ、私が思うにウオークインです。
ウオークインとは、簡単に言うと或る人がいたとする。
その人がドロシーのように客観的に死んでしまった場合、その身体の中に魂が入り込んでしまうこと。

オンム・セティであるドロシーの場合。
ドロシーが3歳の時、やはり死んでしまったのではないでしょうか。
何故なら「その時からそれ以前の自分とは全く違ってしまった」と、
本人(身体はドロシー、意識はベントレシャイトである存在)が言っているからです。

霊界に居たベントレシャイト(オンム・セティの古代エジプト時代の名前)は、イギリス人の幼女ドロシーが
死んでしまったその一瞬の隙を突いて身体に入り込んだのだと思います。
古代エジプトでは魔術が盛んに行われていたそうで、セティTも魔術によって現代世界に現れているからです。
凄い話です。



よく、宇宙人がこの手を使うようです。
今回、地球で起こるアセンションを体験するため、その時地球人の役に立つため、とか
いろいろあるでしょうが宇宙人が地球に来ているらしい。
その中には地球人の子供として生まれて乳児から人生を体験するという魂もあるでしょうが
目的はアセンションを体験するため、その時お役に立つため(波動を上げる仕事をすること)なので
別に地球人としての人生を全部体験し無くても良いと、判断すれば既に生まれて来ている
地球人の人生を引き継ぐのが合理的です。
<自称ウオークインな人達>(2009年11月29日)


上の記事を読んだYさんから報告がありました。


パンドラでウォークインについて書かれているのを見てメールをさせて頂きました。
私はネットで知り合ったウォークインの方がいました。
ウォークインの魂は男性でしたが本体の体は女性で、
明らかに知識が現代では得られないような知識を色々とメールで教えてくれました。

彼は平和活動の為に来たと言ってました。
本体の女性は霊感が強かったようで、ウォークインのことを知っていたとよく話してくれました。

しかし彼は、どこか変でした。彼がネットで知り合った友人は、
必ずと言って恋愛感情を持たれて毎回ストーカーされていました。
彼自身は鬱病になったり借金がいっぱいあったり、
仲良くなったネット友達を、簡単に切り捨ててメルアド変更したりしてました。

そんな時に私はパンドラに導かれ、日月神示を勉強しました。

その後、彼は有名なチャネラーさんと出会って視てもらった所、
“悪霊”がウォークインしたと断言されたそうです。
彼はショックを受けてましたが、
今現在は私が連絡をしなくなったのでウォークアウトしたかは分かりませんが…。

彼が言うには
“自分はウォークインで地球を平和にしにきたんだ”
と言う“悪霊のウォークイン”が多い
んだそうです。
死んで行く人が多く、正規のウォークインの魂も足りないらしく霊感のある体に入り込み、
あわよくば有名になろうとする悪霊がウォークインする方が多いんだそうです。


彼の周りのウォークイン友達は力があるのに、
出会い系に騙されたり神様の生まれ変わりに近いんだと話す人が多く…私は疑わずに信じ込んでいました。
しかし信じすぎないようにと勉強になったなと今は思っています。


ウォークインについて、日本語資料があまり無くて私自身、彼が本物のウォークインと信じ込んでました。

ウォークインは自分の存在を認めて貰う存在が居ないと、
ウォークインが使命を果たせないから私が信じてサポートしないと、と思いこんでいた部分が私にはあったからです。

今は幽界が無くなり、きっと悪霊だけでなく行き場の無くなった魂が人間の体を求めているのでしょう。

パンドラを見ていて彼について考えたら、周りの人は鏡なんですよね。
彼が不幸であったり変な人から追われたりしたのは悪霊の魂(浮遊霊)であったからなのかもしれません。

何にせよ、信じ込んでしまうのだけは本当に危険ですね。



これはウオークインではなく”憑依”ですね。
本当にTQ霊はあの手この手でいろいろやりますね。
ちょうどこの世界でも詐欺師はいろいろ手口を考えるのと同じです。
彼らはとても頭が良く(ズルイという意味で賢い)これがダメなら次はコレ、という風に
どんどん新手(あらて)を生みだします。
なので若い人は騙されてしまう率が高い。

現実世界でも賢い人(経験豊富でそれが智恵になっている人)は詐欺師に騙されないのと同じように、
ネットの、トンデモ世界でも賢い人は騙されない。
どちらににしても判断力を養うのが良いと思います。

<トンデモBBS>(2009年11月25日)


Kさんが教えてくれました→−−−BBS−−−

<1987〜1988>(2009年11月20日〜2009年11月29日)


予言者トランペッターという人がいます。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen21.html

彼が言うには
「1987年から1988年に生まれる人のうち、2000人が神から選ばれ、
 罪の無い状態で生まれてきます。
 この人々は将来、神の都市を建設し、愛と平和だけが支配する世界を創りあげていくでしょう。
 この人々によって、新しい地球の歴史が始められます」


この情報が本当なのかどうかは分かりません。
海外にはキリスト教関係の予言者が何人も出ているようです。

我が家にはこの期間に生まれた子が一人います。
なんと!倅(大飯喰らいの能無し野郎)がそうです。
倅が神から選らばれた2000人に入らないことは明白ですが、
この年代に本当にそういう人達がいるんでしょうか。
<カードを引いてみました>(2009年11月29日)


Aさんより。


ifさんへ
 
おはようございます、etcXトランぺッターの予言。
自分がこの世代だったので気になってカードをひいてみました。
 
使用したのはマーメイドドルフィンのオラクルカード

 
『1988〜1987年に罪のない神から選ばれた子どもが生まれてきているのか?』
飛び出してきたカード
 Blessed Cange
 
<祝福された変化>

そのまま続けて3枚引き
過去
 Make a Wish
 
<願いをかける>
現在
 Explore Your Options
 
<可能性を見つける>
未来
 Let Yourself Receive
<受けいれる>
という結果でした。
3枚引きの絵だけの流れをみると
ユニコーンから命令、お願いをうけ
仲間を探しにいき、世界を構築する
という流れにみえました。
また飛び出してきたカードでは今の世から
新しい時代の変化を表しているように感じました。
 
説明書訳に
宇宙があなたへの新しい責任を与えている
とあるので「YES」ととらえていいのかなとおもいます。


出たカードの意味はこの年代に生まれた人達の使命を表しているようです。



念のためタロットでも一枚引き。
Z THE CHARIOT(正位置)
意味は、目標に向かって前進です。
どことなく彼が門番となり、背景の国を守っているように感じました。


これは「戦車」というカードなので、意味する処はこの年代に生まれた人は
魂が「戦士」であると言っているようです。


<疑わず信じ込まず>(2009年10月29日〜30日)


私はこういう性格なので自分が知りもしないものを疑ったり、ワケも無く信じ込んだりしません。
常に中道です。
信者にはとてもなれません。
だって常に「疑問点」と「突っ込み」と「クレーム」が浮かぶのだから。
私が様々な占いなどをこのサイトで紹介しているのは、「それが本当かどうか」を調べる意味もあるのです。
全ては「只今検証中」です。

そうでは無い人(信者タイプ)が私の行動を見ると「何かを信じ込んでいる」ように見えるらしい。
そういう時は「ifさん、それを信じているんですか?」と質問をして、「はい、信じていますよ」という答えをもらってから
(ああ、ifは信じているんだな)と理解すれば良いのですが、大抵の場合自分が信じ込むタチの人は
自分を中心に物事を考えますから、ろくに調査も検証もせず「ifは信じているのだ」と、勝手に推測します。
これを邪推と言います。

そしてそれを論拠にしてそのうえに自分の意見を構築する。
こう言ってはナンですが、こういう態度は論理性に乏しく下の下だと思いますよ。
最初の時点で間違っているんですから、このような邪推意見にマトモに返答が出来ないのは分かりますね?

これは頭の先が良い人がやらかす間違いの一つですが、そういう人にはこの行動のどこが間違っているのか
分かりません。
知恵が無いのでね。


疑わずというのは、相手がウソを言っているのだ、と疑うことはしない、という意味です。
(ただし100%ではありません。ウソを言ってる可能性はありますよ)
でも、そのことと「相手が話す内容が真実かどうか」は別物ですよね?
相手はウソは言って無いだろうが、それが本当であることは別だ、
つまり、内容に関しては常に疑う気持ちを持ち、自分で確かめることをしなさい、ということです。
サニワせよ、ということ。
(トランプやカード、ペンジュラム、キネシオロジーでやれますよ)

それからアセンションの際に、宗教の狂信者はその宗教の世界へ逝く、というゲリー・ボーネルの説もあります。
この説自体、疑わず信じ込まずにいる私です。
大いに参考にしますが。
宗教だけではなく、主義主張もそうです。
主義主張に入れ込むと死後、その世界へ逝くことでしょう。

何でもそうです。

なので、取るべき態度としては「疑わず信じ込まず」が良いと思います。
信じると「その世界」へ逝ってしまう。
心がそこに囚われるからです。
なので常に自由でいましょう。


たとえば写経です。
これも死者と自分の慰霊のために有効だと思います。
でも、入れ込んではいけないと思うんですよ。
心がそれに囚われるとその世界へ逝ってしまう。
生きてても行ってしまうが、生きてるうちはまだ修正が効く。
でも死んでからは修正が効きません。
なので便利だからやってみる、なんでもやってみる、効果があるかもしれない、それを確かめてやろう、と
いう心の姿勢で居てください。
やらないよりはいい、くらいの態度が望ましい。
淡々と実行すれば良いと思いますよ。

これはどんなことでもそうです。
このサイトもそうですよ。
私は粗忽だから事実を書いた記事にも間違いがあるはずだし、私の意見は私個人の意見(思いつき)なので
本気にしないでくださいね。
あくまでも一つの参考にして自分で考えるのが良いでしょう。


日月神が言ってます。「宗教ではならん」(この言葉通りではありませんが)と。
宗教というのは有無を言わさず信じ込ませるものです。
神が「それではいかん」と言っているんだから、いかんのですよw
どのようなコトやモノが眼前に展開しようと、それに惑わされないしっかりした自分を作ることが先です。
<感想が来ました>(2009年10月30日)


Kさんから感想が来ました。


pandoraの疑わず…の記事読みました。
 
私は学生の頃、オショー・ラジニーシの著書を図書館で見つけ
すごく面白くて読みあさっていた事がありました。
 
かなり昔に読んだので、はっきりとした内容は覚えてませんが
ifさんの疑わず…の記事と似たような事が書かれていたのを思い出しました。
 
「何でも信じればよい、というモノではない。
真の知性がない者が盲信に陥る。ただ信じるのは簡単だから。
それがどういうことなのか深く追求することもなく、
ただ信じていれば幸せになれると思っている。
そして盲信者は、常に何か起こると「信じていたのに裏切られた」という感覚になる。
疑うことを知っている者が、あらゆる手をつくし探求しその極みに達して初めて
疑いを手放す…宇宙の神秘に身をゆだねる…。
そうして初めて「信じる」という事に価値があるのだ…。」
 
かなりうろ覚えで、もしかしたら以前読んだ他の本の文章とまぜこぜになっているかもしれませんが
 
ifさんが記事の最後に書かれている
 
どのようなコトやモノが眼前に展開しようと、
それに惑わされないしっかりした自分を作ることが先
 
という言葉が、
フラワーエッセンスを飲み始めてからいろんな変化を通して、今、
すごく良く分かります。
要は自分次第。世間やネットの中でも様々な情報が溢れているけれど
自分の核がしっかりしていれば
たとえ偽・悪情報に出会ったとしてもそこから学ぶことができる。
その逆もしかり…。
何か特別な修行やスピリチュアルなアプローチをするのももちろん有効なのだろうけど
普段の生活のささいな事の中でも気づきは得られる…
それが大事なんじゃないのかなぁと。
 
なんか話しがそれてしまった気もしますが
そんな事を思いました。
 
いや〜〜〜私もそれを言いたかったんですよ。
よくぞOSHOの言葉を思い出してくれました。
とても参考になります、ありがとう。

<一日に十万人死に出したら>(2009年9月8日)


第二十五帖 (二五)


「一日に十万、人死にだしたら神の世がいよいよ近づいたのざから、よく世界のことを見て皆に知らして呉れよ。」
とは日月神の言葉です。

今世界中で一日に10万人以上死んでいます。こちらをご覧ください→ 
Worldmeter
いつから一日に十万人、世界中で死ぬようになったのでしょう?

<土星の環(わ)消失>(2009年8月11日〜2009年8月20日)    記事が追加されてます


今日は8/11ですね。
今日15年ぶりに土星の環が消失するのだそうです。



8月11日に土星の輪“消失” 15年ぶり

8月11日14時11分配信 ITmedia News

 8月11日、土星の輪が“消失”する。15年に1度の現象という。

 土星の輪はちりと氷でできており、太陽の光を反射して輝いている。
土星の自転軸はある程度傾いており、輪の表面に太陽光が当たるからだ。
しかし29年に2回(約15年に1回)、地球の春分・秋分のように、土星の自転軸が太陽光線に対して垂直になる。
このとき土星の輪は太陽から見て真横になるため、太陽光は輪の表面ではなく縁の部分に当たる。
土星の輪の直径は17万マイル(約27万キロ)にも及ぶが、
厚さはわずか30フィート(約9メートル)しかないため、
薄い縁の部分に太陽光が当たっても反射されない。このため、
土星の輪が消えたように見える。8月11日はこの春秋分点に当たるという。


マドモワゼル愛のぶらりblogより。

いいですか、土星は権力の星であり、悪事の星でもある。この土星を土星たらしめていたのは、輪。
土星の輪が実はだんだんと見えなくなる。9月にはまったく見えなくなる。
実際になくなるわけではないが、土星の輪は非常に厚さが狭いので、直角になると消失したように見える。

これが起きるわけで、占星術はシンボライズされた意味を読み解く技でもあるので、これは見過ごせない。

直訳すると、土星的悪事が見えてくることを意味する。

二つの意味がある。これまでの悪事がすけて見えてしまう意味。
そして、もうひとつは恐ろしいのだが、悪事が居直ってまかり通る、、、悪魔が姿を堂々と見せる、、、と考えてもいい。

だから私は依然から、地球未来は、自由かもしくは強制収容所かになると、真反対の可能性を言っていたわけだ。
それが星の上では近づいている。

日本は先の大戦により、もう平和以外の道は歩めなくなるように進化しているので自由な時代が来ると思う。
世界はしかしそうはならないかもしれない。



占星術とは空の星と地上の人間の間に関係がある、という前提があります。
或る情報では「宇宙は太陽系だけ」ということです。
夜空の星はホログラムなんだそうです。
本当かどうかわかりませんが、NASAが太陽系の外へ飛ばしたロケットは太陽系から出たと思ったら
反対側から出てきたそうです。
(ここらへんのことを映画「マトリックス」で、主人公が地下鉄の駅から出られない場面で暗示していた)
(監督がNASAの情報を知っていたのか、監督の直感がさせたのか、知りませんが)


宇宙は太陽系だけ・・・

では宇宙人はどこからくるのか?

次元が違うのでしょう。

太陽系=三次元

ですよね。
太陽系の外の世界は三次元では無いのでしょう。
何かが作った狭い世界が太陽系なのでしょう。


さて、空の星ですが、地球に起こる様々なことや人間の運命を表していると思います。
生まれた時の星の位置がその人の宿命を表す。
サインとして機能していると思う。

たとえば月は不思議です。
地球から見た太陽と月の大きさがほぼ同じなので、先日起こった皆既日蝕などが起こるのです。
月の満ち欠けで日が経つのが分かる。
周期が分かる。
何のためにこのような天体が有るのかと言えば、人間に暦として機能してくれているのだと思います。

その他の惑星もそれぞれ意味を持ち、何事かを人間に教えてくれているのだ、と思うのです。
何かの存在が人間に何かを教えようとしてくれているのだと。

さて。
太陽系は三次元で閉じられた世界なので、占星術が有効でした。
今は五次元に移行中だそうなのでいつか完全に五次元になった際には太陽系は
太陽系の外の世界と同じになるので占星術は無効になるのでしょう。
それまでは空の星の位置から様々なものの運命を読み解けるのだ、と。


と、思ったら、或る本によれば「6次元までは天体の影響下にある」んだそうです。
人類が6次元を超えて7次元にならないと銀河意識にならないので、
まだ太陽系の影響下にあるようです。


また、先日の皆既日蝕=
7/22、今日の土星の環消失=8/11.
これ数字のメッセージにもなっています。
722=新たな仕事あるいは学校への入学、あるいはローンの申し込みなどといったことをしましたか?
    これらの番号は良い知らせのしるしです。
    気をゆるめずに、そして信じる気持ちが揺るがないようにするよう、言っています。
811=あなたの人生のある重要な段階が終わりに近づいています。
     人生のある部分に嫌気がさしているあなたは、喜んでください。
     それがじきに回復するかあるいは何かもっとよいものに変わります。
     うまくいってない人生の部分を手放し、ゆだねてください。
     よりよい人生に関する思考がやってきます。

ただの偶然なのか、それとも深い意味があるのか私には分かりませんが。

<OFF会しました>(2009年7月25日〜2009年8月5日)


今日7/25、東京でOFF会をしました。
スペシャルゲストがこの日しか空いてないというので、この日に開催。
場所は木場駅そばのネパール料理店「ネイチャーパワー」です。

料理はとても美味しいのでお勧めします。
私はこういう味が大好き♪
店主とコックさんはネパール人。
奥さんが日本人でPANDORAのお客さんです。



OFF会の様子をブログに書いている人がいるのでそちらをご覧になると面白いです。
「どんどん直感生活」のkanchama
「つれづれなるまま」のしずさん
「セイント☆オゼウサン」のneneさん
<メンバー>


OFF会を予定していた最中にちょうどメールをくれた、東京近辺在住の方に声を掛けました。
土曜日の昼間暇が有りそうで、小さいお子さんの居ない方・・・というのも考慮しましたが
適当に決めさせていただきました。

出席者は
大奥お年寄り(if)
姫&三太夫
側用人
用心棒
きれいどころ11人

です。


姫&三太夫はジュネさんとマネージャー
側用人はM氏
用心棒は静岡のI氏
きれいどころ11名は
「つれづれなるまま」のしずさん
「どんどん直感生活」のkanchama
「あきないたましい」のneneさん
「EN”Dorfin”」のnicoさん
「plus en plus」のamanesuさん
「germania」の管理人二名
お世話になってます「謎の方」
(TT)さん
にこりんさん
YYさん
でした。
<夏至頃の波動変化>


ジュネさんに「夏至の頃、地球の波動が変わりましたか?」と訊いたらそういうコトではないそうです。
「既に五次元に入っている」のだそうです。
どhっひ===!
去年の後半に五次元に突入したそうです。
その頃のジュネさんのブログを読んでもいつの日記がそうなのかちょっとわかりません。
皆さんも読んでみてくださいね。


そういうワケで私達は既に五次元を生きているのだそうです。
ジュネさん曰く
「一日の時間は今16時間を切っています」
16時間を24時間として暮らしているのが私達。
2/3しかありません。
一日の長さ、短いですか?
私は感じませんが・・・
<美女揃い>


PANDORAのお客さん、関係する管理人さん皆さん美女揃いなのには驚きます。
特に「どんどん直感生活」のkanchama。
レプタリアンの陰謀について、かなり詳しい方です。
陰謀論などに興味を持つ女は「ブス」に決まっている、と何故か先入観を持っていましたが、
美人だったので驚きました!!!!!
他のサイトの管理人さんも皆さん美女揃いで驚きました。
TJ氏曰く
(あ、TJ氏って社会不適合者の、そう、あの人)「美人は性格が良い、ブスは性格悪い」
という意見に全面的に賛成します。

しずさん、美人でしたよ!
美女に囲まれたM氏・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嬉しそうでした・・・・・・・・・・・・・・・・・
neneさんも長身で美人。
何故か私がnene、kanchama、しずを三人並べておいたらこの三人がまるで「魔女」のようで
可笑しかったです。

多分前世は中世の魔女裁判にかけられたクチではないでしょうか?
<電磁波>(2009年7月26日〜27日)


先月出席者の(TT)さんの家で大変なことになっていました。
(TT)さんの息子さん(小学生)が、数年前からチック症状が出ていた。
通常家庭に問題有り、とされるようです。
母親の責任になりそうです。
医院、病院などを何年も巡り歩いたが原因が分かりません。
(TT)さんは自分が問題なのだろうか?と悩んでしまった。
(しかしこれがネットでトンデモや心のことを検索する切っ掛けになったので却って良かった)


或る時、行きつけの美容院で霊能者の話を聞いた。
何度も行っているのに、美容師がその話をするのは初めてです。
(TT)さんは(へえ・・・)と思いつつ聞き、そのまま帰宅してから、(もしや霊能者なら原因が分かるかも)と
気付きました。
美容院はもう閉まっています。
(TT)さんは試しにネットで検索してみました。
すると、美容師が言っていた土地に霊能者がいました。
確証はありませんが、(TT)さんはそこだと感じて電話を掛けてみたら、その霊能者でした。

霊能者はまだ若い女性で、当人と家の中と外の写真と、家の見取り図を持って来てください、と言いました。
(TT)さんはアパート暮らしなので、アパートの外からも写真を撮影。
予約を取って(TT)さんはその霊能者に会いに行ったのです。



するとその霊能者は、(TT)さんの部屋で霊が活動していると教えてくれました。
(※電磁波と霊の活動の関係については私には分かりません。
  TTさんが書いたものは文章が長過ぎるのでそのまま載せられません)


そしてアパート4件分の配電盤が(TT)さんの部屋の、息子の部屋の外の外壁についているのを発見。
「これが原因です。」
可哀そうに息子君は、4件分の配電盤の裏側に頭を向けて寝ていたのです。
異常な電磁波が原因で息子君はチック症状が出ていたのでした。
電磁波というのは見えないが大変怖いものだそうです。
精神に異常をきたしたりガンの原因にもなるそうで。

その霊能者を知ったのは、今年の5月です。
うちの息子の症状は、明らかに、テレビやらゲームをすると瞬時に悪化するのが
分かっていたので、必ず「どうしてでしょうか?」とどの方にも質問していたの
ですが、電磁波過敏ということをハッキリおっしゃったのは、その霊能者の
方だけでした。
その方も電磁波に弱いそうです。だから、分かったのでしょう。
 それ以外は、医者も治療師もヒーラーさんも電磁波の影響については、全く分からなかったようです。

その霊能者以前に、4年間、たくさんのチャネラーや霊能者の方にも見て
もらいましたが、「過去生でお母さんがお子さんの脳外科手術をしたために、そ
の償い」とか・・・「地球の磁場が合わない」「そういう学びを選んできた」
「そういう症状は狐がついてる」「映像記憶タイプなので、テレビの映像に入り
込んで興奮するのだ」とか・・・そりゃあもう書ききれないほど色々なことを言
われました。おもしろかった。


驚いた(TT)さんが家(部屋)に帰り、塩を盛ったり、いろいろなコトをしたら、今度は霊が移動してしまった。
パソコンも壊れるし、怖いことが沢山起こったようです。
この時、私は(TT)さんにOFF会参加のお誘いメールを入れてますが(TT)さんはそれを見ることが出来なかった。
毎日寝る場所を変えたりして母子で(ご主人は単身赴任)大変だったらしい。

その後、やっと霊の害が一段落したので、パソコンが復旧し(TT)さんから私に「実は・・・」とメールが来ました。
私も家にあったセージを送り、それで部屋をいぶしてもらおうと協力しました。
(TT)さんはOFF会に参加します、と言うのです。
私はウチにある電磁波の害から身を守るグッズを(TT)さんに貸してあげました。
(※これについて興味がある方は私にメールください)

試しに息子君にこれを使ってみなさい、と。
返すのはOFF会の日(その日から一か月後)でいいよ、と言いました。



で、OFF会当日(TT)さんは電磁波の害から身を守るグッズを返してくれたのですが、
返す前にジュネさんが電磁波について説明を始めたのです。
電磁波でヒドイ目に遭った(TT)さんが、ちょうどジュネさんから電磁波について聞くことになった。
これも不思議なことです。

4年間原因分からだったのが、今年になって、やっと1月に「●●療法」
そして、5月にその霊能者、そして、ついにおとといジュネさんに出会った
わけです。
 もっと早くジュネさんに相談していれば・・・とは、思わないのが不思議です。
なにせ、色々ためしまくった挙句、今年になって「電磁波過敏だ」と確証を持っ
たからこそ、ifさんを通してジュネさんにお会いできて、お話が普通に理解できた。
電磁波過敏、そしてほとんど誰も理解を示してくれなかった子供の症状につい
て、普通に通じたというのが、なんと嬉しいことか!
本当に、ifさんとの出会いはすごい!!と思うばかりで、感謝・感謝・感謝です。



「あかね雲」さんにも相談しました。電磁波とはおっしゃらなかったですが「そ
の場所にいる限り、息子さんの症状は変わらないから、すぐに引越すこと。その
場所から離れれば、症状は嘘のように消えていくから」ということでした。
もうひとり千洋さんという霊能者の方からも「その土地はすごくエネルギーが悪
く、皆が疲れていくエネルギーなので、とにかくいつまでも住まずに早めに引っ
越すように! 引っ越せば直ります」といわれた。
 ですので、その時点で電磁波という理由は分からないけど、引越しをしよう
と、2008年3月に主人がifさんに
「家族が幸せに暮らせる場所」という絵を依頼
したりしました。

TTさんには絵を何枚も描いてますが、そういう絵を描いたことは覚えていません、ゴメン。
家の中に設置するだけで家の中の電磁波が身体に無害〜むしろ良いモノに変化する、という
トンデモなモノがあります。
これを家の中の二か所に貼れば、家電から出る電磁波の害がなくなるのだそうです。
ジュネさんは電磁波に詳しく、説明してくれました。
(※この品は4万円近くしますが、一度設置すればあとは何もしなくて良いので便利。
   私も注文しました。興味がある方は私にメールください)
<電磁波の害>(2009年7月27日)


地球にはシューマン共振というのがある。
Wikipediaより。

シューマン共振(−きょうしん)あるいはシューマン共鳴(−きょうめい)(Schumann resonance)は、
地球の地表と電離層との間で極極超長波(ELF)が反射をして、
その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものを言う。
その周波数は7.83Hz(一次)、 14.1Hz(二次)、 20.3Hz(三次)、・・・と多数存在する。
常に共振し続けているので常時観測できる。

1952年、ドイツの物理学者、ヴィンフリート・オットー・シューマン(Winfried Otto Schumann、
米国イリノイ大学在籍)により発見された。


これは地球の子守唄のようなもので、これがあるので人間が安心して暮らしているんだそうです。

ところが電磁波があるとその音(振動)が邪魔されてしまう。
その結果人間がいきなりキレたりウツになったり、異常な精神状態や異常な行動を取るようになる。

家電からも電磁波が出ています。
パソコンなども電磁波は凄いでしょうね。
個人的に電磁波の害から身を守るグッズもあります。
(※興味がある方は私にメールください)



人間を天然から遠ざけるものの最たるモノは電磁波のようです。

私は環境問題にはあまり興味がありませんが、興味が無いなどと言ってられない状況のようです。
人間を狂わせるモノ(電線や携帯電話の鉄塔など)が、どんどん建てられています。
或る都立高校の校長が校舎のすぐそばに鉄塔を立てることに同意してしまい、
教職員と親が猛反対しているそうです。
また、或る地域では地域内の携帯電話のアンテナを撤去させたそうです。

今、知らないということは本当に怖い。
鉄塔やアンテナ建設を推進する人は「相手の無知に付け込んで来る」のでしょう。
これは或る意味戦いですね。
戦争では無いが戦いです。
日月神が
「魂(たま)の戦(いくさ)ぞ」と言ってます。
心、精神でする戦なのです。

良く精神世界で
「私は戦いませんから」と言う人がいますが、そういう人は自分の家の真上に
鉄塔を建てられて強烈な磁界の中で生活し、白血病になってもきっと戦わないのでしょう。
(たぶんそうなっても原因が分からないからいいのだと思う。それならそれでよし)

中高年ならこれからどうなってもいいと思うが、
これから成長する子供やこれから出産する人にとっては大問題ですよね。
世の中は電磁波だらけです。
なので全てを防ぐことは出来ないかもしれません。
でも、やれることはやっておきたいと思います。
参考サイト↓
http://www.geocities.jp/alfalfaljp/begin/began/denjiha.html

<電磁波から身を守るぐっず>(2009年7月28日)


「電磁波から身を守るぐっず」については絵を発送する際にパンフレットを同封しています。
「つれづれなるまま」のしずさんも電磁波に敏感だそうで、記事を書いてくれました。

電磁波について

元祖?有害電波過敏症の私
以前、記事にしたこともありますが
かなり前なので、もう一度。

有害電波(電磁波)の人体における有害度を
自分の身を持って知るハメになったという話。
(以下略)
<幸せになろう>(2009年7月28日)




OFF会でこんな話が聞けるとは思いませんでした。
ジュネさんが本を出版したそうです。
ブログの内容から抜粋した上で新たに書き加えた本です。
直感で分かるものを文章化する作業はとても大変だったそうです。


<謎の方>(2009年7月29日)


謎の方と会ったことが無かったのでOFF会に誘ってみました。
すると喜んで来てくれました。
謎の方はふんわりした癒し系の方でした。
が、言うことはトンデモです、勿論。
隣に座っていたYYさんから謎の方から感じるものが来たのでそれを載せます。

・印象に残った言葉
  「他人のエネルギーはもう要らない」
  「鉱物は1つのエネルギーを出しているんです。アンダラは優しいですよ」

 ・ジュネさんの「この方は宇宙から来た人」という言葉。妙に納得しました。

 ・シーフォームのアンダラを見せてもらい、
  謎の方には、自分がたまたま持っていたアンダラを見てもらいました。
  謎の方のアンダラを手に乗せている間中、鳥肌が立って、よくわからないけど感動しました。
  私のアンダラについて、「外に持っていくときは、3つじゃなくて、
  どれか『これ』と思うもの1つを持っていくといいですよ」と教えてもらえました。

 ・帰るときに少しお話させていただき、「すごい人」だけど「普通の人」、
  「本当に優しい人」なんだなあと思いました。


if は謎の方と自分と一人二役してるんじゃないか?という意見も過去にあったので
「ちゃんと二人だ」ということをOFF会に出席した皆さんに分かってもらうことが出来てよかった。
個性が正反対なのに同一人物と感じる人もいるとは・・・いろんな人がいるものです。
私は光栄だけど謎の方にとっては災難ですよね。

謎の方に数年前に、私が或る方からアンダラを沢山もらったので、ひとつを選んで送ったことがあります。
そのアンダラを謎の方はペンダントに加工して身に付けて来てくれましたが、
そのアンダラのイメージと謎の方はピッタリでした。
アンダラはシーフォームといってサイダー(三ツ矢サイダーのこと。古いね!)のような色と形状



謎の方は1980年頃、空を見上げたら、というか、見上げなくても嫌でも視界に入ったのですが、
「空いっぱいに広がっている、宇宙船の底」が見えたそうです。
当時の人間は相当おかしくなっていたそうです。
それで謎の方は誰かに相談するわけにもいかず、一人で「これから地球はどうなってしまうのだろう」と
心配した。
それからずっと一人でやってきたわけですよ。
見える人は大変ですね。

その後、2005年に私がPANDORAを開設。
謎の方がPANDORAに来たのは翌年だったかな?
それからメールのやり取りが始まりました。

謎の方曰く、超大昔、地球に誰も行きたがらない時があったそうです。
その時勇気を持って(無謀にも)私が行く、と言った粗忽な魂があったそうです。
それが私なんですと・・・(暗澹(何度生まれ変わっても同じなのか?(ダメだこりゃ
で、その時私は「広げると50メートルプールの大きさの翼を持った鳥の形の銀色の生命体」で
背中に尊い魂(一人)を載せて宇宙から地球に飛来したんだそうです。
背中の尊い魂は謎の方の知り合いか
類魂(るいこん)でしょうね。
その魂は最近まで石に形を変えていたそうです。
それを去年あたり謎の方がネットで発見し、石の意識と会話して解放したそうです。
(多分それが類魂としての使命だったんでしょう)(凄いトンデモだけど)

で。
何故か私は身に覚えの無いことで謎の方に感謝されているんですよね(汗
でも、身に覚えの無いことで怨まれるよりはずっといいか、かはっ♪

という話を聞いていたジュネさんは大いに納得していたのです。
ジュネさんと謎の方はお互いの話に矛盾することがなく、同意していました。

ヒーリングについてはジュネさん曰く
「みんなヒーラーになる」そうです。
いずれ職業ヒーラーが必要無くなる。
今はその過渡期なんでしょうね。
<電磁波から身を守るぐっず>


電磁波から身を守るぐっずを、ジュネさんがキネシオロジーで実験してくれました。
やらせで無いとしたらとても不思議な現象が起こりました。
(だからやらせじゃないってば)
一人じゃ信用出来ないので数人にやってもらった。
仕込みかもしれないし・・・(だからそれは無理だっての)
えへへh・・・疑り深い私。

謎の方はその製品の波動を読んでいたそうです。
あとでメールで教えてくれましたが、その製品からエネルギーが出て西へ進んでいるんだそうです。


とにかくご縁をいただいたので、
不確かですがこちらで感知した情報をお知らせします。
ほんとかな?とも思いますが、我慢して聞いてください。
あのエネルギーの出所が気になって追いました。

そうしたら、ダイレクトに真っ直ぐ上空に行くのではなく、
西へ西へと向かいます。
最近は原宿を基点に西へのラインの浄化との関連で、
地中海までたどり着いているので、
その読み間違いかなとも思いましたが、
今日も何度試みても同じようです。

辿ると、なんとエジプトの三大ピラミッドに向かいます。
その一つピラミッドのすこし東南側でしょうか、
地球の中心方向に直角に潜り、
再度直角に曲がり、地中を西に向かい、
アフリカ大陸の地下を西へ貫き海底を進み
大西洋上の島のひとつのところで直角に上がり
初めて天空に向けて上昇します。

このデザインのことはよくは知らないのですが
この方はアトランティスとご縁のある方でしょうか?
if さんもたしかアトランティスとエジプトに
ご縁がありましたよね?
ジュネさんもアトランティス関係のかたなんでしょうね。

<照(てらす)>


nicoさんが作成しているペンダントトップの「照」(てらす)のことです。
これはM氏の友人が以前南の島へ行った際、現地の長老から手渡された品物についていた紋章。
これはムーの王家の紋章なんだそうです。
それを私が書き写し、プロに製図してもらったものです。

このペンダントトップの効果を謎の方に訊いたら
「個人の心の闇を照らす」と言うので、「照らす」にしました。
出来あがった試作品はナンバーが「000」です。
これを
◇紋章をもらったK氏
◇仲介してくれたM氏
◇germania管理人(販売の都合上、持ってないとまずい)
◇謎の方
に差し上げました。
私も一つ持ってます。


出来あがった照を見た謎の方からトンデモな感想をいただきました(驚

そして意外なことにムーの紋章のはずが、
nicoさんの創った照も同じ動きをします。
地図で調べたらその海にあったのはバーミューダ島です。
もしかしたら地球のエネルギー取入れ口の一つが
バミューダ島かもしれません。
<外国から来た魔女>(2009年7月30日)


ジュネさんから聞いた話です。

かなり前のこと。
ジュネさんは或る方から相談されたので、それについてアドバイスしました。
するとその結果を知るところとなった外国人(女)が通訳(当事者)を連れてジュネさんに会いに来たそうです。
日本にある、外資系の会社の上司のようです。
その外人女性は某国のtopのなんたらを務める人で、早い話が・・・・・・・・・・・・・・・・・・魔女。
(ひいいいっ!)←if の心の声。

その魔女はジュネに〜〜を〜〜させないよう説得しに来たらしい。
通訳はというと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マインド・コントロールされてて目つきもうつろ。
最後の方はその通訳半分意識を失っているような状態になり、通訳など出来なくなっていた。
ジュネさんはその魔女に
「あなたはエゴイストですね。」
あ、日本語で言ったそうです。
するとその魔女、意味が分かったようで悔しがり、一瞬にして顔が変わり口が耳まで裂けたそうです。
これは霊視ではなくてこの現実でそう見えたそうです。
(わ===ん!泣いちゃうぞっ)

その魔女、会社(日本にあります)へ帰ってから何かしたのでしょう。
魔女と別れて一週間後から毎日夕方になると、ジュネさんは頭痛がしたそうです。
多分何やら魔法を使って念を送っていたのでしょう。
ジュネさんは放置していたら次第にそれもなくなったそうです。

この話はジュネさんの本「幸せになろう」にもっと詳しく載っています。



ジュネさんは潜在意識解読を始めてから18年になる。
この事例のように他人からの変な念を防ぐ方法を試行錯誤しながら自分で分かって行ったらしい。
一時は浄化のための塩を月に10万円も買ったそうです。
今は他人からのネガティヴな念は塩を使わなくても避けることが出来るようになったが
ジュネさんほどの人でも、というか、ジュネさんだって、このように何も分からないところから始めたのです。
なのでこの例を参考にして、皆さんも始めたらやり遂げる方向で努力した方がいい。
少しくらい妨害に遭ったからと言って辞めてしまうようでは、その程度だったのだ、ということです。
ちょっとやってみただけ、の程度。
この世に生まれて為すべき使命ではない。
(いや、本当は使命だったかもしれない。
 しかしあまりにも意志が弱くてそれを完成できなかったのかもしれない。
 勿体ないがしょうがない)


一つのことを10年続ければその道でお金を稼げるプロになれます。
18年やればプロ中のプロになれます。
少々の嫌なことで諦めないことです。
<”上”に取り込まれる上の人達>(2009年7月31日)


ジュネさんから聞いた話。

どこの国でもそうでしょうが、政治家など。
彼らが権力を持つと、見えない次元の”上”の存在からマインドコントロールされてしまうんだそうです。
(※上とは身体を持たない存在です)
なのでどんどんおかしくなって行く。
ちょうど陰謀論に詳しいkanchamaが居たこともあり、その話になりました。
政治家達は操られている自覚はなく、どんどん悪くなって行くのだそうです。

私達は一般人で良かった。
”上”からマインドコントロールされることは無いだろうから。
上の人達は気の毒ですね。



”上”に使われる魂は多分、企業家もそうです。
マドモアゼル愛氏も過去に書いてましたが、某自動車製造会社。
あそこは自社マークを変えた頃からおかしくなって行ったそうです。
私も同感なんです。
私は社長を初め上役が●●なんだと思っていましたが、そうではなく、
●●は●●だろうがそれだけでは無いのではないか、と思いました。


それからついでに書きますが、ハイブりッド車が実は怖いそうです。
電気で動くので社内は電磁波だらけ。
かなり怖い。
今とても売れている●●●スという車を運転中、突然死するケースがあるそうで、
(高齢者の場合ですが)これは電磁波が原因なんだそうです。
警察は電磁波など思いもよらないので、そういうコトは調査しませんがね。
そして今、巨大企業一流企業が電磁波から人間を守るためのグッズを或る企業に依頼している。
いくらガソリンの消費が少なくても、そのうち電磁波の害が表に出て来たら困るのは製造元です。
なので今開発中なんだそうです。

電機自動車が良いと思っていた私なので、この情報にはビックリでした。
良かった普通のガソリンエンジン車で。

電磁波に敏感な人はいますが、私のように鈍感な人にはあまりピンと来ない話です。
以前ジュネさんの潜在意識解読を受けた時、電磁波の害について教えてもらいましたが
特に興味もありませんでした。
でも真面目に真剣に考えれば電磁波は怖い。

今、ネット社会ですから電磁波の害が公になったら企業も困るので、今準備中なようですよ。
<電車の電磁波>(2009年8月2日)


しかしハイブりッド車が怖いなら、電車も同様ですよね?もっと怖いかな?まずいですね。
<夢で会っていた>


謎の方が私を見て言うんです。
「やっぱりifさんだ。夢で見た通り♪」

謎の方はPANDORAに来る前、女性二人と会って会話する夢を見ていた。
そのうちの一人が私だそうです。
もう一人はまだ会って無いそうです。
<宇宙から来た人>


「謎の方は私が宇宙にいて銀色の鳥のような形の生命体で、地球に来たって言うんですよ。
 なんでそんなコトが分かるんでしょうね?」
と言ったら、ジュネさん
「だって(謎の方は)宇宙から来た方だもん。」ですと。

私はジュネさんのマネージャー(三太夫)が宇宙人に思えて仕方ありません。
我が家の末っ子◎ちゃんと、態度雰囲気表情動作が同じなんですよ・・・あれは宇宙人だな。
<水晶の星>


謎の方とジュネさんが言うことはお互いに矛盾が無く、意見が一致していました。
ジュネさんが言うには
地球は幾つもある、んだそうです。
いろいろな地球がある。
次元に応じた地球があるのかな?

そして将来地球は水晶の星になるそうです。
実は私は今年の夏からたまに水晶のピラミッドの絵を描いてます。

水晶のピラミッドが宇宙に浮かんでいる絵。
どこかの星に水晶のピラミッドが有る絵、などです。
数枚描いてます。
それぞれ絵は違うんですけどね、発想が同じです。

ジュネさんにそれを言うと
「いつ頃から描いてました?」
「多分7月初め頃・・・かな?」

(夏至の頃からかもしれない。覚えてません)


その絵は将来地球が水晶の星になる暗示のようです。
<集合意識から抜け出せ>(2009年8月4日)


ジュネさんの本
「幸せになろう」にも書いてありますが、
人類の集合意識から抜け出さないとならないそうです。
それは私も同感です。
なので「時事問題」で、「本当はこういうことなんですよ」と
日本の政治や事件のことを書いてます。
多くの人はそれが当たり前になってしまって、
「本当はどうなんだろう?」などと思わない。
マスコミの報道をそのまま信じる。
何も疑わない。
集合意識に埋没して生きている。
これが非常にまずい。

事件事故に限らず風俗習慣もそうです。
皆がやるから・・・・・・・・・・・と、必要もないのにやる。
それが普通で当たり前になっている。
このような何も考えないで行動することを、止めることから始めないと。
多くの人は「皆がやることを自分がやらないこと」について「罪悪感」を持っています。
その意識がが集合意識に引き戻すのです。
まずいです。

幸いにして、私は母が大変個性的だったのと、実家自体が常に周囲から浮いていたので、
普通の人より世間の意識から外れることが出来ます。
何の努力も要りません。良かったw

「集合意識から抜け出ること」を、強く意識し、意図しましょう。
これをしない限りどのような知識を得ても(頭の次元)セッションを受けても(ただ体験するだけ)
何にもならないでしょう。
<やっぱりジュネさん凄い>(2009年8月5日)


OFF会には最年少20歳から最年長50代まで集まりました。
20代の人達は若くて可愛いですね。
30〜40代の人も若々しいし、皆さん美人揃いの上に自分が好きなこと、やりたいことが
ハッキリしている人達なので輝いていました。

が。

やはりなんと言ってもジュネさんは別格でした。
アマチュアの中に一人プロが入ってたという感じ。
私達が星ならジュネさんは満月ですかね。
丸ささなら私といい勝負ですが輝きが違う。
次元が違うと言ってもいいくらいでした。
凄いなジュネさん、と思いつつトンデモ話を聞いていたのでした。


やはりその道18年の人は違う。
若さや美貌も良い。
でもそれを超えるモノがあるのだ・・・と一つ勉強したのでした。

そして私達も(いや、私はもう遅いかもしれないが)自分の好きなことを探し
やりたいことを見つけて毎日その道を進めばジュネさんのようになれる、と思ったのでした。
ジュネさんの本を読むと、過去に潜在意識からの情報を受けることが面白く
舞い上がってしまったこともあったそうです。
しかしそのことに自分で気付けたというのは偉い。

多くの人はここで気付かずそっちの道(低級霊憑きへの道)を進んでしまう。
これを「魔境」と言います。
一度舞い上がり、舞い上がるとはこういう状態なのだ、というのを体験しなければ
先(上)へ進めなかったのでしょう。

誰もそうです。
ここで気付くか気付かないか、分かるか分からないかの、ほんのちょっとした差がその後を大きく変える。
なので私達も常に気づきつつ考えつつ分かりつつ進むしかありません。
私にはこのOFF会の一番の収穫はコレでした。
<無宿者>(2009年8月20日)


OFF会の一か月前にしずさんに「OFF会においでよ」とメールしました。
ご主人も出席してくれたら楽しいな、と思ったのですが、ご主人は「人見知り」するタチだそうで
しずさんが誘っても出席しなかったそうです。

もしご主人が出席していたら
「無宿者」(江戸時代の社会不適合者)と紹介したのにな。

<13の月の暦/今年の運勢>(2009年7月26日)


マヤ歴を基にした、今年(2009年7月26日から一年)の運勢です。
「うたるんの占い」→  
http://www.sakai.zaq.ne.jp/utarun/kabara/kabara.htm

<スフィンクスと大ピラミッドの建造年>(2009年7月21日〜23日)


エジプトのスフィンクスとクフ王のピラミッドはいつ建てられたのか?
ずっと知りたいと思っていました。
一般的には古王国時代に建てられた、とされています。
Wikipediaより。

エジプト古王国時代(第3〜6王朝) [編集]

中央政権が安定。
首都:メンフィス

  • 紀元前2650年頃、ジェセル王が階段ピラミッド造営。
  • 紀元前2600年頃、スネフェル王がヌビア、リビア、シナイに遠征隊派遣。
  • 紀元前2550年頃、クフ王、カフラー王、メンカウラー王がギザの3大ピラミッド造営
紀元前2550年頃、クフ王によって建てられたのが大ピラミッドである、とされています。
ところが、「大ピラミッドの象徴的予言」
(H・スペンサー・ルイス著/バラ十字会日本本部翻訳委員会訳)(たま出版)にはこう書いてある。


『バラ十字ダイジェスト』誌の1962年7月号のある記事では、
アメリカの考古学者のJ・O・キンナマン博士の生涯について論じられているが、
この人物は偉大なイギリスのエジプト学者のウイリアム・フリンダース・ペトリー卿と知り合いで
多年にわたり共に仕事をしてきたと主張していた。
キンナマンはさらに、彼とペトリーが大ピラミッドへ入る入口を見つけ、
アトランティスの「証拠」を発見したこと、
そして大ピラミッドは46000年以上も昔に建てられたことを主張していたのである!
私の研究チームは5年以上もキンナマンの主張を調査しているが、
今までのところ彼の発言を確証できていない。

しかしながら、わが上記のアンモナイツのエジプト学者の情報源によると、
スフィンクスは55000年以上も前に創造されたのであり、いわゆる第二大ピラミッドと呼ばれているものは
実際に幾分遅くギザに建造された”最初の”ピラミッドだったのだと主張されているのである。
それゆえ、キンナマンが主張したように
大ピラミッドが四万年から五万年前に建造された可能性
まったくうまい具合に合致するようなのである!

まとめとして、ギザにおいては多くの作業がまだまだ成されなくてはならないのであり、
その可能な含蓄はまったく刺激的なのである。
スフィンクスとピラミッドの年代に関するミステリーは完結には程遠いのである。



著者は1883年に生まれ、1939年に亡くなっています。
この本のもととなった本は1936年に出版され、当時のエジプトの様子が描かれています。
(※映画インディ・ジョーンズの「失われたアーク」の舞台の頃です)
今のような観光地となったエジプトではなく、素朴な遺跡の様子は郷愁をそそります。
地味ですがエジプトが好きな方にはお勧めの本。
<作ったのは宇宙人>>


こんばんは、Kです。
PANDORAを拝見していると、自分はいきたいけれど実際いけない
エジプトの情報を知ることができて、とても楽しいです。

「スフィンクスと大ピラミッドの建造年」、おもしろそうですね。
おもしろそう、というか、私がたまにいくオーラリーディングの方の
師匠という人が、似たようなことをいっていたのを思い出しました。

その方いわく、エジプトにはたくさんピラミッドがあるけれど、
「本当の」ピラミッドというのはギザの大ピラミッドたったひとつで、
そのほかは人間が「まねて」つくったもの
、だとか。

じゃあ本物のピラミッドを誰がつくったかっていうと宇宙人なんですって。
宇宙との通信というか、道というか、そんなもので。
「どうやって作ったかわかる?」ときかれたので、トンデモ対抗意識を
もって「超能力で石もちあげて」と半ば冗談でいってみたら、
「そのとおり」とのこと。
ほんとかよ(笑)と思ったけれど、そのほうがトンデモ好きな私には
これを信じたほうが楽しいので、私の中ではその見解を採用しました(笑)

本物をまねて、人間がいっしょけんめ作ってみたけれど、結局
本物の機能をもつものはつくれなかったそうです。

ピラミッドの機能というのがあるのだとしたら、ぜひみてみたいものです。



ピラミッドの石を、超能力で浮かして作った、という説があります。
その際に能力を増幅する道具を使ったとか・・・
作ったのは宇宙人か、アトランティス人か、そんなところです。
(※ここらへんのコトを映画「紀元前1万年」で描かれていますよ。
   ピラミッドの上空に動かない星=宇宙船が滞空しているとか)

超能力を増幅する道具は棒状のもので水晶が付いていた。
超古代、アトランティス人が超能力を発揮するために、棒状の道具を使ったことから
後世、魔法使いがワンド(棒)を使うという考えが生まれたのではないか?と思います。

<皆既日蝕>(2009年7月16日)


7/22に日本の一部で皆既日蝕が見られますね。
(一部を除いた地域では部分日蝕が見られます)
日蝕とは、新月の凄い奴、です。
新月は物事の開始を意味しますが、その凄い奴、だそうです。
部分日蝕でも凄いのに全部日蝕がどのくらい凄いのか、想像もつきません。

さて。
占星術的に見ると日蝕は凄い意味がある。
専門家の一人、マドモアゼル愛氏のブログ「愛の日記」から引用します。
皆既日食の日が近づいている。この日に何かが起こる、、、、的に考える人が多いようだが、
まあ、新月トリガーとして起きやすいことは確かなものの、皆既日食の意味はもっと長期的で深い。
皆既日食以前、以降、、という時代の分け方ができるぐらいの変化を暗示しており、
その日どうこうではなく、それ以降の時代の変化が大切。
具体的にいうと、
皆既日食以降、半年から数年の間にみられる大きな変化、と考えておくといいと思う。
すでにこの予兆は日本では政権交代、アメリカでは黒人大統領などの誕生という形で、起きている。

 ここで皆既日食の意味をおさらいしたいと思う。
占星術原理では、月が太陽を隠す、、、ということの意味は大きい。

太陽は昔は王権を表し、王様お抱えの占星術師が、もしも日食を占えなかった、
日食を予知できなかったとなると、それは重大な過失となり、命を奪われても仕方ないようなことだった。
王権を月の民衆が転覆させる危険は、王様にとっての最大関心事であり、何としてもそれを阻止しなくてはならない。
そのための占星術師のお抱えだったわけで、日食を占えない占い師は問題外であった。
占星術の歴史から考えると、占星術師の仕事で最も大切なことが、
この日食を予知し、その影響から王権を守り抜くことにあったと言ってもよい。
今季はしかも皆既日食。
何も起こらないと思うほうが間違っているぐらいの重要な星の配置である。
ただし、その日に何かが、、、というものではないというのは、先にも述べた通り。
 月、すなわち民衆や民意が、太陽、すなわち、現在の権威、権力を覆い隠す、、が正しい基本解釈となる。

これを具体的にあてはめると。
日本では、権威の中枢に君臨していた自民党の下野。
都議選、さらに8月30日の衆議院選挙の予想される結果を思うと、
その通りであり、まさに、本当にそうなっているではないか。
占星術はこのように非常に優れた面があるのだ。


 海外では、皆既日食は見られないものの、その意味あいから逃げられるものではない。
今回の日食は、アメリカの衰退、解体、を暗示していると言ってもいいと思う。
世界に君臨したアメリカを太陽とするなら、民意がそれを覆い隠す。
すなわちアメリカではアメリカ国民、さらに広く解釈するなら、
アメリカにしいたげられていた月、すなわち弱い立場だった海外の国々、人々による転覆の成功。
アメリカでは今後、半年から数年にわたって国内暴動、や海外からの叱責があることがうかがえる。
しかし、これを日米関係にあてはめて考えると、結構怖い可能性が出てくる。
アメリカは、マンダンアストロロジ^においては、かに座。かに座は月が支配星。
日本はマンダンではてんびん座となるが、シンボリック的には太陽の上る国であり、
太陽のマークが日章旗である点からも、太陽の暗示する国といえる。

日米関係でいうなら、月がアメリカ、太陽が日本という構図が見える。
となると、月が太陽を隠す日食。
しか
も皆既日食は日本の太陽がやられる暗示であるので、アメリカは日本に、
今後半年から数年にわたって、おそるべき裏切り、恐るべき反旗をひるがえす、、、と読めるのだ。
民主党政権は従来のアメリカ追従政策とは異なる道を歩みだすことがわかってくる。
アメリカ離れが鮮明になるにつれ、アメリカの仕掛けた政治爆弾や陰謀が破裂、、、そんな時代が訪れるのかしれない。
あともうひとつ、日本国内に目を向けた際、太陽はまさに天皇制であるので、ここに大きな改革や変革が暗示される。
なんとか良い方向にまた無事に変化が起きてほしいと祈りたい。

 ヨーロッパでは集中化していた権威構造が弱体化し、それぞれが分離分裂していく可能性も出てくる。
半年や一年程度の動きではおしはかることはできないが、
EUの統合は後退する可能性が出てくる。

 ただ日食は悪い面ばかりを意味するものとは違う。
月に隠されることで、かえって太陽の輪郭や本質が見えてくる場合がある。
本当の権威とは何か、本当の王とはだれか、、、が見えてくる。やっぱり怖いね。
(以下略)

<夏至の頃>(2009年7月9日〜2009年7月15日)   


今年に限らず、夏至や冬至、春分秋分の頃には地球の波動が変わると言われています。
今回或るチャネラーの方から私に
「今年の夏至の頃、また地球の波動が変わったようです」と連絡がありました。
私は大変鈍く何も感じませんが、その頃を境にして
「一段と波動を高めた人、低めた人がいる」という情報も入り、そうなのかな、と思っています。

今年の夏至に限って
「本当に波動が変わったのか」を、PANDORAのリンク先の方に質問してみました。
無料でやってもらいました。皆さんご協力、ありがとうございます。
<占いで調べてみました>


「Sunrise」のまはるださんの結果では「Yes」

「とんぱ。」のみつきさんの結果では「Yes」

「Crystal Crown」のkomadonnna777さんの結果は「Yes」
「桔梗の部屋」の桔梗さんは「単純にYesとは言えない」という結果に。
解説は「桔梗の部屋」(2009年7月11日)でご覧ください。
上の段左から過去現在未来です。未来の右下にあるのは補助のカードです。


<ホラリー占星術>(2009年7月12日)


夏至の頃、地球の波動は変わったか?


質問 「夏至の頃、地球の波動は変わったか?」

答え 「変化が遅れています。富に関して二通りの顕れ方が出てくるようです」


※地球をどのハウスにあてるかは人によって意見が分かれると思います。
今回「第1ハウスを地球にあてる」と決めて占いました。


**************


地球を表す第1ハウスは蟹サインで支配星は月。
そして第1ハウス内には太陽と水星。
つまりこの質問を占うのに重要な地球の支配星は3つ。

 月 ・ 太陽 ・ 水星


**************



 《 水瓶サイン上の月 》

月は第8ハウスの水瓶サインにあり、よく言われる「水瓶座の時代」を示唆していると思われます。
水瓶のマーク(2つの波)もよく知られているとおり、情報、伝達、ネットワークなどを表します。
そして水瓶座の支配星・天王星は「変化の星」。
つまり、ホロスコープが質問に答えていると解釈してよいと思います。

質問の答えは「イエス」

しかし水瓶座の支配星・天王星は逆行(リバース)なので、
「変化しきれていない」「変化が遅れている」という注釈つき。



**************



 《 第1ハウスの太陽 》

第1ハウスに太陽がある場合、質問した事柄が大変重要であることを示唆します。



*************


 《 ノーアスペクトの月 》

月がある第8ハウスは「遺産、財産」「共有」を司るハウス。
(他者と自分、または先祖と自分を繋ぐ絆を象徴するハウス)
この惑星(月)は、どの惑星ともコミュニケーションを持ちません。
ノーアスペクトは惑星本来の表現力を失いますが、
逆に他者からの抑圧も受けないため惑星の特徴が際立つという両極端の意味を持ちます。
つまり、ここでの月は第8ハウスが象徴するものに関して「両極端の作用が顕れる」ことを意味します。

(第8ハウスの解釈は後にします)



 《 障害の座 》

第8のハウスで孤立する月は山羊座のデトリメント(障害の座)なので
弱々しく病んでいる印象を受けます。
普通に解釈するなら、地球が病んでいると取れますが、
無意識を司る月のデトリメントは心の弱さ。
生きにくくなっている人たちがさらに増えていくことも暗示しているのかもしれません。


**************




 《 土星と太陽と水星 》

月が第8ハウスにあり、第8ハウスの支配星は土星。
試練の星である土星は、「地球」を司る第1ハウス内の太陽、水星とそれぞれセクスタイル。
土星+太陽、土星+水星がそれぞれ調和的なことを表しています。

月が山羊座のハウスにあって全体的に窮屈そうな印象に比べ、
山羊座の支配星であり試練や制限を司るはずの土星が、
太陽や水星と調和することで生き生きした印象です。

・試行錯誤しつつ建設的に発展していく。
・内省力、判断力、推理力に富み、自分に厳しい。
・現実志向。

こんなイメージです。

さらに太陽と水星のコンジャクションで二つの惑星の意味が強められ

・活発で機敏な精神性がイメージされます。

(簡単に言えば、太陽の強さ、水星の軽やかさ、土星の誠実さ)

また第4ハウスの土星は、自分がここにいるルーツを確認することや
安心できる基盤を獲得していくことを望みますが、
実は土星にとって簡単に手に入れられるものでもありません。
(簡単ではないから大きな価値があるのかもしれませんが)
個人の基盤を踏み固めるように進むのだと思います。
独立独行の精神。
ここで言う基盤(基本・根本)とは、自己を信じるという事なのかなと思います。

これらは今の波動の質なのかもしれませんが、
わたしたちの指針になるものではないかと思います。

では、さらにわたしたちがどのハウスの方向へ進めば良いのかを見ていきます。




**************




 《 ノース・ノードが第8ハウス 》

ノースノードが第8ハウス。
つまり第8ハウスの方向へ進んでいくことで道が開けるようです。

第8ハウスはとても複雑なハウスです。

第8ハウスの対極に第2ハウスがありますので
第2ハウスの「個人の財産」などに象徴されるものは手放していきます。
(第2ハウスは過去を表します)

第8ハウスも第2ハウスも「財産」を表しますが、質が違います。

わたしたちは金銭的な事柄からもっと自由になっていくことが求められているのかもしれません。
(金銭=物質主義と置き換えても良いかと)

第8ハウスが象徴するように「他人と共有すること」で自由になってくるのではないかと思います。
物質にかぎらず、知識なども分かち合えます。

経済的には、世の中はまだまだ混乱するかもしれませんが、
経済事情だけを考慮して節約したり計画するような
「個人的に溜め込む行為」は止した方が良いかもしれません。

また、第8ハウスは「オカルト」のハウスでもあります。
スピリチュアル的な保護も期待でき、直感に従うことで第8ハウスの「財産・遺産」が築けるようです。

しかし一方では衝動買いに走る人も多く出てきそうです。

ここで言う「財産・遺産」は、「徳」も意味するかもしれないし「才能」や「時間」のことでもあるかもしれません。
お金のことだけじゃないと思います。

例えば、他人が羨む物、妬みの対象となる物は全て「財産」と言えるのではと思います。
健康、お金、美しさ、時間、若さ、才能、なんでも当てはまりますが、これらをより多く所有するよりも、
財産として認めて、精神的により自由なアプローチをする時代になっていくことが
本来の自然な流れであることを星は告げているのかもしれません。

いずれにしても"富"に象徴されるものへの扱いは注意が必要で、
財産が象徴するもの(物質)に関して自由になっていける側と、
自己のコントロールを失う側の二通りに別れていく、という事ではないかと思います。



鑑定は以上です。
<変化について行くには?>(2009年7月15日)  


では、この変化について行けるようにするにはどうしたらよいか?を、
Vision QuestのMWさんがインディアン・タロットで占いました。


先日の夏至を境にした波動の変化の質問から

この「変化」に対していくつか質問をしたのですが
出てくるカードの中で必ず引くカードがありました

今回のカードは
その変化についてゆくためには
どう進んでゆけばよいか
ひとつのアドバイスではないかと思いました

火の母

(キーワード)
自分自身を信頼する気持ち、駆り立て成功させる力 。

本当の意味で成熟するには、生涯に渡る努力が必要です。
一晩にして出来るようなことではないのです。

私たちは多くの谷を越え、同じだけの峰を登らねばなりません。
このカードは、本来持っている強さ、
そして人生の中の自分にふさわしい場所を手にする準備が出来ていることを
心に留めておくよう教えています。
このことは、あなたが、真の権威ある立場から物事を決定できるようにしてくれるでしょう。




---------------

メディスンマン

(キーワード)
自然の力への
信頼の念、未来のことについての洞察、真実を直感的に把握する、
新しいことを試みはっきりと目に見えるような形で表現する

メディスンマンは、 あなたはもう、自分でこうなりたいと
探し求めていた存在そのものになっているのだと語っています

自分の注意力を、今までの「わたしはこんな人間になりたい」というところから、
「わたしはどういう人間なのだろう」という意識へ向ければすぐに、
このカードの意味することがぴんとくるようになります。

ひとたび、”あるがまま”の自分に注意を向け、そのことについて考えることで、
あらゆる事態をややこしくすることにふける癖を捨て去れば、新しい理解が生まれます。

ありのままの飾らないあなたでいればすぐに、素晴らしい生来の才能が明らかになるでしょう。
本当の力とはどういうもので、真の創造性とはどういうものなのか悟るのです。

自分という存在がいかに驚異に満ちているかという自覚が育っていくにつれ、
偉大な神秘がもたらしてくれるものを信頼できるようになります。

そしてこの信頼の念は、あなたがかつて使うことをためらっていた、
偉大な神秘によって贈られた才能を活用することを可能にします。
今あなたへの援助を、感謝と共に受け取って下さい。

---------------

2枚のカードからのメッセージから
この変動の波についてゆくためのキーワードは
信頼です。
自分自身に、そして母なる地球である自然へ

そしてその信頼には洞察力、判断力が必要です。

変化の波に乗るためには
自分自身の中にある直感を鍛えることです。


変化の波は一度どっと押し寄せてきているのではなく
徐々にその波動を拡大させています

私達もまた急に変化できるわけでもなく
少しずつその変化にあわせ成長し向上しているのだと思います

また焦っては道を間違えてしまいがちです

あるがままを受け入れることができる
素直な心であることが
正しい道をゆけるのではないかと感じます 



(ここからはif談)
信頼、洞察、直感、と特に目新しくも無い言葉が出てきました。
つまり「何も特別なことや特殊なことは要らないのだ」ということだと思います。
当たり前のことを感じ、思い、判断出来れば良いのでは?


当たり前のことが何なのか?中途半端に良い頭になっているので、分からなくなっている人が多いようです。
単純なことを何故か難しくして拗らせている。
そこに気づくべきです。

私が以前「アセンションするための方法」を夢に見ました。
その夢の中で悟ったことがあります。
◇アセンションとは思いのほか簡単である
◇明るく楽しく一つの道を進めば良い
ということです。
一つの道とは「紆余曲折しないで、コレと思った目標を定めて真っ直ぐ進んでみること」です。
心構えとしては女子高生のように明るく楽しく無邪気に行くのが良い。
その際、同じ志の人がいるととても楽しい。


MWさんの鑑定結果を読んで、この夢を思い出しました。
<夏至の頃ブログ開始>(2009年7月10日)


上の記事を読んだ方から報告がありました。
まずは、「はすはなどっとこむ」のhasuhanaさんから。

おはようございます、hasuhanaです。
「パンドラの壷」→<etcX>→<夏至の頃>の記事ですが…
結果が皆さん同じになっているというのは、面白いですね。

私は何も感じないのですが、その夏至の頃の前とあとのことを考えてみました。
そうしたら、ifさんに夢の話をさせていただいて、
「波動を上げよう」と思いブログを書き始めたのが、夏至の前(6月上旬)でした。
それからすぐに上るというものではないと思いますが、
それでも意識だけは「向上しよう」という方向に向いたので、
ギリギリついていく…ということにはなったのかな?と。
なんだか、上の人が必死に、至らない私をついていかせようとしたみたいな…そんな感じがしました^^;
今はブログのことにしても何にしても、まだまだ難しさを感じていますが、
「向上していこう」という意識だけは持って居続けようと思っています。


<波動の変化についていけないことを何かが警告した>


次にMさんから。
Mさんの家族が怪我をしたり病気になったりと、ここのところ、立て続けに面倒なことが起きているので
それについて「波動が下がっているのでしょうか?」という問い合わせが来ましたが
私には相手の個人的なこと(霊的な背景など)は分からないので
「申し訳ないけど、私には分かりません」と答えておきました。
すると返信が来ました。




おはようございます。
やはり波動が下がっているようです。
先日、家族が最近出た中矢さんの日月神示の本を購入し、昨日借りてよみました。
・・・するとわかったことが!!!
 
なんと私は幽界に存在しているのでは!と。
幼いころから、祖母の影響で、●●教のわかれやの「●●の●●」という宗教に入らされておりました。
もちろん、母の腹の中にいるときから、てかざしの浄霊を受けて育ちましたし、それがおかしいともパンドラに
出会うまで気づいていなかったんです。数十年も・・・・・・
 
ですが、パンドラに出会ってから「なんかおかしい」と感じるようになり、昨日間違いなくおかしい!と確信しました。
変な霊感みたいなものが強く、それがぜんぜん自分のためにならず、ただ感受してカラダがだるかったり、悲しく
なったり、やっかいなことが多く、そしてこの夏至の地球の波動からかけ離れていっている。
間違いなくおかしいと感じました。
そしてそれを気付いた昨晩、異変が!
食卓の真ん中においてあった箸入れが、突然家族みんながいる前で倒れたんです。
ちょうど主人にその話をしている時でした。
 
私はようやく自分の間違いに気づいたんです。
そして、子供がお腹にいる時もずっと浄霊を受けておりました。
受けて育った子供は感受性が強く、本当に手がかかります。
 
でもこのたびの子供のケガや、最近の私の心が間違いだったと気付けて良かったです。
何でも困ったことがあれば、神様に聞きなさいと祖母から言われていた、私も母も被害者です。

お祖母さんの時代には、そのようなモノに縋ることが、神信心することになり良いと思っていたんでしょう。
その時代なら仕方無いことだったと思います。
ちょうど今、精神世界のいろいろなモノにはまる人がいるのと同様です。
いっそ何もしない方がまだ普通でいられて良いのですが、
中途半端な、平均的な、普通の「向上心」(もっと良くなりたい、という意識)が
そのようなコト=神信心、をさせたのでしょう。
お祖母さんの時代にはそれしか無かったのだ、と理解してあげましょう。


何でも自分で考えることができなくなっている。
これが一番怖い。
そして、今回の母の病気、こどもの怪我・・・
何かのメッセージもしくは、間違いであることの教えではないかとは思っておりましたが、これでした!
まはるださんに占っていただいたところ、
◆気にかかるトラブルに関するメッセージ
 
今現在何かに管理された状況が示されています。
「操ろうとする存在」というものも示されています。
これはMさんの自覚無自覚に関わらず、であるようです。
一連の占い結果から、私は存在というよりは
「固定観念に縛られている」ということではないかと感じます。
です。やっと解けました。
 
「操ろうとする存在」とは低級霊(不成仏霊)のことだと思います。
低級霊は、低級なので、人間に拝まれたいのです。
なので、やたら拝んでいる人がいるとそばに憑いて、「我は◎◎であるぞ」などと言ってみたりします。
言わなくてもピッタリついて、本人を不安にさせ、何かに縋らないとならないように仕向けるのでは?
私が低級霊ならそれをやりますね。

またここでも近々味方の存在が現れることが暗示されています。
事態を進展させてくれる、とのことです。
時に誰かの助けを得ながら、少しずつ、一つずつ問題を解決する、
という姿勢が望ましいのではないかと思われます。
とも言われています。
パンドラでしょうかね。

PANDORAで紹介している「日月神示」と「相似象」ではないかな?
一つづつ問題を分かりつつ悟りつつ進みますからね。
この二つは私の、考え方の基礎にしています。
あとは高橋信次の思想も大いに重用(ちょうよう)しています。
他の思想、シュタイナーやスマナサーラ師の言葉も大いに参考にしています。

日月神は
「これからは宗教の時代では無いぞ」と言ってます。
宗教で救われる、というか、宗教でないと救われない時代というのはありました。
でも、今は「現代」なのです。
一人の教祖の言う通りに思考する、理由が分かりません。
一人一人で本当のことは何か?どこにあるのかを、検索する時代になったというのに
教祖の元で教えを乞う・・・・・・・とは、いくらなんでもやり方が古いのではないでしょうか?
そんな面倒なことをしないで、
「自分で直接検索かけりゃいい」わけですよ。

一人一人が考え、自分の人生の責任を持つ時代です。
誰かを信じれば、その「誰か」が、自分の代わりに自分の人生の責任を取ってくれるような、
いや、多分、信者さんはそこまでは考えていないのです。
その件(人生の責任)に関しては「何も考えていない」のですね。
だからそのような前時代的な古い思想(宗教)にはまることが出来るのです。

Mさんも長い間、そのように生きて来ました。
それがやっと「そうでは無い」ことに気づいたようで良かったです。
通常なら、お祖母ちゃんがいくらそう言っても、言うことをきく必要など無いわけですよ。
それを素直に言うことを聞いていたとは・・・よい人ですね。
そして良い人でいたからもう少しで自分の人生を棒に振るところでしたね。

一連の出来事(家族の怪我、病気)は、そのこと(自分の人生は自分で責任を持つこと、
自分で考えること)を教えてくれる切っ掛けとなりました。
見えない世界からの働きかけだと思います。
多分先祖です。
自分の子孫の精神が大変なことになっているのを見てあの世から働きかけてくれたのでしょう。

今気付けて良かった。
まだまだ心を変えるには間に合いますよ。
大丈夫です。
あなたのように「間違った意識」というのを経験している方の方が
これからのサトリが早いかもしれませんよ。
今までのことは無駄どころか、とても良い勉強になっていることでしょう。
<周波数>(2009年7月11日)


京都のFです。
 
「夏至の頃」の記事を読んでいて
そういえば、私のパソコンの接続が不具合になったのも
夏至の頃だったような…と思い出しました。
 
ワイヤレスで飛ばしているのですが
時々切断されてしまって、繋がらないことがあったんです。
(集合住宅に住んでいる場合、ワイヤレスは多くの信号が混在しがちなんだとか、
通常11種類の周波数からひとつを使っているのだそうです。)
 
夏至の頃から不具合が続き、
そして全く接続しなくなったのが7月3日、
パソコンの訪問サポートの人に見てもらったのが7月6日
 
その時に「繋ぐ周波数を変えましたから、もう大丈夫だと思います」と言って
帰られたんです。
 
私、なんだか重大なメッセージを聞いたように思いました。
ただパソコンのことではなくて
私自身に言われているように思いました。
 
繋がる周波数ってその人の波動のことと思っていいのでしょうか?
 
7月7日が七夕で満月で半影月食だったそうです。
7月22日が新月、皆既日食。
この期間はかなり地球の波動も変わるのだとか。
夏至の頃からの変化がさらに強まるのでしょうか?
 
自分が繋がる周波数をもっと自覚できたらなあと思っています。
 
いつも興味深い記事をありがとうございます。
 
感謝とともに!

良く波動、波長と言ってますが、「周波数」のことです。
Fさんには「周波数の変化」というビンゴな現象が起こったようです。
凄いですね。
<パソコン>


「ひふみ〜神の理〜」のmiwa5さんから。

ひふみ〜神の理〜管理人:miwa5 です。
 
夏至のころ、我が家のPCの動作がおかしくなりました
6/27にパソコン屋さんに診てもらったら、修理は無駄ということでした。
デスクトップなら組み換えができるからということだったので、
7/4からパソコン屋自作のPC本体を使っています。
 
OSは前と同じXPですが、
前の富士通製のものと違い、自作PCには余分なソフトは一切ありません。
 
なによりも嬉しいのは動きで、
CPUの性能とメモリが増えたおかげで処理が早くなり、気持ちよく使うことができます。
前のPCの動きは待ち時間が長く苦痛でした。
 
PCや携帯電話が、使用者の意識と繋がっているとパンドラで読んだことがありましたが、
そうかもしれませんね。
私はなんだかこの頃、心が清々しいのです。
夏至前の陰鬱さが嘘のようです。
 
もう一つ、昨年来の左肩の痛みが、夏至を過ぎたらなくなっていたということも付け加えておきます。
<インターネット開通>


Oさんから。

etcの夏至の記事を読んで、何かあったかな?と考えていたのですが、ありました。
ちょうど夏至の数日前に、インターネット開通工事をしてました。
 
ずっと携帯でPANDORAを読んでいたのですが、PCでPANDORAを読みたいと思うようになり、
今回ネットを繋ぐ
こととなりました。
携帯で読んでいた頃よりも、真剣に読み、真剣に考えている気がします。
それにともない、私って本当に頭を使ってないんだな〜ということを痛感しています。
ぎりぎりついていけた感じですが、こうやってPCでPANDORAを見られることに感謝して、
日々真剣に生きていこうと思います。
何事も楽しめるようになりたいです(^−^)
読んでくださり、ありがとうございました。

<怖いカードw>(2009年6月25日)


とんぱタロット占いのサイト「とんぱ。」の記事。


先日「俯瞰するということ」というエントリで「蜂群崩壊症候群」と「アスペラトゥス雲」について触れました。
その後、あれは人為的なものだろうか、とふと気になったので、もう一枚引いてみました。



「これらの現象は人為的なものか」


答え:NO
card24:木を切る鬼


「天界の黒毒鬼が神樹を切り倒している。
 厄災の予感があなたをとりまく」


何かしら悪い予感を感じていませんか?
黒毒鬼は、不調運気そのものの象徴。
不穏なムードに包まれそうです。
周囲から無理難題を押し付けられたり、
思わぬトラブルに巻き込まれたり、
といった出来事が起こるかもしれません。

加えて健康にも陰りが出やすくなります。
疲労回復を第一に考えましょう。
無理なスケジューリングは、とことん控えて。
特にお酒の飲みすぎは禁物です。
元々肝臓に不調のある人は、
いつも以上に注意してください。

できるだけ、
気持ちにゆとりを持って過ごしましょう。
特に身近な人に対しては、
穏やかな対応を心がけて。
感情的になるとおさまる問題まで
どんどん悪化していきます。
また、困ったことやイヤなことが相次いでも
必要以上に落胆しないで。
運気はめぐりくるもの、
やがて状況も好転するでしょう。

(以下略/続きは「とんぱ。」でご覧ください)

木を切る鬼とは怖いですね。
「私の本質は?」なんて質問してコレが出たら怖いです。
でも、怖いモノ見たさで一丁依頼してみっかな。
<出たカード>


で、思い立ったら吉日とばかり、みつきさんに鑑定を依頼しました。
質問は「私の本質は何ですか?」です。


こんにちは。
とんぱ。管理人のみつきです。
お待たせしました。
トンパタロットの結果をご連絡します。

ご質問:とんぱ19

「本質を示すカード」

結果:

------------------

card19:神馬に乗る神

「白い前足をした馬に乗る神が、
人生の落とし穴を知らせに来る」



神馬に乗る神の名はクゥウォオビー大神。
この神は、あなたの心に警戒を投げかけます。
もっと足下を固める時ではないか?と。

このカードが現れるとき、あなたは大抵好調です。
しかし、よいことが続くと人は慢心するものです。
つい調子に乗って、
人を傷つけるような発言をしてしまったり、
無用なおせっかいをしてしまったり…。

神馬に乗るこの神は、
そんなあなたの浮き足立った心を
諌めにやってきました。
しばらくは、何事も地道であるように、
そして、
行動する以上に考えることが大切、と
諭しています。

暮らしが多忙になっていた人は
休息の時間をとりましょう。
出張など移動を予定している人は、
無理のないスケジュールに
立て直すことをおすすめします。

------------------
以上がカードのメッセージです。
次に、ひとことチャネリングメッセージです。

********************
適量・適度・自戒・成長、
という言葉が浮かびました。
自戒することが自身の成長につながる、
というようなイメージです。

なにごともなるようにしかならぬであろう。
おいそれとくびをつっこんでも
わかるものしかわかるまい。
でもそうやってそだちゆくならそれもよい。
ぞんぶんにやれ、ぞんぶんにやれ。

何事もなるようにしかならぬであろう。
おいそれと首を突っ込んでも
分かる者しか分かるまい。
でもそうやって育ちゆくならそれも良い。
存分にやれ、存分にやれ。
********************

以上です。

チャネリングメッセージについては
ご質問いただいてもお答えできないことがありますが、
なにか気がかりな点などありましたら、
どうぞご質問くださいね。



いや〜〜いやいやいや、驚いた、実は思い当たる節があります。
今日、やっちゃいました。
それで、それをした後(あっ、まずかったな)と思いました。
或る人が或るモノを作っていて、作業賃は殆ど無し。
暇潰しにやっている手作業で出来た作品を売れば?と、提案。

提案したがそれは材料費が高いので、その金額を出すなら市販ので充分。
また、その人は年配なのでセンスが・・・なので、もしこれをネットで販売するとしたら
問題山積なのです。
なので、すぐさま(言わなきゃ良かった)状態に・・・
なので「無用なお節介」ってのは当たってます。

この神は馬に乗ってます。
私がしたお節介は「車に乗って出かけた先で」したのです。
乗り物に乗っている、粗忽な神=私、ってことですかね。

今日の今日、みつきさんにカードを引いてもらったらピッタリのが出たじゃありませんか。
また、これは今日に限ったことではなく、もともと私がそういうおっちょこちょいなので
出たカードです、はい、本質と言って良いでしょう。

とんぱ。

当たりますね。

<筆跡性格診断>(2009年6月24日)


以前読んだ筆跡鑑定の本。
筆跡鑑定というと、犯罪者を特定するような感じを受けますが、これは違います。
筆跡で性格を診断しようという、本当かどうか分からない鑑定です。
本はウチに無いので、覚えている部分を書いてみますね。
漢字は適当に選びました。




上からいきます。

「田」の字の右下がつかないように書く人は多いのではないでしょうか?
そのように書くと
「金運」がこぼれてしまうそうです。
右のように書くと金運が入り、溜まるそうです。

「山」も同様。右下が空いているとそこから金運がこぼれるというか、逃げるそうです。

「松」の字は、不必要な交差の例として挙げました。
左の松はあちこち線が交差しています。
こういう書き方をすると、
刃物で切りつけるような暗示があるそうです。

「川」の字はプライドの高さの例として書きました。
長い字を書く人は貴族的というか、プライドが高く、短い字を書く人は庶民的。

以上、そういう研究をしている人が書いた本の内容を思い出して書いてみました。
何かの参考にしてください。

<鏡>(2009年6月20日)


鏡作家のNさんにステンドグラスの鏡を注文したのは、2006年末から2007年にかけての冬だったような。
紹介者のY氏(私の絵のお客さん)は鏡を注文してから2か月で作ってもらったのに、
私の鏡はなかなか制作にとりかかれないようでした。
途中で
「ifさんは星の影響を受けているので・・・」遅いのだ、みたいな話を聞きました。


それがやっと今日、鏡を手にすることが出来たのです。
Nさんは紹介者のY氏と共に電車に乗ってT駅まで来てくれたのです。
(鏡は郵送はせず、相手に直接渡しているそうです)
私の場合二年半かかりましたが、5年も待っている人もいるそうで決して遅い方では無いそうです。
注文を受けてから順番で作っているのではなく、お客さんにちょうど良い時期に作っているらしい。
本人も何故か分からないがそうなってしまう、と言ってました。

私にどんな鏡が出来たのだろう?と思っていたら、作品を見て意外だったので驚きました。
そしてとても好きな色と形で、さらに驚きました。
で、今写真を撮ろうと思ったら「電池残量無し」表示が出て、ありゃ〜撮れません。
これは撮るなということかな。
大きさは化粧のコンパクトよりちょっと大きめで、蓋がついています。
その蓋のデザインが私の好きな色と形なのです。

Nさん曰くこの形の鏡の持ち主は「錬金術師」のような性格だそうです。
そのタイプはとにかく「所属することが嫌い」で一人で好きなことをやるそうで、もう一人同じデザインの人は
オヤヂで、その人もトンデモ好きだそうです。
古い魂だと言ってました。
また、或るデザインの人は「自分らしく生きようと決めた人」或るデザインの人は「人を導く人」なんだそうです。
どんなデザインかは秘密にしておきますね。
<メッセージ>


鏡にはメッセージがついている。
これはNさんが「鏡が出来ましたよ〜」とお客さんに知らせるためにPCに向かうと自然に出てくる言葉だそうです。
私にはこんなメッセージがついていました。


封印した印。
その印、手にして旅立つ時が来た。
大宇宙を仰ぎ、光に抱かれ、抱いた、
その記憶を解き放ち
未来に進まねば。

これはジュネさんが霊視した宇宙にいる私そのものです。

太陽系内だか外だかで、リニア彗星を飛ばしているのが私だそうです。
光る彗星に意識を載せ宇宙を旅しているわけです。
太陽系内の情報=記憶、を集めているらしい。
記憶を解き放つ、というのは今まで集めた太陽系の情報を、解き放つ時が来たということでしょう。
つまり、もう今までの記憶はリセットされる、ということ。
新しい次元に入るので古い情報はいったん解除されるということでしょう。
なので光に抱かれ抱いているという表現、記憶を解き放ちという表現はピッタリです。


Nさんの鏡が出来上がるのを待っている人は今70人ほどいるそうで、でも順番通りに作っているわけではない。
皆楽しみに待っているようですよ。
私も気長に待ちました。
紹介者のY氏のように、注文してから2か月というのは異例ですが、どういう順番で出てくるのか
本人にも分からないそうなので仕方ないですね。

紹介者のY氏には身辺に変化が起きそうなのですが、本人は変化を望んでいないようで
これがまた、私が描いた絵の暗示の通りになってまして今日は散々からかってやりました。

またNさんの話はトンデモでとても面白い。
歴史的な考古学的な裏付けの上に自説を展開しているのです。
私はそういう話が大好き。
Nさんの前世は古事記に出てくるイシコリドメノミコトという女神だそうです。

<不気味な雲>(2009年6月9日)


たしか小松英星氏のサイトで、リサ・ロイヤルが「これからは雲の形も変わります。」と予言していました。
それは本当ではないかと思います。
数年前に世界中で「乳房雲」が出現。
雲が下の方に乳房のように沢山垂れていて不気味です。
これは私も数年前に実際に見ました。

「LaLaLa」に「アスペラトゥス雲」の記事があります。
これは気モチ悪い。
何でこのような雲が出来るのでしょう?



アスペラトゥス雲

Filed under days

サーフィン中、変な雲画像を発見。

一見、加工画像のようですが
違いました。

ニュージーランドに現れた
新種の雲だそうです。
自然に発生した雲とは思えない、キモサ。


#NATIONAL GEOGRAPHICニュース
June 4, 2009
アスペラトゥス雲、ニュージーランド



またこれとは違った意味で不気味な雲もあります。こちらは動画。

「超常現象道場」→
「上空に現れた神の目!!!」

これ、本当に神か何かの目なのか、ただの自然現象なのか・・・

<リセット>(2009年6月1日)


「Harmonion」の中の「2009年食のサイクル」より。

1月26日、2月6日、7月、8月、12月末と、2009年は食が6回 (も) 来ます。 

 

ヒトの意識、世の中のリセットがどんどん加速するでしょう。 
水瓶、獅子、蟹、山羊のエナジーの強い人は、とくにリセットかかるでしょう。 
シートベルトしっかりしめて (腹に肝すえて)、生まれ変わっていってください。 

 

地獄を見る人は地獄を経験していくでしょう。 
地獄は自分の心の中にあります。 
地獄の底 (心の奥底) まで落ちないと這い上がらないヒトは、地獄の底まで降りるもよいでしょう。
 
(以下略)



ピンク色の文字の部分が重要です。

通常の星占いでは「生まれた日の太陽がどの星座の位置だったか」が問題になりますが
ここでは10個の天体全てが問題になるようです。

生まれた日に10個の天体(太陽、月、惑星)がどの星座にあったのか調べてみましょう。
「無料ホロスコープ表示サービス」
すると、10個の天体がいろいろな星座に位置していることが分かる。

そのいろいろな星座の中で、
◇水甕
◇獅子
◇蟹
◇山羊
に、天体が有る人が水瓶、獅子、蟹、山羊のエナジーの強い人ということになります。



で、調べてみたら私は10個の天体のうち3個が「獅子座」にあることが分かりました。
3/10→1/3。
これって「獅子のエネルギーが強いと言えるのだろうか?」
だとしたらまずいです・・・

私などは「何事も無い人生」が好きなのでね、努力しなくてはならないってのは嫌なんですよ。
嫌なんです、と言ってもそういう日に生まれちゃったのでしょうがないが。

或いは、1/3くらいでは強いとは言えない・・・かもしれない。

或いは地球より内側、太陽寄りの天体はあまり重要では無いかもしれない。
地球より外側の天体の方が重要かもしれない。
特に冥王星は重要なようです。

「冥王星山羊座時代」を参考にしてください。
脅かすわけではありませんが、ひとつの参考に。

<言えるかな?>(2009年5月28日)


Yさんが、思いついたことを送ってくれました。


今晩は。
相似相の最新記事を読んで、
本質的にアワ/サヌキどちらかの判別を考えました。

あくまで個人的にですが。。
出生図(ホロスコープ)で、10天体のうち、
女性星座/男性星座それぞれに何個惑星があるか
・・って、意外と当たる気がします。単純ゆえに。
(3対7でサヌキとか)

それに、公転周期の遅い外惑星ほど、
ひとつの星座に留まる年数が長いので、
世代的特徴を作り出します。
たとえば、今の40歳代は、3惑星は女性星座に入って
ますので(おおよそ)、みんな少なくとも3割はアワ傾向を
帯びていることになります。


コトの真偽は別として面白いです。
試しにやってみたら
私は

太陽=男
月=女
水星=男
金星=女
火星=男
木星=男
土星=女
天王星=男
海王星=男
冥王星=男


でした。

と、いうことは、私の世代は男っぽいってことですかね。

<それは既に始まっています>(2009年5月27日)


たま〜に「リンク3」→「おみくじ」→「魔法の杖」を引きます。
先日「私はアセンションできますか?」と訊いてみました。
すると
「それは既に始まっています」
と出ました。

たしか以前やった時も同様のが出たような記憶が・・・
同じ質問をして二回同じ答えが出るという確率は大変低いです。
これをどう捉えるべきか。

@こんなお遊びの占いが当たるわけない、ただの偶然さ
Aいや、お遊びでもシンクロニシティ理論で言えば真実だと言える



Aを採ってみますね。
すると、アセンションとは既に起こっているらしい。
或る日突然それが起こるのは無いらしい。
徐々にアセンションしているようです。

徐々にアセンションしているので、人間も徐々に二分化しています。
付き合っていて楽しい人同士が集まっています。
(同質結集、同波長の法則)



徐々にアセンションしているのではないかと思います。

<「天使の羽根」の力?>(2009年5月21日〜2009年5月23日)


germaniaで販売している天使の羽根について、たまに不思議な情報が来ます。
今回は、絵の発送などを手伝ってくれているnicoさんからの情報です。
nicoさんと電機屋さんはたまにしか来ないのに何故か来る日が一致してしまうという不思議があります。
今日もそうでした。
二人はとても不思議がっています。
さて、nicoさんが話してくれた不思議な話とは・・・
去年か二年前。

東京からダイヤモンドを販売している人がセールスのためにこちらへ来たそうです。
そのダイヤは、なんとかダイヤと言って特殊なカットを施してある。
サンとムーンという二種類のカットがあるそうです。
二種類あるので、お客さんがどちらのカットが合っているのか、機械で計ってくれたそうです。
(サンの方が一般的、ムーンの方が心の浄化が進んでいるといおうか、魂が進化している人なんだそうです)

で、その機械で「持ち主に良いもの」「持ち主に悪いもの」を測ってくれた。
分かり易いところでまずは携帯電話を測ったそうです。
すると案の定、皆さんは、自分の携帯電話が、自分に合ってない(身体や脳に悪い)という結果が出た。

でも、nicoさんの携帯電話だけが「身体に良い、脳にも良い」と出たんですと!
驚く一同。
何度も測ったそうです。
で、どうも携帯電話につけていた「天使の羽根」が、携帯電話を「身体や脳に良いモノ」に変えている、と
いうことが分かったそうです。

そこに居た方達は皆不思議がっていたそうです。



で。

うちには携帯電話が二台あるけど「天使の羽根」を付けていません。
付けなくちゃ。


また、「天使の羽根」にはいろいろな石を使っているので、どの石のが効くのか効かないのか、
分かりません、済みません。
<夢〜天使の羽根>(2009年5月23日)


エアリィさんから。


数日前に見た夢の話です。

女の人が私の携帯電話と機関車のおもちゃのようなものを繋いでいます。
「繋ぐことは繋いだけど、私は知らないからね」と言われて、え?と戸惑っていると
いつの間にかその機関車に引っ張られている携帯に私が乗っています。
機関車はどこかに向かっているようです。
しばらくすると
♪2時間経ったらヂゴク行き〜
エッサエッサエッサエッサ…
と歌が聞こえてきました。

(起きてから聞き覚えのあるメロディだと思ったら、何故か函館名物いかぽっぽの節でした…)

私は慌ててそこから転がるように飛び降りると目が覚めました。

枕元の携帯を見ると、ちょうど3:33でした。
何かの警告に思えるのですが、繋がれたのは何なのか、
2時間は何を暗示しているのか、私にはわかりません。
しかし、流れにただ乗ってるだけじゃダメなんだと、自分で判断していかなくてはと改めて思いました。


余談ですが。
パンドラを見て携帯電話に天使の羽根チャームつけてみました。
携帯の気配が変わったんです。
ピリピリしたものを感じていたのですが、ちょっとマイルドになった感じです。
ラリマーだからコミュニケーションツールに効くのかもと思いました。
これでヂゴクに連れていかれないで済むかもしれませんね(笑)

<マルセイユタロットによる、世相診断>
(2009年5月20日)


Sさんから。

もうひとつ、今日発見した
マルセイユタロットによる公開占いも、面白いです。
http://fortunes.tokinoyakata.com/publicdv/publicdvtop.htm
第1回 人類の自然に対する力の誤用とその未来
第2回 世界経済の行く末・わたしたちはどう生きるべきか

 
マドモアゼル愛さんがブログで示唆していることとも共通していて
世の中の流れを、認めて、準備をしなければ。と感じました。
 
なにかの参考になるとうれしいです。


<奇魂(くしみたま)とヒーリング>(2009年5月18日〜2009年5月19日)


浜元末造氏の著書「終末の世の様相と明日への提言」より。
奇魂(くしみたま)は吐く息の働きで、産み出す働きである。
(中略)
火の無い所に火を生じる行者の行法も、飛ぶ鳥や、這う鼠や鶏や猫を気合で倒すのも、
相手を気合で射すくめるのも奇魂(くしみたま)の働きである。
(中略)
奇魂(くしみたま)を使わなければ大きな仕事は出来ないし、真の政治も行えない。
人の体に手を当てて病気を治すのも、
息吹をかけるのも奇魂(くしみたま)を働かせているのであって、人の手は必ず体の悪い所に無意識にいっているもので、
奇魂(くしみたま)が無意識のうちに患部を治しているのである。

医学でどうしても治らない病人に手を当てるとすぐ治る人があるが、
この人は奇魂(くしみたま)の働きが発達しているのである。奇魂
だからと言って誰でも治るとは限らない。


図のように、
@の人が手を当てればAからLまでの人は全部治るが、
Bの人が手を当てても@・A・E・Lは治らないし、
Cの人が手を当てて治るのはG・H・I・Jだけである。
即ち魂のフユに依って効果の現れ方が違うのである。
(中略)
誰でも奇魂(くしみたま)は多かれ少なかれ働くから、
決して他人の悪口を言ったり、怨んだり、そねんだりしてはいけな
い。
それは相手を傷つけるばかりでなく、
自分もまた傷ついて必ず苦しみに遭遇するからである。
これなんですが。

今日ウチに手伝いに来てくれたnicoさんとヒーリングの話になりました。
nicoさんは今まで数回遠隔ヒーリングというのを受けたことがあるそうですが、大抵何も感じないそうです。

よく、胸が熱くなった手が熱くなったとか、ピリピリした、とか光が見えたとかいう報告があります。
ほとんどそのような体験をしたことが無いらしい。
私もありません。
私は霊的に鈍いからだ、と思っていますが、nicoさんの場合は違うようです。


nicoさんは一度だけ感じたことがあるんだそうです。
サトルなんたらというヒーラーに遠隔ヒーリングを頼んだことがある。
そのヒーラーは
「今夜あなたのチャクラを調整するから(いじるから)」とかなんとか言ったそうです。
で、nicoさんは待機していた。

チャクラというのだから、一般的に下の方のチャクラから上の頭頂部のチャクラのことを思っていた。
で、そこは何んともなく何も感じなかった。
その代わり右足を誰かがつんつんと触るような突っつくような変な感触があった。
でも、ま、そこはチャクラじゃないし・・・・なので気のせいだろう、と思っていたら・・・
ヒーリングが終了してヒーラーから報告があって驚いたそうです。
「nicoさんの右足のチャクラに異常を感じたのでそこを治しておきました」と、言われてびっくり。
チャクラが全身にあるということを知らなかったのです。
(私も知らなかった。多分これはけいらくというものではないか?東洋医学で言うところの)

これにはnicoさんも脱帽しました。
その後そのヒーラーは
「もうヒーリングする必要が無くなったから」と言ってヒーラーを辞めたそうです。
nicoさんは、その人は凄く効いたのに辞めてしまって残念、と言ってます。
上のことをどう捉えるべきか?

nicoさんが何も感じない鈍い人である、ということは無いですね。
だって、一度は感じたんだもん。
ということは、nicoさんはヒーリングを感じることが出来る人である、と言って良いでしょう。
では、何故普段のヒーリングでは何も感じないのでしょう?

その答えが浜元師が書いた図にありそうです。
つまり、nicoさんがヒーリングされた時に感じることができるのは
自分より上の場所に位置している人から受けた場合だけ、と言えます。
自分が影響を受けることのできる相手からのヒーリングなら感じることができる
のでしょう。

この説明で合っているのではないでしょうか?


私の場合は今まで一度も何も感じたことがありません。
これは
A今までセッションを受けたヒーラーより上に位置しているから
B単に鈍いだけ

のどちらかです。

私としてはそりゃBよりAがいいですよ。
でも、今まで感じたことが無いので「Aである」という証拠が無いのです。
という、仮説を立ててみましたが、これが言えるかどうか分かりません。
ヒーリングは自分の力では無い、高次元の存在の力が自分を通るだけだ、という意見があります。

私の意見も、そうだろうと思います、賛成します。
しかし、その高次元の力がその人を通ることによって、その人の魂レベルに落ちるのではないかとも思うのです。
電気に譬えると、高圧電気が普通の家庭用の電圧まで下がるような。
高次元の力を邪魔するものがあると思いますよ、「我」とか。
なので、「我」が無いヒーラーなら高次元の力を損なわずにそのまま伝えることが出来るので
力は強いのではないか、その結果が凄腕ヒーラーとなるのではないか、というのが私の意見。
つまり我が無ければ無いほど力が強い、ということになる。

これは私の思いつきなので誰かに確かめてもらいましょう。
答えがYES/NOで出る、まはるださんのクリスタル占いを依頼しました。
ひょ〜、難しい・・・
下記の質問内容で占いました。
 
「ヒーリングエネルギー質の高さは我の多さと反比例する」
 
yes、noで言えばyesです。
 
アメジスト→「健康」:みなぎる力
アクアマリン→「家族・友人」:人間関係次第
カーネリアン→「活動」:未知なる体験、「健康」:エネルギーが必要
ローズクウォーツ→「自己」:健康増進
トルマリン→「中央」:入り組んでいる状況
 
まとめます。
 
質問の答えはyesといえばyesですが、
それはいくつかある答えの内の一つであるということだと思います。
そんなにシンプルなことで片付くものではない、と出ています。
 
・我が多くてはダメ
・健康体である必要がある
・人間関係も良好でなくてはならない(ストレスがない、ということだと思います)
・ヒーリングに臨む時にも万全の体調でなくてはならない、これはとくにエネルギーに影響するようです。
 
などなどです。
結局「身体が資本」ということになるかと思います。
しかし身体の異常には精神的ものが表れるとも言いますから
「心身ともに健康である」ということが「他人にヒーリングする」ということに
大変重要であるようですね。

そして「我が多くてはだめ」というのもありますから、
他人にヒーリングしてもよい人の数というのはものすごく限られるのではないかと思われます。
そういった人が他人に未知なる体験を与えられるようです。
この「未知なる体験」とは「感じる」とかそういった類のものではなく
「高次の世界」を垣間見せられるということだと思います。


ホント、難しい質問でゴメン。
でも私の推理はとりあえず当たっているようです。
「浜本師が書いている図は、遠隔ヒーリングにも当てはまるか?」
 
yes、noで言えばyesです。
 
アメジスト→「協力」:適切なパートナー選び
アクアマリン→「伝達・芸術」:勇気
カーネリアン→「反対」:選ぶ
ローズクウォーツ→「活動」:新たな視界
トルマリン→「中央」:入り組んでいる状況
 
まとめます。
 
ここでもやはり「答えはそんなに簡単ではない」と出ています。
あの図も「答えの中の一つ」であるにすぎないようです。
別の流れ方もある、ということだと思います。
予測のできないような流れもあるようですよ。
 
また、エネルギーが流れる際に「自分が抵抗する」
ということもあるようです。
それは流す相手との「相性」であったり、
心のどこかで「流して欲しくない」と思っていたら流れなかったり、
同じく「ちょっとコワい」というのがあったら流れにくかったり、
ということがあるようです。
 
エネルギーを流される際にはそういった面で
適切な相手を選ぶことが求められるようです。
「自分とバランスの取れた相手」というのが好ましいようで、
それは必ずしも自分と同じような人ではなく、
自分のもっていないものを持っているような人であり、
これは魂でわかる、と出ています。
 
以上です。


う〜〜〜む。
そのようなつまらないことでエネルギーが滞ってしまうレベルにある、ということがそもそも問題です。
そのようなことはとっくに手放さなくてはならないのでは?
それが出来ないのならやる資格が無いとすら、思う私。
<単純ではない>(2009年5月19日)


まはるださんの鑑定で「コトはそれほど単純では無い」とある一文について考えてみました。
すると私がおっちょこちょいをしていることに気づきました。


奇魂レベルとは関係なく、ヒーリング・エネルギーの流れというものがある。

たとえばnicoさんがHの位置にいたとします。

するとヒーラーがIJKLの場合はエネルギーは来ない。
FGのヒーラーのエネルギーも来ない。
レベルが高いと思えるDEのヒーラーのエネルギーも来ない。


レベルがかなり高いと思えるAのヒーラーのエネルギーも来ない。

nicoさんがヒーリングエネルギーをもらえるのは
CB@のヒーラーです。

Aのヒーラーの方がCのヒーラーよりも腕は良いしレベルは高いが
系統が違うのでnicoさんは高い能力を持っているAのヒーラーからはエネルギーをもらえなくて
レベルはAより低いのに同系統のCのヒーラーからはエネルギーをもらえて
結果的に「この人は効く」ということになる。


これを相性と言う人もいると思います。
が、私は「同系統なのだ」と思います。



ということは、Hの人とLの人がいた場合。
CやEのレベルのヒーラーだと、この二人は「Cは効くがEは効かない」「いやEは効くがCは効かない」と
意見が分かれてしまうのは当然です。


その上のヒーラー、AやBの場合でもLには効き、Hには効かないのです。
全ての人に効くヒーラーは@しかいません。
これは大変なことですね。

世にヒーラーは多いが「全ての人に効くヒーラー」というのは殆どいないのでしょうね。
<エネルギーを吸い取るヒーラー>


Sさんから。

しかし、その高次元の力がその人を通ることによって、その人の魂レベルに落ちるのではないかとも思うのです。
電気に譬えると、高圧電気が普通の家庭用の電圧まで下がるような。
高次元の力を邪魔するものがあると思いますよ、「我」とか。
なので、「我」が無いヒーラーなら高次元の力を損なわずにそのまま伝えることが出来るので
力は強いのではないか、その結果が凄腕ヒーラーとなるのではないか、というのが私の意見。
つまり我が無ければ無いほど力が強い、ということになる。


これと同じようなことをゆかエンジェルさんもおっしゃってました。
ヒーリングをする側の心身の状態が不安定だと、受ける側にそのまま不安定さが流れてしまうのだそうです。
また、受ける側の方がする側よりもエネルギーが強いと、逆に吸い取られてしまう、とも。

ヒーリングする側が常に安定したエネルギーでいるというのは本当に難しく、訓練が必要なんでしょうね。
ゆかエンジェルさんには、私(Sさん)はエネルギーが強いので他人にエネルギーを吸い取られやすいから
自分の分はしっかり意識して確保するよう気をつけた方がよいと言われました。

私もヒーリングを受けるのがわりと好きだったのであちこち行ってた時期もあったんですが
そうか・・・今思えば、逆に吸い取られてたというか、もらっちゃってたこともあったのかな・・と反省しました。
それ以降、他人からヒーリングを受けることはありませんが、それにしてもゆかエンジェルさんって正直者っていうか
する側の方の人が知っててもわざわざ言わないような話をあえてしてくださったんだなぁ、とちょっと驚きました。
それと、ゆかエンジェルさんは体調がちょっとでもおかしい時はヒーリングはしないそうです。
 
なんでもかんでも受ければいいというものでもないし、行けばいいというものでもないんだなぁ、と今は思います。


「人間のいろいろ12」の下の方の記事
<消えないもの>(2009年2月1日)    ブログ「こんな毎日」2008年10月10日の記事より。
にちょっと怖いことが書いてあります。
アチューンメントが流行っているようで皆さんは安直に受けますが、それが怖い結果をもたらすそうで。


最近、浅井先生のところへいらっしゃるお客様で、他のところで受けた、
エネルギーワークやヒーリング、波動調整、アチューメントの影響を取ってください、という方が増えているそうです。

私のサロンへいらっしゃる方でも、

「ブログを読んで、ホント、もう今の蔓延しているスピリチュアルって、アホらしいなと思って、
いままで色々なところに行きましたが、自分を信じることが一番大事なんだなって思いました。
もう、自分以外のエネルギーはデトックスして、本来の自分で生きて行きたい」

とおっしゃる方も出てきました。(以下略)



今、個人がエネルギー的にめちゃくちゃになっているのではないかと思います。
(精神世界などに興味が無い人の方が良い)
安易にヒーリングは受けないことです。これが一番だと思う。
Sさんが言うようにゆかえんじぇるさんは大丈夫だと思いますが。

私も興味本位でヒーリングってどんなモンだろ?と、受けたことがありますが
何も感じないのでのめり込まずに済みました。

それから或るサイトの管理人さんが、相手の波動を読むというので無料なので、これも興味本位で申し込んでみました。
するといつまで経っても返事が来ません。
途中で「メールは届いていますか?」と、問い合わせました。
(この間私より後に申し込んだ人はすぐやってもらえました)
その後一か月ほど経ってから忘れた頃に、この管理人さんから返事が来ました。
お礼を言っておきました。
が、どうも解せません。
何故私の鑑定がこんなにも時間がかかったのか?そのわけを知りたいと思い、ジュネさんに訊いてみました。
するとその管理人さんは私を読もうとすると読めないのだそうです。
苦しいらしい。
それは申し訳ないことをしました。

で、その管理人さんにはカルマがあり、無料鑑定を依頼した人にカルマをつけて送っているのだそうです。
ここで言うカルマとは私が思うに思凝のことです)

申し込んだ人はこの管理人さんの思凝を分けてもらっているようですw
あいや〜〜〜!


ここまでヒドいのはあまりいませんが、おかしくなっているヒーラーは確かにいますから
安易にヒーリングは依頼しない方が身のためです。
<好転反応だというヒーラー>


さて、読んでてふと思ったのですが
ヒーリングを受けた後の「好転反応」って結構曲者かもしれないと思いました。
ひょっとしたら、ヒーラーから変なものを流される、もしくはエネルギーを吸い取られたことによって
そういった反応になることもあるのではないかな、と。
なんでもかんでも「それは好転反応です。」では括れないのかもしれませんね。

好転反応ということにしているヒーラーがいるんですか!

よく聞きますよ。
ヒーリング後、身体に出たり(頭痛、咳、だるくなる、熱が出るなど)、心に出たり(イライラ、悲しくなるなど)。
本来自分が持ってるものに戻るための過程として、らしいです。
そういった影響はあるのかもしれませんが、悪いものをもらっちゃってそんな症状になる場合も
あるんだろうな〜と思いました。

◇好転反応
◇ヒーラーの低波動
 
どちらが原因なのか、自分でカード(トランプでもOK)か、ペンジュラムで訊いてみるしかないでしょうね。
どんなコトでもそうですが、他人を頼りきってしまわないで、自分で考えることが必要なようです。

と、いうことは。
ヒーリングを受ける前に
「これをやって良いか悪いか」を訊けば良いのでは?
ペンジュラムは出来る人と出来ない人がいるので、出来ない人は
◇カード
◇トランプ(赤と黒の枚数で判断)
◇サイコロ(奇数と偶数)
何でもやれますよ。
<生体エネルギーを盗む人達>


生体エネルギーというのはあるそうです。
或る人が書いていましたが、電車の中で座席に腰かけていると、左右に座り、前に立ってその人を囲み
3人で生体エネルギーを取る、ということをしているそうです。
その時、手で印を組んでいるとか。
やられた人が書いてました。
(この人とは電話で何度も会話したことがあります)
この人は「他人のエネルギーを盗ってはいけない」と、何度も著書の中で訴えていました。
これは今から10年以上前のことです。


また、この人は機械で他人のエネルギーを盗る人達の陰謀に巻き込まれたそうです。
政■家、実業家、医■、ヨ■か何かの、エネルギーを扱う人他がやっていた、と言っています。
かなりヤバい情報です。
盗っていたのは病院だそうです。
で、私はこの方と何度も電話で会話したのでおかげで当時我が家は盗聴されてしまいました。
(今はされてないと思う)
そのくらいヤバいことを平気でやっている連中がいたのです。

(今はやってないようですが)

ここへ来て方法は違うが(ヒーリング、呪術、機械)人のエネルギーを扱うことが増えたというのは
私は喜ばしいことだとは思っていません。
全部が悪いとは言わないが全部が良いとも言いません。

<サビアンでここまで分かる!>(2009年5月14日)


サビアン占星術、無料だというので申し込んでみました。
(ただし出生時刻が分からないとダメです)
気軽に申し込んだら凄い量の鑑定結果が来て驚きました。
しかも生まれつきの宿命だけでなく「今」と「近未来」も分かります。
有料鑑定を頼めばもっと詳しく分かるようです。


るしえるさんと言う方です。
mixiで活躍されているようで知っている人は知っていると思いますが。

量が多いので専用ページを作りました。こちらです→クリック!


るしえるさんのサイトはこちら→ 「サビアン意識進化占星術」

<夢をコントロールしていた人>(2009年5月13日)


Kさんから。

■夢
小さい頃、夢は夢として自覚して見るものだと思っていました。ですから、
夢は自分の好きなようにコントロールできるのが当然で普通だと思っていました。

実際に夢では好き勝手をしていました。なんでも出来ました。
嫌な夢を見たと人が言ってるのを聞いて、なんでそんな夢をわざわざ
見るのか、嫌ならなぜ途中で楽しい夢に切り替えないのか不思議でした。
小学校低学年の頃、夢は自分の意思と関係のないものが現れるものと知って
びっくりして、それが本当の夢というものなのかと羨ましかったです。
目が覚めて、いま見た夢の意味はなんだろう、と考えるような夢を見て
みたかったです。

(私がみていた夢が
明晰夢と呼ばれるものだと知ったのは高校生の頃です。
トンデモが好きでムーとかよく読んでました)
その後も見る夢は明晰夢ばかりでしたが、20代になったころからは
眠っていて夢を見る事が殆どなくなりました。

それでも、夢は毎晩、見ているのではないかな、と思います。
目が醒めた時に覚えていないだけなのではないかな、と思ったりします。


凄いですね。

<日本列島>(2009年5月7日)


「呑気の村」TOPから拝借しました。

2011年、意識を変容させるエネルギーの波により、
再び人類意識がユニティを体験するという出来事をはっきりと意識して、
約5200年前、あるグループがレムリアを後にしました。
息のつまりそうな「過去世中心」の狭量な文明を逃れて自由になるために。
目的地は中国から海を隔てた魅力的な、でも地震が多発する気まぐれな列島です。
そこは神々が住む大地だと伝えられていました。この場所こそ、
レムリアの影響を避け、自由な国を創るには最高の隠れ場所でした。
情熱的な魂たちは集まってそこに日本を作り上げたのです。

『アトランティスの叡智/ゲリー・ボーネル』


<簡単に出来る運気up>
(2009年5月4日)


長者番付連続1位の斎藤一人氏の弟子
小俣和美さんの著書「ココから」より。

この本は平易で読み易い。

心をすっきりさせる方法を
箇条書きで書いておきます。
どれも具体的で簡単に出来ることばかり。



◇家の中を片付ける(不安やストレスがなくなる)

◇「ついてる」という言葉を口に出して言う

◇十年後の目標は立てなくていい

◇自分が今、やれることをする
 
 (たとえばエコロジーの消費者運動をしなくても、自分はエコバッグを使うとか)

◇要らないモノを発見する
 
 (たまには環境を変えてどこかへ行ってみると自分がいかに入らないモノを持っていたか分かる
   そのモノとは物質だでけではない)


◇褒められたら謙遜して相手の言葉を打ち消す人がいるがそれではだめ。ありがとうと言うべき

◇朝起きたら家中のカーテンと窓を開ける

◇水周り・・・台所、風呂場はいつもきれいに
 
 (風呂場の排水溝に髪の毛が溜まっていると家中の空気がよどむ)

◇風呂のお湯を張りっぱなしにするのは良くない

◇鏡はいつもきれいに。
  一人さんの教えによれば「窓が曇ったままだと先の見通しが利かなくなったり
  情報が入らなくなる」そう。

◇床にモノを置くと疲れやすくなるので置いてはいけない

◇布団を敷きっぱなしは良くない。運勢が下がる

◇問題が起こる家ほど玄関にモノが置いてある。必要以上に靴が出しっぱなしになっていてはいけない

◇金運を良くしたい人はトイレをいつもきれいに、便座の蓋は閉めておく

◇家の中をきれいにするとツキがやってくる


◇花の色の衣類を身につけよう。

<ジュセリーノ予言>(2009年4月27日)


ジュセリーノは今回の「豚インフルエンザ」のことは予言していませんね。
今年の1月25日に日本の阪神地方でマグニチュード8.2の地震が起こり
数十万人の犠牲者が出る、と言ってましたが、外れました。
夢を読み間違えたのか、未来は確定していないので変更になったのか・・・

<名前の画数と八百万神、仏>(2009年4月26日)


「人類は生き残れるか」
(浜本末造著・昭和49年)によれば、名前の画数と日本の神や仏とを対応させていて、
自分と関係のある神様や仏様のところで自分の罪けがれを清めることを勧めています。
(般若心経を書いて土に埋めることなど)
画数は普通の姓名判断の数字の出し方と同じです。
a 苗字の画数
b 名前の画数
c 苗字の下の文字と名前の上の文字(隣会った文字)を足した画数
d 苗字の上の文字と名前の下の文字(c以外の文字)を足した画数
e 全ての文字の画数を足した数
   など                      こちらに画数の出し方があります
1〜9までの数=高天原の神々の波動の数であるから、古事記の天之御中主神から、
           アヤカシコネの神までの十五柱のいずれかが祭祀されている神社が良い。

10=金毘羅宮・八幡宮−と同系統の神社

11=大国主命・大名持神・大穴持神・大貴己神・言代主神・顕国魂神・諏訪明神恵比寿−と同系統の神社

12=天照大御神・伊勢内宮・弁財天・弁天・丹生津比売神社・神功皇后・弟橘比売命−十一面観音−等と同系統の社寺

13=月読命・少名彦名命・薬師如来・蔵王権現・高倉下命・鹿島明神・弥彦神社・佐々木神社−等と同系統の社寺

14=須佐之男命・伊勢外宮・丹波元伊勢・祇園神社・氷川神社−等と同系統の社寺

15=氏神・産土神−等、特に誰もが氏神または産土神には(般若心経を)埋めるが良い。
    次の世へ渡るには個人に対しては氏神、産土神が最も強く働くのである。

16=皇室、遠い自分の先祖−等と同系統の社寺。
    この画数の人は、しっかり皇室と自分の先祖に仕えることが大切である。

17=ニニギの命・霧島神宮・浅間神社−等と同系統の社寺

18=伊勢内宮の荒魂社・滝原宮・尾張戸神社・ニギハヤヒ系神社・石上神社−等とその同系統の社寺

19=国常立命・豊雲野神・うしとらの金神・ひつじさるの金神−と同系統の社寺

20=イザナミの命とその同系統の社寺、八大竜王とその同系統の社寺

21=真言宗系統、空海の遺跡社寺−等、この画数の人は空海の波動が一切取り仕切って案内してくれる

22=イザナギの命とその系統の社寺、多賀神社とその同系統の社寺

23=世界の王・弥勒菩薩(図を墨書して、それに供えて川か海に流す。祝詞は清祓いを三回奏上する)

24=観音様・お地蔵様

25=天神様とその系統の社寺

26=秋葉大明神・あたご明神、その他火の神系統の社寺、役の行者にゆかりの社寺。
    この画数の人はしっかり心経を書いて埋めていただきたい。
    それは全ての怨みの源を浄化するためである。

27=不動明王、妙見様系統の社寺

28=大日如来。23と同じ図を書いて同様にする。


29以上の数については、数字を足してください

29だったら、2+9=11・・・11を見てください。
48だったら、4+8=12・・・12を見てください。



これらのことをとやかく言う必要はない。とにかくやってみることである。
それで何らかの証しがあると考える必要はない。
世人は何かを求めてやる習慣があるが、形而上のことは求めずとも理法に則っておれば、
自然に各自で頷けることが現れるものである。(浜本末造氏)

<アメリカの終焉近し?>(2009年4月24日)


「ユニバーサルロー通信」というサイトは面白いです。
更新は少ないけど、参考になることが書かれています。(真偽のほどは別として)
今年の2月からの通信を載せます。
15,feb,2009
イルミナティが、これまで人々に対し支配の為にしてきた多くの出来事を、
情報操作、賄賂による口封じ、暗殺、社会的抹殺などで隠し続けてきたが、これを止めると決めました。


16,feb,2009
日本が、世界の見本となるような金融システムを始めます。

これまでの金融システムは世界的な詐欺的なもので、地球を破壊に導くものでした。


17,feb,2009
フリーメーソンの上層部は、イルミナティの意向を無視し、債権国であるアジアに、
金融改革の主導権をゆだねるよう方針を変えることにしました。


3,mar,2009
米国は軍事費をかなり削減することを始めます。
現在、米国は国家予算の半分が軍事費である。
歳入の半分が税収で、半分が米国債による収入。
つまり外国に売った米国債の売り上げで軍事費をまかなっているともいえる。
ちなみに日本は最大の米国債の購入国である。
日銀は日本国民の預貯金で米国債を買っている。
つまり間接的に日本人は米国の戦費をまかなっているようなもの。


21,mar,2009
米国民の不満が増大し、ペンタゴン内でも反乱が起きています。
今後、革命のようなことが起きるでしょう。


5.apr.2009
米国が破綻します。

16,apr,2009
米国のいくつかの州で独立運動が起こっています。


最後の方が凄いですね。
米国が破たんする、というのは「神心(かみぐくる)」という本の中で
自由の女神の言葉として(自由の女神はただの像ですが、そこに神のパワーというか、
エネルギーが来たのだそうです。その女神の意識が語ったこと)
「アメリカ合衆国は終わろうとしています。」(2000年8月)
この他、いろいろな人がアメリカの終焉については本に書いたりしていますね。

歴史の西漸(せいぜん)という言葉を、PANDORAのどこかに書きました。
文化文明の中心地が西へ移動して来たそうです。
地球の歴史は日本から始まっているそうです。
それが地球を1周してやっと日本に帰ってくるらしい。
これからはやはり日本の時代なんですね。

日本に落とされた二発の原爆はアトランティス以降に作ったカルマを清算するためだったかもしれません。
そして原爆を落とした米国はそのカルマを背負いました。


「神ぐくる」にはケネディ大統領の霊も出てきます。
彼は沖縄の聖人に
「人間に生まれたい。」と言いますが。
「人間に生まれている時間の余裕はないので
これからアメリカの政治家を補佐(守護?)して欲しい。」と言われました。
「そなたの心に叶う人物の後ろについて、思う存分、働かれるが良い。
 これからのアメリカの政治に期待していよう。」
(沖縄の聖人の言葉)
これが語られたのはブッシュが勝つかゴアが勝つか、という時でしたが、
私はケネディ氏は
オバマ氏の補佐(守護、指導)をしているのではないかと思います。

<ホリエモンをサビアンで解読する>(2009年4月20日)


Nさんが面白い情報を送ってくれました。


はじめまして、Nと申します。

パンドラにサビアンシンボルの話題が出ましたので
ひとネタ報告させていただきたくメールしました。


2004年秋頃、ホリエモンのサビアンを調べました。
(出生時間が判らなかったので、月は除きました)
『神秘のサビアン占星術』 松村潔 著 Gakken を使っています。

その時点では太陽のシンボルの合致ぶりに感嘆していました。
ただ、火星と天王星のシンボルがネガティブなのが気になっていました。
(火星、天王星は戦い、情熱、アクシデント、変化などに関連)


*****以下、引用

 太陽 蠍6   ゴールドラッシュが、郷土から人々を引き離す。

 新しいわくわくする体験を求めて、
いままでなれ親しんだ環境や風土、考えから離れていく。
つねにより大きな感動を求めて、過去を犠牲にするという度数。
新しい野心のために、いままでのすべてを
犠牲にしても構わない決意をあらわすので、
思いきった行動に出る人だ。
ただし、ゴールドラッシュというシンボルからわかるように、
孤独な独自の夢を追いかけているわけではない。
比較的流行しているものに飛び込むという傾向が強いからだ。
対向にある度数は牡牛座の6度、渓谷にかかる橋。
他者との共同をあらわすので、複数の人が共同して、
新しい野心に生活や夢をかける、
という意味が背後にはたらいていると思われる。
新しい企業アイデアに思いきって飛び込むという人にこの度数を見かけた。


*****


のちに野球の新規参入やニッポン放送のTOBに失敗したり、
選挙に落ちたりしていたので
「不満」、「浮かばれない」といった解説がしっくりきてしまうなぁ…、
と思いながら眺めていましたが、更にその後、
解説どころかシンボルそのもののような事態となってしまった時には
少々背筋が寒くなりました。


*****以下、引用


火星 天秤18  2人の男が逮捕され、拘置されている。


 個人と社会の建設的な関係の崩壊。
社会と個人の関係は基本的な秩序があるが、この秩序という面では、
社会が許容することができない個人の存在を暗示する度数。
危険人物、不穏な計画をもっている個人を、
社会は追放するか、個人が機能しないように、拘置する。
16度のトラウマから、この度数のもち主は、不満を抱えていて、
これが社会全体の調和を乱す行動へと駆り立てる。
だが革新的な斬新なアイデアをもって行動し、
その結果がどのような事態になるか、
はっきりと受け取る決意をもって行動している場合もある。
結果を直視すること。
たとえ彼のいうことが客観的に正しいことであっても、
他の多くの人々との調和的な関係が保てないあいだは、
彼はたんなる異分子でしかない。
まだ社会とのズレがあるのでこの不満はなかなか癒えることはない。


天王星 天秤19  泥棒の一味が隠れている。

 勝てば官軍、負ければ賊軍という言葉があるように、
社会に対しての不満からくる、新しい提案は、
個人が主張するかぎり見向きもされないが、
集団での抗議となれば、やがて正当な主張だとみなされる。
不満に対する抗議行動も、
社会に受け入れられれば、尊敬される改革者とみなされる。
18度の姿勢を反省して、集団社会との建設的な関係の回復を目指した人々は、
レジスタンス的な行動で、自分たちの意志を通すようになる。
16度からこの度数までは、一連の物語のように構成されている。
対人関係で大きく傷ついた16度の人は、一度撤退し、反省する(17度)が、
こんどは内側からの不満の感情が吹き出す(18度)。
だが、積極的な姿勢で、自分たちの意志を通そうとする、という過程だ。
だがこのシンボルイメージが物語るように、
なにか浮かばれない感情があることは否定できない。


*****


因みに、他の星のシンボルは



月  -
水星 蠍28  自分の領土に近づく妖精王。
金星 蠍27  軍楽隊が騒がしく行進する。
木星 山羊4  航海にあたって、大きなカヌーの支度をする人々。
土星 双子20 さまざまな地域の生産物である食べ物の豊富さを見せてくれる、
          現代的なカフェテリア。
海王星 射手4  両親に勇気づけられて歩くことを学んでいる小さな子供。 
冥王星 天秤3  新しい日の夜明けが、すべてが変わっていることを
            明らかにする。


です。



蛇足:わたしはホリエモン好きです。



では失礼します。
長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。
参考になるサイト→  sabian

自分のホロスコープが分からない人はこちらで調べられます。
ただし印刷は出来ないのでメモってください→ 
無料ホロスコープ表示サービス

と、書いたらPCに詳しい方がやり方を教えてくれました。

ホロスコープに限らずですが
印刷の方法をひとつ。Winに限りますが。

画面いっぱいにホロスコープを表示させて
キーボードの
「Ctrl」と「PrtSc(多分一番上にあると思います)」
を一緒に押します。
そして、全てのプログラム→
「アクセサリ」→「ペイント」を開き、
「編集」→「貼り付け」をすると、
画面にコピーされます。
で、印刷は可能です。


他でもいろいろ、応用できます。
たいしたことではありませんが、ご報告まで(^ー^)b


いつも、ありがとうございます。

弥栄ましませ 弥栄ましませ
エムニマ

<アスクユアガイド>(2009年4月13日)


何かでアスクユアガイドというオラクルカードの存在を知ったので試しに買ってみました。
そして、こんなのが本当に当たるのかと思ってPANDORAのBBSで希望者に一枚引きをしてみたら、
殆どの方が当たってる、今そういう状況である、とメールをくれました。
不思議です、こんなカードが当たるなんて(てへっ!言っちゃった♪)

さて、そういう方の中に状況を説明してくれた人が数人いました。
その中の二人の方の感想を載せますね。
<事例1>

まず、Fさんから。

25・影/神なるヒーラー
 
 
怒り・仇討ち・侵害・恨み
 
 
誰も認めたくないのですが、私達は皆、暗い部分と影−−−他人の悪口をいったり、
貶しめたりして喜びを見出したり、
最も不公平なやり方で権力を行使したりといった自分の個性の中でも
あまり誉められない部分−−−を持っています。
 
たとえそれが、スーパーマーケットの遅いレジの列で見せるお愛想的な挨拶であれ、
道路で蛇行するドライバーに向ける大げさな身振り手振りであろうが、
はたまた、いうことを聞かない子供を貶す言葉であろうが、
私達の多くは、時々、他人を傷つけたり、ばかにしたりする罪を負っています。
 
あなたの神なるヒーラーは、今ここにいて、
あなたが自分の影の部分を目撃するのを助け、
それが実際は、あなた自身に向けられた侮辱であり、
他人に向けた悪意に火を注ぐ自分自身の弱い部分であることに気づかせようと、
愛をもって働きかけています。
これらの優しくも、強力な高次の力が、あなたを愛で包み込み、
他人に内在するそのような面を攻撃することで
自分自身を厳しく拒否するのではなく、むしろあなたの弱い面を受け入れ
抱きしめることをすすめています。
 
楽にして、自分に対してもっと辛抱強くなってください。
そうすれば、これらの影は光と癒しに道を明け渡すでしょう。
 
 
あなたの神なるヒーラーからのメッセージ「助けを求め、私たちの光を受け入れてください」


このカードは今の私に必要でした。
 
 
カードの内容は、
先日のジュネさんの解読で教えていただいた、
ネガティブ感情の浄化法(心の中にカウンセラーを持ち、
「ネガティブ・エネルギーを浄化して、心のバランスをとってください。」頼む。
と、重なっているように思えます。
 
自分にネガティブな想いが浮かんできたら、その都度カウンセラーにやってもらう。
何度もやっているうちに、潜在意識がネガティブ浄化法を受け入れて、
自動的に浄化をすすめるようになるのだそうです。
 
でもって、自動化したらネガティブ・エネルギーに振り回されなくなるのだそうです。
 
 
同日の解読で、
・高次元エネルギー、低次元(ネガティブ)エネルギーの別なく、
外部からのエネルギーを温存し、自分のエネルギーを増幅させる能力があること
 
・自分がネガティブになっていたのでは、夫に憑依しているTQ霊に振り回されるだけ。
しかし、私がTQ霊の存在に気が付き、なおかつ冷静でいられたら、
TQ霊は強い光りに照らされたも同然になるので、夫から離れて行くしかないこと
 
など、自分の心の影の部分を自覚し、それを浄化することが、
いかに自分にとって、また家族にとって大事なことなのかを教えられたのでした。
 
ジュネさんのセッションで、いろいろと教えてもらいましたが、
最も重要なことが<アスクユアガイド>のカードに示されているようです。
 
 
神なるヒーラー=心の中のカウンセラー
「助けを求め、私たちの光を受け入れてください」=浄化法
 
今月に入ってから、25-25のナンバーの自動車をよく見かけていました。
『25・影』のサインだったのなら、おもしろいですね。

本当に、25番は「影」ですから、Fさんに何度も25のサインが来ていたのは不思議です。
また、ジュネさんのセッションのまとめのようなことがカードに書かれていたようです。
他にも他の人のセッションや占いで言われたことと同じでした、という方が何人もいます。
見えない世界は心の世界ですから、誰でもその情報を受け取ることが出来れば
同じ結果になる、ということなんでしょうね。面白いです。
<事例2>

次に、Jさんから。
Jさんに出たカードは「虚偽」です。これが一番回数多く出ています。

つまり顔はニコニコ、でも心の中は嫉妬と妬みやっかみ羨み、恨みつらみ憎しみで
いっぱいになっている人間が多いということです。怖いですね。


虚偽/守護天使

背信・不正直・裏切り・搾取

あなたの守護ガイドはここにいて、全てのことが必ずしも見掛け通りでは無い事実、
そして何かが作動しないために、あなたに危険が迫っているかもしれないことを警告しています。
あなたの周り、そしてあなたの内側で何が起こっているかに十分注意しを払ってください。
間もなく悪い波動が漂っていることに気づくでしょう。
それは、あなたの周りの誰かがあなたを食い物にしたり、
操る可能性がある合図です。
だから注意してください。
そして、もし何かが変だと感じたら、あなたの直感を信頼してください。
「信じられない」とか、「あり得ない」というでしょうが、
あなたの守護天使は、背信や虚偽は巧妙なので、見分けが難しいことを気づかせようとしています。
結局の所、誰かが自分を傷つけようとしているなんて、誰も信じたくないのです。


時には、意図的に傷つけようとすることもありますが、
大抵の場合は、自らリスクをとり、自己防衛をしようとしているのです。
たとえば同僚がプロジェクトの締切り日が変更になったことをあなたに伝え損ねたミスだったり、
あなたのお母さんが、あなたのお父さんがアルツハイマーであると診断された事実を
あなたに言いそぼれていたり、あなた自身が、今月は支出が多過ぎて請求書を払えないことを
相手に言うのを怠ったりなどの形で表れたりします。

虚偽やごまかしは、必ずしも悪意によって引き起こされたり、
害をもたらそうとして起こるとは限りません。
それが、単に思慮不足や恐れの結果であることはよくあります。
あなたの守護天使は、何か他人に疑わしい点を感じたら、
自分の直感を完璧に信頼するようにと勧めています。
同様に、自分自身の虚偽についても綿密に調べてみてください。
どちらの場合も、行き止まりにぶつかりガッカリする結果となります。
あなたの守護天使に、他人の虚偽から、そして自分自身が、ごまかそうとする誘惑から守ってくれるよう
お願いしましょう。
正直になる勇気と誠実さを持ってください。



あなたの守護天使のメッセージ「私達はあなたを見守っています」



ifさま
 
カードを引いてくださり、ありがとうございました。
どんな厳しいメッセージが届けられるのか?ドキドキしておりました。
正直、初回の募集の際には怖くて「必要ないわ」と思い、2・3回めの募集は
体調不良でチェックできず。
今回は素晴らしくタイミングよく募集の予告と告知を見ることができ
「応募しろってこと?」と感じたので、深く考えずに応募させていただきました。
 
そして、納得しました。
 
今日もメッセージに思い当たることについて、考えておりました。
友人との関係についてです。
 
大好きな友人ですが、昨年、彼女が私に生霊となり念を送ってきていた時期がありました。
私もカードリーディングをするので自己リーディングをしたところ、過去生からのカルマが原因で
心の奥底に妬みがあることが分かりました。
この友人、私がスピリチュアルな学びを始める前より色々なワークを学んでいてカードリーディングは
同じタイミングでスタートしております。
私が自覚ないままにあれよあれよという間に、進化していったのですが、それと同時に
「もしかして友人が心良く思っていないのかも?」と感じることがあり、私にネガティブなモノを
付けようとしている?と感じていたのですが、気のせいと思いこむようにしていました。
彼女は女性らしい謙虚な言動で、周囲から見ると私の方が攻撃するタイプに見えることはあっても
逆は思いもよらないことでしょう。
 
生霊の件は一度、落ち着いたので、交友も普通に復活しております。
私はそのつもりでした。
でも、どうやら違ったようだと、ifさんからのメッセージで気付きました。
 
土曜にカードリーディングの最後のワークショップ(上級)に参加して来ました。
申込を迷っていた彼女に、5日前に電話で相談をされました。
私が参加することを伝えたので「彼女も参加だな」と思ったら、翌日には申込んだよう。
 
ワークショップので、私は先生からチクリチクリと「あれ?」と思うような言葉を
言われていたのを不思議に思っていたのですが、たぶんあることを勘違いをされているのだと
思っていましたが放置しておきました。
彼女は言いませんでしたが、申込の時に電話で先生と会話を持ったようでしたので
私の現状(何をして、どう考えているのか?)を知っている彼女も否定しなかったの
だろうなと思います。
 
そして、電話で相談された時に彼女が持っていなかった、今後やりたい方向性について、
私が語ったことを自分の意見として語っていて驚きました。
私が話したことはなかったかのように、「私はあなたと違って・・・」というニュアンスも
含まれていて更に驚きました。
私の考えが彼女の考えとなり、私が考えていない何かが私の考えとして先生が認識している
その違和感を私は感じていたのだろうと、今分かりました。
分かっていて認めたくなかったことを認めることにしたという感じでしょうか。
ちょっと泣きそうです。
 
こういう状況・・・前回の念を送られていた時期にもありました。
どうやら、彼女はスピリチュアルな学びやカードリーディングにおいて、自分が私より上であると
いう状態にありたいのだろうと思います。
どちらが上でも下でも関係ないと思うのですが・・・。
 
ワークショップ参加前に「どんな凄い人が来るんだろう?また私は自信なくしちゃうのかな?
私は私だから大丈夫。がんばろう!」なんて、自分を奮い立たせていた私ですので
本心の部分では、人と比べて自分は自信がない・・・って思っていたということ。
思考が異なっていても、どこか人と比べていた部分は彼女と同じ波長だったんだと気付きました。
 
前回の時は自然と誤解も解けていったので、今回も特別に弁解などはしないでおこうと思います。
分かる人が分かってくれれば良いと思います。
スピリチュアルな学びをしている人や先生だからこそ、どこか分かっていてくれるに違いないと
思っていた部分が私にあったようで、ショックでもありましたが、しっかり現実を受け止めて
いきたいと思います。
もっと自分の直感を信じて、自分を大切にしていこうと思います。
今回は、いろいろなことを気づかせていただき、ありがとうございました。
 
長文になってしまい、申し訳ありません。
すごいタイミングで届けられたメッセージに感謝しております。


他人を妬むレベルの友人がいるのは困ったものですね。
その先生も人の噂を鵜呑みにするレベルにあれば、まずいです。
スピリチュアルを看板に掲げていても、中身は全然スピリチュアルではない人が殆ど(99%)です。
それならいっそスピリチュアルでは無い方がマシです。
一般の、もっとマトモな仕事をしている人の方が100倍はマシでしょう。

Jさんはこの経験から幾つも学んだようです。
学ぶとは、いくら本を読んでも分かることは出来ません。
体験して初めて(ああ、こういうコトだったのか)と、分かる代物(しろもの)だからです。
Jさんは良い学びをしました、良かったですね。
とは言っても邪念を送ってくる相手とは縁が自然に切れるよう、精進して生きていく必要があります。

<水星逆行期間に生まれた人>(2009年4月12日)


「無料ホロスコープ表示サービス」で、自分のホロスコープを見てみたら、水星Rと書いてある。
Rとは何のことかと思ったら逆行のことだそうです(この時点でちょっとネガティブになる私)
で、ネットで調べてみました。
「水星がレトログレード(逆行)時に生まれた人にとっては、このときは、ブレインストーミングのとき。
素晴しいアイデアが閃いたりイマジネーションが豊かになったりします。」
おお!そうだったのか!
嬉しいな♪
別にその期間に生まれても悪いことではなく、へそ曲がりでもないってことね♪(大いにポジティブになる私)
<サビアン占星術>


御存じの方も多いと思います。
無料ホロスコープサービスを紹介したついでにサビアンでも調べてみたら如何でしょう。    「サビアンシンボル辞典」

自分のホロスコープで出た数値を基に調べます。
たとえば私の太陽は天秤座22度27分にあるので小数点以下の数字を切り捨てます。
すると、22度になる。
これに1度を足したものがサビアンだそうです。なので、私の太陽のサビアンは23度です。
これをサビアンシンボル辞典で調べると、


No. 41/72区分(天秤座21度〜25度)
「同調」


自然界の力を乗りこなす自然界の力をうまく利用することで、自分もまた他者も、ある有為な行為に乗り出すことができる。


いわば天地の運気を利用する力を身につける。
天秤座 23度雄鳥の声が日の出を告げる東の地平線で夜が明けはじめるときに鳴く雄鳥は、
自分が日の出を導いたと錯覚するが、
それは誤りで、自然界のサイクルとして、
日の出が到来したときに、そこに雄鳥が居合わせたにすぎない。
だが宇宙的な力が、雄鳥を通路として、姿をあらわしたというのも事実。

この度数を持つ人は、ものごとの移り変わり、気運の盛り上がり、
なにか大きな出来事が起こっている現場に居合わせて、
その動きに乗ることで、積極的な優れた能力を発揮する。
世間の気運の動きに敏感で、それを自己表現を生かす機会として利用できるのだ。
21度での海、22度での噴水として表現された自然界のパワーは、
ここでは力強い日の出として姿を変えている。
土地の力(竜脈)を巧妙に利用できる人ともいえる。

これを読むと私は何かを錯覚しているようです。
自分が生まれた日の太陽の位置だけでなく、他の惑星のサビアンも調べると様々なことが分かる。
http://www.246.ne.jp/~apricot/sabian.html

ミツバチ減少、実態調査急ぐ=農水相

4月3日11時1分配信 時事通信

 石破茂農水相は3日の閣議後記者会見で、ミツバチの減少が世界的な問題となっていることに関連して
「各都道府県でどういう状況になっているのか、急いで把握しなければならない」と述べ、
果樹栽培などへの影響を抑えるため、各地の実態調査を急ぐ考えを表明した。 

最終更新:4月3日11時1分



2007年2月の記事。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200702271634

2007年5月の記事。
http://wiredvision.jp/blog/wiredscience/200705/20070523050016.html
2007年9月の記事。
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112007091308

2009年2月の記事。
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=15143


映画「ハプニング」はミツバチ大量消滅にヒントを得て作られたのだと思います。
自然界に何が起こっているのでしょうか。


浅川よしとみ氏の説→ http://www.y-asakawa.com/message/kinkyu-message12.htm

<パーソナルカード>(2009年4月2日)


カモワン・タロットでは、シンクロに基づいて今の運勢を占うのとは別に
その人が生まれ持った運や性質、使命などを占う方法もあります。
それを使って天鳥船(あめのとりふね)のゆつさんが今月の運勢を掲載することになりました。


パーソナルカードとは
 パーソナルカードとは、あなたの生まれながらにして特殊な関係を持つタロット・カードのこと。
 0番の「愚者」から21番の「世界」までの、22枚のカードの内の1枚になります。

パーソナルカードの割り出し方
 @ 西暦の生年月日の数字を全部足します。
 A 合計が21以下だったらそのままの数字
  22以上だったらその合計から22を引いた数が、あなたのパーソナルカードの番号です。


例:1980年1月1日生まれ
  1+9+8+0+1+1=20 
  パーソナルカードは20番の「審判」


  1970年3月11日生まれ
  1+9+7+0+3+1+1=22  22−22=0
  パーソナルカードは0番の「愚者」


  1975年9月28日生まれ
  1+9+7+5+9+2+8=41  41−22=19
  パーソナルカードは19番の「太陽」


(この下に4月の運勢が続きますので、そちらでご覧ください)

何か心にピンと来たり、連想がふくらんだり、発見やシンクロがあるかもしれません。
バラバラで見る、繋げて文章にする、音に注目してみる、などなど色々遊べますよ。
他にも、自分に関わりのある数字や気になる数字の所を見てみたり、
言葉の中にカードの名前が出てきたらそこも見てみるなど、インスピレーションを使って自由に楽しんでくださいね☆


でも、使い道が何も思いつかなかったり、何か手がかりが欲しいときは、
頭につけた記号を利用して、例えばこんなキーワードをヒントにしても。

スペード:(剣) 男性性・陽   
          思考・決断・問題など    天と繋がる   (風) 双子座・天秤座・水瓶座
ハート:(杯)  女性性・陰    
          愛・感情・心など     インナーチャイルド・潜在意識  (水) 蟹座・蠍座・魚座
クラブ:(杖)  精神・心・内  
          仕事・趣味・人間関係など   潜在能力・才能・使命  (火) 牡羊座・獅子座・射手座
□:(玉)     行動・体・外   
          金運・健康・現実など     グラウンディング   (地) 牡牛座・乙女座・山羊座
<やり方>


「天鳥船」をご覧ください。
たとえば私の場合、パーソナルカードは「恋人」です。(こら、そこの人笑うんじゃない)
なので、一覧を見てみると・・・

6.恋人    (スペード)おごる (ハート)次のサイクルの始め (クラブ)制約から外れる ◇役割

と、なっています。
スペード=思考(他)なので、私の思考が「他人におごる」ことになるらしい。(嫌だ〜)(運命に抵抗するぞっ)
ハート=心なので、私の心は「次のサイクルの初め」の体勢になるらしい。これは良し。
クラブ=仕事としますね。すると仕事が「制約から外れる」のだそうです。まぁ、これもいいや。
◇=行動や身体です。これらが「役割」なので、私は役割を果たすような行動をすることになるようだ。

と、いう風に自分で当てはめてみるといいでしょう。
<キーワードについて>


おみくじの内容は、そのほとんどがタロットのそれぞれのカードのキーワードから取っ たの で、
ちょっと変わったものやネガティブなものも少し混じっていますが、
(あんまりネガティブなのは止めておきました。あった方が良いのかも しれないのですが、
 見た人がガッカリしたりネガティブになってしまうとまずいと思った ので・・・)
引いて並べて書いてみると、それぞれ面白いものが出てきている気がし ます。


それにしても、今回のタロット御籤作りは毎晩夜なべで耐久レースでし たけれど、
出来上がってから引くのがもう楽しみで楽しみで、
眠くて死にそうになってダウンしても、ワクワクが止まらず、なかなか 寝付かれませんでした。

この制作期間すごく楽しかったし、出てきたメッセージがそれどれあんまり面白いので、
すっかりはまってしまいました。これから毎月が楽しみです。

本人が楽しんだので出来あがったものもとても面白いものになってます。
やはり本人が楽しむことが一番ですね。
ゆつさんはパーソナルカード、ソウルカードなどを計算で出して、その人の今年の運勢も見ます。
これはかなりのボリュームがあり、お勧めします。

<クリスタル占い>(2009年3月28日)


GAIAのまはるださんがクリスタル占いを始めるというので腕前を見るために私がモニターになりました。
やってもらったらとても上手いです。
石の読み取りが適格で細かいことまで感受出来ているのでここに紹介します。

なおまはるださんはサイトを工事するそうで、占いはブログ「Sunrise」で受け付けています。
質問「PANDORAはこの方針で良いか?」

yes、noで言うと「yes」です。
 
5つの石がそれぞれ
 
アメジスト→「活動」
アクアマリン→「自己」
カーネリアン→「奉仕」
ローズクウォーツ→「金銭」
トルマリン→「家族・友人」と「恋愛」をまたぐ形
 
に落ちました。
 
「活動」の場所に落ちたアメジストを見ます。
キーワードとして「伝道・探求」というものが合致するのではないかと感じました。
また「新しい旅立ち」という言葉もあります。
 
「自己」の場所に落ちたアクアマリンを見ます。
ifさん自身の光で前を照らして好きな方向に進んでください、とのことです。
「そのまま進んで行ってよい」というこの上ないメッセージだと思います。
 
「奉仕」の場所に落ちたカーネリアンを見ます。
「仲間」というものがキーワードで出ています。
これはパンドラが「同じ趣味を持った仲間」つまり同じ目的意識を持った魂の仲間を集める
ということではないかと思います。
確かにパンドラを閲覧することによって意識を高く持ちたいという人も出てきていますよね。
パンドラはそういう意味を持ったサイトであるともいえるということではないでしょうか。
 
「家族・友人」「恋愛」をまたいで落ちたトルマリンを見たところ、
他の石を見てみても「恋愛」は意味合いが通じないようですのでこちらでは
「家族・友人」に当てはまると思います。
それを見ると、パンドラによって新たな道が拓けるということのようです。
 
これらからまとめますと、
ifさんのパンドラでの仕事はそこへくる人に強く影響するようです。
ある人は自分の行くべき道が見えたり、
ある人は自分の意識を高く持とうと望んだり、
ある人は自分の周囲(友人・家族)に変化が出てきます。
5つの石のうち2つに「新しい」という言葉がありました。
「新しい自分」になれるサイトであるということのような気がします。
 
また、石の散らばり方が驚くほど均等で、
そこから「バランスが取れている」という風に受け取れるのではないかと思いました。
ifさんは自分が楽しいと思っていることをやっているだけだと常日頃おっしゃってますね。
アクアマリンはそれをそのまま示していました。
ifさんはifさんが楽しいと思うことを率先して行動しているということです。
そして石たちは「それでいいのだ」と言っています。
 
以上です。
質問「あの荒らし(及び絵の未払い者)は●●さんか?」

yes、noでいうと「yes」です。
 
5つの石がそれぞれ
 
アメジスト→「金銭」
アクアマリン→「精神」
カーネリアン→「仕事」
ローズクウォーツ→「活動」
トルマリン→「協力」と「奉仕」をまたぐ形
 
に落ちました。
 
まずこの中で「金銭」の場所に落ちたアメジストが大きく外に飛び出していましたので
警告として受け取ります。
アラシという立場とアメジストの意味合いを考慮しますと
「自分の要求を満たして欲しい」と考えているようです。
 
「精神」の場所に落ちたアクアマリンを見ます。
この事態を切り抜けることができる、というのが出ています。
 
「仕事」の場所に落ちたカーネリアンを見ます。
このアラシはパンドラによって仕事に恵まれていたというように取れると思います。
 
「活動」の場所に落ちたローズクウォーツを見ます。
アラシがとても調子づいてる様子が出ています。
 
「協力」と「奉仕」の場所に落ちたトルマリンを見ます。
この2つの石の意味はどちらもこの件に関連づいたものであると判断します。
「協力」の意味合いから石はこのアラシに誰かに助言を求めるよう強く言っているようです。
「奉仕」の場所の意味合いから、このアラシは自分がアラシである事を
今は絶対に言わないと考えられます。
 
これらからまとめますと、
アラシの目的は「自分の要求を満たすこと」であり、その欲はとても強い。
その要求というのはパンドラとかかわって以前のように仕事を得たいと言うことと、
皆の注目を浴びたいということではないかと思います。
そうするとやはり一度はパンドラを通じて仕事を得ていた人ということになりますね。
(これ私が言っているのではなく、石でそれが出てますね、びっくり)

そしてアラシをすることにより確かに注目されましたわね。
それによってものすごく気分がノッたみたいです。
注目を浴びれば何でもいいという血迷った状況であるといえるのではないでしょうか。
その状況を石は強く警告しています。
「あなたの話に耳を傾けて聞いてくれる誰かに助言を求めなさい」と。
誰かの助言と言ってもこの状況を良い方向に変えてくれるものでなくては
ならないと思います。
助言ならなんでもいいというものではないですね。
それを変えてくれる人でないと。
それがifさんだったのではないでしょうか。
そしてそうすることによってその事態を切り抜けることが出来ると出ています。
助言を得るためには話さなくてはならない。
しかし現状は「自分がアラシであることは今は絶対に言わない」と考えているようです。
 
以上です。
料金は一件2000円で追加一件につき1000円。

<男脳と女脳>(2009年3月15日)


御存知の方もいると思いますが、Yさんからの情報です。
「人間のいろいろ」の記事、<チャクラと男女とアセンション>を読んだ感想を送ってくれました。

掲題の、今日アップされていた記事を読んで、
「話を聞かない男、地図が読めない女」という本を思い出しました。

その中に、「男脳女脳テスト」があったのですけど、
http://www.utopia-o.com/braintest.htm
http://nayu.orz.ne.jp/brain.html
人口の1割くらい、体の性別と脳の性別が不一致だそうです。
(男性だけど、思考回路が女性、のように)

なんだかそれを思い出しました。
ちなみに、私はオカマかも?と思いテストすると、まんま男脳でした。

以前、おまけ絵に「太極図」をいただいてます。
おそらく私は、自分の中の性バランスが未統合なので、
それが(も)課題ですよということだったのかなと思いました。


「太極図」はたまに描きますが、Yさんから初めて絵の依頼があって描いたのは
男らしい色合い(黒と白)の太極図でした。
その後、Yさんはしょっちゅう情報を送ってくれます。
こう言ってはナンですが文章が男性のようです。


愚痴というか、「とりとめのない話」する人、女性に多いですね。

以前、俳優の渡瀬恒彦が奥さんとの遣り取りについて
語っていたのが、男女というか、アワとサヌキの違いを
けっこう端的にあらわしてました。

恒彦さんが仕事から帰ってくると、とりとめなく語るのを見て、
「君は俺にどうしてほしいの?」と。


つまり男性であれば、なんらかの「解決」「ゴール」を目指す。
だから、話すこと自体が目的である女性心理は
理解に苦しむようでした。

ちなみに、私は母に同様の思いをもちました。


う〜〜〜ん。
私も(一応)(これでも)女だけど、ただ話したいから話すとか、
意味も面白味も無い話をだらだらと話すということはしません。
常に何か目的があります。
バカっ話が多いのですがそれは笑うためです。

渡瀬氏の奥さんのような話し方をするする人がたまに居るのでそういう場合は
「つまり〜〜〜ってことだよね?」
「それは〜〜〜ってことなの?」と、確認作業をしています。すると
「そうじゃないんだ〜♪」だと。
いったい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何が言いたいのだ?

Yさんも私同様女の特質のような話し方はしないようです。

渡瀬恒彦の奥さんがそうだからと言って(だらだら会話)世の中の女が全てそうだと
思ってはいけないな。
そうでは無い女もいるんだから。
(でも男性にはダラダラ会話をする人はあまりいないかな。
 つまらない話をする奴はいるけど、「いったい何が言いたい?」と訊きたくなるようなのは
 いないようです)


「私もそうだなぁ。
 意味の無いことを喋りたい、共感して欲しいのが女である、なんて書いてあるのを読むと、
 違うだろ、と突っ込みたくなるね。
 ちなみに私も男脳でした。」

ifさんの男脳度、絵やアクセサリーのお仕事ぶりから分かります。
センスだけではビジネスにならないから。。
OLは女脳でないと無理がありますが。


「何故OLが務まらないのか、意見を聞かせておくれ。」

ううっ。。私も該当しますが。
ここで言う「務まらない」は、
与えられた職務をこなせるか否かでなく、
やっぱり思想感情の傾向です。。
内心、「うぜー」「たりー」と思いながらも、
表向きは難なく群れることができるとか・・・


「なるほど。



URLを載せておいたサイトですが、お遊びでやってみるとよいでしょう。
こういうテストは遊びなのであまり本気にしない方が良いと思います。
「地図が読めない女、話を聞かない男」というのが定説のようになっていますが、
「地図も読めないし話も聞かない」人が多いのではないだろうか?
「地図が読めて話も聞ける」人が理想的ですね。
ちなみに私は地図を読むのは得意です。

しかし今から20年ほど前に遠くの町から友人が私の住む町まで
何かのついでにやってきた。
場所が分からないと言うので「北の方向に来ておくれ」と言ったら
「北がどっちだかわかんない!」と、キレていました。
呆れてモノも言えませんでした。
これで人並みに幸せになろうなんて考えていたら暴挙でしょうよ。

上に紹介したテストではこのようなコトまでは分からない。
ただ「どっちに偏っているか」しか分かりません。
それを念頭に置いてやってみるといいかも。

<ホラリーでそこまで分かるか!>(2009年3月9日)


ホラリーはかなり当たると思います。
ただ、質問するのに相応しくない時に質問した場合は、答えが出ません。
それから質問者が(本当はどうでもいいんだけど)などと思っている場合も、
★の位置がなんだか答えているような居ないような、適当な配置になっているようです。
依頼する時は、真剣さが求められます。
さて、ホラリーのサイトに私がした質問は・・・

「絵をウソの住所で依頼した人は●●さんですか?」

です。
見当がついていました。

下が依頼文です。


「絵をウソの住所で注文した人は●●さんですか?
 東京都◆◆区・・・・・と、東京とナントカ区・・・・で、  
 別人の名前で同じ日に似たような感じで絵の依頼がありましたが
 それはウソの依頼でした。
 メールの文面に、●●さんと友達です、と書かれていたが、
 何で今頃●●さん?と、妙に思った。
 そんな感じです。」


●●さんのサイトへは、以前PANDORAからリンクしていましたが、
妄想が激しくなったのと、「そんなコトをしていたらいけない」と、説教したのを逆恨みして
PANDORAのBBSを荒らし、凄い内容の文章を書き込んだりしたからです。
一度に切ったのではなく、反省するのを待とうと思って徐々に切りました。

●●さんは私へのメールでは神妙な態度をしていました。
しかし他の様々な点からこの人には向上の余地無しと判断してPANDORAからのリンクを外しました。
するとさらに逆恨みの度合を深めたようです。
リンクを切ってからかなり経ってから、とうとうウソの住所で絵を依頼して来ました。


絵の依頼文に「●●さんの友達です」と、書くことがおかしいのです。
とっくに●●さんへのリンクは切ってあるのですから、そんな過去の人と知り合いであると名乗るのは
どういうツテなのか不自然極まりない。
なので(変だな)とは思いましたが(ま、いっか。そういう人もいるだろう)と、受け付けました。

東京都◆◆区とは私が生まれた土地です。
それを知っている人は限られていて、●●さんもそれを知っているのです。
●●さんが住んでいる区より有名な繁華街です。
私は子供の頃引っ越してT市に来たので◆◆区のことは知りません。
なので、敢えてというか意地悪というか、有りもしない◆◆区のなんとかという地名を書いたのでしょう。
なんだかなぁ、と思いますね。

他にも幾つかありますが、これが状況証拠です。

その後、araragiさんにホラリーを依頼したというわけです。
(その後、霊能者にも訊いたらやはりそうでした。
 ●●さんが荒らしをした時も訊いたけどそうでした。
 質問する前に私は状況から●●さんであると見当をつけて訊いています。
 状況からある程度予想がつくのです)



さて、結果は・・・

結論から言うとイエスと解釈しました。(一か八かの解釈ですが)
質問の答えの決め手は他にないかと、ず〜〜と見てるんですが。
練習不足だと思います。
 
最初に、第二ハウスで金運を見ました。
金星がリトログレイドで海王星がいることから、未払いのことを指していると思い、
ホロスコープが質問に答えていると信頼して、第12ハウスで敵を見ます。
 
12ハウスのサインが黒幕をあらわします。
サインは射手座、ルーラーは木星。
ハウスにある惑星が不運のアスペクトを形成しているので強敵ではなく、
ifさんに敵意を持っていたとしても実力行使には出ないと思います。
 
ここで、サインの強弱を見ても、 山羊座(ifさん)>射手座(敵) です。
ifさんを表す第一ハウスに敵のルーラー(木星)がいることから、ifさんに執着している人です。
 
ifさんの内面を表す"月"とifさん自身を表す"土星"は、敵のハウスにある火星とはスクエア(90°)なので、
お互いに果敢・臨戦態勢、なのかなぁ?と思いたいんですが
敵は、幸運の星・太陽を火星と冥王星に挟まれて苦しそうです。
 
ifさんは、月と土星がコンジャクションなので「とても残念だ」と感じているようです。
「問題なのは金じゃない」的な気持ちすら、天王星と月のアスペクトに表れてると思います。
 
でも分からないのは、敵を表すはずの木星とifさんを表す月・土星が、幸運のアスペクト(トライン)なことです。
多分、これが質問の答えなのだと思うんですが、
 
ifさんの予感(月)がずばり的中している、と言う意味だと判断していいんでしょうか。
難しく考えないで素直に読めば「イエス」だと思うんですが。

araragiさんのホラリーの腕はいいですね!
依頼者の心理まで読んでいます。
「とても残念だ」と思っているのは本当です。
金が惜しいのではなく「そこまで堕ちてしまったこと」がガッカリなのです。
これは私が説教をしたから堕ちたのではありません。
その人は以前から変なモノに憑かれていたんですよ。
大天使というTQ霊と会話していた、つまり自分と同等のモノと会話していたのです。

その人は非常に苦しい毎日を送っていたようです。
ブログには毎日のように苦しいと書いていました。
なので苦しまなくても良くなるために、思考力をつけ素直になることを勧めたのですが
やはり裏目に出たようです。


この人のように自分を客観視できず、ひとに甘え自分が常に注目されたいと思ったり、
世話を焼かれたいと思っていると、そういう意識そのものが低次元なので同等のモノを呼びこみ、
どんどん堕ちて行くことになります。
「それをしていたらどんどん悪化するから考えなさい」という忠告など聞くのも嫌です。
こういう人はこの●●さんだけではなく、沢山いますが。

ウイックランド医師迷える霊(スピリット)との対話―スピリチュアル・カウンセリングによる精神病治療の30年
が現代に居たら、こういう人からTQ霊を外してくれるかもしれないと思うが、
それが出来る人は実際にいますが、こういう憑かれた人は除霊が出来る人のところへは行きません。
自分にTQ霊が憑いているとは思わないからです。
強制的に連れて行くしかありません。
家族が連れて行けば良いのですが、どう過ごしているんでしょうね?
憑かれた面を家族には見せないのかもしれません。
ネットではとてもおとなしそうに優しそうにしています。
性格は悪くは無いと思う。
ところが思考力が殆ど無いのです。

ウイックランド医師が相手にした<迷える霊との対話1>の霊のようです。
さらに●●さんは精神世界でやっていますから、<迷える霊との対話2>のケもあります。
自分が憑かれていることに気づかず上から教えを垂れるのは好きらしい。
これらの霊はウイックランド医師もお手上げだったので、最も悟らない霊(人)であると言えます。

<ソウル周期>(2009年3月8日)


「ライフマップ」という、バラ十字団が発行している本は少々変わってますが、
通常の占いとは違うサイクルによる個人や事業の診断が出来ます。
その中でソウル周期という、一年を春分を起点として7つに分け
性格や向いている仕事などを記述してある部分を抜粋します。

全部を書くわけにはいきませんが、その中から惹かれる国や地域を紹介します。
その国や地域を訪れ、小道などを歩くと前の人生で親しんだ事物の記憶と喜びを見出したり、
過去の記憶に馴染みのある風景や状況に触れたり、大きな幸せを発見したり、
見知らぬ脇道を旅する時に大きな喜びを見出したりするそうです。


期間 惹かれる国や地域
第1期 3/22〜5/12 カルディア・フェニキア・イタリア・シチリア・スイス・スコットランド
第2期 5/13〜7/3 フランダース・ノルウエー・デンマーク・オランダ
第3期 7/4〜8/24 イタリア北部ロンバルト地方・ジャワ島北西端の元オランダ領であったジャカルタ
フランス北部およびパリ
第4期 8/25〜10/15 ベルギーとフランスにまたがるフランダース地方・エジプト・インド・特にフランス南部
第5期 10/16〜12/6 バビロン・ペルシャ・エジプト・パレスチナ・オリエント。特にエジプト、中国、古代日本
第6期 12/7〜1/27 アラビア・オーストリアの一部・特にウイーン周辺・地中海沿岸・英国・
米国のニューイングランド地方
第7期 1/28〜3/21 トルコ・バルカン地方・スペイン・アフリカの一部・南米

ちなみに私は第5期の生まれ。
中国にはそれほど興味はありませんが一覧表に或る国はどれも興味があります。
エジプトは好きですが、一番好きなのはシュメール文明なので首都であるバビロン。
ところがそこは現在のイラクのバグダッドなので行けないから行かないのです。
中国も行ってみれば楽しいのかもしれません。



この本はこれだけでなく、人生の周期、個人の一年間の周期、事業の周期、一週間の周期、
一日の周期などについて書かれていて、かなり参考になるのではないかと思います。



(2009年3月11日)


上の記事を読んだ方から「言えてる」というメールが届いています。


Nさんの場合・・・


おもしろいですね。
 
私は第1期です。(惹かれる国:カルディア、フェニキュア、イタリア、シチリア、スイス、スコットランド)
 
いつも冗談で言う口癖が、「私はイタリア人。」なんです。
ただ単に「トマトとチーズとなすびとワインが好きだから。」なんですけどね。
でもピプノの前世体験では、イタリアでの前世が出ました。
他にも前世鑑定では、イタリアの宣教師とか・・
 
それと、もう何年もかけて、何度も繰り返して読んでいるのは
「スコットランド」を舞台にした小説です。
これはストーンサークルで、現代から中世にタイムスリップしてしまった
女医さんがフランス革命を阻止しようとしながら奮闘するものの
結局はカローデンの戦いの時に、もう一度石を抜けて現代に戻り
中世で妊娠した子供を出産して、20年後にもう一度石を抜けて中世に戻る・・
というすごくパワーのある女性の長編小説です。今で15巻ぐらいになってます。
 
それを何度も読みながら、ずっとスコットランドに行きたくて、憧れてます。
 
いつも言ってる行きたい国は、「イタリアかスコットランド」だったので
ビックリしました。当たってますね。


Yさんの場合・・・

そういえば。
パンドラの壷の「ソウル周期」は主人と私は同じ
「第7期」でした。
そこには新婚旅行で初めて行った
「スペイン」がありました。
 
確かに魂が揺さぶられる感動がありました!
その時に、入れないはずだったある教会に、運よく入れたんです。
通常ならガイドに付き添われて説明を受けながら見る場所でした。
しかしミサがあったので「静かに見学してきてください」とポイッと入れてもらったんです。
そのおかげで、自分のペースでゆっくり見学できました。
そして、何がどうなのか判らないけれど、体が震えて涙が止まりませんでした。
主人も「なんでかな〜震えるんだよね〜」と、同じ様子。
 
ほかにも色々と観光地を回りましたが、あの感動は後にも先にもそこだけでした。
 
次は二人で「エジプトに行きたいね〜」と言ってます。
いつかきっと行けると思います。
スペインにもその気持ちで数年越しで行けたので(^-^)
 
あと、「カッパドキア」も気になっていたら、
第七期にちゃんと
「トルコ」が!
行きたい場所には意味がありそうですね。
 
楽しい記事の掲載をありがとうございました。


感動したり不思議な体験もしています。この「ソウル周期」って当たっているようです。皆さんの体験談をお寄せください。


Yさんの場合・・・

こんばんは。

自分は
第5期です。
「特にエジプト」・・だからエジプトぐっずが当たったのかも。。
基本的に、くじ運ナッシングですし。。


あと、もう二度と行くつもりはありませんが、中国旅行経験あります。
ただ、ダンナは中国人でもかまわない気がします。



指輪のK子は・・・

etc→ソウル周期では、第3期ですので、やはりイタリヤ北部が気になります。
ネットで調べた所、イタリヤロンバルト地方は中央よりは北です。
 
確か小学校1年位の時叔父が羽田空港に勤務していて初めて海外旅行に行き、
おみやげに
イタリヤのローマのコインをもらった事がありました。
 
小学校2,3年の頃、NHKで「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の特集で1週間位放送していたことがありました。
生い立ちから亡くなるまでの一生を物語にしていました。
私は小さいながらも面白くずっと見ていました。
なので、今は「ダヴィンチ・コード」を何回みても飽きません。

へえ!
そういう番組はその後もありましたね。
今から10〜20年ほど前のことです。
私はダビンチは好きだけどそこまで熱心に見ませんでした。
K子はやはりイタリアと縁がある魂なので熱心に見たのでしょう。

映画「ダビンチコード」を何回見ても飽きない・・・というのも、イタリアでロケをしているからでしょうか。
さらに、イタリアでもK子はルネッサンス時代に生きていたのではないだろうか?
(私の場合は、「ハムナプトラ」他、砂漠が舞台の映画なら一日に何度でも見ることが出来ます。
 エジプトでハムディーさんが「ハムナプトラを見た人はいますか?」と訊いたので「は〜〜い♪」と返事をしました。
  かなり、恥ずかしいかも)


また、K子にイタリアのコインが来ているのも偶然ではありません。
K子にイタリアのコインを届けるために、叔父さんがイタリアへ旅行しています。
これも不思議なことです。



私は小学校6年生の頃、学校新聞(壁新聞)に「ツタンカーメン」の記事が載っていたのを覚えています。
私はそれを飽きずに見ていました。
6年生の社会科は歴史で私は歴史だけは好きでしたね。
その後、中学高校と歴史が好きで大学も歴史専攻です。
「三つ子の魂百まで」とは良く言ったものです。
小さい頃好きだったものは、その人が本当に好きなものなのです。

当時、私はツタンカーメンの記事を読んでとても興味を持ったのです。
ところがその後、忘れてしまいました。
それが二年ほど前に成りゆきでエジプトへ行ったら、エジプト巨石文明が本当に好きなのだ、と分かりました。
前世は私はエジプトに居た、と複数の霊能者から言われました。
また、エジプトへ行くたびにヒドい転び方をします。
日本では滅多に転ばないのに・・・
外国で(日本で旅をしても)転んだ場所は前世、自分が居た場所である場合があるようですよ。
自分の潜在意識がその場所を印象づけるためにヒドい転び方をして、自分に教えるようです。


PANDORAのお客さんはだんだん自分に正直になるというか、心の奥底に隠れていた願望や感情が出てくる人が多い。
想念帯がきれいになっているのだろうと思います。

上の表を参考にして、思い当たればよし、思い当たらない場合は、毎日の生活の中で気付くこともあるだろうから
ちょっと気をつけてみたら如何でしょう?
上の表が前世の自分に関連するとしたら、そこから何か気付き、また一歩前進すると思います。
気づいた方はぜひエールで教えてください。



「Still Delight」のみつきさんの体験談。(2009年3月12日)

ソウル周期の、私も思い当たるところがあったのでメール出してみます。
私は
第1期だったのでカルディア・フェニキア・イタリア・シチリア・スイス・スコットランドです。

最初ぱっと見てイタリアやシチリアが目に入ってなるほど!と思ったことがあります。
私は男性の顔は特濃極甘なのが好きなんですが、例えとして「
イタリア人みたいな顔の人」と言っていました。
ずっとそんな顔の人ばかりと付き合ってきて夫も同じような顔なんですが、
夫はアメリカにいた頃はよくイタリア人と間違えられていたそうです。

しかしこれでメールするのも…と思っていたら(笑)、
今日追加されていたお話とどこか分からなかったカルディア・フェニキアを調べてピンときました。
フェニキアは今のシリア周辺らしいんですが、実は私の初めて渡航先が
シリアだったんです。
そしてifさんはエジプトで転ばれたそうですが、私はインフルエンザに罹り足止めを食らいました。

青い空にすごく感動したりベドウィンの姿を見て妙に切なくなったりして、
初めての国なのにものすごく心惹かれて次に生まれ変わったらこの国に…と強く思ったのを覚えています。
まさかこんなところに接点があるとは。
びっくりしました。
かれこれ十年前の話ですが、急に色鮮やかな記憶となりました。

不思議なことがあるものですねー。


その国の風景や民族を気に入るのはやはり縁があるのではないかな?

<琴座とシリウス>(2009年3月7日)


「アセンションの道しるべ」(リサ・ロイヤル著)によれば・・・


古代の地球には、地球の支配権をめぐって争っていた、
二つの主要な宇宙人のグループがありました。
彼らは琴座人とシリウス人でした。
現在の人類と、彼らの間には、遺伝学上の繋がりがあります。
地球の古代文明において、琴座人はライオンや猫のシンボルによって、
また、シリウス人は蛇のシンボルによって表されて来ました。

この二つの宇宙人のグループについて簡単に説明しましょう。
シリウス人は琴座人から人類を解放しようとしたグループでした。
そしてこの目的を実現するために、彼らは人類に対して様々な援助の手を差し伸べてきました。
しかし残念なことに、シリウス人との交流は、未成熟な人類の意識の奥深くに「神々」
(つまり宇宙人たち)との不公平感や被害者意識を、はからずも植え付けることになりました。

遺伝子工学の専門家だったシリウス人は、遠い未来に至るまで休眠状態に留まる遺伝子コードを、
人類に組み込みました。
この遺伝子コードが、今まさに、多くの人々の中で目覚め始めています。
それはシリウス人が後世に残した「保険」でした。
それは潜在的な遺伝子情報の目覚めにともなって、
あなた方人類が自分たちの本当の起源を思い出すというものです。
つまり彼らは遠い未来(それは「今」です)に望みを託しました。

<ジュセリーノの予言>(2009年3月6日)


予言者ジュセリーノ 未来からのスピリチュアルメッセージ より。

2010年ごろから世界中の経済が悪化していきます。
発端は、アメリカの経済崩壊です。
すでにアメリカ経済のバランスは崩れていて(2008年9月時点)サブプライムローン問題などが表面化しています。
この流れは、これからさらに加速していき、2010年6月15日にニューヨーク株式市場の大暴落へとつながっていきます。
それが引き金となって、世界中に大きな影響を及ぼすでしょう。
(中略)
アメリカではすでにいくつかの銀行が業務を停止し、お金を引き出そうとする預金者が殺到してパニック寸前になりました。
しかし、2010年からは、さらに多くの銀行が破綻し、企業は大規模なリストラを迫られるようになります。
(中略)
日本もこの影響を避けることは出来ません。
2011年には、日本もふたたび経済危機に見舞われるでしょう。
多くの銀行が破綻し、倒産する企業が続出、失業や物価の高騰で、国民の生活は困窮します。
いくつかの分野では、既に変化が起きています。
社会構造そのものも経済格差が広がって二極分化しています。
(中略)
世界を覆う経済崩壊の危機も、2017年には新しい経済システムが誕生し、やがて世界を立ち直らせることに成功するでしょう。
その中心となるのが日本と中国です。

日本人が新しい経済システムを開発するのだそうです。
(これは「ユニバーサルロー通信」にも、そのようなことが書かれています)

30,oct,2008
今後、金融の中枢をアジア(中国と日本が中心)にすると決めました。

20,nov,2008
イルミナティは、自分達の存在と、これまでしてきた悪事を隠すために、
それを暴く者を殺してきたがもうそれを終えることにした。


4,dec,2008
イルミナティは、金融支配から手を引き始めます。

17,dec,2008
多くの人々がビジネスでアメリカドルの使用をやめようとしています。

20,dec,2008
影の世界政府の力が弱まってきたので、これまで隠されてきた闇の真実を暴露する人が増えてきました。

26,dec,2008
金融を支配してきた欧米の資本家が、新通貨に切り替えるため、米ドルの終焉を決めました。

31,dec,2008
イルミナティは、戦争をやめさせるための仲介を始めました。
(2009年1月1日、サルコジ仏大統領がイスラエルのリブニ外相と会談している)

5,jan,2009
ほんの5万人ほどのフリーメーソンの上層部の人々が、67億の世界の人々を支配するという方針を改めることにしました。

14,jan,2009
世界でも有名な米国企業が、またも倒産します。

19,jan,2009
世界各国の指導者らが、フリーメーソンの圧力に屈することなく、本当に国民のためになることをし始めます。
たとえば軍備の縮小、環境問題に取り組むなど。


22,jan,2009
フリーメーソンの一派は、貧しい国を助けるなど、人々の為になることを始めることを決めました。

26,jan,2009
イルミナティは、先進諸国の主な大企業の株を手放すことを決めました。


2,feb,2009
欧米内のフリーメーソンに対抗するグループは、
ケイマン諸島などのタックス・ヘイブン(租税回避地)をなくすことを決めました。


15,feb,2009
イルミナティが、これまで人々に対し支配の為にしてきた多くの出来事を、
情報操作、賄賂による口封じ、暗殺、社会的抹殺などで隠し続けてきたが、これを止めると決めました。


16,feb,2009
日本が、世界の見本となるような金融システムを始めます。

これまでの金融システムは世界的な詐欺的なもので、地球を破壊に導くものでした。
参照動画『
money as debt 負債としてのお金』日本語表示が出ない場合はccをクリック

17,feb,2009
フリーメーソンの上層部は、イルミナティの意向を無視し、債権国であるアジアに、
金融改革の主導権をゆだねるよう方針を変えることにしました。




ジュセリーノ氏は2012年12月22日のアセンションは「無い」と断言しています。
私は彼は、アセンションしない方の未来を見ているのだと思いますが。

最近、よく「2012年12月22日」についての質問を受けます。
マヤの暦がこの日に終わっているため、地球が滅亡するとか、人間がこれまでの3次元の存在から解放されて
アセンション(次元上昇)するという説も流れています。
結論から言えば、地球の滅亡もアセンションもありません。
ただし、この時期を境にして、地球の環境も、経済も、さらに悪化していく可能性はあります。
もしもそうなった場合、私たち一人ひとりがスピリチュアルレベルを上げて、心を強く持たなければ、
このターニングポイントを超えて行くことは出来ないでしょう。
マヤの歴は、そのことを警告しているのです。

<変化している>(2009年2月28日)


「何か分からないが空気が変わったというか、波動が変化しているようだ」と、
閲覧者の皆さんからメールをもらったり、PANDORAのリンク先のサイトに書いてあります。
アクセサリーと波動石鹸販売の都里(えり)さんも・・・
リンク1→「アクセサリーと石鹸販売」→「Lotus〜蓮〜」→etc→色々な話→2/4の記事より。



2月 4日

【毎月の占い〜変容〜】

(略)

全ての月のカードを引き終わり 並べている時にふと

「何か変化してきてるのかな・・・?」

と漠然頭の中をよぎったのです。
それが何かはわからないのですが、ふと頭に浮かびました。
それを記事にしようかどうしようか考えたのですが、意味わからんしやっぱやめよ♪
とテキトーな考えで、カードにご挨拶をして仕舞いました。

それから、メールのチェックをする為にパソコンに向かいました。
その後、ネット徘徊をする為に暫くパソコンの前に佇んで居た時に
キーボードの下に何か発見???

さっきの占いの時に使用したカードが1枚だけ飛んでいたようです。

それで、そのカードを見てみたら、「BUTTERFLY MAIDEN」でした。

ギョギョッ!!!このカードは
「変容」の意味を持つカードですね。
これは何かのサインなのかも?と思い記事にしました。
もしかしたら、毎月の占いとは別で、
世の中へのメッセージなのかなとも思いました。

PANDORAにも《去年の冬至の頃の変化》の記事がありましたが
私は鈍いので何もわかりませんでした。って言うか、今でもわからないのですが(汗
しかしながら、何かが変わっていっているのだと思います。

アセンションのことなのか、今生きている上での変化なのか、意識的なものなのか・・・わかりませんが
私は何か面白い事があるのではないかと思っています。そんな気がしました。



私は大変鈍い方なので皆さんの中の敏感な方が気づいてから半年くらい経ってからようやく気付く方。
というか、感覚で気付くのではなく、理詰めで分かる方です。

下の記事でもgermaniaで販売しているチャームのことを書きましたが、
germaniaでチャームを販売、またK子が指輪を販売し始めた当時のことを思うと
たしかに変化しているのです。
当時は指輪やチャームを郵送すると、考えられないような郵便事故に見舞われていました。
人間業(わざ)では無い、としか言いようがなかった。
たとえば・・・

指輪のオマケに入れた、和紙の入れ物に入った5本の楊枝の中の三本の頭が折れていた。
ビニール袋に入れてあるのにそんなことになっていたのは信じられません。
それから封筒に入れたビニール袋の中のもの(指輪やチャーム)が荒らされている。
封筒には小さい穴が空いているが、その小さい穴からどうやってビニール袋の中を荒らせたのか
やり方が分からない。
このような不思議な事故が多発していたのです。
一年間くらい続いていたでしょうか。
発送するたびに冷や冷やしていました。


でも、それから一年後には郵便事故がなくなりました。
理由は分かりません。
去年の夏至の頃や、他にも数回に渡って地球が波動を上げたようです。
去年の冬至の頃には四次元から人間に悪さをすることが出来なくなったようなのです。
その頃、あちこちのブログで
「何か知らないが波動が変わったような気がする」という記事が出て来ました。
そして立春。
さらに
「風が変わり、生き易くなった」という記事も出て来ました。

良くなっているようなのです。

反対に今まで波動を上げることが出来なかった人たちが今、まずいことになっていますね。
地球の波動についていけない人は、波動の開きがある分だけ苦しむことになるでしょう。
でも、PANDORAの関係者(お店の管理人さんとお客さん)にとっては
「良い変化」を感じる人が多い。
ということは、地球の波動に憑いて行ってるのではないかと思います。


germaniaや指輪のK子、karenの作品。
そしてPANDORAのリンク先のお店の製品が妨害にも遭わず、心配のない環境の中で
仕事が出来るようになったのはとてもラッキーです。

K子もkarenも優しいので郵便事故があっても文句を言わず忍耐して対応していました。
その時、怒って犯人探しをして波動を低めることなく、自分がやるべきことを淡々とこなしていた。
(あたしは怒ってたけど)
その忍耐が報われるようになったのです。
知らないうちに。

忍耐する者は報われますね。

<絵やストラップはシンクロに過ぎない>(2009年2月27日)


私が描いてる絵や作っている、或いはデザインしているストラップ。
或る人は「パワーがある」と言ってるようです。
霊能者とか、霊感が強い人です。

この点についてはモノには作る人の波動が込められるからそりゃそうだろう、と思います。
誰が作っても作成者のパワーが入りますからね。
そのパワーの質については私の性格や本質がこんなですから「破邪」のパワーはあるのではないかと。
優しい人が作るものよりは、です。
それから私の本質としての「成功、発展、拡大、生産、上昇、増大」なんてのも入りそうです。

なので、
◆魔除け(低級霊に対して)
◆金運、物質運、成功運
などは、まぁ、入っているかな、と思います。
思うだけで確認できませんが。

皆さんから上に挙げたような効果があった、という報告が沢山来ているので
(へえ!では、本当にあるのか)と、思っているところです。


しかし。
もっと考えるとモノにパワーがある、というよりはシンクロではないか、と思うんです。
誰かが金運を上げたいと思う。
そして(試しにifに金運upの絵を頼んでみるか)と、思う。
金運を上げるぞ、と本人が意識化する。
ハッキリと強く意識化した時点で運命が変化します。

私はその、「変化した依頼主の運命に沿った絵」を描くだけなので、絵にはパワーはなく
パワーがあるのは依頼主の方です。
なので
「絵が届いてもいないのに依頼したら金が入った」などという報告が沢山来る。
恋愛運や仕事運、魔除けなども同様です。

絵やモノはカタチに過ぎません。
決心によって変化した依頼主に相応しい絵やモノが行くだけなので、モノそのものにパワーが
あるというよりは、それらのモノはただのシンクロの現れに過ぎないと思うんです。
そんなコトを考えています。
<龍神ストラップの不思議>


Yさんからの報告です。


以前ゲルマニアで一目ぼれして購入した青龍が壊れました。
確かに2007年の9月に購入してますから、
壊れてもおかしくないのかもしれないのですが・・・
 
今日、●●さんの商品が届いた直後に、
ストラップが切れてバラバラになりました。
もうビックリです。
 
作り手の波動が物に宿るってことをしっかり理解しました。
●●さんと波動が合わないようです。
青龍さんに守ってもらいました。
 
私、頑張ります。
波動を上げるよう精進します。

●●さんの商品を低級霊の産物だ、というつもりはありません。
ただ「異波長」だな、と思うだけです。
Yさんが二年近く所有していた龍神は全然壊れなかったのは
龍神の波動=Yさんの波動
なのでしょう。

ところが●●さんの商品が来た途端、壊れてしまった。
●●さんの商品の波動はYさんとは異質なので
●●さんの波動≠龍神の波動=Yさんの波動
となります。

龍神が
(新しく来たモノはあなたとは異質ですよ)と、警告を発したのか、
●●のパワーに負けて防ぎきれずに壊れてしまったか、です。
或いは防げるがそれでは何が原因問題か、所有者のYさんに分からないので
敢えて壊れてみせたか・・・

●●さんの商品の方がパワーがあり、素晴らしいものかもしれません。
何かの方法で調べてみると良いと思いますよ。

ストラップは絵にはない働きがあります。
それは「壊れてみせる」というところです。
何も考えないで作りたいから作ったストラップですが、こんな効用もあったんですかね。



さて。
全ての石、材料を先日karenに引き取ってもらいました。
私にはストラップを作っている時間が作れないのでこれからはkarenにやってもらいます。

先日germaniaに「最後の龍神シリーズ第一弾」を発送しました。
石が私の手元には無いので、私は龍神を作って終わりにしたいと思います。
(他のチャームはkarenが作成してくれますが、龍神は全てデザインが違うので
  私じゃないと作れません)

最後の龍神シリーズは年内に数回作成&販売する予定です。
その第一弾が発送完了したところです。
第二弾もそのうち時間を作って作成しますね。

皆さんのセンサーとなってお役に立つよう、作りますね。

<失せモノ探しならホラリー>(2009年2月13日)


ホラリー占星術は他の占いには無い特徴があります。
失せモノ探しに有効だという点です。
二か月前にrindenさんにホラリーで見てもらった、その話をします。


去年、rindenさんがホラリー占星術のサイトをオープンしたいと言ったので、
では、モニターで練習してからの方がいいですよ、とアドバイスしました。
私の他にモニターを数人紹介しました。
改善点などを指摘してくれそうな、正直で御世辞を言わない妥協しない人を選んだのです。
(他にもこういう方は沢山いるでしょうが、とりあえずサイトを運営している人から選びました)
もう一人のararagiさんにも同じメンバーを紹介しました。

さて、ホラリーに訊きたいことは・・・と、考えたら、失せモノの相談をしようと思った。
私は弩級の粗忽者故、毎日のように探し物をしています。
失くしても構わないものならいい。
でも、母の形見の指輪(50万円)を失くした、と分かった時はさすがに
(っが===ん!)と、なりました。
そこへrindenさんが登場してくれたので、訊いてみた。
去年の12/12のことです。

「母の形見の指輪は家の中にありますか?」


おはようございます。

占い結果出ました。

「母の形見の指輪は家の中にありますか?」

紛失物の在処を表す今回のハウスの星「太陽」は、
ゴージャスな品物、贈り物を示しているので質問として合致しています。
つまりホロスコープは質問に答えようとしてくれています。)

今回のホロスコープ上でifさんを表す「月」は、

ifさんの「月」は願望達成(家の中で見つかる事)を願っているハウスにあります。
また「月」と幸運のアスペクト(角度)をとっている幸運の星(木星、金星)があって
これらは質問者ifさんの性格を表しているのかもしれません。


その「月」と肝心の指輪を表す「太陽」とは、悪い角度ではないですが良い角度でも無く、
どうも家の中で見つかるという願望がかなう事は難しいと表れ
自宅では速やかに見つかることにはならないようです。

また指輪の「太陽」を見ると、トラブルの火星の影響を強く浮け、
同時に他の不幸の星の土星・天王星・海王星とも悪いアスペクトを形成して
思いがけないところに置かれてしまった状況を表しているようです。
(指輪の立場からみて、思いがけず持ち主から遠ざけられてしまい
困っている状態を表しているのかも!?)

ただし、指輪の「太陽」は紛失物についての解決を表すハウスに入ってますので
戻ってこないわけでは無さそうです。

それらを会わせて考えた占いの結果は、以下のようになります。

「自宅にはありませんが、ifさんちからそんなに遠くない場所にあり、
少し時間がかかるかもしれませんが、見つかる可能性が高いでしょう。」

とのことです。

見つかる場所のキーワードとしては、
中くらいの高さ、日当りの良い場所、(→窓のところ?)
火に関するものや場所にあるようです。
火に関するものとしてはストーブや暖炉、アイロンの側なども含まれます。

方角としては、北西方面、
人としては、長男・長女がキーワードに含まれます。


以上です。



この指輪、今日見つかりました。

場所は私の寝室のタンスの引き出しの中で、レインコートを入れる袋に入っていました。
何で?
何でそんなアホな入れ物に入れたのか分かりません。
全然覚えてないので、驚きました。
(自分の痴ほう状態に)

「自宅では速やかに見つかることは難しい」→そのとおり。2か月かかりました。

「思いがけないところに置かれてしまった」→そのとおり。とても思いがけない場所でした。

「戻ってこないわけではなさそう」→そのとおり。見つかりました。

「自宅にはありませんが」→外れ。自宅にありました。

「中くらいの高さ」→当たり。タンスの私の目の高さよりちょっと低い場所。

「日当たりが良い場所」→外れ。朝日は入るけどそれほど良いとは言えない。

「火に関するものや場所」→外れ。まぁ、そばにオイルヒーターはあるけど。

「方角としては北西」→外れ。北東。

「長男・長女」→当たり。長女が以前使っていた部屋。
           入れ物になっていたのは長女のレインコートを入れる袋。




全部のキーワードが当たるというわけではなさそうです。
これはかなりの腕前のプロにやってもらった経験から言っても無理です。
やはり全部のキーワードは当たりません。
初心者なのに、この正解率はかなり良いと思います。
最終的に「出てくる」「出てこない」が分かるだけでも、ホラリーは役に立つ。

さて。
皆さんも失せモノ探し、どうですか?

私は他にも数件、失せモノの場所をrindenさんに見てもらいました。
しまいには
「ifさん、失くしすぎ」と言われてしまいました。
言えてる。

<その石はあなただけの石です!>(2009年2月6日)


M氏から聞いた話。

M氏が霊感のある人二名と行動を共にすることがあったそうです。
そのうちの一名は
◇相手の人がどのような石と合うか分かる
◇相手の人がどのようなパワーグッズと合うか分かる
◇霊が見える
◇エネルギーを感じる
◇相手の人の、生まれてから今日までのことが分かる
◇相手の人を守護している存在が分かる
◇相手の人の過去世が分かる
◇パワースポットが分かる
のだそうです。

これを聞いた私の反応はいつものように(本当かなぁ?)です。
でも、M氏は実際に行動を共にしたので分かったそうです。
彼らは本当に見えているのだ、と。


たとえばM氏を守護しているのがM氏のお母さんであることを当てた。
M氏の兄弟は父親との縁が深く、M氏は母親との縁が深い。
これは以前、他の霊能者からも言われていたので
今回、言ってることが一致したので、信じられると思ったそうです。
それなら私も信じてもいいかな。

さて、M氏。
ポケットから透明な石を取り出してこの霊感強い人に訊いたそうです。
すると霊能者は凄く驚いて
「Mさん!これはMさんのためにある石です!」

M氏が見せたのは私があげたアンダラ・クリスタルです。
去年、或る人からもらったのですが、その石がM氏に相応しいと思ったので
あげたのでした。



ということは・・・



私が一番勘が鋭いのでは?




それは冗談ですが、この石はM氏の子供くらいの年齢の方からもらったのです。
せっかくもらったんですけど、どうもその石はM氏に相応しい気がしてならないので
M氏に差し上げました。
その後もM氏のお子さんくらいの年齢の方から「青い瓶」が届きましたが
それは理由があってM氏にもらってもらいました。
まだ若いこの方とM氏。
何故かモノが行くのです。
私は仲介しているだけです。
不思議な縁がありそうです。

アンダラ・クリスタルは私のところに沢山来ましたが、
皆、相応しい人に行ったようで、良かったです。



アンダラ・クリスタルは「相応しい人のところ」へ行くそうです。
何事もあまり信じない私ですが
M氏の体験談を聞くと本当なのかな、と思います。
アンダラ・クリスタルはここで売ってますよ。
リンク1のミルラ→Lenさんのブログ。

<私は光です>(2009年2月4日)


これは「絵の不思議話」に書いた方が良いかもしれない記事ですが、トンデモなのでここに書きますね。


Yです。最近毎日のようにifさんにメールを送らせてもらいありがとうございます。
金運アップの絵ですが、一歩前進しました。
昨日の朝、新聞広告にチラシが入っていたのですが、
それは県から雇用経済対策のひとつに公共職業訓練の募集でした。
そこに私が資格を取りに行こうとしたヘルパーが載っていて早速職安に聞きに行ってみました。
まだ募集を開始していないということで、取りあえず求職をしていることが条件であるらしく、
手続きだけをしてきたのですが、もし入れればただで資格がとれそうです。一歩前へ進んだ!!!
 
それは良かった♪
この不況下ただで資格が取れるとはいいですね。

また、金運アップの絵ですが、これの背景の色ってチャクラの色だったんですか?
上は紫で下は赤になってますよね・・・

そうです。
最近、オマケの絵に「虹色背景の絵」を描いてます。
Yさんに描いた金運upの絵はオマケではないので、色が出にくい金色を使いました。
手が込んでいます。
オマケの絵は簡単な絵にしています。



おまけの絵のおみくじが「みどり」で、どういう意味かなと思っていたのですが、
ハートのチャクラの意味かな?なんて思えてきました。
おまけの絵の題名の「私は光です」でして、心を開き光になっていくようにとのことなのかな?
なんても思えてきたのですが、10年前のことを思い出したんです。
 


それは車を運転中に追突されました。
いつもなら私は軽自動車に乗っているのですが、
その日にかぎり親から借りた車を運転していたときに、後ろからものすごい勢いで突っ込まれました。
もちろんその勢いなので前にも突っ込み、前後がぐしゃぐしゃになりましたが、
なぜか怪我もなくよかったです。普通車でよかった!
 
その突っ込んできた人は私を見て、「ははあ」と納得するので、
その態度に腹がたったものの、不思議な感じでした。
事故処理をした後に、その人は私を呉服屋の2階へ連れて行き、
変なおっさんの前に座らせて、おっさんが人差し指を前に突き出し、
両手を組み「シュー」なんて言いながら霊を取ってくれました。
(私には見えませんが取ったらしいです)
そしてそのおっさんは
「あんたかわいそうだ・・・人間からは見えんが霊からはあんたの放ってる光で寄ってくるんだと・・・。
修行しんさい!」

と言われ「はっ?何だって?」と思い気持ち悪くてその場を帰りました。


ウチの長女も数年前に中途半端に修行をしたものだから、中途半端に光ってたようです。
なので、やはり変な霊に憑かれたり頼られたり、大変でした。
中途半端に光るとロクなことがないですね。
なので、光るなら徹底して光った方がいい。

光る・・・というのは、想念帯の濁りというか曇りが取れるので中の光が出てくることではないかな。
それとともに勿論人間性も良くなるでしょう。
しかし中途半端な善人が最も困ることが多いのと同じく
(性質の悪い連中にやられるのはそういう人です)
だったら光ってない方がまだ、いいという論理は成り立ちます。
善いか悪いかはこの際、別にしています。


ぶつかったのもここにくるようになっていたとも言われ、
勝手に追突しておいて何を言ってるんだ!と気分が悪くなりました。
でも
「私は光です」のメッセージにより思い出した事件でした。

 
その光を放つ原因というのは、それは小さいころからのおばあさんが私にしていた浄霊が原因なんですって。
へたにそんなものをうけるからいけんのだ!ともおっさんに言われました。
いけなかったのかな?なんてその当時に考えましたが、今はすっかり忘れてました。
 
ifさんの前回のおまけの絵も「手のひら」だったのにも驚きました。
おばあちゃんから浄霊されている気がしてますし・・・
浄霊とか光とか共通しているんでしょうか?

Yさんから依頼された絵は一枚でしたが、ちょうどオマケ用の絵(私は光)があったのと、
なんとなく描きたくなったのでもう一枚(手のひら)描いたので、合計三枚になったのです。
これもふしぎなことですね。


そのあとに、そのおっさんに「あんたは毘沙門天がついている。
優しくならんとなあ・・・戦いの神様だからあんたは負けんだろ」と言われました。
あはは・・・負けますよ・・・すぐへこみますし・・・

毘沙門天は戦(いくさ)の神なので、喧嘩とか意地悪された時とか、関係ないと思います。
戦(いくさ)は戦(いくさ)ですからね、別モノです。
毘沙門天が憑いていてくれるなんて素晴らしい。
修行しましょうw

<2009年の予想>(2009年1月21日)


雑誌「ムー」を、今日買いました。
9日発売なのでかなり遅いです。
(本屋に行ったら他に買いたい本が無かったので・・・)
するといろんなジャンルの占い師に予想させた、今年の予言が載っていました。

占った項目は
◆地震・自然災害
◆国際情勢
◆日本の政治経済と文化
◆日本と世界の事件・事故
ですが、この中の「国際情勢」の記事で、オバマ氏について
6人の占い師が占ったところ、どうもあまり良くない卦が出ているのです。


「オーラが弱いのでおそらく長期政権にはならない」
「申し上げにくいが暗殺の卦である」
「デビルのカードが出ている。(中略)乗り物で移動する際に厳重な警戒が必要だろう」
「国際情勢はオバマ氏が解決しようとしても、とうてい無理な段階にある」
「オバマ氏は彼を選んだ人たちの期待を裏切る、初の黒人大統領という
 苦い役割を担う予感に満ちている。(中略)彼は生贄なのだ」

と、6人中5人までが暗い運命を予想しています。
唯一
「(彼、或いはアメリカにとって)逆転ホームランの方位が刻まれている」
と、この予言だけが明るい未来を予想しています。
しかし、これも逆転とあるので、やはり一時的にはオバマ氏は苦境に立たされるのかもしれない。
そこを乗り切れば逆転ホームラン、となるのかもしれない。

オバマ氏はアメリカ人のみならず、世界中の人から好意的に見られているようです。
私も彼を大いに気に入ってます。
その多くの人の念が彼を守ってくれるといいな。

<去年の冬至の頃の変化>(2009年1月17日〜2009年1月18日)


去年2008年の冬至の頃、地球(三次元)の波動が変わったと言っている人が何人もいます。
私は本当に鈍いので何も感じませんが。



PANDORAのリンク2にある「まるふく堂」さんの2008年12月22日の日記。

冬至の日


『 終わった 』


数日前に浮かんだこの言葉の意味がはっきりつかめませんでした。
言葉の背景に”続き”を感じられたからです。
そして今日、たくさんの言葉がまざった強い風にのって

『 準備は終わりだ 』

もちろん、どの瞬間も本番なんですが、これからは、さらに本格的に動き出す
ことを予感します。

今日、強い風の中、朝から、とめどなく流れてきます。

『 人よ聴こえるか?この声が? 感じるか?このエネルギーを?』

『 人よあきらめるなよ 』

『 あきらめるなよ 繋がることを、その力を 』


今日は昼間と遅めの夜と仕事でして、夕方ごろから中途半端に時間が出来てしまいた。
そこで、映画を観に行くことにしました。普段はDVDですましてしまいがちで
、映画館に 行くのは結構珍しいです。
映画館に行くとちょうど「地球が静止する日」をやっていました。
なんとなくタイムリーだなと思いつつ観ていました。
少しのつっこみの混じった浮かんでくる言葉を聞きながら観ました。


『 人は必要なのだ。人は変われる。。。。。 
  人にかかっている。誰かがしてくれるのではないぞ。
  それぞれにかかっているのだぞ 』


座席も意味ありげな数字の座席でした。

映画の後、夜の仕事を終えて、帰り道、強さを増した風の中、空には星が輝き、
風に混じって浮かんできます。

闇がますます力を振るう様子、光がますますその輝きをます様子、
(それぞれが、それぞれの特性として力を振るっている。悪とか善とか
いう意味でない)

言葉も。。。

『 この風を感じているならわかるだろ。。物事の両面が一緒にのっていることを。。。
  闇の声も聴こえよう、光の声も聴こえよう
  この風は、祝福の鐘の音、この風は更なる忍耐の始まりを告げる鐘の音 
  
  ただ、辛いことを試練と思うなよ。飛び立つために必要な向かい風と思えよ
  受け取り方次第だぞ。 』

『 飛びたてよ。楽しみだのう 』


「 なんかひとごとですね 」

『 何を言うか!何のために一緒にやってきたのか。。。
  少しは自信をもて!
  お前は、いつも自分は苦労なんてしてきてないと考える、
  苦労は本質ではないと考える、
  
  そう、苦労は本質ではない。ただ必要でもある。苦労を苦労としないことが大事なのだ。
  それに、お前も、辛抱も、涙も、怒りも、誤解・不理解も、傷つくことも、きついことも経験して
  きているではないか!
  もちろん、まだ経験と学びは続く、しかし、この風を飛翔のための向かい風にするための
  耐力をもっていると自覚し、自信をもてよ! 』

 
「 んん、まあ今日の風を聴いていると、さあてやりますかあ!という気持ちにはなります 」

『 んん、楽しみだのう〜』

「 ・・・・やっぱり、人事。。。」

と、こんな自分の苦労したみたいな話は、書かないよ、と思っていたら
(そもそもホントにキツイ体験は人並みにしていても、苦労しているとは自分で思っていない)

『 書けよ。。。』

だそうです。。。。


冬至の日の脳内独り言でした。。。
独り言もここまでくると、妖しいですね。

ついでに、あらためて言います。
これは会話調の独り言です。
なぜなら、いろいろ試しているのですが、
例えば、頭の中の言葉は僕の知らない科学的質問には答えてこなかったりします。

なので、僕の中では独り言の枠をでません。

さてさて。
まるふく堂さんは「脳内独り言」と言ってますが、それは「宇宙NOW!」の
管理人さんがやっていることと変わりないように見えます。

チャネリング教室に通っていた方から聞いた話では
独り言、自分の考えと、チャネリング情報の違いを分かるのは
とても難しいそうです。
見極めが難しいのだそうです。
自分が思いつかないことが浮かぶのはチャネリングだそうです。
それなら私にも経験があります。

数年前にいきなり(これから神が子供を遣わすから育てるように)という
アイディアがいきなり浮かび、その数日後、近所の子供が我が家に家出して来ました。
(で、すぐ分かれば良いものを、それから数ヶ月間、この子が神が遣わした子だと
  わかりませんでした・・・・だはっ!)
なので、チャネリングと自分のアイディアとの差を分かるのは難しく、
大抵の場合単なる思いつきだと思ってしまうのではないか?


まるふく堂さんはチャネリングをしているのだと思います。


次は謎の方から。

冬至の日を境に風が変わりました。
変わったと感じたんです。

以下省略していますが、何かが変わったらしい。
地球の波動が変わったのかな?



他にもネットで探せば沢山見つかるのではないかと思います。
また閲覧者の皆さんの中にも、去年の冬至の頃何か変化を感じた方がいると思います。
霊的に敏感な方が多いので。

去年の冬至の頃、地球の波動が変わったのではないか。
しかも良い方へ、です。
向上しようとしている人にとっては良い変化です。
しかし、地球の波動上昇に憑いていけない人にとっては悪い変化です。
憑いて行けないので、大変だと思います。
自然に暮らす動植物には「我」が無いので、地球の波動上昇には
自然についていけるそうです。(相似象他)

人間だけが中途半端に進化した頭のせいで、憑いて行けないのだそうです。
ついて行くには
「生まれ赤児の心」が必要。
これは難しい・・・
<しろたえさんの場合>(2009年1月18日)


上の記事を読んだしろたえさんから。

こんばんは。
 
ブログ「答えは自分の中にある」をリンクして頂いてるしろたえです。
 
パンドラの壺、etcに掲載されている波動の変化ですが
波動なのかどうかまではわかりませんでしたが
「なんか変わったな〜」というのは私も感じていました。
ただ、それ以前からも「あれ?なんか・・・変わった?」という時期が
何度かあったので、私のそれはただの勘違いかもしれません。
 
が、ちょうど冬至を過ぎた頃、仕事が決まり、
これで心おきなく新年を迎えられそうだと安心していたところ
目の病気にかかってしまい、もう完治はしたのですが
次のステップに備えての浄化かもな〜なんて思っていました。
 
仕事も決まって収入の確保ができたので
春からオーラソーマの次のレベルを受講しようと思っています。
 
何となく今の自分には勢いを感じます。
追い風というんでしょうかね?
久しぶりに感じるんですよ。
とりあえずやりたいなら色々試してみな、みたいな。
昨年感じていた停滞感は今のための準備期間だったのかもしれません。
いろんなことを考えることができたので。
 
何かそういった波動の変化があったとするなら
私もうまくその波に乗れてるのかな〜?なんて思いました。
 
話は違いますが、今日も夢にifさんが出てきましたよ〜。
夢の中でも私は夢を見ていて、数字が出てきたんですが
それを忘れてしまい、そのことをifさんに話したら
ちゃんと覚えておきなさい、と・・・(汗)
 
しろたえ
<まるふく堂さんから>


「冬至の頃何か変わったって書いてたよね?」と、メールで質問したら返信が来ました。

僕が感じたのは、

天からのエネルギーというのでしょうか?
今までの体や気持ちに何となく圧をかけていた感じがあったのが、その圧が徐々に軽くなりました。
簡単にいうと楽になりました。特に気持ちの面で楽になったと思います。

なんというかヌケが良くなったというか。。。流れがよくなったというか。。
これは
年が変ってからも今も続いているように思います。

冬至以降安心感が増したように思います。
現実的にも物事の流れが良くなったように思います、
長年心にひっかっていたことが、ポロリととれたりもしました。

印象的なのは、
冬至の夜には強い風がふいてました。
その風は冷たい感じでなく春先に生命力のある息吹を感じるのに近い感覚を憶えました。

エネルギーは濃くなっているのですが、やわらかく、軽い感じです。

ブログにも書きましたが、
この風に吹かれていると、
「さあ始まるな」「これからが本番」
と思いました。
それは、エネルギーの話しなのか?
それにあわせ現実や人が変化するのかは、わからないのですが、変化が更に進むということです。

これは、冬至前から感じていた
”準備は終わり”
と感じていたことにも関係していると思います。
小学1年生の教科書を、いつまでも初めからするわけではないよ。。。。みたいな。。。

その感覚が世で言ってる”振り分け”とか”選択”とかいうことに近い感覚かもしれません。

あと、
光や闇とか2次元的なエネルギーの両方が飛び交っているようにも感じました。
振り分けがあるなら、どっちかを感じるのかなあと思ったりもしていたのですが、
両方が力を増しているように感じられました。どちらを感じても嫌な感覚はありませんでした。
両方が力を増すということは両極化が進むようにみえますが、
僕は統合する前段階でしかないように感じます。
いろんなモノをつなぐエネルギーが流れ始めたように感じます。

とにかく
風には更なる変化の匂いがまざっていて、ワクワクしました。
(僕は変化星なので変化は、なんでもワクワクします)

お風呂のお湯って混ぜないと上と下で温度の違う層ができますよね。
冬至って、その熱い湯とつめたい湯の混ざりあっている境目のような感覚かもしれません。
今年に入ってちょこっと上にいった感じというのでしょうか。。。

僕はエネルギーの質みたいなものの変化を感じるだけなので、(あわせて言葉も少し浮かびますが)
僕が感じて、今うまく言えるのは、その程度です。

ではでは。


<2009年の運勢>(2009年1月2日)


カモワン・タロットによる、2009年の運勢です。
星座別ではなく「2009年とはどのような年か?」という占いです。

「桔梗の部屋」の桔梗さんがカモワンで占いました。
面白いので載せますね。



2009年はどんな年?
  • 2009/01/02(金) 17:50:32

あけましておめでとうございます。

みなさまにとって2009年がよい一年となりますようお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


今日は、年初ということもあり・・・

2009年がどんな年になりそうか、

カモワンタロットに訊いてみた結果について書こうと思います。



質問は

(一般論として)2009年はどんな年になりそうですか?

としてカードを引きました。


すると・・・

   過去          現在          未来

皇帝(4番)R  →  悪魔(15番)  ← 戦車(7番)

吊るし(12番)



といういたってシンプルな答えが返ってきました。

(Rは逆位置を示し、矢印は人物の視線を示します)



女性を表すカードが一枚も出ず、悪魔のカードが中心になっていて、
皇帝Rと戦車が悪魔を見て対称的に向かい合っているのが興味深いですね・・・。


カードの意味として、2009年は、


(女性的なものでなく)男性的なものが現象としてより顕れやすく・・・


現世的な成功、

つまり、経済的・物質的成功、名声、うまくいくこと等 について (悪魔)、


利己的だったり、人のために貢献できなかったり、
権威的だったりすると、うまくいかず、

また、旧態依然のものや支配的なものは、うまくいかなくなる (皇帝R


一方、


ものごとの陰陽両極をよく理解し、
地上を超えるような宇宙的な意識をもって邁進すれば、うまくいく、

また、新進気鋭に勇気をもって断行することでうまくいく (戦車



というところでしょうか。

結局のところ、よく世間で言われるところの

二極化が進む

ということを意味しているように思われます。


そして、うまくいかない場合は(皇帝R)、


現状を受け入れて、起こっていることをよく観察し、

忍耐強くものの見方や考え方を変えること  (吊るし


で解決することができる、ということなのでしょう。



当たり前といえば実に当たり前なのでしょうが・・・

このような結果が出ましたので、ご参考までに・・・。


<2009年の運勢>(2008年12月28日)


いろんな占いを集めてみました。

http://www5.plala.or.jp/imakoko/sub4uranai-kyusei-year.htm

http://www.moonlabo.com/cgi-bin/cafe/moon/index_cafe_moon.cgi

http://www.sakai.zaq.ne.jp/utarun/kabara/kabara.htm

http://kosei-do.com/index.html

http://d.hatena.ne.jp/buddhist/20081221

<2009年 冥王星の位置による各星座別の運勢>


2009年の運勢には沢山ありますが、中でもコレは参考になりそうです。


「占い師☆宮里砂智子の西洋占い」   http://homepage1.nifty.com/fcafe/m/  より。

「冥王星・山羊座時代」   http://homepage1.nifty.com/fcafe/m/plutoyagi.htm


冥王星が山羊座へ(2008年11月27日-2023年)

山羊座は現実的に機能している社会的なシステムや権威を象徴しているため、
そこを冥王星が通過する間に、世界の政治や経済のパラダイム(規範的考え方)が大きな変動をきたす可能性があります。
しかし、それで世界から悪徳や不平等が一掃され、すぐにユートピアのような世界が誕生すると考えるのは早計です。
地に足がついたやり方で時間をかけて目標を達成していくのがこの時代のテーマだからです。
山羊座
はまた、ローカルな社会の歴史や伝統も象徴しますが、そこに冥王星の再生力が働くことで、
様々な地域で古い時代の文化が見直され、現代人にマッチした新しい形を伴って流行するようになるでしょう。

あなたのホロスコープ(生年月日を元に作成した星図)の中で冥王星がどこにあり、どういう意味があるのか。
冥王星山羊座を変革していきますが、それは個人によって受け止められる場所が違うことを示しています。
自分の生き方の中で、どこに冥王星があり、節目として射手座から山羊座へ移動したことにより、
新しくテーマが変わり、今まで放置していたことに根本的に取り組むことになりそうです。
でも冥王星の作用に積極的に関わりあいたくない人は、周辺の環境として現れてくることになるでしょう。
逆に自分が冥王星と同化をした時には積極的に冥王星のテーマと関わることになるでしょう。

<2008年という年>(2008年12月22日)


「宇宙意識へのチューニング」(リンク1→精神世界)より。

http://www.harmonion.com/Articles/J-Energy_Forecast_2008_and_Beyond.html



(一部抜粋)

Pluto enters Capricorn (Saturn) around February 2008 eclipses.

 冥王星が2008年2月の食ごろに山羊座に入る。

 

 深層意識のトランスフォーメーション。

 

  Re-awakening (and thus healing)  of the deepest insecurity, anxiety and fear within.

 心の奥にある最も深い不安や恐怖、自信のなさが再び覚醒する人は増えていく。

 (もちろん、出るほどの恐怖を抱えていない人は出ない。)

 己の中から出て来る負のエネルギーは辛い。 
が、それに果敢に立ち向かう人は、ヒーリング 自己変革をしていく。

 

 自己の心の奥底に脈々と流れてきた不安と恐怖がついに、表面化するのは誰でも恐ろしい。

 しかしそれが表面化することで、治っていく。

 たまっていた膿が出て、痛み、かさぶたになり、やがてきれいに治る。

 

 山羊座の負のエネルギーのある面は、自己猜疑心の深さ、
自信喪失、劣等感、生きることへの不安と心配、落ち込み、
小心、失意、失望、失敗の恐怖、気力不足、怠惰、貧困、
貧乏根性、利己主義、けち、などなど・・・を含む。 (ようは自分に自信がないということだが・・・)。 

 

 (山羊座のポジティブ・エネルギーは、もちろん、極の反対、これらのコンプレックスを克服する努力、
精進、ゴール達成能力、社会貢献への意欲、自己実現能力、成功するパワー、己に勝利する能力です。 
困難を跳ね返す能力は素晴らしい)

 

 自分の中の深いところにある、これらの深いコンプレックスが表面化することが出て来る。
(以下略)



私が見たところ、この通りのことが起こっています。

<あなたの時間と私の時間>(2008年12月16日〜記事は下に追加されています)


今日ジュネさんの潜在意識解読を受けました。
面白かったです。
電話が終わってからもなんかいい気持ち。

下の記事のIさん一家が「榛名神社へ行こう」と決めたら
あれよあれよという展開で、計画なんかしていないのに叶ってしまった話をしたら
「時間」の話になりました。
私はIさん一家は龍神様のお導きで来られたと思ったんだけど、
まぁ、それもあるだろうが、Iさん一家の時間と私の時間が一致したから会えたのだそうです。


今まで、私たちはグレゴリオ歴を使い一日24時間と設定して生きて来ました。
ところが
意識=時間、なのだそうです。
あなたの意識と私の意識は当然違いますから、時間も違う。
するとどういうことが起こるか。
違う意識同志の人は会えなくなるのだそうです。

あなたの「12/16、1時」と私の「12/16、1時」は違うので、一致しない。
なので会えない・・・のだそうです。
今、半ばそうなっているそうです。

ここ数年、時間の流れが早くなっていますね。
この間、年が明けて2008年になったと思ったら、もう、今年も終わりです。
一年がとても短い。
それなのに1か月前がかなり遠く感じられるとジュネさんが言うので思い当たったことがある。


たとえば、ニュースになった地震や大量殺人事件。
あれは大昔のことだと思ったらたったの数か月前だとこの間テレビを見ていて気づきました。
その前から(え?まだそんな最近だったっけ?)と、思うことが沢山ありましたが
ハッキリ意識化したのはその時でした。
(うそ!まだ半年しか経ってないの?)状態でした。

それなのに、一年はあっと言う間に過ぎていきます。
一週間が異常に早いです。
先日ウチに遊びに来た電機屋さんのご主人(奥さんはパソコンを修理してたが)
と会話したんだけど、やはり一週間が異常に短く感じられる、と言います。
私なんかテレビ番組を見て息子に
「この番組昨日やってなかった?」と、いつも訊いています。
それを言ったら電機屋さんのご主人
「僕はまだそこまで逝ってませんが、一週間が三日くらいに感じますね。」ですと。
これはやはり意識が時間の長さを決めている証拠の一つではないか。

この間年が明けて2008年になったと思ったら、もう、今年も終わろうとしています。
一年が経つのがとても速いです。
それなのに、一年前のことがやけに遠く感じられます。
ジュネさんがそう言うので、私もそのと通りだ、と言いました。
これはどういう現象でしょう。

私が(悪い頭で考えて)思うに、「人間が決めた、三次元の時間の取り決め(暦)は短く、
個人個人の意識の上での時間は「その事件があった時」から、モノ凄い勢いで離れている、
のだと思います。
巧く説明できませんが。
要するに「暦の時間と自分の時間のズレがどんどん大きくなっている」のです。



このように意識と時間が切り離せないものだとしたら、
意識が違う者同志は会うのも困難になって行きますね。
勿論意識が同じ者同志は、会おうと思ったら即会えます。
これはいいとして、問題は意識が違う者同志です。

ネットでの付き合いは三次元内を移動する必要が無いのでいいけれど、
ネットの知り合いと会おうと思っても、お互いの意識が違い過ぎれば時間が合わないので会えないということです。
なのでoff会開けませんかね。
ネットの知り合いとoff会やれたら、それは意識も近い者同志、と言えるのではないか。


アセンションとは時間の制限を超えてしまうことです。(私の定義ね)
それまで普通に過ごしていた人が、或る日突然アセンションしたので
時間関係無い・・・・・・・ではなく、時間と意識が切り離せないものだとしたら
意識が上がるにつれて時間も一緒に変化するのでしょう。
つまり、自分の意識を「時間の制限を受けないレベル」にまで持っていかなければ
アセンションは出来ないということになります。

意識(レベル)を上げることには苦労しますが、方法はあります。
波動量を上げましょう。
その方法をPANDORAのあちこちで紹介していますよ。


ジュネさん曰く
「PANDORAからいらっしゃるお客さんは、皆さん良い人ばかりで
ifさんの絵をとても大事に持っています。」
とのこと。
嬉しいですね。
でも、皆さんは私なんかを目標にしないでぜひ「土台」にしてください。
if レベル(ったってたいしたことはないが)を乗り越えてさらにその上を目指して進んでくださいな。

去年あたりから人と人との離合集散が激化して来た感じがしますが、
「意識の違いから来る時間の差による」ことも離れてしまう理由の一つでしょう。
「あの人は嫌い」「あの人と付き合いたくない」という、感情レベルの話ではありません。
いくら嫌いでも「共通の時間で過ごしていれば、離れることは出来ない」のです。
反対にいくら好きでも「意識の差からくる時間のずれがある」場合は
お互いの時間(時刻)が一致せず会えないことになり、結果離れて行くのでしょう。

学校や職場、近所に嫌な奴がいる。
でもそいつと意識レベルが同じようなものだったら、同じ時間を持つもの同志嫌でも離れられない。
だったら意識を上げるのがいいですね。


さて、今、このような時間のずれが進行中だそうです。
ジュネさんが言うには今は道の半ばに来た感があるそうです。
これがさらに進めば最終的に
◆三次元の時間を超える人
◆三次元の時間内を生きる人
と、二手に別れて行くしかありません。

私は、今の時間枠であるグレゴリオ歴を意識して排除しマヤ歴を使うことによって意識に変化が起こると思っています。
(とは言え、私はやってないけど)

このような時間の性質の変化に気づいた人、気づかなくても乗れる人には
下の記事のIさん一家のような不思議な偶然が立て続けに起こり、
どんどん面白いこと(不思議なこと)が起こるようです。
(Iさんからは今回の旅行に関する不思議な偶然の数々を報告してもらいましたがここでは掲載しません)

今、12/16です。
アセンションは一日で起こるのではないようですが、まぁ、2012/12/21としましょう。
(12/22だっけ?)
それまでまだ4年間あります。
その4年間を無駄に過ごさず毎日、自分の意識を見て波動量を上げて行こうではありませんか。

とりあえずジュネさんと会えれば、まぁ、OKみたいな?
来年会う約束したけど、会えなかったらど=しよう!
<電車>(2008年12月17日)


Nさんから。

壷、読みました。
時間はまさにそうですね。
おもしろかったです。
 
私も経験があります。
絶対に遅れることができない待ち合わせに、
どうしても20分足りなくて間に合わないと思ったとき、
意識の上で距離を短縮させるんです。
自分の乗っている電車ごと次元を上昇させるというか、
横に移動しながらそのまま上に上昇する感じです。
ばかなことを言っているようで恐縮です。
で、不思議なことにギリギリで間に合ったのです。
まさに意識が時間を越えるという感じでした。



かなりトンデモですが、これ、映画「ジャンパー」にも出てきましたね。
動くものなら自分と一緒に移動させることが出来る、ということが。
<タクシー>


実は私にも経験があります。

21年ほど前のことです。
当時、まだ子供は二人しかいませんでした。
友人親子と団体旅行に参加してディズニーランドへ行きました。

で、現地で時間を忘れ、集合時刻に遅れてしまったのです。
舞浜駅から東京の集合場所までタクシーに乗りました。
ベテランの運転手さんは「その時間に着くのは無理」と言いました。
私と友人で「とにかく間に合いたいのでお願いします!」と必死。

すると・・・・・・・間に合いました。

運転手さんは「信じられない、あり得ない」と、何度も言ってました。
ベテランの運転手さんなので、あり得ないと言うのは本当だと思います。
何の作用で間に合ってしまったのか、今でも分かりませんが、

ひょっとして私が時間を変えたのでしょうか。
<赤ちゃん>


話変わりまして「パンドラの壺」内「etc X」の<あなたの時間と私の時間>
を拝見して、ifさまはお母さんだなあとしみじみ思いました。
 何となく、一人でもこの先の地球の事を想像(創造)できる人が生き残ったら、あ
る意味全員助かるような気がするので(この先、どうも最終的には一人に一つの世界
に別れて行って、限界を想像してしまったところから消えていく気がしますが、巧く
次のポイントにつなげられたら逃げ切れるみたいなイメージがあります)、私も次に
バトンをきちんと渡したいなーと及ばずながら思いました。
 
 私の時間は今ムチャクチャなので、もう早いんか遅いんか…瞬間瞬間はゆっくりな
のに過ぎたらあっという間です。球面に風景が映るようなイメージで一番拡大されて
いるところが今、みたいな。
 生後五ヶ月の息子がもう一年ぐらいいてるような気がすると家族で言っています
が、乳幼児がいると一日が濃いです。でもあっという間に大きくなります(笑)



そりゃ大変ですなw
でも分かる気もする。
<邪魔する自分に勝つ>


こんばんは。
 
ブログ「答えは自分の中にある」(リンク2→友人ブログ)をリンクして頂いてます
しろたえです。
 
パンドラの壺etcに載ってる時間のお話ですが
私も似たようなことがあったんです。
先月ヒプノセラピーを●●県にあるサロンで受けるために
高速バスの乗り場がある●●に向かったのですが
電車の人身事故に巻き込まれてしまい電車が止まってしまったんです。
「あー、これ何かに邪魔されてるな・・・」と思ったのですが
ここで負けてたまるかと急いで駅前にあるタクシーに乗り換えたんです。
月曜の朝だったので道路も混んでいて
タクシーの運転手さんも「間に合うかどうか・・ギリギリかなぁ」と言ってたんですが
「(乗る予定のバスを)逃すとあと1時間はバスがないんですよぉ〜」なんて言いながら
お願い、間に合って!と時計とにらめっこしながらヤキモキしてたんですが
運転手さんも頑張ってくれて、バスの発車の3分前くらいに到着して無事にバスに乗ることができたんです。
タクシーの中で、これで間に合わなかったら、きっとヒプノは今のタイミングではないということかもしれないし
ヒプノをやってくださる方との波動の差もあるってことなんだろうな〜・・・と漠然と思っていたので
間に合った時はほんと嬉しかったですよ。

面白いな、掲載させて。

掲載、どうぞ!
 
「何かに邪魔をされてる」の「何か」は
他者ではなく、変化を良しとしない私自身だったのかもしれません。
ですから、尚更負けたくないと思ったんですよね。

う〜〜む、なるほど。
しろたえさんの身体に沁み込んでいる「三次元の制限」を、「意識の力で超えた」のではないかな。
他人が邪魔をするのではない、邪魔をするのは自分なのだ、という、この考えは深いし、
とても参考になります。


他人など最初から関係無いのです。
他人の一言ひとことに対して過敏に反応する人がいます。(女に多いですね!)
でも、それって、もし言われたのが他の人なら、同じようには反応しませんよ。

テレビを見たりすると「姑にこう言われた」と、ン十年も根に持っている嫁を
見ることがありますが、それってもし私なら違う反応をしますから、根に持つことはありません。
(その都度完膚無きまでに打ちのめします)
(なので「あ、今回もちょっとやり過ぎたな(てへっ♪」と思います)
(でも、いいのさ。アタシが悪いんじゃなくて、相手が悪いんだから、と思い直します)
(え?そのレベルではアセンションどころかヂゴク逝きですと?)
(・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。)
(あなたには関係ありませんけど!)


と、まぁ、同じ作用が来てもそれに対する反応はその人固有なのです。
だから、その、固有の反応のレベルを上げればいいんです。
しろたえさんの「邪魔をしようとする自分に負けない」という言葉は実に含蓄が深いです。


ifさんがおっしゃるように
他人なんて最初から関係ないのでしょうね。
大抵のことは自分自身が勝手に作りあげた幻想なのかしれません。
幻想相手なんだから、勝てるんじゃないの?
と、最近考えが変わってきました。
自分以外の誰かを敵にしてしまえば
逃げ場もできて楽でいいですものね。
 
しろたえ

あなたは分かりが良いですね♪
<時間を作った人>(2008年12月19日)


沖縄で陶芸の工房を開いているシエンさんから。
シエンさんのサイトはこちらです→ 工房  O-gusuya
o-gusuyaさんの製品はセンスが良いので私も買いました。
沖縄らしい唐草模様の湯呑茶碗でしたが、今はお店にはないようです。
似たものならTOPページの写真に載っています。


if さんへ
 
今晩は。
 
古本市の第一回で、本を送っていただいたシエンです。
 
”何かお礼をしたいけど、何が良いだろう”と
考えているうちに、あっという間に月日が経ってしまいました。
 
そこで、お礼になるか判りませんが、昨日の出来事をお話させてください。

 
16日の夜に「あなたの時間と私の時間」を読んでナルホド〜と思いつつ眠りました。
 
翌日(昨日)の朝も娘を保育園へ送る車の中で漠然と考えていました。
 
で、今月私は陶芸の仕事を一切やっていません。今月は私も”大処分月間”として
家中の不用品を処分しながら掃除をすると宣言しています。
 
ですので、昨日も朝からずっと片付けと掃除をし続けました。
昨日は特に水垢を必死でこすり落とし続けました。
 
1、昨日はいつもより娘が30分くらい遅く起きたので、
  作業のスタートもいつもより2〜30分遅くなった。
 
2、お昼前に工房にお客さんが来た為、15〜20分くらい作業が中断された。
 
3、2の為、昼食もいつもより遅くなった。
 
ーーーこの日は私は夕方からアルバイトだったので、昼食後すぐに夕飯を作り始めました。
   お料理がかなり苦手なので、いつもお味噌汁とおかずが1品という超手抜きを貫いています。
   しかし、昨日はどうしてももう1品作らなくてはならなかったので頑張りました。−−−

 
いつもなら、こんな状況ならば、夕飯を作り終えた時点でアルバイトの準備をする時間になっているはずです。
 
それなのに、昨日はなんとその時点で1時間、余裕があったのです!!
これには本当に驚いたし、信じられませんでした。
いつもよりテキパキ動いていたのは事実ですが、
いくら頑張っても私には1時間の余裕を作り出すほどの動きはできません。
それに、感覚的に”そういったことじゃない”と感じていました。
 
さらに驚いたことに、部屋に入ってきた主人が
「今日はとっても仕事がはかどって、ビックリしている」と言い出したのです。
”ここまでやりたいけど、今日中は無理だな”ということは、もちろん軽くクリアして
それ以上の仕事がこなせたそうです。
私も朝考えていた以上の作業ができていました。
それでも1時間余っている!
 
その時、時間(三次元の時間や暦)の制限を超えていたのではないでしょうか?
その時はそれを自覚出来ない。
けれど時間の制限無しに仕事をしていたのでは?
あなたたち夫婦はこの世の三次元の「時間」ではなく、「自分の時間内(下)」で行動していた。
自分の時間は三次元の時間とは違う。
自分の時間の1時間が三次元の時間の5分だとしたら?
自分では1時間分の仕事をしたな、と思っても三次元の時間ではまだ5分しか経っていなかったのでは?

巧く説明出来ませんが、時間を超えるということはあり得ます。
勿論通常の意識状態ではありません。
私の友人に毎日のように幽体離脱を繰り返していたのがいます。
最初に幽体を離脱した時、夜中でしたが、ふと目覚めて時計を見たら「針が逆行してた」んだそうです。
で、身体を動かしたら腕が自分が寝ている部屋の畳をすり抜けて地面の砂を触ったのだそうです。
(え?)と、思っていたら身体から中身が抜けたそうです。
そして自分の意識の向かう方向に一瞬で行けた・・・

身体は三次元のモノですね、物質だから。
でも、中身、この場合何というのかな、シュタイナーがいろいろ分類していましたね。
そのなんとか体は三次元の制限を超えているので、時間の制限も受けませんね。


このように、特殊な場合は時間の制限を超えられます。
(幽体離脱や臨死体験など)
でも、これからは「普通に生きていて、生活していて時間の制限を超えることが可能」
になって来たようです。
ということは、三次元に居ながら、半分くらいはあの世(異次元・高次元)に生きている、とも言えます。
(なので低級霊に捕まる人も増えているのでしょう)
(本当に心して生きないと自分の想念と等しいレベルの世界と波長が合ってしまいますね)



多分、お互いに作業に没頭できたのだと思います。
少し前までは、”楽しいと時間があっという間に過ぎてしまう。”
というのが共通の時間に対する認識だったと思います。
”あ、もうこんな時間?!”っていうヤツです。
 
でも、もうそういう常識が通用しなくなってきているのですね。
私は掃除ですが、昨日はとくに研磨が中心だったので
途中からどんどん楽しくなってきていました。
だからきっと意識レベルが少しだけ(1時間分)上がったのでは?と考えています。
 
ifさんや、他の方がよく”好きなことをしなさい”とか”正直に生きなさい”
と言っている意味がわかった気がします。
そういうことが、レベルを上げる方法を体得するための最初の1歩、だからなのではないでしょうか?
 
今や、好きなこと、楽しいことに集中すると、時間があっという間に過ぎるのではなく
時間の制限を越えてしまう 段階に来ているのですね。
 

いろいろ自分なりに考えて気が付いたことがあったのですが
改めてifさんの記事を読んでみたら、全て書かれていました(苦笑)
でも、前日の夜に初めて読んだ時とは全く違って、ものすごく納得できました。
「そう、そう、そう!」の連続。
 
しかし、私はまだまだまだまだ修行が足りないので、昨日のような出来事は
そうそう起こらないと思います。
でも、「時間が足りない」というここ数年の私の最大の悩みが解消されました。
時間は足りるとか、足りないとかそういうことではなくって、全て自分次第だし、
最終的には”そんなことはどうでもいいこと”になっていくのだろうと考えています。
 
変な喩えですが、電車と同じスピードで走ったとしたら、電車は止まって見えますよね?!
でも、実際は走り続けている。
アセンションというのは、自分を”電車が止まっているように見える状態”
まで持っていくことで、それがifさんが書かれた
 
アセンションとは時間の制限を超えてしまうことです。”
”意識が上がるにつれて時間も一緒に変化するのでしょう。
つまり、自分の意識を「時間の制限を受けないレベル」にまで持っていかなければ
アセンションは出来ないということになります。”
 
ということなのだと受け止めました。
あとは日々意識レベルを上げるために鍛錬するのみです。
 
 
昨日のことで、私と主人の意識レベルはかなり近いことも判りました。
主人も自分のアンテナでネットから色々情報を得ていますし
私も、よくifさんの記事をネタにして2人で話し合っています。
今までの勉強?の成果が少し見えた気がしました。

 
とっても長くなってしまいましたが、最後に昨日のようなことが起きた背景も考えてみました。
 
1、bswを毎日飲んでいる。(スポーツドリンク並みに体内吸収率が良いと思います。)
2、とにかく物質を処分している。
3、物質以外でも、ずっと出来なかった自分のサイト内のリンクのページを思い切って削除した。
4、一昨日、ずっと曖昧にしていた”第二子問題”を「曖昧にしていたら前には進めないから」
  と言って、主人と話し合い、2人目は諦めようと決心した。
 
こういった流れも関係あるような気がします。
 
BSWは、本当に味がいいです。美味しい。

たかだか1時間徳したくらいで大騒ぎしている・・・だけかもしれませんが
最後まで読んでいただけたら嬉しいです。
ありがとうございました。
<時間がワープ?>(2008年12月20日)


Aさんから。

ifさんへ
「あなたの時間、私の時間」
でメール送ろうと思っていたのですが忘れていました。

そしたら、自分が思っていたことと同じ記事があったのでびっくりです。
 
記事内にあるシエンさんの
>今や、好きなこと、楽しいことに集中すると、時間があっという間に過ぎるのではなく
>時間の制限を越えてしまう 段階に来ているのですね。

 
と、私も同じことを感じていました。

最近自分も好きなこと=絵を描いている時間の進みが遅いです。
1時間たったであろうと思ったらほんの10分程度しか経っていない。


この現象ですが、以前謎の方に意識レベルを測ってもらったことがあります。
PANDORAのお客さん40名以上を見てもらいました。
その時、「自分が楽しいことをしている間は、意識レベルが凄く高くなっている」ことが分かりました。
自分が好きなことをして集中している時のレベルはモノ凄く高い人がいました。
モノ凄く高くなくても、皆さん、普段よりも高くなっていたのです。

好きなことに集中している間、意識レベルが高くなるとしたら、
その時間は「この世の時間内ではなく、違う世界の時間内に」居たのではないかと思うのです。
意識だけが違う世界、つまり「違う次元=異次元=高次元」に居たのではないでしょうか?

これは意識してやれるものではないので、その間私も含めて通常人は無意識、無自覚です。
なので後から意識化することが難しい。
でも沖縄のシエンさんやAさんのように後から時間を測って「不思議だ」と、分かることが出来る人もいます。
素晴らしい観察力ですね。


こんなに手を進めたのになんでだ!?
と思っていたところです。そういう段階なのかなあ。
 
それと同時に物を置いた記憶が吹き飛んでいたり、
記憶がスパンと抜けることがよくありました。
 
それは私もしょっちゅうあるんだけど、私の場合はボケか!

高校の頃にもあり、とんでもな先生に相談をしたら意識が
別の世界に行ってる、というお話を聞いてなるほどと
思っていました。
 
意識がタイムワープしてるそうです。ブーン
もしかしたら三次元の時間と自分の時間が
ずれてしまうからこうしたことが起きたのかな?
 
あと思ったのが逆にネットをしていると時間はびっくりするぐらい早く立つ。

ネットをすると時間が早く経つ理由は何かな。
単純に「楽しいから」でしょうかね。


アクセスする場所がもしかしたら違うのかなと感じました。
ネットは上から、絵は自分の内側へのアクセス。
上は流れだしてくるけど絵、ようは心から来るものは内側から
引っ張り出さないといけない。

だから時間の感じ方が違うのかな、と思いました。
 
全方向の時間の冒険です。面白い。


うん、面白い。
<ということは・・・>


私は絵を描いてる時、大抵DVDを見ています。
たまに画面を見るけど、殆どの時間は音声を聴きながら描いています。
もし私がDVDを見なければ、絵の集中して時間の制限の無い意識状態になって、
仕事が捗り3時間ぶっ通しで描いたとしましょう。
そして、描き終えて時計を見たら「たったの30分しか経ってない」という状態になるのでしょうか?
もし、そうなら私としてはありがたいです。
いつも時間が足りないので、集中して絵を描くという方法を取ればいいのではないか。

私はいつもDVDを見ているので、ということはDVDの速度に合わせているので
DVDの時間と同じ時間を過ごしてしまうから、時間が足りないのかもしれません。

今度実験してみます。
<1時間出来た>(2008年12月21日)


Kさんから。

時間を超えてしまう経験、私にもあります。今までは自分一人のときだけだった
のですが、先日は仕事中に1時間余分な時間が現れて面白かったです。頻繁では
ないので、もしかしたら偶然かもしれません。
しばらくは自分を観察してみようと思います。
<嫌いな奴と会いません>(2008年12月22日)


我が家から直線距離にして500メートルくらいのところに住んでいる婆さんがいます。
今から10年以上前に、私が子供会の役員をしていた時の責任者です。
その婆さん・・・ここまで●●がいたのか、と思うほど思考力は無く、性質も悪かった。
当時の私はまだサトリが浅く、かなり頭に来ましたが、その体験をする必要があったのだ、と後で分かった。
私は女の兄弟は10歳下の妹が一人。
後は弟ばかり。
しかも私の母は男勝りで男より男らしかったので、
女同士のいじいじした関係というのを体験したことがありませんでした。
親戚の叔母達はいじいじしていたようですが、母が撃退していたので、私には良い叔母に映っていました。
(これがあとになって、叔母達はとんでもない性悪だと分かりました。数年前にやっと)

で、私にはそういう体験が無いので、知識もなく、
知恵の点から見るとそこの部分だけが欠けていたのだと言えます。
なので、その体験をして経験値を上げる必要があったのでしょう。


さて、話を最初に戻します。
その●●婆あとはこんな近くに住んでいるのに、この10年以上、会ったのは一度だけなのです。
生活圏内に住んでいるのに会いません。
どこでも会う可能性はあるのに、何故会わないのだろう?と、不思議に思っていましたが、
これはどうも「お互いの時間が違っているので会わない」のではないか、と思いました。

波長の違いは三次元の距離よりも優先されていることになります。

波長の影響=魂が所属する次元>三次元の距離=身体が所属する次元

一見三次元の影響の方が強そうです。
でも、上の式の通りに物事は展開している。
見た目よりも、というか、心の世界は見えないんだけど、心の世界の影響の方が
「大なり」なのです。
500メートルしか離れていないクソ婆あとは10年会わないで、数百キロ離れているS県の一家とは会える。
良く考えると凄いことですね。

このクソ婆あに遭ったらブン●ってやろうと思っていますが、そういうワケでまだブン●れません。
(私の守護霊が会わせないようにしているのだろうか?)

<龍神の導き?>(2008年12月15日)


一昨日13日にはるばるS県H市からIさん一家が車に乗って私が住む町にやって来ました。
町の外れにある榛名神社に遊びに来たのです。
距離が数百キロあるので、Iさんの奥さんは「来年の夏休みにでも行ければいいな。」と、思っていたそうです。
でも仕事を持っている奥さんに、休暇が取れました。
こんなことは滅多にないので、急に神社へ行くことにしたそうです。

いつも綿密に計画を立てるIさんですが、今回は行きあたりばったりでした。
中間地点に行きと帰りの二回、宿泊しましたが予約してないのに土日なのに部屋が取れたり、
信じられない偶然が何度もあったそうです。

榛名山というところは山なので天気の変化が激しい。
麓の私の家の上空が快晴でも榛名が曇っていれば1時間以内に土砂降りの雨が降ることもあります。
山の天気の変化は激しいけれど、特にこの山には龍神が住んでいると言われています。

Iさん一家が来た日は朝は曇り空でしたが昼になったら快晴で帰る頃にはだんだん曇って来た。
Iさん一家が参拝している時間帯だけ晴れていたのです。
次の日は一日中山に雲がかかり、今年一番の冷え込みだったそうで、明くる日山を見たら
雪が降った後でした。
つまり一日ずれたらIさん一家は雪道を歩く羽目になっていたのです。

Iさんが「行く」と決めたら全てがとんとん拍子に進みました。
参拝の間だけ晴れてくれたのも龍神様が導いてくれたのではないかと思っています。
以前Iさんが買った絵についていたおみくじには
「龍」と書いてあったそうです。


またIさんはただ「不思議だったね〜」で済ませることがありませんでした。
以前は綿密に計画を立て、予定通りに運ぶよう神経をすり減らしていたそうです。
それなのに今回は何も考えないのに巧く行ったことから、反省したそうです。
子供がいますから、尚更計画をこなすため、とか予定通りに、とか考えていたら子育ては出来ません。
それらをブチ壊してくれるのが子供だからです。
求められるのはいつどのようなことがあっても迅速に対処できるほどの
波動量(知恵と胆力)を養うことですね。
それを悟ったようでした。

龍神はIさんにそれを教えるためにいろいろと手配してくれたのではないでしょうか?
(なんちゃって)

<アンダラスパイラル>(2008年12月12日〜2008年12月13日)


アメリカのlenさんから情報が来ました。
lenさんのサイトはこちら→   *Dia Soleado* 

いふさん
 
こんにちは。
今日、Mickeyさんにアンダラ真偽が勃発していることに関して電話したときに知らせていただいたお話です。
 
いふさんもMickeyさんからのアンダラをお持ちですのでご連絡いたしますね。
ブログにもアップさせていただいたものを添付させていただきました。
 
メロディーストーンさん、美保子さん(インドネシア産を除く)、私から
アンダラをご購入いただいた方対象です
 
Mickeyさんのアンダラスパイラルが世界でもかなり聖なる力を秘めた
場所であることがサイエンティストたちの検証によりわかったということです
現在、色々なことがスパイラルで起こっているとおっしゃっておられました

明日12月12日の満月の日に
(日本では13日になると思います)
アンダラスパイラルに置かれている(置かれていた)
アンダラの守護の強化、浄化を行うということです

とても大きな力が働くことが予想されるということで
上記対象のアンダラをお持ちであれば
変化を感じることができるかもしれないということでした

アンダラを側に置かれて
そのエネルギーの変化を楽しんでください

とMickeyさんからのメッセージです

 
美保子さんのところでアンダラの真偽疑惑が勃発しているんですよ。
日に日に話が大きくなっているような感じです。
美保子さんのところのアンダラは勿論本物なのですが、
美保子さんのところにリンクが貼ってあるショップが
どうやら供給人が直接買い付けたものではないということのようです。
30年以上前にネリー婦人の甥が持ち出したアンダラをどういう経路でか入手した人が売っているようだと。
ネリー婦人の話もそれらしく載せているのですが、ご本人の許可なしのようで。
色々と許可なしでされているようです。
 
Mickeyさんも美保子さんもこの件は放っておくことにされたようです。
因果は巡るからね。と。
 
明日のアンダライベント、ちょっと楽しみです♪
何か面白いことが起こるのでしょうか。。。
 

へえ、面白いね!
PANDORAで記事にするね。
教えてくれてありがとう。

あと、どうやらMickeyさんのアンダラスパイラルに宇宙人がやってくるんじゃないかと言われているようですよ。
 
その聖なるパワーを検証するサイエンティストたちは世界中のそういうポイントへ行って検証しているようです。
その中でもかなりパワフルなスポットということですよ。

へ!こりゃ特ダネだ、教えてくれてサンキュー!


この話が本当かどうか分かりませんが、たしかに言えることがある。
もし、これが本当だとすると、いきなり「明日こういうイベントがある」と言われても
そのモノを持ってない人には間に合わないことになります。

アンダラ・クリスタルを所有すれば良いのだ、という話ではありません。
たとえば心の状態(レベル)で考えてみます。
「その時までに」或る一定レベル以上でないと間に合わない、という事態が来るかもしれません。

ここらへんのことは、リサ・ロイヤル情報を重視している、小松氏が
人類の振り分けが何度も起こる。その時までに一定のレベルに達していることが
望まれる、と言っているのと同じことです。振り分けは数年に一度起こりますが、
その時急に個人の波動が上がるということは殆どありません。
その時が来る前までに日々精進を続け徐々に波動を上げていかなくてはなりません。
たとえ知識が豊富にあっても問題は波動なのです。
知識は本やネットで簡単に得られる。
でも、波動はなかなか上がりません。
なので、一日も休むことなく、波動上昇を意識しつつ生きていくことが求められるのです。

アンダラは縁のある人のところへ行くといいます。
(勿論低波動でも金を出せば所有することができます)

アンダラを持ってない、という人もガッカリしないでください。
一度のチャンスを逃したから、もういいや、アンダラなんて、と思わないでくださいね。
チャンスはこれから二度三度とやってくるでしょう。
その一回目が今回なのではないかな。
(もし、この話が本当で、私が宇宙人だったら一回きりのチャンスでお終いにはしません。
 求める心があるが、今回は所有していない人のために、何度もチャンスを作ります)


普段から準備をしておくことが大事ですね。
自分の波動を上げればそれに相応しい情報が来ます。
(勿論嫌なことも沢山起こります。それは魂の訓練なので必要なのです。
 嫌な目に遭った時の心の動きはモニターされていると思っていいでしょう)

さて、私には去年あたりから(?)アンダラが来るようになりました。
沢山来たので、縁のある人達にあげたこともあります。
アンダラは沢山所有する必要はなく、自分以外に必要な人がいたら、
私は喜んで差し上げています。

「福(ラッキー)を分ける」のが私の生き方(本質)なのです。
(私が生まれた時の星の位置がそうなっているようです)
福を分けるのが本質なので、それと同波長の人と知り合いになり、親しくなって行きます。
なので、lenさんからこのような面白い情報も届くのですね。
<カードを引いたら>


上の記事を読んだ方の中に、lenさんからアンダラを購入していた方がいます。
Tさんといいます。
Tさんはlenさんからメールをもらったので、自分でカードを引いてみました。



ifさん、こんにちわ!!
アンダラスパイラルの記事、読みました。
Lenさんのところでアンダラを購入したご縁で、私のところにもメールが届いていました。
で、なんとなーく、余計なお世話だと思いつつ、オラクルカードでアンダラスパイラルのことを聞いてみました。
 
「アンダラスパイラルの浄化で、人々の間に何か意識の変化はありますか?」と聞いてみたところ、
出たカードが
「スピリチュアルな理解」というカード。
これが地球上すべての人に当てはまる意味だとは思いませんが、
ifさんの言うように「スピリチュアルなことを知りたい」と思って日々精進している人たちにとっては、
なにかのきっかけとなる・・・のではないかと。
 
もしかしたら、潜在意識の活用法について、頭の中の理解から実践へと移せるようになるかもしれないし、
自分のガイドさんと繋がるきっかけがつかめるようになるかもしれないし。
個人によってさまざまだとは思いますが、できれば、そんな風に意識が変化していってくれたらな・・・と願っています。
 
もうひとつ、「アンダラスパイラルの祈りのとき、どんな風にすごすのがいいか」を聞いてみたら、
「グラウンディング」「休息の時間を作る」という2枚のカードが出てきました。
なので、その時間はグラウンディング(地に足をしっかりつけて)しつつ、
ただアンダラを見つめているのがいいのかな・・・なんて思いました。
なんか、これはちょっと言えてる気がしたので、早速ifさんにメールしました。
 
ただ、これは私の個人的な解釈で意見なので、「へー。。。」くらいに思っていただければ・・・。


へえ・・・
面白いので掲載します。
<アンダラ〜>


Aさんからもメールが来ました。


どもども。
かつて縁あってアンダラをいただいた者でございます。
 
いただいたアンダラはここ数ヶ月置きっ放しで存在を忘れ気味でした。
しかし、最近妙に再び気になりだし目に付くところに移動させました。
明日の『アンダラ祭り』と関係あるのか?
なんて思って愉しんでます。
 
明日のイベント時間に意識してみます。
とは言っても、過去数々あった「宇宙人のエネルギー吸取りイベント」かも?
って疑惑も持っております。。。ふふふ。
 
こんな心ではせっかくの祭りの恩恵にあずかれなそうですが
でもまぁ、心に相応しい事しか起こらないと思ってすので、
いたしかたなし。。。
 
とはいえ、特ダネ情報の公開、感謝でぇ〜す。
 
 
amanesu

私もアンダラは自分の家の聖なる空間(わらい)に置いたきり忘れていました。
なので、さきほど石を洗って自分の布団の枕もとに置きました。
いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
凡人なのでね、こんなモンですわ。
てっへへhh・・・・・・・・・・・・・・・へへへh!
宇宙人来るかな!
来なくてもうちの息子が宇宙人だそうで、まぁ、いっか♪
<私もカードに訊いてみた>(2008年12月13日)


こんばんは。Fです。
アンダラについて、ちょこっと気になることがありメールしました。
 
以前にLenさんからルートビアブラウンアンダラを譲って頂いたのですが
ここ何ヶ月か、存在を忘れかけていたほど放置してました。
ところが、先週あたりから妙に気になりだし、
枕元に置いたり、日光浴をさせたりしていました。
今回の
『アンダラ祭り』(Aさん、ナイスなネーミングです!)に
関わりがあったら面白いナァとわくわくしています。
 
記事を読んで、面白そうだったので
カードで
「私はどのように過ごすといいか?」を聞いて見ると
「真に望むことを口に出しなさい」「真に望むことをしなさい。楽しみなさい」とのことでした。
ということは、今はできてないのかも?なんだろう…
と、ちょっと悩みながらメールをかきました。
 
「宇宙人のエネルギー吸い取りイベント」なんてあったんですね。
これも面白そうなので、調べてみます。
 
面白い記事を、どうもありがとうございました。

<赤と金>


Nさんからメールが来ました。

ifさん
 
ゆうべ、寝る前に何気にパンドラに立ち寄って
見落としていた「アンダラクリスタル」の記事を見ました。
 
私も4月にミホコさんからアンダラを買っていました。
(もう遅いかな・・)と思いつつ、カバンの中に入れっぱなしになっていた
アンダラを出してきました。
 
この頃、寝る前に瞑想するようにしています。
昨日は、ifさんからもらった「宇宙心」とアンダラをを枕元に置きました。

以前、Nさんに「宇宙心」を貸したことがあります。
今回Nさんは「古本市」の「宇宙心」に応募したら、何と、当たりました。
(紙にBBSのコメントの番号数字を書いてそれを引いているので、
まさかNさんに当たるとは思いませんでした)
偶然なのか必然なのか、不思議です。


 
瞑想をすると、いつも喉の第5チャクラのところに何かがつまっているような
それがどんどんと膨らんで、苦しくなってきます。
それでオマケにもらった小さな緑のアンダラを喉のところに置きました。
 
そしたら本当に不思議なことに、楽に呼吸ができるようになりました。
そのまま寝てしまったようなのですが、夜中に気がついたら
この真冬に汗びっしょりでした。(ちなみに私は裸で寝ています)

おお・・・色っぽいですな!

 
うろ覚えですが、見た夢というのが、神様に怒られているのです。
なぜか言葉でなく、マンガのように吹き出しになっているのですが
「●●と××の担当だと言ったじゃないか。」と出てます。
(この●や×は象形文字のようで読めませんでした。)
 
なんでも私はそこ(夢の中)では神官で、神様からそこの●●と××を
任されて「やります。」と言ったのに!!
 
って怒られてました。「早くやれよ!」って感じで。
でも吹き出しでしたけど。
 
 
(何をやればいいんだろうか。)
 
と思いながら通勤電車の中で、目を閉じて考えながら
(今のままで進んでよいかYESなら、目を開けた時に赤いものを見せてください。)と念じました。
内心、(赤いものなかったらどうしよ・・)って思ってましたが
目を開けたら前を座っていた高校生のスポーツバッグが真赤でした。
 
それって、あのメーカーのかな。
うちの末っ子ちゃんがそれを通学用に使ってます。


ちょっとドキドキしながら、疑り深い私は
(これからやろうとしていることが間違いでなければ、金色を見せてください。)
と念じました。
 
目を開けた時、さすがに金色はないかーやっぱり・・
と思いそのまま電車を降りるとき、先ほどの高校生が前に立ち
赤いバッグをひっくり返すと、大きな字で校名が刺繍されてました。
それが金色でした。
 
いるんだな。何かがそばに・・
そう実感しました。

面白いですね。
<襖に映る絵>


私はアンダラを満月の光に1時間ほど晒してから、枕元に並べて寝ました。
すると夜中に目が覚め、また襖に絵が映っているのを見ました。
画面がパッパっと次から次へと変化するのです。
こういうのを忘れた頃に見ます。
(あ、映ってる〜)と思いながら眠くて面倒なので寝てしまいました。

アンダラスパイラルとかいうものは顕在意識にではなく潜在意識に作用するのではないかな。
なので、顕在意識でいくら変化を感じ取ろうとしても、感じられないのではないか。
霊感のある人や敏感な人ならそれも可能だとは思うが、
気のせい、思いこみ、というのもあるのではないか、と思っています。


また、フォトンベルトというものも、三次元に作用するものではなく
異次元(高次元・あの世)に作用するものだそうです。(by 坂本政道)
だから今の科学で「ある」とか「ない」とか研究しても答えは出ないでしょう。
<イメージワークに出てきたアンダラ>


昨日、アンダラの記事を読む前に
とあるイメージワークをやっていたときです。
イメージワークのなかに
「天使ガブリエルから石をもらう」という流れがありました。
 
以前ゲルマニアで買った
天使の羽チャーム(アイオライト)についていたおみくじが
「大天使ガブリエル」だったので
それを思い出したのか
「アイオライトのような紫の石を首からさげたガブリエル」
が出てきました。
 
そして、その首からさげた石を私に分けてくれたのです。
説明が難しいのですが、石をあたためるように両手で撫で
それによって何かを貰い受けたように両手を合わせて、手を開くと
そこにもう一つ石があらわれた…という感じです。
首からさげた石と同じように、ツルツルしていて、
カドはまるく、うす平べったいタンブルでした。
 
その石ならウチにあるけど。

最初紫だったその石は、私のほうへ差し出されるにしたがって茶色に染まっていきました。
それを見て私は「アンダラだ」と思ったのです。
 
今持っているアンダラはルートビアブラウンひとつだけなので色は同じですが
全体的にゴツゴツしていて角ばった形をしています。
ハテ、どうしてアンダラと思ったのかと疑問に思いました。
 
それからアンダラスパイラルの記事を読んで、色々調べてみようとしたら
鈴木美保子さんが、タンブルのクリスマスセールをされていたのです。
 
イメージと同じような形のタンブルがあったら面白いので、現在問い合わせ中です。
 
また、過去何度も「もうひとつアンダラが欲しい」と思うたびに
何らかの「ストップ!」サインがきていたのに
今回はストップどころか「GO」サインがきてるので、これも面白いです。
 
お財布と相談しながら慎重に進んでいこうと思います。


<落とし穴は沢山ある>(2008年12月11日)


「石井清龍の本ぜい易」  http://www.asahi-net.or.jp/~pa6c-isi/ekinikki.htm  より。
(リンク1→精神世界)



8月15日の日記「波阿弥陀仏」で霊が語った話を、
易のお弟子さんが本筮易協会のHPで書きますと申しましたが、
不本意な状態になりまして、その件に関して書く事をやめました。

私は霊界の人と交霊のような形で会話をした事が過去にもありました。
亡くなった母に会いたくて若かった私は母の霊に会いに行った事があったのです。
でも、私の母だと語ってきた自称わたしの母は、私の名前を生前とは違った名前で呼ぶのでした。
しかし、家で私がやっている事を霊の自称母は言い当てたのですが、
私の事を言い当てても本物の母ではなかったのです。

霊と言う存在はこちらからは姿が見えませんから、簡単にこの世の人を騙せるのです。
霊が語ったから本当だと思ってはいけないのです。
国の頂点で働く人間ですら嘘が多いのですから、まして一般の人間も死んだ人間も嘘が
無いわけが無いのです。
生きている人間がこの世で騙されるように、あの世に行ってもまだ騙されるのです。

もし死んであの世に行ったとき、その世界で愛を感じさせる人がいっぱい居て、しかも
この世の人達の願いを叶えるために生きよう、人に何の感謝も求めずただひたすら
人の願いを叶えたい、という人々がいる世界にたどり着いたら、
きっと自分は心が良かったので天国に近い世界に来れたと、
霊界の愛の存在に喜びに満たされる気がします。

しかし、言葉はいくらでも良い事を言えるのです。
言っている言葉と行いの差をしっかりと判断できる視点を持って生きなければ、
死んだ後ですら騙されてしまうと思います。

この世にも宗教にかぶれて騙される人がいますが、
自分で充分に考えられないことが原因であることが多いと感じます。
この世もあの世も、宗教にも、政治にも、人間関係にも、食べ物にも、落とし穴はたくさんあるのです。

人を騙して落とす方法は、人の欲の心を満たしてあげることです。
愛を実感させてあげることです。
認めて褒めてあげることです。
そのままでいいのですよ、あるがままのあなたでよいのです、と認めてあげることです。

あるがままでいて充分と思える人ならばそれで良いのですが、
それっぽっちの自分でいることに満足感は少ないはずです。
本当の幸福感とか充足感は、苦しい経過を乗り越えて納得できる自分を見出すことだと思います。

人は悩みと欲の塊です。
この欲を満たして充足させる存在を善であり愛の存在だと思いがちです。
はたして人の欲を満たすものを、善であり愛の存在だと信じるのは正しいでしょうか?
意味の判らない事を書いていると思われそうですが、最近こんな事を考えています。

<数秘術から見た2009年>(2008年12月4日)


参考までに数秘術のメルマガから抜粋。

『誕生日占い(誕生数秘学)』
 ID:0000111603 
 登録・解除方法    http://www.mag2.com/m/0000111603.htm



さて来年、2009年がどんな年になるのか、
 このメルマガでも何度か、ご紹介して来ました。

 再度、ここで簡単にポイントだけをまとめてみますね。

【2009年「11:動揺」の年の 社会全体の「流れ」のポイント】

 ・社会のあらゆる面で
二極化が進行する
  (但し、単純な「勝ち組・負け組み」という図式ではなく、
   すべての階層でスピリチュアルな価値観をベースにした二極化が進行する)

 ・
常に二者択一の厳しい選択を迫られるような出来事が起こりやすい
  (いろんな意味で、大事な決断を迫られる時期)

 ・特に
人間関係が大きく変動する時期。
   誰と付き合うのか…によって、天地の開きが出る

 ・より本質な「スピリチュアル」というものにスポットが当たる
  (真のスピリチュアルな考え方が受け入れられないと、
   生きにくい時代に入っていく)

 ・ウソや誤魔化しが利かなくなる 
化けの皮が剥がれる
   不正や隠し事などは、さらにドンドンと、明るみに出て来る

 ・
経済的な混乱はある程度、避けられないと覚悟しておくこと
  (大きな買い物はよく考えてから…貯蓄や投資はアテにならない。
   自分に投資することが最も効率的で安全なお金の使い方)

 ・もう中流・横並びの時代ではなくなる

 ・「あなたがどう生きるのか」という、極めて個人的な生き方や
   個人の価値観が厳しく問われることになる

 …以上のような感じが、「誕生数秘学」的に診た、
 2009年の社会全体の「流れ」のポイントになると想われます。
(続き)

2009年をひと言で言い表すとすれば、
 まさしく「真のスピリチュアル元年」と言ってもいいかもしれません。

 もう、ファッションや流行としての「スピリチュアル」は終わりです。

 ある意味、「スピリチュアル」が持つ厳しさが前面に出て来る時代の
 到来だと言えるでしょうし、今まで真面目にスピリチュアルを学び、
 スピリチュアルな生き方を実践して来た人に、スポットが当たる時代に
 突入すると言っても良いかもしれません。

 こんなことを書くと、身もフタもないと言われそうですが、
 もう大勢は決まってしまっています。

 どちらを目指すのかの選択は、もう潜在意識の中では決定済みなのです。

 もう分水嶺は、超えてしまったように感じます。

 今さら後戻りは出来ませんし、大きな針路変更も正直、難しそうです。

 後は、それぞれが自分で決めた方向に従って、
 ドンドン前に進んでいくだけです。

 その先に何が待っているのかは、誰にもわかりませんが、
 それぞれが自分の信じた道を進むしかないのです。

 その道が分かれていることが、誰の目にもはっきりと見えて来るのが、
 2009年という年の特徴なのではないかと想います。

 その道を分ける「標識」が、「真のスピリチュアル」ではないかと、
 はづきは想うのです。


 +++++    +++++    +++++    +++++


「スピリチュアル」なことに興味があるから、大丈夫…とか、
「スピリチュアル」なことを勉強していないからダメ…とか、
 そんな単純な価値観ではありません。

 それこそ、それは「良い・悪い」の価値観の物差しを
「スピリチュアル」という業界に持ち込んだだけに過ぎません。

 それでは本当の意味で、決してうまくいくことはありません。

 絶対的な「良い・悪い」を超えたところにある世界…。

 決して自分を責めたり、他人を裁いたりすることのない世界…。

「正しさ」の尺度ではなく、
「素直」を基準にした、新しい世界…。

 そんな世界が生まれる兆しが、来年2009年には、
 もっとはっきりと見えて来るような気がします。
上の文章は数秘術から導き出したはづき氏の個人的な意見ですが、頷けます。
いつもの通り100%の正解とは思いませんが、いい線行ってると思いますよ。

さて、はづき氏の意見の最後から三行目の「素直さを基準にした、新しい世界」について。
私の今までの主張と同じです。
沖縄の聖人S師も「霊能者ではなく、なんというか天使のような」人の時代になる、と
見通しています。
天使のような、とは、キリスト教の天使ではなく、翼が生えた天使でもなく、
「素直で明るく優しい魂」のことです。

PANDORAのお客さんの殆どがそんな感じですよ。

私が判断力をつけよ、思考せよ、と言っているのは、天使のような心の人が
判断力が乏しいために変なことになり心を暗くしているので、それを改善するための
方策を述べているだけです。

簡単なことです。

この簡単なことを、何故か複雑にしている中途半端に頭の良い人、
頭の先だけが良い人がいます。
頭の先だけが良い人は、もっと賢くなった時(ああ、私は頭の先だけが良かったな)と、
分かります。
そこまで行かないと一生自分を誤解して生きることになる。
そういう人は今までも苦しかったろうがこれからはもっと苦しくなるでしょう。

<ファティマの聖母のメッセージ>(2008年12月1日)


ジュセリーノ予言より。


「ボウゾ・アレグレ発信  2003年11月2日
世界の全宗派の人々へ伝えるファティマ聖母のメッセージ
ジュセリーノ氏による聖霊第三の啓示


メッセージ−−−

家に火をつけ、毒を与え、致命的な武器で突然攻撃し、富を略奪し、農業のための大地を奪う者。
この天の法則を踏みにじり、自然を破壊する敵どもには、ひどい欠乏と苦しみが負わされるだろう。
そして、さまざまな策を巡らし、表面的な自己満足を得ようとする者は、
精神的にすでに死んでいるも同然である。

ああ、兄弟たちが仲良く共に暮らせるならば、どれだけ素晴らしく、そして穏やかであろう。
ここにあって、みなが創造主を崇敬すべきである。
創造主のしもべたちよ、あなた方に合図や驚嘆を送り届けている人を讃えなさい。
ああ、天の法則にはむかう人類たちよ!
環境をことごとく傷つける、これらの破壊と、これらの贅沢を、直ちにすべてやめなさい。
そのようにして創造主を受け入れるなら、主の優しさは永遠に続くのだから、主に近づきなさい。
その謙虚な言葉こそ、すべての人の心は賞賛し、その働きをほめたたえる。
この不正なシステムの終りを指し示し、そのことごとくを暴き、
神の言葉に対して敬意を求める。

人類が絶滅のふちに置かれているという警告に、あなたは声を上げなければならない。
人類を滅亡に追いやる災難の種は、人の手によって植えつけられた。
そしてその一つが自然破壊である。
マヤ歴の終り(2012年)に、巨大な破壊の雲が生まれる。
それでも暴力は無知な人の心をまだ支配する。
これからの年々に、巨大な環境破壊による変動が起きる。
まず地球温暖化で水が大地にとどまることができずに不足し、そして海は多くの大陸を奪い、
かくして新しい疫病が生まれる。

注意せよ。
聞きなさい。
なぜなら、地球はマヤ歴の終りから三十一年以上は生き残れないからだ。
人の政府は、善意の下で懇願する住民の真の求めを満たすことをしない。
天の道は、あなたの人生を照らす。
あなたの存在には限りない幸福があり、その右手に永遠の美味を持つ。
そのためには、あなたたちの強欲を捨て、そして常に気をつけるようにしなさい。
平和に、そして愛に。
このようにして、人は、天国に生きることができるのだ。

ファティマの聖母」

<宇宙のカルマ>
(2008年12月2日)



シュタイナーの本。

<2012年目覚めよ地球人>(2008年11月22日)


「死後体験」の著者坂本政道氏の著書より抜粋。


●プレアデス星団に大きな集団があり、その中に多数の生命体がいて、
  その一部が地球へ来て体験している。
●同様にオリオン座三ツ星にも大きな集団があり、
  その一部が地球へ来て体験している。
(※体験とは地球人になって体験している、という意味。
   地球人の他にも動物植物鉱物を体験する者もいる。
   風なども体験するそうだ)

●さらに別宇宙からシリウス経由で地球へ来て体験している集団もある。
  この三つの集団の中では彼らが先にやってきた。
●プレアデスやオリオンにある大本の集団からはいくつもの集団が
  周辺の星へ行き、そこを体験している。


マス 「地球はとてもユニークな生命系だと言われています。
    そのためここでする体験はどれも、他では得られない貴重なものだそうです。」
みーこ「知らなかったわ。」
マス 「そうです。
    喜怒哀楽、善も悪も全ての体験が貴重で価値ある体験なのです。
    地球にわざわざやってきてまで体験するだけの価値のあるものなのです。」
みーこ「悲しかったり、つらかったり、苦しかったりすることもですか?」
マス 「そうです。
     極端な話、人殺しをした体験も貴重な体験なのです。
     恨んだり、憎んだり、あるいは自分が殺されたり、惨めな思いをしたりした体験、
     逆にうれしかったり、楽しかったりしたこと、満足した体験、そういった
    すべてが貴重なのです。」

(中略)

マス(卒業とは?と問われて)「地球生命系での体験を終えて地球から離れ、
    ここでしたすべての体験を持ち帰ることです。」


我々は何故輪廻するのか?

●意識を収縮させられて、物質世界しか知覚できないようになった。
「生き残り、子孫を増やせ」という唯ひとつの目標を与えられた。


マス 「実は去年(2007年)の11月ぐらいまでは、プレアデス系・オリオン系と
     別次元系で意見の相違がありました。
     プレアデス・オリオン系はゆっくりと変化を起こして、
     人類が全員卒業できるようにしようと考えていました。
     それに対して、別次元系は急激な変化を起こして、
     一挙に卒業させようと考えていました。
     それが年末になって、意見が統一されました。
     プレアデス・オリオン系は2009年末までの猶予期間をもらった形になりました。
     そのときまでにうまくいかなかったら、別次元系統の意見に従うということなのです。


(※実は私も絵やチャームの販売を2009年末までにしたいと思っています。
   したいというのは希望なので、これからどう事態が動くか未定なので
   確定ではありません。
   本当は2008年、今年いっぱいで終了しようと思っていましたが、
   天使の羽根を大量に作ったので、それを売らないと止められません。
   なので、終了時期が延びました。
   絵は2010年いっぱい描くかもしれませんが、未定。
   それ以降、2010年からはは読まなくてはならない本を読み
   行くべき場所へ行こうと思っていました。
   2010年にこのサイトを一応完成させようと、最初から思っていたし。
   しかし、人間のいろいろに書くことが多くて、
   2010年の完成後も記事を書かないとなりませんね。
   記事は最後まで書こうと思っています。
   アンジュさん、霊能者Kさんなどの説では私はオリオン系だそうです。
   その情報は信じられそうなんです。
   何故なら後からさらに証拠の一つが出て来るのと、
   私の今までの人生がオリオン座と縁があったように思います)

みーこ「これを回避する方法はないんですか?」
マス  「2009年までに人類が生きているまま第1段階に達する方法を開発し、
     それを普及することです。」


「2012年のことはかなり詳しくわかってきました。 

●人類の知覚の拡大を起こす(※異次元を知覚できるようにする、という意味)
●ヘミシンクや同種の普及が大切。
●ピラミッドの実用化により、非物質エネルギーの存在が明らかになる。
  それも人類の意識を変えるのに貢献。
●UFO、宇宙人との遭遇が起こる。
  ただ主として非物質状態での遭遇。
  夢の中に現れる。
  2008年9月13日に物質的なUFOが出る。
  ただ注目されるかどうかは分からない。
●人間の姿をした宇宙人が、オピニオン・リーダーとしてこれまでより姿を現すようになる。
●人口は半減。徐々に。
  病気、出生率の低下。
  これは死後世界についての認識が深まり、意識の変化が起こるため。
●人類の二極化。
  進化した人は多くなるが、戦争する人達も残る。
  前者は後者をどうでもいいと思う。
●重要なことはパニックにならないように、正しく導く必要がある。
  マスはそのための人。他にも大勢いる」

(以上は宇宙人の言葉)


(宇宙人がマスに語る)


「彼ら(シリウス経由の宇宙人)がどこから来たのか、我々もよく分からない。
Love、生命エネルギーの理解の仕方が異なる。
我々はワンネス、Loveを前面に押し出す。彼らは少し違う。
我々は2012年の変化はゆっくりと何年かかけると考えているのに対し、
彼らは急激な、突然の変化(すぐに地球を卒業してここを去る)。
こういう二つの意見の相違があり、上の方でもめている。」

この話を聞いて、私(マス)はちょっと驚いた。
「おまえら、高次の意識の連中なんだろう」って突っ込みを入れたくなった。

「彼ら(別次元、シリウス経由)は我々(オリオン・プレアデス)よりも前に地球に来て、
猿のDNAを変えて人類を作った。
ある人種は彼らが作ったものだ。
そこへ我々がやってきて別の人種を作った。

今ではフォーカス27ですべての人種間を輪廻するので、人種とこのグループの対応関係はない。
いずれにしても、上では2012年に向けてどういう変化が起こるのかでもめている。
この別の次元の連中はシリウス経由でここへ来た。
フォーカス49にピークのあるIT(アイゼア)クラスター、スーパー・クラスター構造を
持っているという意味で、プレアデス・オリオン系列と同じである。
モンロー研の教えに興味を持って集まる人はみなプレアデス・オリオン系列だ。


(※先日の本プレゼント「死後体験」に応募した人は二名だけでした。
   他の本に比べて少なかったです。
   この方たちはオリオン・プレアデス系のはずです)

もうひとつの方の人は来ない」(宇宙人の言葉)
(※来ないというのは、宇宙人の言葉です。
   この宇宙人がいる次元に彼ら、シリウス経由の人たちは来ないのだそうです。
   やはり波動が違うので縁が無いのでしょう)
(※私もモンロー研、ヘミシンクには興味があります。
   暇が無いのでやってはいませんが。
   友人のM氏はヘミシンクのCDをかなり前に買ったそうなので
   彼もオリオン・プレアデス系なのでしょう)


(宇宙人がマスに語った言葉)

「今年(2008年)から始まる天変地異で死ぬ人たちは別次元系である。
だんだんと時間がなくなってきた。
別次元系からの圧力が強い。
待ちきれないので454というタイトルのロートを渡したい。
これがうまく受け取れて、理解できればいいが。」

<魔女狩りの真実>(2008年11月18日)


チャネリングを勉強しているkanchamaが、ブログに面白いことを書いていました。
kanchamaのブログは「どんどん直感生活」(リンク2→友人ブログ)です。


悪質な風邪が治ったら、今度は食あたり?でヘロヘロでした、、、。
今回はチャネリングで魔女について受け取ったメッセージを絵にしてみました。
何故に魔女?、、、遅ればせながら「ライラの冒険」を見たからです。
今回は魔女の汚名返上ということで、書いてみました。

魔女についてのチャネリング内容を師匠にメールした所「ある程度真実は伝えていますね。
魔女はハーブの達人でした」というようなお返事を貰いました。で、ハーブのシーンが入っています。

ある程度の真実ですので、鵜呑みにしないように、、、。話は半分以下で受け取ってくださいね。




ってな感じのメッセージを受けました。
メッセージの発信人は昔から地球などを見ている肉体のない存在です。

その人から見ると、こういう風に見えるよ、というお話でした。

マンガだけでは分かりづらいので、説明すると、
魔女というのは平たく言えば善意の宇宙存在とその師事者。

彼らは霊性主義者で、地球が発する想念汚染に迷惑している。
だから地球を支配する物質&支配至上主義者(レプティリアン)から解放したい。

ところが、地上を支配するレプティリアンらからすると、邪魔されたら困るワケですね。
地球人は奴隷のままでないと、自分たちが人類を支配したり、資源やお金を独占して
栄華を極める事ができなくなってしまう、、、。おまけに殺されちゃうし!

で、何をしたかと言うと、今と変わりません。人人の恐怖心を利用した情報操作を行いました。
人間は騙されやすいのでまんまとそれに乗り、皆が興奮して「魔女狩り」が始まったのでした。
一度火がつけば、後は庶民が自分たちで色々考えて、運動を大きくしてゆきます。

殺された宇宙存在、いわゆる魔女達は(全員ではないですよ)自分たちが
肉体から抜け出る術も心得ていたのですが、「魔女が地球を救う!」作戦は派手で駄目だね、
別のやり方を考えないと、ね、、、。

という意見で一致。それ以降は、地味ーに、一般に混ざったり、
わざわざ飛来しては地球人に霊性への道を説いています。

さて、彼らの目論見が成就するか?という時期に来ていますね、、、。今は。
それにしても想念汚染の話題が多いなぁ。



なるほどなぁ、と思いました。

<第6夜の始まり>(2008年11月16日)


「ジョナサン・ケイナーの星占い」   http://www.cainer.com/japan/index.html 
2008年11月15日の記事に面白いことが書かれています。


第5夜

11/13の満月をもってマヤ歴の第5夜が終わりました。
南米の伝説によりますと、
13日の木曜日から第6夜が始まり、
新時代がもたらされるそうです。
この時代に、人々は今までよりもクリエイティブ(創造的)で個性的になり、
頭脳明晰になるとのことです。

現在、私たちは一見したところ不況に向かっていますので、
「そんなことはありえない」と思われるかもしれません。
これについては、マヤの人たちが説明を用意しています。
2006年に始まった第5夜の副作用は「下降」だったというのです。
西欧の経済体制が崩壊することを予言した人すらいます。
マヤ人の考えによれば、最悪の時代は終わりました。



2008年11月13日からマヤ歴第6夜だそうです。
新しい時代に入ったようです。

今年の9月も大事な月だったようですよ。
さらにその前、6月の夏至の辺りにも地球の波動が変わったそうです。
つまり今年は大きな変化の年のようです。

<バシャール スドウゲンキ>(2008年11月12日)


バシャールの言葉

「スピリチュアルな生き方をするために、
スピリチュアルな用語を知っている必要はまったくありません。」

「病気の99%は体の中の毒によるものです。」

「たとえば人間の体をつくっている粒子、テーブルの中の粒子、
建物の中の粒子や地球の粒子なと、この物理的な世界にある粒子は
『同じひとつの粒子』なのです。
いろいろな粒子があるわけではなくて、存在している粒子はたったひとつ。
無限大のスピードっで動いているのでたくさんあるように見えますが、
実はひとつの粒子なのです。」


「ポジティブなエネルギーが増えていき、
あるところで臨界量に達します。
そして、2012年にはひとつの境界線を超えるでしょう。
だからといって、2012年になれば地球上のすべての人類が
ポジティブになるわけではありません。
けれども、2012年にはポジティブなエネルギーが
充分パワフルなレベルに達するので、
それ以降はポジティブなエネルギーによって、
ポジティブな出来事がどんどん加速されていきます。
・・・・・
二極化はどんどん高まっていきます。」




<NHK>(2008年11月9日)


NHKと言っても日本放送協会ではなく、
「Still Delight」のみつきさんの夢に出てきたNHKのこと。
(今、そのブログは閉鎖されています。「みそひと::misohito::」に変更)



アセンションウォーターその2

(前半略)

以前見た夢なんですが、


私はTVを見ている。
NHKなのにまるで民放のような華やかさで「へえ、やるじゃん」というような感想を持つ。
そこへ「後ろの人」が登場。

「NHKはなかなかやるね。
 アクエリオンはまだまだだけどね」

と笑顔で私に言う。
その声を遮るように「なんですって!」というヒステリックな女性の声がした。


というようなのがありました。
これをifさんに「国営放送=正道、アクエリオン=悪エリオン」ではないかとメールしたら、

NHK=に(N)ほ(H)んのか(K)みさま

でもあるんじゃない?という意見。
わ!

実はちょうど日本の神様カードを買ったところだったのですよ…。
ifさんすごいなーと思うと同時に

悪いことできひんなあ

と妙に身に沁みて感じた一件でした@パトカー見ると何もしてないけど逃げたくなるタイプ。


…まあそれはいいとして、日本の神様方はどうも本格的に動き出しているような感じです。

近頃セオリツ姫のメッセージというのを良く見るようになったので
「増えたの?」とガイドに尋ねてみたのですが、受けてる人の数は代わらないらしいです。
じゃあ、私が見るように仕組まれて良く見てる気になってるだけ?
と聞くとそうでもないらしく。
ガイドが言うには「これまで下ろしていたメッセージの主が
セオリツ姫だと分かって告知する人が増えた」というのが一因。
そして「この動きに便乗して名前を騙って
メッセージを下ろす輩が増えた」というのが一因。
私は
面倒くさいしじゃあ読まなきゃいいよね?と言ったんですが
「本物もあるのでサニワして欲しいんだけど…」と返って来ました。


その後ひふみ神示をぱらっとめくったら仕組まれたかのようにこの内容と符合する帖が。

幽界は人間界と最も深い関係にあり、初期の霊かかりの
殆んどはこの幽界からの感応によることを忘れるでないぞ。
霊かかりの動作をよく見極めればすぐ判る。
高ぶったり、威張ったり、命令したり、断言したり、
高度の神名を名乗つたりするものは必ず下級霊である、
インチキ霊であるぞ、インチキ霊にかかるなよ、
たとへ神の言葉でも尚サニワせよと申してあろう。
迷信であつてもそれを信ずる人が多くなれば、
信ずる想念によつて実体化し、
有力な幽界の一部をつくり出すことがあるから気付けておくぞ。
無き筈のものを生み出しそれが又地上界に反影してくるのであるから心して下されよ。
今の人民九分九厘は幽界とのつながりを持つ、胸に手をあてゝよくよく自分をサニワせよ。

      (五十黙示録 第四巻「龍音之巻」より 第五帖)

ということだそうです。
私のこの話もチャネリング話なので信じ込まずしっかりサニワして頂きたいのですが、
これからは特にサニワの必要な時期に入るようです。
というわけで、自力を鍛えサニワ力を磨きましょう♪


そう。
特にチャネリングなどをしている人はサニワしなくてはいけません。
常に自分の思いを点検しないと、一瞬の隙を突かれて憑かれてしまう。
気をつけましょう。

<魂の1/3>(2008年11月6日)


M氏から聞いた話です。


M氏は或る「日月神示研究者」と知り合いになりました。
本も出している人です。
するとMさん、その研究者から誘われました。
「その人と一緒に活動している女性(霊能者)とも知り合いになりました。
 そこで、お勧めしたいことがあるので、一度来ませんかと誘ってくれたので行ってみました。
 三人だけの会合でした。
 誰にでもという訳ではなく、人となりをみて、ある大切な行を勧めているのだそうです。
 どうやら、彼等の目に止まったらしい。」

やはり、Mさんは人柄の良さ頭の良さが一目で分かるからなぁ。
Mさんは皆に好かれます。

で、霊能者はM氏を見るなり全てを見抜きいろいろと語ってくれたそうです。

まず、M氏のお母さんはM氏が中学生の頃亡くなっていますが、
それからずっとM氏を守っているそうです。



その霊能者の言葉ではなく、他の本に書いてあったり私が見たり聞いたりしたことを総合しますと・・・

大抵の先祖は子孫を守るどころではない、のではないか?
自分があの世の苦しい所にいるので、子孫を守るとか導くどころではないらしいですよ。
で、子孫を頼って来ては今の自分の苦しみを分かってもらおうと縋ってくるのが殆どだそうです。
いや〜〜〜参った。

でも、そうじゃないですかね?
死んでから急にモノ分かりが良くなるもんでしょうかね?
そうじゃありませんね?
生きている時モノ分かりが悪ければ、死んでからも同じです。
というか、さらにまずいことになるのですよ。

死んでからの世界には「自分と同波長」の霊しかいないので、自分を変だと悟るチャンスがなくなるのです。
だから死んでから100年経っても1000年経ってもずっとその波長(と意識レベル)で過ごすことになる。
死んでから子孫を守れる人は生きている時にも子孫や他人を守り助けていた人だけ、
つまりは「悟った人だけ」だと思います。

というのが私の説なんだけど信じないでくださいね。




それはともかく、M氏のお母さんは死ぬ時
自分の魂の1/3をM氏に憑けて行ったそうです。
そして1/3は自分自身、残りの1/3は「生まれ故郷の星」に飛んで行くそうです。

信じ難い話です。
でも、M氏には以前からお母さんが自分を守ってくれているという自覚がありました。
何かの導きや偶然幸運などがあるたびにお母さんがしているのだと確信があったそうです。


一公務員であるM氏がPANDORAにやって来たのも不思議な偶然の導きでした。
まずM氏はチャネラーのアンジュさんを知ります。
アンジュさんを仲介にして、或るサイトの管理人を知る。
その管理人は私の知り合いだったので、その人が
「Mさん、T市に住んでいるなら市内に if さんという元気なおばちゃんがいますよ。」と
教えてくれたそうです。
(しかしこの管理人は私より10歳年下なだけなので、こいつにおばちゃん呼ばわりされる覚えはないな)
(まぁ、それはいいとして)
(いや、よくはないが、今はこいつの悪口を言ってる暇が無いので)
で、M氏はPANDORAを知り或る日
「市内に住むMと申します。よろしく♪」と私にメールをくれたのです。

不思議なことにM氏の住所と勤務先の中間地点に我が家があります。

M氏邸 →→→→→ if 宅 →→→→ karen宅 →→→→ 勤務地

なのでM氏はkarenの家にも行ってブログ開設を手伝ったりしてくれました。
M氏は転勤族ですから、この勤務地にいられるのもあとわずか。
時期がちょっとずれていたら、M氏は我が家に来ることもなかったでしょう。
M氏は本当なら今年の春には転勤する予定だったのに、運命が「もう一年ここにいなさい」と
命じたかのように動いているのです。


それからのM氏はトンデモ街道をひた走りトンデモ世界の知り合いがどんどん増えて行ったのです。
トンデモ界の大物のジュネさん、魂が宇宙人の人、太陽のオーラ写真撮ってる人、rakanさん、
それからこの日月神示研究者と直接会っています。

と、このようにどんどん人との縁が出来たのもお母さんの導きらしいんですよ。
霊能者が言うにはM氏のお母さんは霊界の高いところに居るそうです。
でも、M氏自身も「魂が天使の人」なので、とても性格がよく「魂が明王の人」の私とも付き合えるし
皆に好かるし信頼されるからですよ。


さて、M氏にはお兄さんがいますが、この人はM氏のお父さんと性格がそっくりで運命もそっくりなんだそうです。
M氏は優しいのでこのお兄さんのことを何とか助けようとしています。
お兄さんはどうも●級霊に憑かれてしまったようなんですよ。
そんなお兄さんを見捨てないM氏はやはり天使の人だな。

さて、ここで分かったことがある。

ヒトが死ぬ時に自分の魂(だか霊だか)を1/3、子孫(でも、他人でも)に置いて行くとしたら
一人にしか渡せません。
M氏はお母さんと縁が深かったのでしょう、お母さんから魂をもらいました。
お兄さんの方はどう見てもお父さんと縁が深く、お父さんから魂を1/3もらったのでしょう。
(その後の人生はお父さんと同じだそうです)

ということはだ。

ウチなんか困っちゃうわね〜
子供4人いるんです、魂1/3、誰にやろうかなっと♪
えへへh〜そりゃあ、一番可愛い◎ちゃんにあげるでちゅ♪ちゅ♪ちゅ♪
あとの子は一人でも大丈夫だし。
ウチの主人が「おとっつぁんの魂1/3やるぜ♪」と言ったら子供たち絶対
「ンなもん、要らねえ(汚」と言いそうで主人が可哀そう(泣

まぁ、いろいろと疑問点はありますがそこらへんはまたM氏に質問させましょう。


そうそう会合で「何故M氏はこの会合(常の会合のことで、こちらは出席者多数)を知ったか」
「M氏が日月神示を知ったいきさつは?」という話になったのだそうです。
なのでM氏はこれこれこういうサイトへ逝って・・・とPANDORAの話をしたら霊能者がニコリと笑って
「管理人の方(if)はずいぶん心が広い人ですね」と言ったそうです。

まぁ、広いっちゃあ広い?
間口は広いです。
来る者拒まず、です。
「おお、良く来たな、さあ上がれ、遠慮するな。」と、家にあげておいてから
「無礼を働いたら箒で追い払う」のが私ですがね。

或る意味狭い?

奥が深いのか!

どっちだろう(悩

と、トンデモ街道ばく進中のM氏の近況報告でした。

<手作りウォーター>(2008年11月4日)


癒しにつながる水を自分で無料で手作り出来るそうです。
「Still Delight」(リンク2→友人ブログ)の2008年11月2日 の記事より。
(今、そのブログは閉鎖されています。「みそひと::misohito::」に変更)


エッセンスも自作

カードも自作しますが、エッセンスも自作します。
こちらは本当のエッセンスのサポート扱いとして、ですが。

以前作ったエッセンスがなくなりそうなので、次のエッセンスを作ることにしました。
何か参考資料がないかとネットを探していると、いいページがありました。

→無料伝授。各種エッセンスの創り方。【セラピスベイさんのHPより】

ここを読んでみると「太陽水」と言うのが出てきます。
ここでピンと来まして、例のブルーソーラーウォーターを
丸ごとエッセンス化してがっつり飲んでみよう計画発動。

早速昨晩、既に出来上がって月明かりまで浴びていた
ブルーソーラーウォーターの瓶をがしりと両手で掴み、
「魂の願望実現とそれに沿う変容をもたらす」というような願を掛けました。
その後、リンク先を参考に私もカードの力を借りてみることにしました。
LoversOracleにすることにして
「このエッセンスに転写するべきエネルギーを持ったカードはどれですか?」
と尋ねながら1枚引き。
めくったら

Soulmate

でした。
わ!
魂繋がりで出たのかもしれませんけども、びっくり。

その後ソウルメイトのカードに描かれている人が瓶を見つめるような状態で窓際に置き、
よろしくお願いして一晩置きました。
で、できあがり。
早速今朝から飲んでおりますが、今のところソウルメイトは現れていません。
20リットルくらい飲んだら現れてくれるかもしれません。

ただ、前回のエッセンスの作り方の方がやっぱり強力かも。
↑飲んだらその日のうちに何かが起こる
今晩また作ってみようと思いますが、今回は前回のように
紙に願望を書いてその上に瓶を乗せてカードと共によろしくお願いしたいと思います。

実験楽しいわー♪

<デビルマン>(2008年10月27日)


Yさんから。


30年以上前の作品になりますが、
TVアニメ化もされた「デビルマン」。


原作が文庫版@全5巻になってますが、

描かれた世界が、まさに現代&近未来だなーー
と最近あらためて感じます。

特に、主人公の少年・不動明が、
なぜ、どのようにデビルマンになったのか?を、
ストーリーの5/1くらい割いて描いており、圧巻です。

著者の永井豪さんは、制作中はトランス状態だったらしく、
描き上げた翌朝原稿を読み直して驚いたりしたとか。
(ストーリーがいよいよ重くなってきたあたり)

もし興味ありましたら、おすすめです。

2008年の今読むと、とても分かりやすい作品です。



永井氏が索引に集中したのでチャネリング状態になったのでしょう。
デビルマンを執筆中、著者の永井氏の部屋に異界のモノが実際に
現れたという話は有名です。

私はデビルマンをアニメで見ていましたが面白かったです。
というか、デビルマンが理想のタイプです。
不動明の時は格好悪いのに変身すると超格好いい!
大ファンでした。

主人公の不動明は不動明王のことですね。
名前を借りただけでなく本当に不動明王のことだったのかもしれません。
つまり、マンガに見せかけて本当に異次元での戦いの様子を私たちに知らせる
作品だったのかもしれない。


永井氏がマンガを連載している時既に異次元で戦いがあったのかも
しれないし異次元には時間が無いので、今のことなのかもしれない。
Yさんが直感で「2008年の今読むととても分かり易い」と
言っているのは頷けます。

<何とかウォーター>(2008年10月24日)


今から15年以上前に何とかウォーターというのが発売されました。
πウォーターとか。
他にも沢山「何とかウォーター」というのが売り出された。
一本がかなり高かったと思います。
私は買ったことはありませんが存在は知っていました。
市内に住んでる年下男性のMさんは「何とかウォーター」を買ったことがあるそうです。
わははh!
Mさんは何でも試すのが好きだな〜


さて、今。
わざわざその、高い「何とかウォーター」を買わなくても良い世の中になりましたね。
自分の家の水道水を青い瓶に入れて太陽の光に30分以上当てれば
「ブルーソーラーウォーター」が出来あがります。
(※これも本当に本当かは分かりませんよ。
   でも、何とかウォーターだって本当かどうか分かりません。
   だったら「安い方がいい」ですよね?)


このように今まで高いお金を払っていたものが、タダで手に入る世となりました。
何とかウォーターを販売している会社にとっては打撃ですね。
でも、天は「心の良い、お金に余裕のない善人」の味方をしているのだと思います。

アメリカの財政破綻の影響がそのうち日本にもやって来ます。
「日本は大丈夫です。」と、テレビで経済の専門家が言ってましたが、どうかな。
ああいうのはテレビ局御用達の連中ですから真実は言わないでしょう。
自分だけ対処してあとは知らない、予測が違っていたら「そうでしたか」で済ませられますからね。
信用できないですね。


これから世の中は全世界的に激変するでしょう。
聖書の予言でも
「一時と二時と半時」(ひとときとふたときとはんとき)」が大変だと言ってます。
一時とは一年のことです。
合計で三年半。
その期間「選民」の心(魂)が試されるようです。
かなり大変な目に遭うが、それでも負けない魂が選別されるらしい。
(※この「大変な目」ですが。
  「人間のいろいろ」で私は何度も「問題は環境では無い、本人の心である」と言ってます。
  似たような状況下でも、ひとは感じるもの、思うコトが全然違うのです。
  思考力の無い人は感情的になり、ひたすら苦しむことになる。
  それではいけませんよ、と語っています)




日月神示では「子(ね)の年真ん中にして前後十年が正念場」です。
つまり、今年を中心にして前に5年後に5年ですかね。
聖書の予言と一致します。

聖書の予言で言うと2012年を期限とすればその前の三年半が大変なので
大変な時代が始まるのは2009年の7月ですかね
マヤ歴の新年である7月23日頃からいよいよ大変となるのではないかと、
私は予想しています。

しかしお金の余裕の無い多くの人たち。
勿論私もそうですが、意識を天に向けていれば情報は得られるし
上の存在からも守られると思いますよ。
その一つが「水道水を奇跡の水に変える方法」です。
お金が無くたって高い波動水より良いものが手に入ったでしょう?

また「人間のいろいろ」にも書いてありますが、今までの縁が切れて行く人が多い。
そういう人は魂の次元で変化を受け入れたからでしょう。

上を目指す人は一人ではありません。
大変な時代に突入してもネットで繋がった同波長の縁を大事にしながら進んで行こうじゃありませんか。

<宇宙人の魂を持つ人と会った>(2008年10月2日)


一部の人の間で榛名山の榛名神社がちょっと評判です。
ここは不思議なパワーに満ちているそうです。
今日、その榛名神社へ行って来ました。
敏感な人ならすぐ分かるのでしょうが、
私は鈍感なので特に何も感じませんでした。
場所は山奥なので木がうっそうと生えていて、それだけでも気持ちは良いです。
さらに、神社という場所はイヤシロチ(カタカムナの考え方による、聖地)です。
イヤシロチにひとは神社を建てました。
だから、神社をヤシロと言います。
もともとは社殿などはなくて、ただの岩などを目当てにして祀っていたようです。

台風の影響なのか毎日雨だったり曇っていたりして良い天気の日がありませんでした。
でも、今日は朝から快晴。
今日榛名神社へ行ったのはM氏が誘ってくれたからです。


実はこの間、私はネットで他の本を探していたら
「宇宙人の魂を持つ人々〜アセンション編」という本を発見。
面白そうなので買って読みました。
そして、M氏に「これこれこういう本を買ったので貸してあげましょうか?」と
メールしたら「実は私も買いました」とのこと。
そして「実は著者が日本に来ていて、10/2に榛名神社へ行きたいと言ってるそうです。
私も参加するかと誘われているので、ifさんもどうですか?」とメールが来ました。

へえ!
ちょっと興味を持って買った本の著者と会えることになりました。
そして今日、M氏の運転で榛名山へ行き、著者とその知人達の一行と
合流して神社を参拝して来たのです。

著者のスコット氏は温厚そうな紳士でした。
例によって氏の著書を持参した私はばっちりサインしてもらい
その後は湖畔の食堂で昼食。
その時スコット氏は西洋式の手相を見てくれて、これが当たっていたので驚く。

<手相>(2008年10月3日)


スコット氏は英語でいろいろ説明していましたが、
私は聞いていた場面もあり、聞いてない場面もあり。
なかなか考えが深く直感が鋭い人であると思いました。

私は例によって本にサインをもらったらサッサと帰ろうとしたのですが、
M氏はシコット氏らと一緒に昼食をとろうというので付き合いました。
この時点で二名は都合があって帰宅したので、スコット氏を入れて
7人になっていました。


さて、食事をしながらスコット氏が余興で西洋式手相を見てくれました。

親指=火星(闘争心かな?)
人指し指=木星(幸運?)
中指=土星(トラブルやカルマを表す。
         ファックユー!と言ってこの指を立てるのは
         おまえ(相手)がトラブルになっている、ということを言っている。
薬指=太陽(社会的な顔・結婚指輪をこの指にするのは社会に
         結婚しているということを見せるため)
小指=水星(コミュニケーション)


Aの線とBの線の間が
狭い=シャイである(照れ屋、ひっ込み思案)
広い=シャイではない

そうです。

手の指や手の平が固いのは自分と言うモノをしっかり持っていること。
指が柔らかいのは自分がなく、常に相手の言う通りに行動していること。

指が長いのは精神的だが、頭で生きているので精神が疲れ易い。
指が短いのは肉体的。

手相が単純なのは心もシンプルですぐ眠りにつける。
細かい線が沢山入っているのは性格も細かい。


ちなみに私がスコット氏に診てもらったら
シンプルで肉体的(精神がこまかくない、頭で考え過ぎない)
プレッシャーに強い、他からの攻撃は撥ねつけられる、シャイではない、そうです。


私が「それは手相を見ているのではなく、私を見て言ってるのではないか?」と
訊いたらスコット氏
「A-HA-HA-!」と笑って
「いや、そうじゃない、おまえの手相を見て言ってるのだ」というようなことを
英語で言ってたような・・・気がする・・・


写真がヘタで
これしか撮れませんでした。
他のサイトに載ってる
写真よりも
ずっと良い男でした。





<セミナー>

次にM氏の手相を見たスコット氏。
「あなたは大変実際的で実務に強く仕事が出来る」と褒めちぎっていました。
そして
「ぜひ私のセミナーを主催してください♪」と言って
目をパチクリさせて色気でM氏に迫っていたので笑いました。
M氏は大変仕事が出来るのでそれを見抜いたスコット氏は凄いな、
この手相は本当に当たってるようです。

さて、精神世界のメッカ(中心地)はやはり西漸しているようです。
アメリカよりも日本の方が話が通じるのか
スコット氏は年に二回日本に来てセミナーを開催しています。
今回の榛名神社行きはセミナーではなく、スコット氏がぜひ行きたいと
願ったのですが。

セミナーはある程度の人数が集まれば通訳とともに現地へ行くそうです。
詳しいことはこちらのサイトに書いてあります。
http://www.acrys.jp/scott.html
スコット氏のセミナーを開催してみたいと言う方はぜひ。
スコット氏は温厚な紳士であり、語る言葉は原稿を用意していなくても
どんどん出てくるので、中山康直氏のようでした。

<太陽の写真>(2008年10月6日)


先日榛名山へ行った一行の中に太陽の写真を撮影している方の
ご主人が参加していました。
この方が運転してスコット氏と通訳をしてくれた女性達を乗せて来たのですが。

この方の奥さんが変わった太陽の写真を撮る方でした。
太陽に向けてケイタイカメラを構えて(愛)(喜び)(希望)などと念じると
太陽が七色に写るのです。
それを絵ハガキにして販売したりしているので、ご存知の方もいると思います。

何でもその機種のケイタイなら撮れるんだそうで、
一行の中にその機種を持っている女性がいて
当日も太陽に向けて「平和」とか言いつつ撮影していました。

この機種は昔のだそうで、今はオークションでしか買えないそうです。
面白いですね。

機種名は、横文字と数字に弱いので忘れました。

その方のブログはこちら

http://plaza.rakuten.co.jp/arigatosun

<もう願望実現!>(2008年9月11日)


願望実現ボードを申し込んでくださった、海外在住のAさん。
ボードは今日、発送する予定ですが、既に願望が実現したそうです。

ifさんへ
 
ifさん、おはようございます♪
Aです。
 
早速ですが、絵を描いて頂けますか?
じつは、昨日「願望実現ボード」を、HN:●●で申し込む時に、
ifさんも送付する作業が1度で済むし、一緒に絵を描いてもらうようにお願いしようかな?
と、ふと思ったのですが、夏休みにたくさん遊んでお金を使っていたので(笑)、
「また、今度にしよう!」と、その時は絵のお願いはしませんでした。

Aさんは海外在住なので発送は一度にまとめてくださると有り難いです。

それで、ifさんに「願望実現ボード」の申し込みのメールを送った後で、
1週間程前から気になっていたタンスの引き出しの整理を始めたんです。
そしたら、以前私が使っていたお財布が出てきて、「わぁ〜なつかしぃ!」なんて言いながら、
何気に財布の中をみたら、なんと!諭吉さんが2枚と漱石さんが1枚出てきて、びっくり?!
「うわぁ〜〜、ラッキー!でもなんでだ?これってもしかして、絵を描いてもらいなさい!
ってことなのかな・・・」と思ったのです。
願望実現ボードの申し込みをしたら、望みが1つ叶ってしまったってことかな??

凄い・・・

<願望実現の注意点>(2008年9月5日)


願望を実現したい、と誰もが思うのではないでしょうか?
ところが願望を持つことは意外と難しいのです。

或る賢い人が書いた本にこんなことが書いてありました。
「一生元気で働きたい」という願いについて。
このようなことを願望すれば「一生働くことになります」だそうです。
一生元気で働きたい人ならそれでよいと思う。
でも、年をとっても働かなくてはならないのは、私は嫌です。
年をとったらノンビリしたい。
働くという言葉について、もっと考えなくてはならないでしょう。

家事や庭いじりについても「働く」と解釈すればOKですかね。
それなら一生楽しんでやれる。
でも、それすら面倒だ。
何もしたくないのだ、趣味に生きたい、という人もいる。

願望する時はよおおおおく考えなくてはなりません。


「お知らせ」で皆さんに差し上げるボードは今年になってから
暇を見て描いておいたものです。
意外と時間がかかっています。
一枚に1時間はかかっています。




それとは別に私は以前願望実現ボードを作ってありました。
二年ほど前に作り、自分で願望を書き込んでいたのです。
書いたあとは置いた場所も忘れてしまいました。
先日、それが出て来ました。
そこには・・・

「エジプト旅行」
「月収30万円」
「●●ナンバーの車に乗る」と書いてありました。
(他にも沢山書きましたが)
エジプト旅行と月収30万円は実現しました。(ただし30万円は一時的にだけど)
(他にも実現したのがあるかも)


さて、「●●ナンバーの車に乗る」というのは去年からご当地ナンバーが導入されたので
私もそれに乗りたいな、と思ったのです。
そのことは書いてから忘れていました。
ところが、今年の2月に私の車が壊れ、修理するか買い換えるかということになりました。
壊れた日は法事があり、朝から忙しかった。
しかも、息子から母校へ行って書類を取って来てくれ、と言う依頼が来ていて、
とても忙しい。
馴染みのセールスマンに電話をしたら、彼は留守だというのです。
では代車をお願いしたいと言ったら10日後ならOKと言うので
それは困る、一日だって車が無ければ生活出来ない、と電話を切りました。

そして一番近い中古車販売店に車を買いに行ったのです。
なじみのセールスマンの店は新車しか扱わないので、買えません。
修理しか頼めない。
でも、近所の中古車販売店なら中古車を買えるのでした。
なので、中古車を買うことにしたのです。

全ての要因が「車を買い換える」方向に向いてしまった。
そして忘れていた願望である「ご当地ナンバーの車に乗る」ことが実現したのでした。

このような偶然は私は作れません。
でも、前に書いておいた願望の言葉が一年かけて全ての要因をその日、準備したのでした。
これに気づいて私は大いに驚いたのです。

やたらな願望は持ってはいけない。
なので、
願う時は「叶っても良い願望」を願いましょう

<月読命>(2008年9月4日)


ツクヨミノミコトと読むのだと思いますが、
カリヨンで販売しているブレスレットです。
これ、気に入った。
画像をクリックするとカリヨンへ飛びます。


リンク1→「お店」→ carillon(カリヨン)

(こちらはブログ)
カリヨンのお店へ

<まもなく地球は優良惑星になります>(2008年9月1日)


「まもなく地球は優良惑星になります」(PICO/徳間書店)前書きより。

長いので部分を抜粋しています。・・・・・・・・部分が省略した部分です。

こんにちは。私の最愛の人。・・・・・・・・
我々は、光のアンドロメダ、光の都市評議会から来ました。
2008年は、地球の皆さんそれぞれの振動数がさらに高くなります
2008年にシフトする振動数は地上にあって、日々強まります。
振動はとても高いので、低いエネルギーの人がそれを理解し、
それを機能させることは難しいとわかっています。
しかし、多くの人たちのために光を求めている他の人は、
向上と豊かさと喜びで報いられています。・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
[あなたの時間はどんどん短くなり、空間もどんどん身近になってきています]
・・・・・・・・・・・・・・
あなたはあなたの前途において高い人間的な振動数に遭遇します。
また、非人間的な低い振動数に遭遇することもできます。
そのどちらを選ぶかは、あなたにゆだねられています。
あなたの分かれ道が近づいています。
振動数の交替はあなたの想像をはるかに超えて、壮大なスケールで進行しています。
そして地球は、シフトすることで地球自身の最善を尽くしています。
あまりにも多くの低い振動数を持つ人間は地球と呼ばれている生命体を粗末にし、
それが死に絶えようとしていることを気にかけようともしません。
・・・・・・・・・・・・・
あなたの展望はさらに広がり、ますます目標がはっきりしてきます。
あなたがそのカルマの完成とともに昨年2007年に放棄した低い振動エネルギー
それがない今のあなたの心は、あなたが2008年に前進するのを大いに助けます。
・・・・・・・・・・・・・
より高い振動数の存在および意図とともにすでに前進している人は、
それぞれが創造する光の作品によって報われます。
そして3次元の豊かさは、あなたにとって問題ではありません。
この時に大いに広がるあなたの認識、自身に対するあなたの感覚
そしてあなたは何者であるか、あなたははだかにされ、
低いエネルギーに襲われると感じるかもしれません。
しかし、これらの低いエネルギーは、あなたの愛と光で簡単に撃退できます。
我々は今、あなたを知恵の光の線上に置きます。
・・・・・・・・・・・・・・

(本文より)

これにより、不正な業務を行っている銀行、役に立たない銀行は、
現在の役員と大株主の下で業務停止に追い込まれます。
特に、日本■■と3井■■銀行が脆弱です。


このほか、アメリカの9/11テロの真犯人について、告訴の準備が整いつつあるとか、
陰謀についても書かれています。


それから以前民■党よりマシな政党として■民党を褒めましたが
■民党もやはりまずい政党だったようです。
私はここ10年ほど投票していませんが、それが正解のようです。


とはいえ。
この本に書かれていることが、本当にほんとうなのか、それは分かりません。
それぞれが自分でカードはキネシオロジー、ペンジュラム等で
調べるのが良いと思います。

<2008年は21世紀のスタートの年>(2008年8月26日)

「誕生数秘学の知恵」より。


2008年は「誕生数秘学」で診れば、「サイクル1(発展)」で、
九年周期の最初、スタートの年に当たっています。
新しい九年周期の始まりであり、2008年の動向が、
これからの九年間のベクトル・方向性を決定付ける、とても重要な年になっているのです。

2007年は「サイクル9(完結)」の年であり、九年周期の終りに当たっていましたが、
そのスタートに当たる「1」の年は1999年で、まだ二十世紀のことでした・・・。
つまり、2007年までの九年間は、まだ二十世紀の「波動」を引きづっていたワケで、
「誕生数秘学」的に診れば、2008年から、本当の意味で、本格的な二十一世紀が
スタートすることになるワケです。

1900年代だった二十世紀を象徴する数字は、ズバリ「1」。
「1」は全ての始まり・スタート・男性原理」を象徴する数字であり、
「競争と追及」「ナンバー1」「もっともっと」などが時代のキーワードでした。
これに対して二十一世紀、2000年代を象徴する数字はもちろん「2」です。
「2」は「二極・二元論の元となる数字・バランス・女性性」などを象徴します。
二十一世紀は、そんな「2」に代表されるように、「受容と調和」がキーワードとなり、
誰の中にもある女性性に、時代のスポットライトが当たることになるでしょう。

つまり、どっからどう診ても、この二つは全く違う時代になるのは誰の目にも明らかです。
その百年、千年単位での大転換のスタートが、2008年から本格的に始まるのです。
この違いは「ちょっと違う」とか「今までの延長ではうまくいかない」というレベルの
変化ではありません。
「今まで」と「これから」では、時代の流れ・ベクトルが、百八十度変わってしまったと
言っていいほど、本当に「全く違う」のです。

このことを本気で理解しておかないと、これからの時代は、文字通り
「大変なこと」になることは避けられないかもしれません。
ぜひ、このことをしっかり胸に刻んでおいてください。
<本当のスタートは9月から>著者が出しているメルマガより転載(2008年8月28日)


先月のメルマガでも書かせて頂きましたが、
 今年1月は「サイクル11:動揺」から始まっており、
 2008年としては、まだ「サイクル1:発展」を経験していません。


 なので、今月の「サイクル9:完結」で、2007年まで続いていた
「20世紀的な流れ」が、本当に「完結」することになるのではないか…と
 書きましたが、覚えておられますか?

 この時期に、あの北京でオリンピックが開催されたのも、
 もちろん偶然などではありません。

 はづきは開会式を見ていて、単純に「スゴイな〜」とは想いましたが、
 同時に、言いようのない「寂しさ」を感じたりもしました。

 これから始まるのに、なんだかもう「終わった感」が漂っているように、
 はづきには感じられたりもしましたが…。

 こんなに派手な開会式は、きっともう最後なんだろうな〜と想うと、
 やっぱり寂しい感じがします(苦笑)。

 今月は「20世紀的なものや価値観」と「21世紀的なものや価値観」を
 見極め、それらを「要るもの」と「要らないもの」とに分けて、
 取捨選択し、整理・分別する作業が必要になってくる…とも書きましたが、
 あなたは今月、「何を手放した」のでしょうか?

 それは同時に、来月9月から始まる、新しい9周期の方向性を決め、
 新たなサイクルへの「バトン」を渡す、役割にもつながる重要な作業です。

 来月9月からは、「21世紀的な流れ」がいよいよ本格的に、
 加速してくることになるような…、そんな気がしてなりません。

 
 ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ 
 

 今月は「9:完結」の月で、ひとつの「流れ」が区切りを迎えました。

 来月9月は「1:発展」の月に当たっており、「誕生数秘学」では
 全9周期の最初に位置するサイクルとして、全体の方向性を決める、
 とても重要な「スタート」の月に当たっています。

 さらに来月の「1:発展」のサイクルは今年、最初で最後です


 2008年は、「1:発展・スタート」の年に当たっていますが、
 その中で、「1:発展」の月は、来月9月だけというところが、
 意味深です。


「1:発展」の年の、「1:発展」の月は当然、
「スタート」の波動が強調されることは避けられません。

「スタート」において、最も重要なことは、その方向性です。
 どこに向かって、「スタート」するのが、何より大事なことです。

「誕生数秘学」的に診れば、2008年から、本格的な21世紀の
「流れ」が始まることになっているので、その中で唯一の「1:発展」の月
 である、来月9月は、いろんな意味で、20世紀と21世紀との分かれ目…、
 大きなターニングポイントになるような出来事が起こる可能性も大です。

 来月、世界で起こる出来事を注意深く見ていると、
 きっと21世紀の世界全体の方向性が、見えてくると想います。

 それと同時に、皆さんひとりひとりが、社会的に対して、
 どんなネルギーを投げ掛けていくのかが、皆さん個人としての
 21世紀の方向性をある程度、決定付けることになるかもしれません。

 そういうダブルの意味で、来月は自分の外側に対して、どんなエネルギーを
 投げ掛け、外側からは、どんなエネルギーを受け取ることになるのかを
 慎重に見極めていく必要があるでしょう。

「投げ掛けるものが、受け取るもの」ですから、
 個人として、社会に対して、何を投げ掛けていくのかを注意してください。

 ひとつの言葉、ひとつの行為、ひとつの行動…、
 そうした小さなことの積み重ねが、大きな流れを決定付けることになるので、
 くれぐれも、軽率な言動は慎みたいもの…。

 …と同時に、自分が「これだ!」と確信した方向性に対しては、
 大胆にアプローチしていくことも大切です。

 来月は、周りを気にして、迷っているような時間はありませんよ(笑)。

「迷い」は今月中に、捨ててしまってくださいね。

はづき虹映公式ホームページ     
http://www.jba-net.com/index.html

<日本の神様カード>(2008年8月18日〜


カリヨン(リンク1)の「神様カード一枚引き」を注文しました。
アクセサリーを買うと無料でメッセージがついてきますが
今は特に欲しいものも無いので、メッセージだけを有料で注文してみました。


おはようございます。
日本の神様カードのメッセージをお届けいたします。


建御名方神(たけみなかたのかみ)
タケミナカタノカミ

あなたの夢を教えてください。
本当にやりたいことはなんですか?
もう一度自分に問いかけてみましょう。
その夢に手が届きそうにないと思えても、
チャレンジするだけの価値があります。
自分の中の疑いに勝てるように
私が助けましょう。

このカードはあなたに、ハートの望みは
なんですかと問いかけています。
いま、心からやりたいと思っていること
をしているでしょうか?

勇壮な軍神として崇められている建御名方神ですが、
彼は内側に入り、瞑想するように伝えています。

「自らの疑いに勝ち、信じるものによって立て。起きることを信頼せよ」と。
瞑想して内側に入ると、自分自身の魂の透明な結晶が見えてきます。
それは、一つとして、同じものがない、完璧な美しさを持った形です。
その形は、諏訪の湖に御渡りの氷の道ができるように、
あなたを魂の目的へと導いてくれるでしょう。



以上が、建御名方神からのメッセージです。

本当にやりたいことは何か?と、改まって問われるとちょと困るが
考えてみます。
アレのことかな?w
一枚引き画像つきで一回800円とは安いです。

<日本の神様カード2>(2008年8月22日)


日本の神々カード、私も頼んでみました。

--------------------------------------------------------

おはようございます。
お待たせいたしました。日本の神様からのメッセージをお届けいたします。

豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)

豊宇気毘売神は天照大御神の食事を司る女神、優美な食物、穀物の神様です。神に捧げるお料理を創る
シェフといえるでしょう。

お料理をする時には心をこめてください。食事を作っているときの気持ちは、波動となって、お料理の
味を左右するからです。

また、豊宇気毘売神のエネルギーは、人を招くのが大好き。楽しいパーティを企画しましょう。同じ食
べ物を食べることは、楽しさと歓びを分かち合うことでもあります。人と人との和、笑い声もまた魂を
満たしてくれます。食事はおいしいものを食べるのではなく、一緒においしく食べることがポイントで
す。


今日のお料理はちょっと黒コショウをきかせるとパワーがアップします。


以上が豊宇気毘売神からのメッセージです。
感想をいただけましたら、とても嬉しいです。

ありがとうございます! carillon  柚菓


----------------------------------------------

このメッセージは、カードに書いてあることなんでしょうか?
それとも柚菓さんの言葉が入ってるんでしょうか?
とても興味深いことばです。

(カードに書いてある言葉だそうです)
----------------------------------------------

・現在食卓が義母と別。いろいろとありまして。

・義母が抜けたことによって、4人の平和は守られ、楽しい団欒は少し取り戻した。

・でも、いずれはもし義母が入っても崩れない和やかさを作っていけるように努力します。
 
・私の名前の
和美の和という字は、穀物の横に口があって、食べ物に不自由しない
 いう意味だと、昔、親に聞きました。
 まさに、私にぴったりの神様のカードなのかも!

・食べるのが好き。
 いろいろな思い出はその時の食べたもののエピソードから思い出します。

・もし、おいしくなくても、そのことも楽しくなります。
 といっても、たいていのものがおいしく食べれてしまう舌ですが。
 胃も丈夫で、ほとんどこわしません。
 それで、本当にまずけりゃまずいで、「まず!!!」と楽しめる、
 楽しい雰囲気が好きなんです。

・涼しくなってきたら、バーベキューパーティーらしきものを計画しようと思っています。

ああもう!とっても楽しくなってしまいました♪

カードを頼んだことは初めてですが、楽しい!

いいですね♪


ピッタリのカードを引いてくれて、その中からさらにぴたりの意味を選んだようですね。

<日本の神様カード3>(2008年8月24日)

フツヌシノカミ
Kさんという方とメールのやり取りをしていたら、
どうもこの方は他人に依存していると思ったので、
「あなたは他人に依存していますよ」と、言い(書き)ました。


ifさま

おはようございます。Kです。

先日は“依存している”ことをはっきりと言っていただき
ありとうございました。
まずは、先生へ安易に電話する事をすっぱりと
止める
ことから始めようと思います。

そんなifさんへのメールの前後、carillonの柚菓さんに
日本の神様カードを引いていただきました。
以下、神様のメッセージです。


おはようございます。
ご注文をありがとうございます。

日本の神様からのメッセージをお届けいたします。

経津主神(ふつぬしのかみ)

眠りから覚めなさい。身支度を整え、決断し、行動を取る時です。
私の七支刀で、あなたの迷いを断ち切りましょう。
私の剣は冷たい炎となって、あなたを浄化し、明晰さをもたらすのです。
私の剣は心理そのものであり、今あなたはその真理に目覚めるのです。

「天地の始めのころ、日本中の荒ぶる神を治めた」といわれる経津主神は、
明晰かつ勇壮な軍神として知られています。
悪霊や憑依している霊を退散させる力を持っているのです。

経津主神は、あなたの迷いや葛藤、恐れ、自己憐憫といった悪霊どもを退治してくれます。
彼に助けを求めましょう。
自分が何か、あるいは誰かの犠牲になっていると思っているなら、
その葛藤を真理の剣でばっさりと切り捨てるのです。

以上が経津主神からのメッセージです。
いかがでしたでしょうか?
感想をいただけましたら、嬉しいです。
ありがとうございます。


依存の話も含めて、うじうじとしている私に対して
力強い、心強いメッセージをいただいた感じです。
がんばらなくては!
以上、ご報告まで(^^)

バッサリと余計な感情、思いを切ってくれそうですね、良いカードです。


<日本の神様カード4>(2008年8月24日)


<日本の神様カード2>の記事に「黒コショウ」の一文があり、
私がそれを「ゆうかさんの言葉だと思う」と、書いたらご本人から
「違います」とメールが来ました。


昨日、PANDRAを見てましたら、見たことのある文章があるなぁと。
お客様とのやりとりでした。
ありがとうございます。
i f さんへ、お客様とのやりとりを、送ろうか、どうかと思ったのですが、
お客様の個人名が入っていたので、止めたのです。
それと私のコメントは、「如何でしたか?また、感想をいただけたら、嬉しいです!」ぐらいで
黒コショウ〜は、解説書に載ってるんです。
私はただ、選ばせていただいているだけです。

済みませんでした、依頼者の方から訂正依頼があったので、直しておきました。

もしかしたら、お客様のご先祖様からのメッセージ(これを引いて届けといて)って、
感じかもしれませんね。

掲載されたお客様からの感想を頂いて感じたのは、お客様全員に言えることですが
・メッセージの必要性のある方が、ご注文下さる。
・皆様、とても素直。
・気づきをきちんと考えてらっしゃる。
・すごくお客様にぴったり!きてる。


不思議です。

毎日、ご注文頂き、早朝からパソコンの前に座って、送って、家事して、仕事して、
は体力的に辛いときがありますが、有り難いことだなぁと何度も思います。
ありがとうございます。


ピッタリのメッセージが行ってるようですから、ぜひ続けてください。

<2009年皆既日食>(2008年8月15日)


来年、2009年7月22日に日本で皆既日食が見られるそうです。
部分日食は2〜3年に一度見られるが、皆既日食は数十年に一度しか見られない。
来年、日本で見られる皆既日食は46年ぶりだそうです。

日本の中でも皆既日食が見られるのは
屋久島〜トカラ列島〜奄美大島〜小笠原諸島
のような、南の方の地域ですが。
詳しいことはこれらのサイトに載っています。

「プレ天文」   
http://www.f3.dion.ne.jp/~p2k/eclipse2009.html

「国立天文台topページ」
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090722/index.html


「日食と月食」
http://www.ssc.slp.or.jp/planet/education/qanda/h7.htm

<ジュネさんの解読4回目>(2008年8月14日)


さてさて。
ジュネさんに今まで三回も解読をしてもらっていたのに
家族のことを訊いてなかったことに気づいた私です。
で、また解読を申込みました。
今は3か月待ちです。
40分コースを申し込んだけど、60分にすれば良かったと思います。
40分はあっという間に過ぎてしまう。



今回はうちの子供達について訊きました。
上から順番に訊いてみましたが意外な結果となりました。


■長女の大子

転生回数、普通は300回くらい、多い人で800回くらいですが
大子は40〜50回と少ない。
オーラの色はきれいな青〜藍色〜紫である。
オーラは色の美しさ(純度)と形が大事である。
濁った色は良くない。

ジュネさん曰く
「持っているエネルギーが凄い」
ので、人をチャネラーにできるチャネラーだそうです。
大地のエネルギーに富んでいる。

■次女の小子

転生回数は200回と、姉より多いので、常に姉を出し抜いているようだ。
そういえば姉より知恵が回り、ふてぶてしいというか、逞しいというか。
これも転生回数の差が力量の差となっているのだろうか。
実にふてぶてしい。
オーラの色は赤。

ジュネさんの第一声は
「この子は面白いわね!」
ですが、本当にこの子は面白い子なのです。
やはり転生回数が多くふてぶてしいからだろうか?

■長男K

転生回数は少なめで、しかも殆どが超古代に転生しているので
現代の文明、ムー、アトランティス以降は10回程度と少ない。
ジュネさんの第一声は
「お母さんが大好きねw」
まぁ、そうです。
この子は超古代文明に転生していた時代に培われた底力があり
ネガティヴになりにくい。
現代文明(ムーアトランティス以降)の或る時期に、
地球をネガティヴ・エネルギーが覆ってしまった。
なので、現代人はネガティヴになり易い。
でも、超古代に生きていた人は、その意識が潜在意識にあるので、
底力があり、ネガティブになりにくいそうです。
面白いです。

ジュネさんが言う通りこの子もネガティブにならない、逞しい子です。
過去世で私の親だったことがあるそうで、だから私の言うことを
バカにして聞かないんだな、と思いますね。
まぁ、いいさ。
沢山失敗して思い知るとええんじゃ。

■次男◎

ジュネさんの第一声は
「この子は宇宙人ね」です。
今回地球に初めて転生して来たそうです。

実は思い当たることが多々あるのです。
とにかくこの子は幼児の頃から変わっているのです。

アンジュさんからも数年前に、この子は地球での転生回数がとても少ない、
地球に来てとまどっている、これから地球で起こることを
魂次元で知っている、と言われました。

地球に転生していたのは、この子のツインソウル達(4人いる)で
地球の情報を常に◎に送っていたので、それらの体験は◎の体験となって
魂に蓄積されている。
でも、◎本人が地球に生まれたのは初めてなんだそうです。



この子は地球人とは頭の配線が違っていて、常にθ波が出ている。
親の私から見てもそんな感じで、興奮したり感情的になることは
滅多にありません。
うちの子は皆、感情的になることは稀です。
たまにはなりますが、一年に一回とかそのくらいですかね。
そして、その念をいつまでも胸に抱いている、ということがありません。
いつまでも恨んでいるか、妬んでいるとか、ないですね。

やはり・・・宇宙人だったか。

でも、何でうちに生まれたのかな?
何かすることがあるんでしょうか。
この子は朝から晩までゲームしかしません。
学校の勉強は一切しません。

ジュネさんが言うには「ゲームを作る人には宇宙からインスピレーションが
来ているので、◎君はその宇宙のインスピレーションと繋がることが
楽しい、他の勉強はそうではないので、面白くないのでしょう。」と
いうことでした。
コンピュータが好きです。

この子が小学校1年生の冬(もうすぐ二年生になる頃)、
我が家にパソコンが来ました。
すると、この子には起動の仕方を教えたくらいなのに、
読めるのはカタカナとひらがなだけなのに
パソコンを使い、お絵かきをしていました。
パソコンには英語しか書いてないのに何故分かるのでしょう?
小さい頃から誰も説明していないのに、何でもよく分かり
承知していたのです。

天才だと思っていたけど、宇宙人だったのかぁ、そうか・・・


ヘルデライト
(2008年8月15日)

アライカードの依頼があったついでに、
我が家の◎ちゃんのことを
念じながらカードを切っていたら、
ヘルデライトがカードの束の中で表を向けました。
で、もう一度やってみたら、
またヘルデライトが表を向けて下に落ちました。
偶然にも二回同じカードが表を向けたのです。
なお、このカードは私が自分で引いた
「使命」を表すカードのうちの
ガイドの導きの意味のカードです。


ヘルデライト(進化)=嵐のエレメント
 
ヘルデライトは、この時代における人類全体の進化に果たす役割を認識するようにと促しています。
あなたの選択や行動は池に落ちたしずくのようなもので、その波紋は周りのすべてに影響を与えています。
今のあなたの思考や行動は、進化のより高い段階に進むための動きでしたか?
それとも、過去の動き方のままで波紋をさらに広げているだけですか?
その方法はもはや、取り除いたり変えたりする必要があるのではありませんか?
他の嵐のカードと同じように、ヘルデライトは特に、この変化の時においては、
あなたの思考や行動次第で大きく方向が変わることを示しています。
魂がどの方向に進むことを欲しているのか、あなたのハートは常に知っています。
そのガイダンスを受け入れると、あなたの行動は人類全体に波紋を広げ、
すべての人間の霊的な進化を一歩進めることになるのです。
 
チャクラ=頭頂(第7)から頭頂の上にある体外のチャクラまで
 
アファメーション=今、私の物質的な自己とハイアーセルフとが、調和しています。

 
カードには人類が座り込んだ状態から立ち上がり歩き出し
翼をつけて羽ばたくまでの様子が描かれています。

人間にとって何かすることよりも意識レベルを高い位置に保つことの方が難しい。

しかし地球人の殆どは目に見えるもので人を判断するという、低いレベルに居ます。
なので、通常の人間は皆の目に見えることをして、
他人に認められて満足するのかもしれません。

しかし、魂がもっと進化すればもはやそのようなことに何の意味も価値も見出さなくなる。
自称宇宙人という方を何人も知っていますが、その中には宇宙人の人は居ませんでした。
これはあくまでも私の勘ですがね。
むしろ、そのようなコトを自称することによって、現実面で満たされない思い、
悔しさなどを補償している人が多いようです。
並みの地球人よりも程度が低い人がいました。
その程度なので、自分を宇宙人であると、自慢げに売り込むのでしょう。

本当の宇宙人とは我が家の◎ちゃんのように一見何もせず
何の慾もなく、何を目指すのでもなく、ひたすらθ波を出して生きているのでは
ないでしょうか?



それから私はオートマチック型チャネラーだそうです。
ジュネさんの解読を受ける前に、星占いか何かで
「あなたが探していたものが見つかります。
それはあなたのすぐそばにあるかもしれません。」みたいな文章を読んでいました。
そういう言い回しは良くあることなので、気に留めずにいたので
どこで読んだのか忘れてしまいました。

で、私はここ十年以上宇宙人に会いたいと思っていたのです。
本で、宇宙人と遭遇した人の話を読んだりして、私も会いたいな、と思っていました。
まさかウチの子が宇宙人だったとは・・・
星占い(?)が当たったわけですが、人類はまだ三次元に生きているので
星占いが有効だと思います。
空の星と私達が対応しているのです。
アセンション後はこの世界が五次元になるので、星占いは無効になると思います。
私たちは太陽系外の世界の中の五次元世界と同等になるのだろうから。

<殿下のパワー>(2008年8月12日)


Sさんから報告です。


子どもの自由研究をかねて、富士山新5合目まで、
遊びに行って時のことです。
8月7日に行きましたが、途中ものすごい警官や、白バイ、ヘリコプターの数で
事件に巻き込まれたのかとおもっていたら、
なんと皇太子様のプライベート登山だったらしく。
不思議と時間ぴったりで、私達がついてから青いロープが引かれ、移動できない状況に。
でも、何もまたずに、偶然にも皇太子様の到着をお迎えできちゃいました。
そのときがすごいんです。

霧の中で、景色も空も見えないなあと思っていたのに、
到着の数分前、ぱあーーーと雲がひいて、とってもきれいな青空が!
姿が見えなくなると、ぱらぱらと雨がまったり霧だったりもしていましたが・・。
漠然と、「この方はやっぱり普通の人じゃないかもしれないねえ。」なんて、いっていたら、
今日、アルクトゥルスさんのmixiに記事が。
やっぱり、特別な人だったんですね。
写真は、そのときの青空です!
皇太子様には、カメラを向けませんでしたので、残念ながら写真はありませんが・・。

やはり特別な人なんでしょうかね。
皇族に生まれるということ、ましてやこの時に皇族であるということは
特別な魂でないと、やれないことでしょうね。
不思議な話でした。

<プクプクとタラ〜リ>(2008年8月6日)


Aさんから質問メールが来ました。

今日はifさんにお聞きしたい事があるのです。
現在、私が体感している事なのですが…いつも突然、
体からアワの様な気泡がプクプクと出ている感じがするんです。

これは昨年末位?か正確にいつ始まったかが微妙です。

特に上半身…背中やお腹から気泡が出ている感じです。

2年前には頭頂部からオイル?の様な物が
タラ〜リタラ〜リとアーユルベェーダーの様に垂らされてる感覚が暫くあったのですが…

体から気泡なんて全く妙な話しですが、同じ経験された方はいるのかしら?と思いまして…
そしてifさんだったら何かご存じかしら?と…

またまたトンデモな事でしょうか?


私はそういう体験をしたことが無いので分からないけど、
誰か分かる方はいませんか?
上の記事を読んだMさんから。(2008年8月7日)

ifさん
 
Mです。
<プクプクとタラ〜リ>(2008年8月6日)のAさんの記事読みました。
 
<プクプク>
私は両手の平と指先・足の裏に、ピリピリともムズムズともいえない感覚がいつもあります。
Aさんのアワの様な気泡がプクプクと出ている感じがするんですという表現をみて、
私の手足の感覚は、小さな気泡がはじけているというのが一番近い表現だと思いました。
 
この手足の感じについて、7/18に受けた潜在意識解読の時にジュネさんに尋ねてみました。
・細胞の原子レベルでの振動を知覚している
・昨年あたりからの地球の振動数の上昇と共に感じる人がでている
と、いうことでした。
 
前々から両手指先の感覚はありましたが、今ほど強くはありませんでした。
昨年あたりから、強く感じるようになっています。
 
寝る前のリラックスしている時が一番強く感じます。
 
<タラ〜リ>
こちらの方は、似た感じはありません。
 
Aさんのケースとは違うようですが、何かのお役に立つかもしれないのでメールしておきます。

Mさん、有難う。
Nさんからも報告がありました。(2008年8月8日)


「ぷくぷくタラ〜リ」のぷくぷくの方は、私も似たものを感じます。
ただ、私の場合は、普段は感じません。

リラックスしつつぼ〜っと集中(おかしな表現ですが)すると
しゅわしゅわ〜っ
と感じます。
薄暗かったりするとしゅわしゅわ〜っと出てるのもよく見えます。

就寝前のリラックスしている時に 腕をぼ〜っと見ていると見えてきて
シュワシュワっと細かい泡がはじけているような感覚も出てくるのです。

見えるのはコップの中に入れた炭酸飲料がはじけてシュワシュワしているものの
もっと細かい感じのものです。
た〜くさんの細かい粒子が 行ったり来たりと運動しているみたいに見えます。
その感覚になって周りをみると、自分の体付近以外にも 
はじけた微粒子みたいのが飛んで見えて綺麗です。

Aさんからも報告有り(2008年8月8日)


ifさま
 
こんばんは。
いつも勉強させていただいております。
早速ですが
パンドラの壷「etc」に掲載されていたプクプクとタラーリを読みました。

プクプクという感じではないのですが
3年ほど前から左手の小指の先がビリビリとする時があります。
先日、ジュネさんの解読の際に尋ねてみたところ
エネルギーを受信しているらしく、
何かの情報を得ている、チャネリングしている、とのことでした。
ちなみに私はチャネラー体質でもなく、ごく普通の主婦なので
ビリビリする度に
「何の情報なんだろう?」といった程度なのですが・・・。
 
 
プクプクとタラーリのAさんとは症状?が違うと思いますが
メールさせていただきました。

指というのはセンサーになるかもしれません。
中国の故事で或る賢人は、美味しいモノを食べられる前には
食指(人指し指)が動いたそうです。
「食指が動く」という言葉、
それが転じて「興味が湧く」みたいな意味になったのですが、
この故事でも当人が知らないうちに人指し指が勝手に動いているので
指がセンサーになっているという証拠の一つです。

<日本の神様カード>
(2008年8月4日)


閲覧者の方が教えてくれたので、
アマゾンで買えるようにしときますね。


「カリヨン」(リンク1)で
このカードによる、
月間占いをやっています。

申し込めば個別にカードを引いてくれるようです。

私は小学生の頃、日本神話とギリシャ神話の本を読み
とりあえず神話の世界は頭に入っています。
八百万の神々の話は面白いです。


<チャームに救われる>(2008年7月28日)


Tさんからメールあり。

ifさん

こんにちは。

チャームについての報告です。

かなり前の話になるのですが、そのとき私は
ゲルマニアで購入した水晶のチャームを携帯につけてズボンのポケットに入れていました。

家を出て階段を下りるときに、躓いてかなり勢いよく階下の方に投げ出されたのですが
そのとき下手に手すりを掴んでしまったこともあり、投げ出される方向が階下ではなく、
階段の向こう側、つまり柵の無い所に投げ出されそうになりました。

そのとき、手すりの角にズボンのポケットに入れていた携帯のチャームが引っかかりました。
転がっていく勢いでチャームが切れたのですが、そのときの力が僅かな支えになって
勢いが軽減し、ギリギリ投げ出されること無くコンクリートのところに着地していました。
あっという間の出来事でしたが、チャームに命を救われたように思っています。


チャームが持ち主を守ってくれたんでしょうか。
トンデモだけど。
それから、Tさんにはこのメールが届く直前に、
今日買った和風小物を送っています。
メール便で発送してから帰宅したら、Tさんからメールが届いていました。
で、和風小物を送るついでに「水晶チャーム(天使の羽根)」(サンプル)
を送ったのです。

水晶チャームを送ったら、水晶チャームが壊れてしまった話を聞くとは・・・

<ジュセリーノ予言>(2008年7月23日)


ブラジルの予言者ジュセリーノ氏の予言、「未来からの警告」より。
それぞれの年に起こる災害などを予言していますが、全部は書けないので一ツだけ書きます。
大災害はこれから毎年起こります。
なお、的中率は90%だそうです。100%ではありません。


2007年=年末が環境破壊に対し人類が意識を変える最終期限。
       2007年あるいは2008年の7/13に日本で地震発生。
2008年=9月13日にマグニチュード9.1の地震が中国で起きて30m以上の津波が発生し、
       百万人以上の犠牲者が出る。
2009年=1/25にマグニチュード8.2の大地震が大阪や神戸を直撃し、数十万人の犠牲者が出る。
2010年=NYの株式市場が6/15に崩壊し世界中に影響を及ぼすため、世界経済が危機に陥る。
2011年=鳥インフルエンザが人間に感染しだし2013年までに7300万人の死者。
        癌の治療法が発見されるが、新しい疫病が発生。
        水不足からアラブの国で戦争が起こる。
2012年=12/6から黒い雲の時代といわれる気象的な混沌(カオス)が始まる。
       疫病が蔓延し人類の滅亡が始まる。
2013年=脳腫瘍以外の癌の治療法完成。
2014年=地球に近付いて衝突の可能性がある小惑星の存在が問題になる。
2015年=11月に地球の平均気温が59度まで達し、多くの死者が出て世界中にパニックが広がる。
2016年=4月に中国を台風が襲い大都市が被害を受け、1000人の死者が出る。
2017年=アフリカで気温が60度になり、世界中で干ばつによる激しい国家対立が起きる。
2018年=6月に日本の東海でスマトラ地震を上回る巨大地震発生。
2019年=小惑星の接近に関して科学の力で解決する可能性が出てくるが、
        もし地球に衝突すれば世界人口の1/3が滅びる。
2020年=カリフォルニアのボリナスで数千人の死者が出る大地震があり、
       これがサンアンドレアス断層大変動の前兆となる。
2021年=メキシコで死者2万人を超す巨大地震が10月に起きる。
2022年=ペルーで6月に巨大地震が起き、海岸線が破壊される。
2023年=サンフランシスコを2月に巨大地震が直撃。
2024年=インド南部で10月に大地震があり数千人死亡。
2025年=ギリシャ南東部が8月に地震災害のために大混乱となる。
2026年=サンフランシスコで7月に超巨大地震が発生し、サンアンドレアス断層が破壊されて
       カリフォルニアが崩壊する。
        この地震はザ・ビッグワンと名づけられる。
2027年=アメリカのイエローストーンで噴火が始まる。
2028年=世界各地の海岸線が、海面上昇と砂丘の侵入で人が住めなくなる。
2029年=6月にアポフィスという二つ目の新しい小惑星が地球への衝突軌道に入る。
2036年=11月に同じ小惑星が地球への衝突軌道で向かってくる。
        80%の衝突の可能性があり、地球危機のピークとなる。
2038〜2040年=カリフォルニアと日本からオーストラリアまでの太平洋の島々は、
             地震と火山噴火のために海中に沈む。
2043年=世界の人口が減少し、人類の8割が消える。


「2008年には、ブラジルのルワナという薬草からエイズ・ワクチンが開発されますが、
しかし、すぐに、エイズよりもっとひどい病気が発生します。
これはかかると4時間で死亡します。」(ジュセリーノ氏)

<それぞれの金運up>(2008年7月19日)


Aさんから。

ifさん こんばんは。

金運ストラップ17が届きました。
キラキラピカピカして素敵です。
いつも使っているがま口に付けました。


(Aさんは数か月前に或る国に海外旅行に行く、と決めました。
 すると、その旅行に関わるお金がことごとく節約できたそうです。)

浮いたお金はおみやげとチップに回すからみんなで幸せになれます。

私の考える金運が良い状態とは、お金が増えることだけではなく、
ケチらずに出て行くお金が減ることも含まれると思っているので
これだけでもかなり金運効果あがってます。
しかも、節約してはいるが、質は低下していない。
ケチって質が低下しては金運的に良くない状態だと思う。
みんなが少しずつでも幸せになれるのがいい状態だと思ってます。

これらはストラップを注文する前の出来事ですが、
発売日にゲルマニア見るの忘れたり、売り切れだったりして
注文したいと常々思っていたのに買い逃してました。
でも、かなり前から金運ストラップ買おうと決めてました。
買うと決めたときから効力発動するんでしょうか?


まず「心が先」(アワがサヌキに前駆する)ので、そうだと思います。
心の世界では既にその状態になっている。
それが時間をかけて現実世界に降りて来るようです。


金運の絵でもストラップでも、買われた方には効果が出ているようです。
Aさんのように「不要なお金を使わずに済み、結果的に金運が上がった」方も多い。
或る方などは「もう、親との同居は嫌だ」と、マンションを探していました。
でも、親との問題に正面から向き合うことにしたら、問題が無いとは言わないが
小さくなった。
それでマンションを買わずに済みそうなのです。
その方は
「1000万円節約出来ました」と、私を笑わせてくれました。

金運upの他のケースは「忘れていたお金が出現」というのがあり、
タンスの引き出しから出てきた、とか、忘れていた通帳に金が入ってたとか
面白いコトが沢山あります。

後は「収入が増えた」「高収入の職場に転職した」「親がン十万円くれた」とか
こちらも驚く話が寄せられています。
自営業の方だと注文が殺到した方もいます。

ギャンブルで当てた方は少なく今まで1名ですかね、60万円当てた方。

皆さんそれぞれ自分に合った金運を発揮しているようで良かったです。

<ジョン・タイター>(2008年7月16日)


未来からやって来たトンデモ界の有名人です。

wikipediaにも載っています。

ここは肯定的。
http://www.y-asakawa.com/message/time-traveler-1.htm

ここは懐疑的?・・・でもないです。
http://omaore.exblog.jp/1064743/

<ストラップが取り持つ縁>(2008年7月14日)


Mさんからメールが来ました。

今日、××でのジュネさんの潜在意識の講座に出席しました。
一人での参加だったのですが、
時間まで廊下のソファーで待っていたら、横に座られた方の携帯のストラップが、
ゲルマニアで販売されたものだったので、
「私も色違いのを持っているのですよ♪」と話しかけてしまいました。
 
それから、その方と話が弾むこと弾むこと!というのが、
お互いゲルマニアで販売されたチャームやブレスレット、
ラカンさんのリング、ロータスの都里さんのチャームなど色違いのものなどをお互いもっていたのです!
 
更に私が何となく、Gaiaさんのプライマル・アートの話をしたら、
相手の方が自分のプライマル・アートの色を話したら、
自分が誰だかわかるなあと言われたので、「?」と思ったら、☆さんでした!
 
まさか地元で、パンドラつながりでの思いがけない出会いがあるなんて!とても楽しいひと時でした。
もちろん、ジュネさんの潜在意識の話もとてもためになりましたよ。

それは楽しくて良かったですね♪
私は絵の依頼メールでお客さん同士がとても近い場所に住んでいることを知っていますが、
まさか
「あなたのご近所に〜〜さんという方が住んでいますよ。」なんて教えるわけがないので
お客さん同士は知り合いではありません。

ところがこの方のように、ジュネさんの潜在意識講座に出たりすると、
PANDORAのお客さんが何故か必ず数人参加しているようで(笑)
そこでお互いに分かれば話が通じ、楽しいひとときを過ごせるようです。

この方は日本の南に住んでいますが、先日は北の方からも似たような報告がありました。
PANDORAのお客さんは陶酔しないので、会話に参加すると他の人のことが分かるようです。
つまり、他のお客さんが陶酔しているのが見え、陶酔していない人も分かる。
で、陶酔していない人はPANDORAのお客さんなんだそうです。
良いことです。


私は数年前にいきなり思い立ってストラップ(チャーム)を作り始めました。
作っちゃったので売らなくてはならないが、自分で売ってる暇がありません。
なのでgermaniaを発足させて、お願いして販売してもらっているのです。
儲けは・・・・無し。
だって、売ってもらってるのでこちらには1円も入りません。

では何のためにやっているのだ?
と訊かれれば「やりたいから」です。


それでやってみてだんだん分かってきたことがあります。

魔除けや身代わりになっている
  この実例報告を沢山いただいています。
  何で魔除けになるのか、私にも分かりませんがとにかくなっているようです。
  これは作る人の波動が入る(転写される)からだと思います。
  私の魔に対する波動は・・・
  「魔だとぅ?・・・・・・・かかってこいや!オラ!」
  です。
  魔がいたら申し訳ないが他をあたってくれ、と言います。
  魔をブッ殺すつもりはありませんが相手をしている暇はありません。
  ここで反省するか反省せずどこかへ行くか、どちらかを選んでもらう。
  これが私のスタンスなのでそれが作品に転写されるのかな?

お客さん同士を結びつける
  御互いに知らない同志でも、germaniaのストラップを持っていれば
  PANDORAのお客同士であることが分かる。
  これは今まで思いつかなかったけど、今回のMさんの報告で知りました。

  
このようにただ作りたくなって作ったストラップですが、当初予想していなかったことが
だんだん出てきて、しかもそれは良いことでした。
頭が良い方では無いので、ここまでのことは予想していませんでした。
作れば作るほど持ち出しが多く全くお金にはなりませんが、やって良かったなと思います。

<トンデモ中のトンデモ>(2008年7月11日)


「世界支配層の策略」
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/tomokop/sakuryaku.html

これは面白い!

<大ピラミッドに刻まれた戦慄の大予言>(2008年7月3日)


ブログ「GOD IS」の管理人のけんいちさんと、ピラミッド予言の話になりました。

記事にあった、シリウス革命って僕も近所の本屋で読んだことありますが、
ワケワカンナーイって思いました。
アトランティスの叡知も分からないですね。

他の記事にもあるように、この世はマトリックスなので、
やはりパラレルワールド説が一番しっくりくるかなと思います。
自分の深く見つめ、癒すこと・浄化がアセンションするには必要、と良く言われますが、
僕の感じとして僕たち人間はみんなでひとつなので、
自分の深くを癒す事は人類を癒してるに等しいと思う訳です。

僕の世界では、ポジティブな地球になって、みんな五次元に移行=天国だー(´Д`)
で、浄化をしない99%の人達の別のパラレルワールドでは三次元のままで、
地球が地震やら温暖化で酷い目にあう(´Д`;)

人それぞれ異なる現実が待っているという。
小さな宇宙人アミ という本を書いたひとの『エンリケバリオスの魔法の学校』
という本でこういう事が書いてあります。


私は面倒臭いのが嫌いなので、超簡単な本を紹介。
それだったら、「大ピラミッドに刻まれた戦慄の大予言」という本に書いてある。
ギザの大ピラミッド自体が預言になっているそうだ。
元の本はアメリカのピラミッド研究家、ピーター・レメスリアの本。

へぇ(◎o◎)!!
すごいですね!
どうなってるんだろう、この世界は!って感じですね。

ピラミッドの内部に人類は三種類の運命を選択する、とある。

三つですか…。
@五次元にアセンション
A三次元のまま
B地球破滅
…みたいな(´Д`)

いふさんは、その三つは知らないんですか?


けんいちさんの言う通りだと思う。いい勘している。

大ピラミッド内部は
上=王の棺室
中=女王の棺室
下=副葬品室

と別れていて、
上に行くには人類は上昇しなくてはならない(登り道だからね)
中に行くには水平に進めば良いが、最後にちょっと落ちる。
下に行くには下降すれば良い。
それはそのまま、人類の魂の次元(レベル)と対応しているかのように
見える。


ピラミッド内部を棺室へ向けて進むことが、人類の歴史と対応している。
ところが、通路は途中で分かれて、上に書いた通り三種類の道になる。
それぞれの道もその後の歴史と対応しているので、
人類は「同時に三種類の運命」を生きていることになる。

一番上の道を進めば、王の棺室に空いた空気穴のようなものから、さらに外の世界に通じているので、
このことはまるで、「人類の魂は永遠に生き続けることになる」ということを言っているかのようだ。
女王の棺室からも空気穴が空いている。
しかし、一番下の副葬品質は行き止まりになっている。
魂的に低い生き方をしたものは、それで終わる。

水平な位置から見ると
上=王の棺室から通じる空気穴の外部に出ている位置は、救済の地平の上、
中=女王の棺室から通じる空気穴の外部に出ている位置は、救済の地平と同じ位置。
下=副葬品室は外へ通じる穴は無い。
   しかもそこは上(天井)が「死の地平」で、下(床)は地獄の地平と呼ばれている。
   魂にとって非常にまずい場所です。


私の意見ですが、王の棺室に進んだ人類の魂は救済され永遠に生きる。
女王の棺室へ進んだ魂は「他の星へ転生」。
副葬品室へ進んだ魂は「転生出来ない」「粉も無きように」「鉱物からやり直し」になるのではないか。


本の内容はこれだけではなく、とても面白いのでお勧めします。

私達は今、その三つの道を瞬時に選んで生きているのです。
どんなに善い人でも計られるのは魂の質、つまり意識レベル。
そして意識レベルは常に変化している。
王の棺室への道を選べるよう、生きて行こうじゃありませんか。



けんいちさん、PANDORAに記事をupしたから見てみて。

パンドラ記事見ました。
あいかわらず自分のメールが載ると恥ずかしいですね(´Д`;)

かなーり、面白そうな本ですね!そのピラミッドの三つの棺室の話、
多次元的な物の見方ですねぇ。欲しいですがアマゾンって利用したことないっす(^^ゞ

ちなみに三つの選択の話ですが。
二年くらい前に『ターニングホイール』という対面セッションを受けたことがありまして、
(運命の車輪を行きたい方へ回すというものです。)


@大変苦労するが、ハイヤーセルフおすすめの道。
A平和に平凡な暮らしの道。
B今現在(セッションを受けた当時)は、真実が分からなくてフラフラして、結局何も得られない道。

という三択の中で@を選びました。

さっきの三択と似てないですか?実際、セッション後から今も、かなり苦労してます(^^ゞ
苦労しながらおそらく王の棺室へ向かっております。


この三択も、同じことを言ってるね。

苦労する道を選んだんだね?
その後PANDORAに来たわけだ、結構ケッコウ。

アマゾンを利用したことがない?
だったら一冊押さえたのでけんいちさんに送ってあげる。
ネタ提供のお礼だよ。



<火水龍が壊れた>(2008年7月3日)


火水龍Aのストラップが、
本日職場で壊れてしまいました。

かたづけていると、小学校から電話があり、
息子がけんかして、目にパンチを受けて
かすむと言っている。
眼科に連れて行ってほしい。
とのことでした。

よく聞くと、けんかしたのと
ストラップが壊れたのはだいたい同じ時間でした。

守っていただいたのだと思います。
ありがたいことです。

こわれたとき机の中に散らばったため、
ほぼ拾い集めることはできたのですが
直していただけますでしょうか?

 

どうぞどうぞ、送ってください。
火水龍が本当にお子さんを守ってくれたのだろうか?
ほぼ同時刻というのが怖いですね。

<マトリックス>(2008年7月1日)


市内に住む年下男性のMさんが仕事帰りに我が家に寄りました。
我が家はMさんの職場と自宅の間、通り道にあります。
これも不思議な偶然です。


Mさんと先日秋葉原で起きた通り魔事件の話になりました。

私「犠牲になった人はトラックにはねられた人を助けようとしていた人と
   110番通報をしていた人だそうですよ。
   その他の人は犠牲者の友人が叫んでいるのにそれをケイタイで写真を撮っていたんだって。」
M「ヒドイですね。」
私「通り魔はそりゃ悪い。
  でも、私は、犠牲者を助けもせず撮影している人の方が異常だと思う。
  あの事件では
  ◇通り魔
  ◇犠牲者
  ◇犠牲者を助ける人
  ◇それを撮影する人
  ◇逃げた人
  と分かれましたね。」
M「事件現場が翌日には何事も無かったようになってました。」
私「ゲームですね。」
M「そうですね。」
私「本体は異次元に居て、その分身がこの三次元に居て、ゲームをしていますね。」


私「太陽系は閉じられていて、NASAが探査機を飛ばしたら太陽系の果てまでついて
   次に反対側から出てきたそうです。」
M「そうらしいですね。
  何かで読んだか見たかしました。」
私「それ、映画のマトリックスにもありましたね。」
M「え?ありましたっけ?」
私「最後のやつ(レボリューション)で主人公が地下鉄の駅に居る。
  で、画面の端まで行くと、反対側から出てくる場面です。」
M「あったかな。今度良く見てみよう。」
私「それって、この太陽系が閉じられていることを示唆しているのだと思う。」
M「よくそんなことが分かりますね!」
私「直感ですけど、きっとそうだと思う。
  太陽系に関する情報は上の方の人は知っているんですよ。
  でも、一般人には知らせない。」
M「それで人類を支配しているんですね。」
私「そう。でも、映画などにはちらほらと本当のことを出してますね。」


太陽系は宇宙の中で三次元に設定された空間だと思います。
だから、その中では時間が経過している。
そのように設定されているのです。
(※相似象ではこのことを
「トキトコロウシ」と言います。
  トキとトコロを指定する、という意味で
  トキとトコロを指定して初めてモノは存在する。
  そのように設定されているということですね。
  相似象は凄いです。
  ノーベル物理学賞を遙かに超えているんですよ)

なので、太陽系〜地球はマトリックスなのです。
秋葉原の事件について言えば
  ◇通り魔
  ◇犠牲者
  ◇犠牲者を助ける人
  ◇それを撮影する人
  ◇逃げた人
と、分かれましたが、これは人間が咄嗟の時にどの意識レベルで行動するか、ということです。
死んでしまった方を皆、気の毒にと思いますが霊的に見るとそうではありません。
上の5種類のうち、どの人の魂が最も気高いかすぐ分かると思います。
ケイタイ写真を撮っていた人達・・・大変、まずいです。

マトリックスです。

この三次元がゲーム(現象界)なのです。
本物、本体は異次元(実在界)にいます。
これは生長の家を初め、高橋信次もそう言ってます。
しかし、この現象界があまりにもリアルなので、まさか、これがマトリックス(ゲーム)だと
誰も気づかない。
気付いた人は夢の中で「これは夢だ」と自覚出来る人の如く、醒めています。
それを覚者と言うのだと、思う。

<シリウス革命>(2008年7月2日)


上の記事を読んだTさん方から報告がありました。

私も何処かで聞いたことがあります。

宇宙の中で3次元なのは太陽系だけだと。

それでこの本のことを思い出しました。

2013:シリウス革命半田 広宣

難解です。私が持っている本の中で1、2を争うほど。

抜粋を送って、ifさんに、わけわからん!

と言われた「アトランティスの叡智」の上を行きます。

この中で“冥王界のオコツト”と名乗る意識存在が、

『宇宙は太陽系だけです』と言ってたのが記憶にあります。

当時は、なんでやねん!とも思ったのですが、

このことだったのか…と納得しました。

3次元存在の探査機が

3次元の枠を抜け出せないのは当然ですね。

食傷気味になっているスピリチャルな知識より、

振動数の増大→次元上昇→5次元宇宙

こんな物理的アプローチの方にリアリティを感じます。


Tさんは男性。さすが論理的。
この本は私も読んだことがあります。
とても面白いです。

<瞑想の怖い話>(2008年6月22日)


或る方から聞いた話です。

その方は霊感があり、常に人のことを考えて生きている天使のような人です。
その方が以前勤めていた職場の経営者(女性)は、一見天使なのだそうです。
彼女を見た人は10人中9人までが、この話をしてくれた方より「天使」だと思うくらいだそうです。


ところが・・・この経営者の正体、本質は大変邪悪なんだそうです。
それを分からないで、話をしてくれた仮にAさんとしますね、Aさんは一生けん命
経営者のために話相手になったりヒーリングしたりと、努力していた。

或る時、経営者が瞑想しましょう、と社員に持ちかけた。
Aさんは真面目に瞑想をしていました。
何度か瞑想するうちにAさんの体調がだんだん悪くなって行った。
或る日、瞑想の途中でAさんは目を開けたら、経営者の女性が瞑想をしている人達の
後ろに立っていたそうです。
Aさんは驚いた。
てっきり経営者も一緒に瞑想をしているものだと思っていたから。
経営者は瞑想をしている人達をコントロールするため、皆の後ろに立って何かしていたようです。

その後、Aさんはこの会社を辞めました。
何故この経営者がこのようなことをするのかといえば
過去世の或る時、自分の願いを叶えてくれたならこれから先何度生まれ変わっても
あなたの言うことを聞く、と悪魔と契約を交わしてしまったからだそうです。
Aさんとは過去世のある時、一緒に居たことがあるのだそうです。
その時もAさんはこの経営者と親しかったが、途中からこの人が変なことに気づき、
逃げ出したそうです。

そして今世。
また知り合いました。
経営者は何度生まれ変わっても悪魔に心を売っているので、今世もこういうことをします。
Aさんとしては経営者が気の毒だけど、説得して分かる相手でもなく困っていました。


私はAさんから数か月前に絵を依頼されていました。
仕事は辞めたのですが、経営者からの念が来て困るので、それを防ぐ絵を描いて欲しいと。
で、絵を描いたけどそれはあまり魔除けにはならなかったようです。
その時は何かのついでに描いたような絵になりました。

それから数か月後。
最近Aさんから他の件で絵の依頼がありました。
たしかメッセージだったかな。
私は何故か頭に
「魔除け」というのが浮かんでいました。
で、Aさんから前回魔除けの絵を依頼されていたことを忘れています。
でも、チベット仏教の法具の意味を持つ絵を描いて送っていました。

経営者からの念は相変わらず来ていたらしいが、念を防ぐ手段がありません。
そこに新しい絵が行きました。
Aさんはさっそくその絵を胸に抱いて眠ったそうです。
するとAさんは夢を見ました。
夢の中でAさんは経営者に
「さようなら」と別れを告げていたのです。
経営者との縁を切りたい、念を防ぎたいというAさんの想いが潜在意識に届いたのでしょう。

その後、Aさんは身体も心もスッキリしました。
本当に経営者からの念が来なくなったようです。

それを助けるためにチベット法具の意味を持つ絵が必要だったのでしょうか。
Aさんに最後に絵を描いた時は、このような話(悪魔に魂を売った経営者からの念)のことは
忘れていたのですが、Aさんに必要な絵を描いていたのが不思議です。


いやはや・・・
世の中には一見天使でも、中身は怖い人がいますね。
魔界のものに魂を売ってしまった人。
気の毒ですね。
経営者には九尾の狐が憑いているそうです。
これからもその人はカモ(エネルギーを取る相手)を探して、新入社員を採用しているのかな。
自分がしていることを「間違いである」と分かれば良いが、どうでしょうね。
そのようなコトをしていれば魂はかなりまずいことになりますね。

<エネルギーの話>(2008年6月9日)


Rさんが報告してくれました。


ジュネさんのお話会の中で、
どんなエネルギーを使っているのかをおしえてもらいました。

元に生命エネルギーがあり、まず最初に
肉体労働でエネルギーを使います。 (病気の人は最初に治癒力でエネルギーを使うそうです。)
↓  (発展途上国の人たちのほとんどがエネルギーを肉体労働で使ってしまうそうです。)
次に余ったエネルギーは (先進国の人たち)
感情のエネルギー に使われます。
次に余ったエネルギーは
ひらめきのエネルギー(思考能力が増す、前向きになる)に使われます。
最後に(ほんの一滴だそうです)
サイキックエネルギー(その一滴を蓄えていくと霊的エネルギーがを高められる)

これを聞いて、
私はいかにエネルギーのほとんどを感情エネルギーに使っていたのかを知りました。
ネガティブな感情にとらわれすぎて、自分も回りも見ることができず、疲れきっていたなって
いまこうやって前向きポジティブでいろいろ挑戦しようとできるようになったのは、
感情にとらわれることが少なくなったからなんだなって
パンドラでいろいろ勉強してきて良かったです。

「書く行」をすすめてくれてありがとうございました。
書く行を毎日することで客観的に考える力を養え習慣づけることができました。
思考力、判断力などこれからも勉強させてもらいますので、
よろしくお願いします。


なるほど言われてみればエネルギーとはそんな感じですね。
面白いです。

また「書く行」を三か月続ければ、自分でも気づかない隠された感情が
出て来て、その結果心が浄化の方向に向かったり、
(意識、無意識の)願望が実現したりするそうです。
私もこのサイトを開始する前にかなり長いこと書く行をしていました。
その結果、このサイトを立ち上げたので隠された願望が実現したといえます。

<テレビドラマ「ロスタイム」>(2008年6月6日)


「人間の話」→「人間のいろいろ9」→<女に生まれて良かった♪>を読んだ方から。


『自由な心を持ち、自由な時間を使って、自分がアセンション出来る波動量を獲得し、
自分の周囲の波動を上げ、周囲の波動を上げ、周囲の人もアセンションできるよう、
お手伝いをする使命』…のコメントを読んで本当にそうだと思います!

4月に終わったテレビ番組で『ロスタイム』と言う一話完結で見てた方もたくさんいると思います。
簡単に説明すると、事故、事件に巻き込まれたりして亡くなった人にも、
人生のロスタイムがあり(もちろん、時間はそれぞれですが)
それぞれの主人公がその時に一番やり残した事に、
時間を使ってから旅立つ様子が描かれてて、ほぼ毎週見てました。

で、ある時大泉洋が引きこもりの役でいきなり大福?食べて亡くなるんですよ。
しかも掲示板に時間が出るんですが(12と言う数字)  12時間経っても亡くならない、
12ヵ月経っても亡くならない、その間、彼は引きこもり続けパソコンを見てダラダラしてるんですね
その間に母親が倒れてしまい、、その事があって昔父親がやはり、急に倒れて亡くなってて、、
彼は自分がどうして引きこもりになったのかなにをしたかったのか?を思い出すんです☆  

一度は、アンパイア−に早く死なせてくれと言うんですよ。
生まれ変わった方が上手く生きられると。
しかし、ちゃんとロスタイムを全うしなくてはならないルールがあり。
その後に、自分は父親と同じ医者になり人を助けたい!と言う志しを思いだし、
しかも大学受験失敗してからの時期が12年。
その長い時間を生きてなかったそれに気がついたんですよ。
それからドラマは、彼が患者さんの為に一生懸命仕事してる場面が映り
12年と言う長い長いロスタイムを終了した。と言う話しです。

その後すぐ寝ようとしたんですが、、眠れず、
私は守られてるからその時期が来るまでは大丈夫!とずっと思ってたんです。
がしかし、じゃあ本当に、使命をしっかりとやっているんだろうか?
今まで、色んな事から事故から確かに何十回と守られて来てるけど、、
神さまと言うか大元のエネルギーの方に、今急に向こうに戻っても、
恥ずかしくない?せっかく人を癒やす為に使いなさいと頂いたエネルギーを使っている?
とたくさんの質問がぐるぐると出てきました。
使ってても、本当に近しい友達にだけ、、中途半端です。

それからですね。
ホームページを代行製作してもらって、縁のある人に神さまから頂いたエネルギー、
エンジェル達の力を借りながら使命を全うして、星に帰った時にみんなから、
見てたよ〜と言う笑顔を見たいなぁと思いました(*^-^)長くなってしまいました。


テレビドラマも良いのがあるんですね。
これ、見たかったな〜。



ユダヤ教のラビ(教師のような宗教者のような人、インテリ)が集まって
相談したそうです。
死んでからあの世へ行く。
そこで神から何か質問されるはずだ。
いったい何を質問されるのだろう?
神だから、一言、大変重要なことを訊くはずだ。

ラビ達は集まって「神が死者に訊く質問は何か?」を相談した。
出た答えは
「オマエは生きている間に、やろうと思ってやらなかったことは何だ?」
だったそうです。

ユダヤ教のラビですから。
賢いユダヤ人の中でも特に賢い人達ですから。
高校生の頃から「ユダヤの格言」とか「ユダヤの笑い話」とか読んでいたのです。
この話を知ったのは二十歳頃かな。

人が死んであの世へ行った時、最初に質問されることは何だ?の答えが
「おまえは生きている間に、やろうと思ってやらなかったことは何だ?」
という言葉には私は大変納得しました。
それ以降、この言葉は私の頭の片隅にちゃんと場所を占めています。

私が生きてる間にやろうと思ってやらなかったことがないように生きたいな、と
思います。
全部やるのは不可能ですが、ちょっと手間を掛ければやれるのにやらないこと
が、もしあったとしたら、一生。。。あの世へ行ってからも後悔するのではないか。
そんな気がします。


このドラマの脚本家も、私と同じユダヤ教のラビの言葉を知っているのかもしれません。

<あなたの何かが終わる時>(2008年6月3日)


リンク3から行けます「あのにますべるべっと」の占星術にこんな面白い項目が加わりました。
「あなたの何かが終わる時」です。
「YES、NO占い」では大変、お世話になっていますが、占星術も秀逸です。

「あなたの何かが終わる時」私の場合は
?.62歳を中心とした、
1958年11月29日〜1959年11月29日
??.62歳を中心とした、
2003年11月29日〜2004年11月29日
??.62歳を中心とした、
2048年11月29日〜2049年11月29日

だそうです。
最初の「何かが終わった時」については記憶がありません。
次のは・・・数年前ですね。
何が終わったんだろう!これも記憶がありません。


「西洋占星術_出生」
活躍の仕方
能動的で自己主張が強く、自分の意志で物事を選択し、
自分で指揮を取りたがる傾向がやや,比較的,結構,とても強い人です。
そして、自分本位な性格なので、自己中心的な言動がやや,
比較的,結構,とても目立つかもしれません。
華やかに注目されるよりも、裏方や縁の下の力持ち的存在になることを望む傾向が、強いようです。

行動パターン
この人の行動パターンは、一見したところ、精力的で活動的に見えるかもしれません。
しかし本質的には確固としてゆるぎなく、頑固でなかなか方針を変えません。

情緒パターン
感情性と合理性のバランスが取れている人です。
相手の気持ちを思いやるべき時には雰囲気を壊さず共感・同情し、
論理的・合理的に考えるべき時には客観的に物事や状況を外から展望します。
実利的なものごとを嫌ったり、決まりきった手順を踏むのが苦手かもしれませんし、
勇気や熱意で事に当たるようなやり方が苦手だったり、
自信満々で自己主張の強い人を嫌う傾向があるかもしれません。

まぁ、我がままっちゃあ我まま?自己中っちゃあ自己中ですわね。
自覚しているだけいいんですよ(と、また自分に甘い自己中発言)。


ギャンブル運は、出生時のMC(天頂)と、transitの月で占います。
両者が、誤差2度でコンジャンクションになる時に、宝くじを買ったりなんかすると、当たりやすいそうです。
生まれつきギャンブル運が悪くないことが条件だったりするらしいですが。。

ギャンブル運が良い時期は、
2008/?/? 13時から
2008/?/? 19時まで
です。

そのまた次の時期は、たぶん、上の29日後くらいです。
上の期間を過ぎたら、また占ってみてください。


これを知りたかった!有難う、あのにます!

<宿曜(すくよう)占星術>(2008年5月31日)


中国発祥の占星術です。
今から20年以上前のこと、或る週刊誌に、この週間占いが連載されていました。
本屋で立ち読みしていたのですが、見事当たったことがあります。

ただの偶然かもしれませんが、雑誌の載っている週間、月間占いの中では
一番当たっていると思いました。
で、その後連載が終わってしまったので何と言う占いなのか分からなくなってしまった。
それから10年ほど経ってから古本屋で本を見つけました。
その時は嬉しかったです。
だって、何と言う占いなのか分からず、本を探していたのですから。


さて、28宿占星術ですが、宿曜と言います。
28の説と27の説があります(本当は28らしいが)。
一ツずれてもそれほど違わないようなので(そうなのか?)


宿曜術には27宿説と28宿説があります。
28宿というのは、27宿に「牛宿(ぎゅうしゅく)」を加えたものです。
最初、暦として生まれた時、宿曜は28宿でした。
これは月が1ヶ月に天球を運行する軌道(白道)を二十八に分類して暦を作ったからです。
ただ、「牛宿」は他の宿星と違い、27宿星それぞれの正午の時間に必ず存在する宿星でした。
中国に渡り、占いとして発達した時、遁甲術の影響を受け、十干の甲と同じく遁れさせました。
なので、暦としては28宿、占いとしては27宿を使うのが定説のようです。

「資料室」には「28宿」を載せておきました。
28宿の方は27宿+「牛宿」です。
で、ここでは28宿の自動占いが無いので27宿の性格占いを載せておきます。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~masamasa/uranai.html/syukuyou.htm

意外なことが書かれているかもしれませんが、
それを参考にして自分を客観視するのも、面白いと思います。
試しに自分のをやってみました。

◎スティタス
集中力 ★★★ 真面目さ
決断力 ★★★★★ 浮気度 ★★★
統率力 ★★★★ タレント性 ★★
蓄財力 ★★★ 陽気さ ★★★★
行動力 ★★★★★ 知的度 ★★★
こ、これっていったい・・・・・・・・・・・・「真面目さ」星一つって何、星一つって・・・(汗

◎スティタス
集中力 ★★★★ 真面目さ ★★★★★
決断力 ★★★★★ 浮気度 ★★
統率力 ★★★★ タレント性 ★★★
蓄財力 陽気さ ★★
行動力 ★★★★ 知的度 ★★★★
↑はrakanさんの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「蓄財力」が星一つとは・・・・(泣ける
でも、芸術家だから当然か?

◎スティタス
集中力 ★★★★★ 真面目さ ★★★
決断力 ★★★★★ 浮気度
統率力 ★★★★ タレント性 ★★
蓄財力 ★★★★ 陽気さ ★★
行動力 ★★★ 知的度 ★★★★
↑これは謎の霊能者の方・・・・・・・「浮気度」が星一つって、超真面目じゃん。
この項目は星ひとつの方がいいですよね!唯一。
集中力と決断力がパーフェクト。
それを使ってあの世の情報を引き出しているんでしょうかね。凄いや。


皆さんもどうぞ♪

<海豚さんの石鹸の不思議>(2008年5月21日)


以前絵のオマケにつけていた海豚さんの石鹸にまつわる不思議話です。
海豚さんのブログは「海豚のあわアワ泡日記」  http://plaza.rakuten.co.jp/irukasoap


「チャクラクリスタル」
という石けんがあります。
その石けんに関しての本当の話です。
(下は海豚さんに報告してくださった方の文章)
 
ある仕事の金額札を入れるときに目の少し上あたりに札入れ金額が浮かびました。
 
その仕事前夜
お風呂で体を他の石けんで洗った後、
「チャクラクリスタル」で各チャクラを洗い清めて眠りました。
 
朝も洗顔時もちろん「チャクラクリスタル」をしっかり泡立てて洗顔。
第6チャクラもです。
 
お陰様でその仕事はゲット。
 
その後も
この様な仕事の時には2日前あたりから
「チャクラクリスタル」で各チャクラを洗い清めています。
 
 
他にもこの「チャクラクリスタル」を使用して不思議な体験をされた方がいらっしゃいます。
ある男性の方です。
 
海豚さんいつも良い石けんをありがとう。
「チャクラクリスタル」
について不思議な体験をしたのでメールします。
 
 
仕事で疲れた身体を風呂で癒やす。
というのはあったりまえ。
 
夜、いつもと同じようにお風呂へ
 
今日は「チャクラクリスタル」を使おう。
 
頭をまず「チャクラクリスタル」で洗い
 
次ぎに顔、体を洗おう。
 
と、泡立てている時
 
急に暖かく穏やかな気持ちになり
ゆったりとしてきました。
(風呂の中は暖かいのは普通なんだけど、この時は違っていた)
 
湯気と「チャクラクリスタル」の香りに心地よくなっているとき
自分以外の何かを感じました。
 
何だったのか今も分かりませんが
とても穏やかで優しいし、包み込んでくれている。
って感じかな。
 
風呂から出てきた後も何だったんだろう?
 
今日はいつもより
体はもちろん頭も視神経も疲れていたからだろうか。
 
と考えてしまいました。
 
明くる日
期待をして風呂に入りましたが、同じような事は起きませんでした。
 
でも、不思議な経験だったのでお知らせしておきます。
 
「チャクラクリスタル」の次回販売を楽しみにしています。


海豚さんの石鹸はとても香りが良く、質も良くて肌の弱い人にも使えます。
お勧めしますよ。

<えび!>(2008年5月21日)


下の記事<えび>を読んだ方から


今朝、職場でPANDORAの<えび>を読んでいる時、
同じ課の職員が出張の土産を配りにきました。
名古屋土産の「えび煎」
 
・・・・・・・
 
なんなんでしょう、これは…
大抵のシンクロには慣れっこになっていますが、
さすがにこれには驚きました。
まるで針の穴を通すようなシンクロ…
ちなみに「えび煎」は美味しかったです。
(ご、ごめんなさいっ!)



ドンピシャでシンクロしていますね。
思い→即実現
この世が半分四次元になっているからですかね。


名古屋のえび煎・・・どのような味なのか
とても興味があるのでぜひ、お送りください。
えび煎の送り先→○○県■■市凸凹町まで

<えび>(2008年5月20日)


「feel〜感じるままに」(リンク2)の2008年5月19日の記事「私の一番嫌いなもの」を掲載します。


私の一番嫌いなもの・・・それは・・・エビです。

ここまでエビを嫌っている人を他には知りません。
どのくらい嫌いかというと・・・

○ふりかけに入っているエビはみんな出す。
○スーパーのエビコーナーには近寄らない。近くを通っても見ない。
○こんな状況なのでエビは触れない。気の毒ですが主人にエビ料理は作りません。(というか作れない)
○料理番組でエビが出てると視線を外す。
○形だけではありません。もちろん味も全くダメ。料理に入っていたら全て除けるか、
 食べません。
○成分表にもエビチェック。お好み焼き粉でエビが入っていたら買わないし、
 キムチでもあえて買いません。・・・さすがに味付け海苔はあきらめましたが。


・・・などと、他の人からすればしょうもないところまでこだわるなんて、
と思われても仕方のないことなのですが、どうしてもダメなんです。

ちなみに嫌っていてもアレルギーではありません。うっかり口にすることがあれば
ガマンしてなんとか飲み込みますけど体に支障はありません。

とにかく生理的に体が受け付けないのです。
言ってみれば感覚はゴキブリを見るのと同じようなものです。
ゴキブリはそこまではならないのですが、エビの場合生きていて動いているものを
見るだけで体中の毛があわ立つような感覚に襲われるのです。
自分でも情けないなぁとは思うのですが。


なぜここまで嫌いなのか?これは今に始まったことではなく、それは物心ついた頃から
すでに大嫌いでした。私が覚えてる一番古い思い出で小学校1年ぐらいの頃、
父の知り合いであったお寿司屋さんでエビを食べられるよう頑張った思い出が
あるのです。もちろん結果はダメでしたが。

私自身に嫌いになった記憶がありません。小さかった頃にはすでに嫌いでしたから。
もしかして私、前世でエビにでも食べられたプランクトンだったのでは??
と、真剣に考えたりもしました。(スイマセン、幼稚な考えで(^^;))


この原因は後に知るところとなりました。

ある時タマラヒーラーの加藤さんに会話の中で聞いてみたことがあるのです。
すると私の守護霊さんに加藤さんが聞いてみると・・・

「・・・あぁ、どうやら離乳食のエビがダメだったみたいねw」って。

これを聞いてものすご〜〜く脱力致しました。
・・・よりによってうちの親が原因だったなんて・・・
私の記憶のない頃からのトラウマをこんな形で引きずっていたわけですね。

それにしてもここまで嫌いになるような原因って一体なにがあったのでしょうね?
親に聞いてみたことがあるのですが、親はま〜ったく覚えておりませんでした。

 
世の中の乳児を抱えるお母様、どうぞくれぐれも離乳食にはお気をつけ下さいませ。


離乳食が原因ではいくら考えても分からないわけです。
あるモノを異常に嫌う、怖がるのは大抵本人にその原因や理由が分からないからです。

よく水を異常に怖がる人がいますね。
前世溺れ死んだか物心つかないうちに溺れそうになった人ですかね。
身体(潜在意識)はそれを覚えているのに頭(顕在意識)が覚えていないのでそれで苦しみます。
人の心は不思議です。

なので、その原因を探るべく「催眠療法」や「前世療法」というのがあります。
これによって本人が意識出来ないモノを表面に浮かび上がらせます。
自分でそれを知ることにより(意識化)問題を解決できるのです。
(100%解決は出来ないのかもしれない、そこらへんは分かりません)

<アース型チャネラー>(2008年5月16日)


「宇宙エネルギーと潜在意識解読」(リンク1)の、2008/5/15の記事より。


みなさま!こんにちは∞
今回は久し振りにチャネラー体質のことを書かせていただきます。

潜在意識解読を通していろんなチャネラー体質の方に出会います。特
に2008年に入りアセンションに向けて、人々の潜在意識が開きやすくなっていて、
たくさんのチャネラーが誕生しています
(もともと人はチャネラー体質を持っていますので、
誕生というより、復活と言った方が適切かもしれませんが)

チャネラー能力は、仕事やプライベートを問わず、さまざまな形で発揮されます。
チャネラーはこうでなくてはならないという規定はありません。
メッセージのキャッチ方法もいろいろで、何かが見えたり、聞こえたりするだけではなく、
皮膚感覚や嗅覚や体のあらゆる感覚を通してチャネリングは行われます。
ほかには夢をみたり、突然ひらめいたり、シンクロが起こったり、
食べ物や色の好みが変わったりと、十人十色です。
身近な植物や動物や時には家族や他人がメッセージのパイプの役目をしてくれたりします。


そのような中、
地球意識としっかり繋がりチャネリングしている方々がいらっしゃいます。
この方達を
「アース型チャネラー体質」と勝手に名付けています。

このチャネラー体質の方は、ほとんど自分がチャネラー体質だなどと
気付かずに生活しています。
なぜか予知能力に優れていて、気象や地震などの自然災害に敏感です。

前世では、古代、シャーマンだったこともあるようです。
職人や農業、研究者などの職業についていた時も多いようです。
旅人や冒険家の方もいらっしゃいます。


この「アース型チャネラー体質」の方は、
前世からいろいろな苦労をして、それを乗り越えて生きてきました。
潜在意識には、いつも地球と共に生きているという確たる信念がありますから、
生きて行く上で困難な出来事にぶつかってもとても忍耐強く立ち向かいます。
めったな事ではあきらめません。

はたから見るとあまり報われてないように見えますが
本人は打ち込める仕事や生きがいがあるので幸せです。
人生はすべて自己責任だという真理が働いていますので、
不平不満を言うより、何とか改善しようと試みるのです。

自分を語ったり、感情を外に向って表現するのは得意ではありませんが、
内面はとても豊かな感性を持っています。
素朴なところがあり、人に対しては淡々としていますが、
親切で人との境界線をあまり作りませんし、決して人を悪く思ったりはしません。
「アース型チャネラー体質」の方は日常エネルギー波動が安定しているので、
一緒にいるとまわりの人は知らない内に癒されています。

また「アース型チャネラー体質」の方のメッセージの受け取り方の特徴は
「大いなる大地に心身を任せて生きる」という方法です。
日頃の行動や動作は比較的ゆっくりとしています。
体に関しては健康な方が多いですが、
まわりの人のために無理をしてしまうこともあるようです。

みなさんも自分を含め、まわりの方をよく見て下さい。
大地に足を付けて、穏やかに黙々と生きている方がいらっしゃるなら
「アース型チャネラー体質」の方かもしれません。

「アース型チャネラー体質」の方は地球の輪廻転生を深い意識レベルで受入れ、
地球とは運命共同体だと理解しています。


あなたもアース型チャネラーかもしれません。
今度、解読を受ける時に訊いてみたら如何でしょう?
「私はアース型チャネラーですか?」と。

<オートマチック型チャネラー>(2008年6月11日)


「宇宙エネルギーと潜在意識解読」(リンク1)の、2008年6月5日の記事より。


潜在意識の不思議…チャネラー体質[(オートマティック型)

みなさま!こんにちは∞

梅雨の季節になってきましたね。今回もチャネラー体質について書かせていただきます。

今からお話しするチャネラー体質の方は、普段はまったく何も感じないのですが、
いざとなるとチャネリングスイッチが入り、必要なくなるとまたスイッチがオフになるタイプの方です。
私はこのタイプの方を
「オートマティック型チャネラー体質」と勝手に名付けています。

この「オートマティック型」の方は、
宇宙やスピリチュアルなことに、
とても興味
があり、普段からいろいろと自分なりに学んでいます。
神社仏閣などにもよく足を運びますし、世界中のスピリチュアルスポットは、
時間とお金が許せば、
片っ端から巡りたいと思っています。

この「オートマティック型」の方は、スピリチュアルな反面、
現実感がとても強く(現実的ということではありません)、
現実をどう生きるかをいつも考えています。
ですから行動的でいつも元気です。
数字にも強く、お金もしっかり管理しています。
金銭欲が強いのではなく、お金の必要性を知っているからこそお金を大切にするのです。
今後の経済的な見通しも自分なりに立てています。

辛い事があっても殆ど
愚痴や不平はこぼしませんし、
さっぱりとした性格なので人が寄ってきます。
スピリチュアルなお友達もけっこういらっしゃいます。
好んで人のお世話をするつもりはないのですが、
いつのまにか人の面倒をみてあげていることも多いようです。

この「オートマティック型」の方は、人との
コミュニケーションも上手ですが、
けっこうストレートにものを言うので、時々誤解されたり、
変わった人だと思われることもあるようです。
人に慣れているようにみえますが、内面はけっこうシャイで自分なりに
人見知りしているのですが、外から見た感じでは全然わかりません。
観察力も鋭く人を見る目も勝っています。これも一種のチャネリング能力です。

前世は、お坊さんや牧師、修行僧など、宗教家が多く、大きな組織には属さず、
どちらかといえば一匹狼的に各地をまわり、
世の中の人々の声を直に聞きながら、教えを広めていたようです。

「オートマティック型チャネラー体質」の方は、潜在意識下でさまざまな能力を持っていますが、
顕在意識では、まったくといっていい程、
霊的なものを感じないので、
ご自分がチャネラー体質だとはなかなか思えないようです。

しかしこの方が一たび誰かのために何かをしようとしたり、亡くなった方を供養する時は、
スイッチが入りチャネラーになるのです。
この
スイッチは自動的に入るので、不思議なほど本人に自覚はないのです。

「オートマティック型」の方は、基本的に
生命力が強く、生き方や行動には一貫性があります。
どんなお仕事に携っていても、紆余曲折しながら結局スピリチュアルな方面に
導かれていき能力を発揮するでしょう。

みなさんのまわりに、少しだけ社交的で約束をちゃんと守る人、
義理堅い人がいらっしゃったら「オートマティック型チャネラー体質」の方かもしれません。
一緒にいると人生をいろんな角度でとらえられるかもしれません。



これも面白いです。
次のセッションで訊いてみようっと♪

<一日に十万>(2008年5月11日)


日月神は「一日に十万、ひと死に出したら神の日が近いと思え」みたいな
ことを言ってます。
2005年1月に起きたスマトラ沖地震の被災者は10万人を越えました。

今年の5月2〜3日にかけて発生したサイクロン「ナルギス」によって
ミャンマーでは10万人以上の死者が出たようです。

「一日に十万ひとが死ぬ」とは、考えられなかった事態ですが、
実際に起きているのです。
いよいよ世の、立て替え立て直しの時が迫っているようです。

<相性>(2008年5月7日)


これは面白いです。
数人の人を相手にやってみましたが、言えてました。
ちなみに私はrakanさんとは「お互い成長していける相手」と出ました。
嬉しいな♪
あ、別に恋愛に限っていませんよ。
同性でもいいんです。


http://www.1n-kiseki.com/uranai/uranai.html

<アンダラの効果>(2008年5月3日)


ちょっと驚いたことがあるので聞いてください。
先日初めてアンダラを手にしました。

パンドラで知ってから、とても興味が湧いたので
コズミックハートの美保子さんに分けていただいたものです。
アクアレムリアとゆうターコイズ色を薄くし透明にしたような、
また綺麗な海のような色のこのアンダラの第一印象は、
『 ただのガラス?でもキラキラしていて綺麗〜☆ 』でした。
でもアンダラウォーターを作って飲んでみて『 ただのガラス 』とゆう感想は一変しました。
味がまろやかで甘みもあってすごく美味しいお水に変化していたのです!
また、よくよく考えてみるとアンダラが届いてから、とても穏やかな心を維持できるように
私自身も変化してました。
 
 
以前、意識レベル判定をして頂いた時、特に意識が低くなっていた相手に対しても
以前のようなマイナス感情が沸かなくなりました。(意識レベルは10〜20と出ていた相手です)
 
気になったので一昨日美保子さんにこのアクアレムリアの特性を聞いてみたら、
 『 これは無条件の愛の石であり、この至高なる感情の感性と表現の両方を助けます。
そして静謐、安らぎの石であり、ストレスから解放し、他の人への思いやりや同情心の心を与え、
あなた自身にも与えます』
とのことです。
 私の心の変化もそれに沿ったものだったので、やっぱりアンダラ効果は本物だと思いました。

 
そして昨夜、ジュネさんの潜在意識の解読を受けたときにも、このアンダラについて聞いてみたら
アンダラを握っている(触っている)状態だと私はチャネリング状態になるそうです。
本当に不思議な石(ガラス?)だな〜と思ってご報告させて頂きました。

不思議ですね。
本当にアンダラには水を変える力があるのか〜。

<火水(かみ)龍と火の玉、水の玉>(2008年4月29日)


germaniaで販売していたストラップ「火水龍」(かみりゅう)は
パワーが大きいそうです。
龍神と縁の有る人や土地に行くのだそうです。
火水龍を買った方から報告がありました。



火水龍ストラップ(最初の)と、ハイパースシーンのおまけがきてからのお話。
このストラップは最初、かすい龍だと思ってました。
かみりゅうのお話が記事に載る一日前、同じように、火水をかみと読めることを
あるブログにて読んで知ったばかりでした。
その話をifさんにしようかなっておもってたら、記事に載ってて、びっくり仰天!
(そのブログは、此花咲耶姫様からの神示 というブログです。)
氏神様が此花咲耶姫さまだから、なんとなくのぞいてみたブログでした。
なんだか恐ろしかったです・・。
そのシンクロにも驚きつつ、すっかり忘れた頃・・。
 
やっぱり何気に遊びに行った先々にある龍にドキリの話です・・。
世の中、こんなに龍が祀られるとこあったのかなあ。と、
今まで気づかなかっただけなのかもしれませんが・・。
最初は、箱根の九頭龍でした。
そして、今回は、山梨の昇仙峡になんとなく行きたくなり行きました。
でも、急に思い立ったもんだから、
時間がなく山の頂上ロープウエイに乗っただけで、帰ってきましたが、
行きの道中に見た神社がどうしても気になり、
今週また行ってきました。
(普段はこんな遠出は、あんまりしないんですよ。パパさん。なのに即OK。これも縁?)

呼ばれたのだと思いますよ、龍神に。

そしたら、昇仙峡の滝の近くには、龍のおきもの?五匹の龍が・・うげっ。
その後あの一度目の道中に気になっていた神社へ・・。
神社に入ったら、雨が降ったりやんだり変な天気でこまったもんでしたが・・。

そういう天気は龍神が起こしているのだと思います。
神社へ行こうとしたら急に激しい雨が降った。
でも、そのまま神社へ車を走らせた。
神社に着いたら雨が止んだ、という報告を幾つも受けています。
龍神があなた達一家を歓迎したのでしょう。


そこは、金櫻神社というそうで、昇り龍と下り龍が!!
写真を撮ると、なんだか白っぽい・・・。大丈夫かしら・・。撮っちゃいけなかったかな・・。
境内はとっても櫻もきれいに満開で、ご神木のうこんの櫻もみれました!
そこの神社で、お守りの水晶もいただいて、
一生お金にこまらないとか?厄除けだとかで・・。なんだか、とってもほくほくして、帰ってきました。
そしてです!!帰ってきて、
ちょっと前に話しましたブログ(此花咲耶姫様の神示)をのぞきに言ったら・・。
(26日に行ってきたので、26日のブログです。)
 
『人には必ず、それぞれに能力と欠けが与えられています。
例えば、宇宙エネルギーである木火土金水の内、
簡単に言えば木が欠けていると持続性に欠けるとか、
火が欠けていると感情の起伏が激しくマイナス思考になりやすいとか、
全ての人に必ず「欠け」が存在するのです。

余談ですが、調べていると
「火」と「水」の欠けが大変多いことに驚かされます。
これは、
現代人には神(火水)が欠けているぞと言う一つのメッセージなのではないかと感じます。』
 
こんな話が・・。
うげっ。
しかも、お守りと一緒にいただいた神社のパンフレットには、
神宝である水晶の火の玉、水の玉。うんたら、かんたら・・・。
買ってきたお守りがそれにちなんだ水晶らしい・・。
どんどん怖くなってきました・・・。

サインだらけですね。
ここまで重なれば嫌でも分かります。
龍神が歓迎し、祝福してくれたのでしょう。
心がきれいで素直な人を神は気に入りますからね。

<クリスタル・チルドレン>(2008年4月27日)


精神世界のモノ好きだけが知っているクリスタル・チルドレン。
だと思っていたのになぁ!
私のところへ、この歌の情報が何通も来ました。
「if さんはもう、聴きましたか?」と。
NHK「みんなの歌」の「クリスタル・チルドレン」という歌です。
ここに紹介します。


「クリスタル・チルドレン」  BY クリスタルズ

http://youtube.com/watch?v=23wEyxtQyYE



「CHRYSTAL CHILDREN クリスタル・チルドレン」

作詞 : めけて と にせん
作曲 : めけて
編曲 : めけて と みみ

歌  : クリスタルズ



戦わなくっていいんだよ
好きになっちゃえばいいんだよ
顔も知らない同士、敵も味方もないでしょう?

仕返しなんていらないよ
誰も嬉しくならないよ
すっきりするのは一瞬だけ

見上げれば遥か雲の向こうで
太陽はいっつも何でも見ている

BRAVE!

憎しみも涙に変えて
許せる勇気持って生まれてきたんだ

LOVE!

この地球(ほし)を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ

クリスタルチルドレン


淋しくなんかないんだよ
人は誰でも独りだよ
だからいろんな人のステキが見えるんでしょう?

恐がらなくっていいんだよ
みんな同じ人間だよ
傷つき、傷つけ、泣き、笑い

見上げれば広い空のどこかで
月はいっつも何でも知っている

BRAVE!

怒りさえも歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれてきたんだ

LOVE!

この地球(ほし)を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ

クリスタルチルドレン

生まれて、生きて、いつかは死んでいく
奇跡起こす命 輝け!

BRAVE!

憎しみも涙に変えて
許せる勇気持って生まれてきたんだ

LOVE!

この地球(ほし)を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ

クリスタルチルドレン

怒りさえも歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれたんだ

LOVE!

この地球(ほし)を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ

クリスタルチルドレン


真面目でマットウで常識的なN工Kがとうとう
トンデモな世界に足を踏み入れたかな?
世の中は見掛け上は何も変化していないように見えます。
でも、見えない世界(心)では、着実に変化しているのでしょう。


この曲を「心で戦う人」に聴かせてあげたいな。

<龍を呼ぶ方法>(2008年4月21日)


ifさん
 
おはようございます。
 
唐突にあやしい質問ですが、トンデモ話のifさんが思い浮かびました。
 
歌舞伎町の話しなのですが、コマ劇場の前に噴水がありました。
それがなくなってから気の流れがおかしくなり、
今の街になったそうです。

噴水をなくした後、歌舞伎町に昔から住んでいるひとが
区役所に話したけれど、全然きいてくれなかったとのこと。

噴水をつくらないかぎり変わらないというのですが、
区役所が動かない限り難しいそうです。
あとは弁天様の公園の池にお水を満たすのも代案らしいですが、
噴水を作る案や池に水を満たすほかに龍をよぶ方法ってあるかな?と 。

もしご存知で、差し支えなければ教えてください。

いや〜、私もそんなの知らないです。
誰かご存じの方いませんか?



(2008年5月3日)
今日、霊感先生のところへ行ってきたので
ついでに、龍神の呼び方についても聞いてみました♪

・100日祈願する
・龍神が「はい、行ってもいいですよ〜」となると、雷がおちる。

 降臨!!!!っていうかんじでしょうか。

だそうです。。。
祈願の方法は、それなりの儀式のようなものをしないといけないらしいのですが
たぶん、とっても難しいんだと思います。

龍神様が「願いを叶えるよ!」っていう時、雷が落ちるんだそうです。
先生のところにも、難病を治す相談を受けていたとき、雷が落ちて
確認したら、治ったとかあったんだって。

わたし「先生、じゃあ、雷が鳴っている時に願い事したら叶う確率高いかな!?」
先生「そのかわり、雷が自分におっこちてくるからな!」
わたし「叶っても死んじゃったら意味ないじゃん!」


Hさん、有難う!


イフさん、etcの「竜を呼ぶ方法」のことですが、私が、知った情報は、ご存知かも
しれませんが、昨日、友人から聞いた話を、書きます。 竜に居てもらうなら、観音
様を祭りやはり水が必要だと言ってました。
 

Nさん、有難う。

<持ち主を選ぶアンダラ>(2008年4月4日)


Nさんからアンダラ・クリスタルをもらってから、その後、幾つかアンダラが来ました。
(そのうち一個は私が買いました)

緑の文字は「コスミック・ハート」  http://www.mycosmicheart.com/Andara.html
のアンダラ・クリスタルの説明より掲載させていただきました。



Nさんがアンダラの画像を送ってくれました。
「相応しい人がいたら差し上げてください。」と、あり、
画像を見たら謎の方を思い出しました。
それで、謎の方に画像を送り「Nさんという方がアンダラをくださるそうです。
でも、私は一個持ってるし、これはあなたに合うような気がするので送りますね。」
と、メールしたら「あら、嬉しい♪」とのことなので
数日後、Nさんから届いたアンダラを謎の方に送りました。
で、コスミック・ハートで意味を調べたら・・・

シーフォーム

アンダラのすべて、またはいくつかの性質を併せ持っています。
この石は
原始のパワー、太古の力を感じさせてくれるものです。
形成時の泡がいっぱい詰まっていて、とても神秘的、かつパワフルです。
中国のある
気功師はこの石だけを大量に買っていったそうで、
知る人ぞ知る石、でしょうか。
ヒーリングでは任意のチャクラに置くことで、
シーフォームアンダラの無数の気泡がオーラへと深く浸透し、
表層意識に新しいアイデアを浮上させてくれるといわれています。


中国の気功師が大量買いしたそうで、サイキックにはピッタリの石のようです。
また、謎の方の魂は大変古いようだし、原始・太古という言葉が合ってます。
謎の方もこの石を見てとても喜んでいました。
そして何か感じたようです。

if さんへ

忘れないうちに。
とりあえずご報告を。

ゆうべ枕の横に置いたアンダラが
なにかしゃべっているかように、
早口で声が。
ほんの数秒です。
私がしなければならないこと
のようです。
何を言っていたのか、
ダイレクトにはまだわかりません。

気のせいかもしれないし、
もう少し様子をみてみますね。

さすが、霊能者。
アンダラの声が聞こえたなんて、いいなぁ。


次に若いTさんがアンダラを私にくれました。
見てみたらとてもきれいで可愛い石でした。

先日、市内に住む(うふっ♪)な年下男性のAさんが我が家に来ました。
その際、アンダラの話になったのでTさんがくれたアンダラをAさんに見せたら
とてもきれいだ、と感心するのでこれをあげました。
私は自分の分として黒いのがあるし、最近緑色のを買ったので二個あれば十分です。
奇遇ですが、AさんにはTさんと同じ年の娘さんがいます。
私「これはアバロンという品種だそうですよ。」
A「へえ!これは有難い、いただいておきます。」

ブルー

ブルーまたはアヴァロンの石として知られるこの石は、
平和、調和、安らぎのエネルギーを放ちます。
アヴァロンはイギリスの彼方にあるとされる伝説の島、妖精たちの島、
多くの女神らが住むとされる島です(映画、アヴァロン、ご覧になりましたか?)
高位の女性司祭長、まるでクレオパトラか卑弥呼か(?)のようなエネルギーの石です。
この石は
同情と慈愛のエネルギーを持っており、流れと動きを作り出します。
母なるエネルギー。
ヒーリングでは喉のチャクラに置くと、内的な知恵が明確になり、
混乱した思考がすっきりとしてきます


「アース・エンジェル」という本で調べたらAさんの本質は”天使”だったそうです。
彼はいつも他人のために奔走しています。
心を砕き頭を使い、気の毒な人やワケ分からない人のために尽くして生きている。
そんなAさんに相応しい石が行ったわけです。


次にまたNさんがアンダラを送ってくれました。

とても大きくて透明できれい。
でも、一部分に砂が入っています。
カタチがかなり変わっています。
これを見てすぐ、石好きなYさんを思いだしました。
石に詳しい人なら、この変わった形状でも理解するかな?と、思ったので。

シャンパン

別名キャメロットとも呼ばれます。喜びと驚きのエネルギーを持っており、
肺、心臓、第3チャクラ(太陽神経叢、みぞおち)に働きかけます。
無垢な心、純粋さ、喜び、奇跡といった内なる子ども、
インナーチャイルドのエネルギーにつなげてくれます。


う〜〜む、これらはYさんには今、足りないモノだと私は思います。
本来はその素質があるのに、今はそれを素直に発揮していないように見える。
今回も相応しい人に行ったな、と思いました。


「Dia Soleado」  http://lenf.blog27.fc2.com/  でもアンダラを販売しています。
管理人さんはアメリカ在住の方でPANDORAのお客さんです。
石は安いしアメリカからの郵送料は300円くらいで安いし、
1週間くらいでちゃんと届きますよ。
この方も、
「アンダラは行く相手を選ぶ」と実感しているそうです。
不思議な話を集めてくれるよう、頼んであるのでいつか記事にしますね。

<故障しまくった寂しがり屋の車>(2008年3月31日)


下の記事<愛車の心?>を読んだLさんからの報告です。
Lさんは或る日国産高級車を中古車販売店から買ったそうです・・・


愛車のお話、読みました。
とてもお気に入りのお車だったみたいですね。

そして、愛車の心の話も読みました。
私にも思い当たる節があったのでメールしました。

12年程前に、騙されて!?車を買った事がありまして・・・

車だけで
360万円。タイヤ、ホイール入れて400万仕事でした。
その時にその車でその値段はかなり安かったので、迷わず買いました。
今なら、前後左右に進んでエアコンが効けば何でもいいや♪とか思ってますが
当時は若かったのもあり、車にお金をかけるのがステータスのような・・・w

で、その車なのですが 当時は高級車クラスでもそこそこ人気車種でした。
嬉しくして乗っていました。
ところが・・・


買って一週間もしない内にナビが故障。車と一体化のものなので
ごっそり入れ替え。
50万円(ただし、これは車屋さん持ちでした)

その後、一ヶ月もしない内にタイヤがパンク。(1本6万円で2本分で
12万円

それでそのタイヤを買いに行くのに家を出て家の前の駐車場で電信柱に激突。
(普段、運転はそんなにトロい方ではありません)
ありえない自損事故で修理代
80万円

そして、それから間もなく警察から連絡があり、タイヤ、ホイールが窃盗品と判明。
もちろん、私が盗んだ訳ではないので お咎めもありませんでしたけど
何だか嫌なので タイヤホイールは売りました。
その後もちょくちょくオカマを掘られたりして、修理に出した所
この車自体が水没車だったという事で・・・。
買う時に、「無事故でとても程度のいい車ですから」と念を押されて購入したものの
思いっきり騙されていました。

しかし何故か、とても愛着のある車で手放さずに10年乗りました。
その間にかかった修理代・・・・・購入金額以上かかってますw


まだその車を乗っていた頃に、マッサージで出張に来てもらっていたオバさんがいて
その人が霊感体質の人だったみたいで、どうやら「見える、感じる」らしいです。
それで、いつもは経営していたお店に来てもらっていたのですが
たまたま自宅に来てもらって、その時にその車で送って行ったのですが

「この車は淋しがりな車だね〜。それでいつもどこかが故障していないと安心しないみたいだよ」

と言われました。このオバさんは車の経緯など全く知りませんし
スクーターに乗ってどこまでもウロウロするような人でw車の知識はないみたいですし

それを言われた時は本当にギョギョッとしました。

確かにそうだったんです・・・・・。
仕事柄、繁華街まで車を乗って行くものだから 駐車場に止めようが
代行に預けようが 悪さをする性質の悪い輩がいて
気がついたらカスリ傷がついていたりして
ちょくちょく修理に出してはいたのですが、キレイになって戻ってくると
それから間もなくどこかでぶつけられたりするんです。。。

知り合いの車屋さんとかは、口を揃えて「今の内に売って買い替えた方がいい!」
と言っていたのですが(親切で言ってくれてたと思います)
何故か手放すことが出来ずに、16万キロまで乗りました(爆
エンジンこそは積み替えませんでしたが、タイミングベルトやダイナモまで交換して
乗っていましたw

その車を手放す事になったのは、車検の時期だったのもあり
距離もそこそこ出ていたし、10年乗ったし・・って所で考えておりました。
でも、もう一回車検を受けようかな〜とか思っていたり・・・。
そしたら、車検が切れるちょっと前に電気系統がイカれてしまったのです。
直すとなれば大金です・・・・・。
これって車に「もういいよ♪」と言われた気がして。


ifさんの車の話を読んでいたら、あのオバさんが言っていた事を思い出し
あぁ〜・・・懐かしいなぁ〜と浸っておりましたw
そして、その車も私にとっては一番愛着のあった車です。
車にも心があるのですねw
とんでもなくお金のかかった車でしたけど、あの車が私を選んだのではないかと思えて

仕方ありません・・・・・。

中古で買った車でしたけど、もしかしたら前のオーナーさんは大事にしてくれなかったのかなぁ・・
とか勝手に想像しております。
だけど、私が乗った事で 一応車としての寿命をまっとうさせてあげれたのではないかと
思うワケです・・・はいw


ifさんのカローラちゃんも、10年間も一緒だったみたいですし

13年くらいですかね。

良きパートナーだったのでしょうね。
別れが辛い気持ち、わかります・・・私もそうでしたから。。。

自分の潜在意識がやっていると言うのも「なるほどな〜」と思いました。
ただ、私の車に関しては間違いなく心があったんだと思いますw



なるほど。
車は工場で大量生産されますが、個性があるとは良く聞いてました。
いくらマニュアル通りに同じように作っても個性が出てしまう、作られてしまうそうです。
それは何故でしょう?

さらに車には意思がある、とも聞きます。
私たち日本人は基本的にアニミズムの民族です。
アメリカ・インディアンやその他世界中の先住民と同じです。
一神教が発明(?)される前は世界中の民族は多神教だったのだから
本当は人類は皆、アニミズムなのだと言えますがね。
だからモノである、車に意思があるように感じるのでしょうか?

さて、娘さんのことを見届けてから、ちょうど良い場所で故障したAさんの車、
Lさんに甘えてしょっちゅう故障していた高級車には二人とも「心が有る」と言っています。
私も、私のカローラが生きているような気がしてなりません。
鉱物にも命(魂)があるとシュタイナーは書いています。
鉱物を加工した車が命(魂)を持っていても不思議はありませんね。

<愛車の心?>(2008年3月29日)


愛車を手放して堕ち込んでいる私にAさんが不思議な話をしてくれました。


Aさん(男性)の娘さんが県外の大学に進学したそうです。
アパート探し、契約、引っ越しと愛車が活躍しました。
数か月後、帰省した娘さんを送って帰って来ました。
車の調子は絶好調でした。
翌日Aさんが出勤したら車が途中でカタカタと変な音を立て始めた。
おかしいな、と思っているとどんどん車の調子が悪くなります。
(こりゃヤバイ。交差点の真ん中で止まったら困る)
と、思っているととうとうエンジンが止まってしまいました。
するとそこはガソリン・スタンドの前でした。
エンジンは止まってましたが、そのままハンドルをスタンドの方に切ったら
車は惰性で動いてちょうどガソリン・スタンドに入ることが出来ました。

どうせ故障するなら、山奥でなくて良かったです。
Aさんは仕事で移動する範囲が広く、車が止まるのが山奥の道とか
一日中車が通らない辺鄙な場所とかの可能性が高かったからです。
不幸中の幸いとはこのことです。

思うんですが、この愛車君はAさんの大事な娘さんを無事引っ越し先まで届けて
ちゃんと生活できるようになったのを見届けてから、壊れてくれたような気がします。


車にも意思がある
、とどこかで読んだことがあります。
意思があるのか無いのか証明は出来ませんが、このような体験をすると
あるのではないかと思います。
車の心を感じたという体験談でした。


私の可愛いカローラちゃんも或る朝突然壊れていました。
ボディが壊れただけなのでまだ乗れるのですが、14万キロ走ったので
新しく買い替えました。
エンジンを一度替えているので、まだ走れると思って車屋さんに
「直して乗りたい」と言ったら、車を引き取ってくれた人が
それは止めた方がいい、と言うのです。
売りたいから、というのではなくて、本当に知らないうちに老朽化していたようで
あちこちダメなんですと。
同じ型の車はまだ走っていますが、走行距離が違うのでしょうね。
26日に壊れてから三日間だいぶ堕ち込んだ私ですが、4日目の今日は
もうしょうがないかな、と諦めがついてきました。




Aさんは「if さんの車も何か理由があって壊れたんでしょう。」と言ってくれました。
一つ思い当たる理由があるのでもしそうなら、愛車に心が有るとしか思えません。

そうではなく自分の潜在意識がやってるかもしれません。

1<OFF会>(2008年2月27日)


実は先日OFF会をしました。
公開で参加者を募らなくて済みません。

先月ジュネさんの潜在意識鑑定を受けた際、
ジュネさんと半分以上雑談になってしまいました。
(本当にジュネさん良く喋る)

で、ちょうど北海道と関東へ来る予定がある。
中一日空いてるので、if さんoff会しようよと言うことになりました。
公開で参加者を募ると多人数になってしまいそうなので
8人までOKということで、私が受信箱の上から選んでいきました。

条件は
◇仕事をしていない人
◇仕事を休める人
◇小さいお子さんが居ない人
◇都内在住の方
◇東京近辺の方
です。

するとすぐ8人決まりました。
どうせこの中の何人かは都合が悪くて断るだろうと思っていたら・・・
一人も断ってくれませんでした(あっりゃ〜

と、思っていたら、一人から断られていました。
忘れてました。
「リンク2」→「コタちんの徒然日記」のコタロー氏です。
最初、彼に幹事を任せちゃおうって思ったら、
自営業だけど平日は仕事を休めない、と言うので残念ながら不参加。




今回参加出来なかった(というか、if から連絡が行かなかった方)
次回には御誘いしますので、どうかご勘弁を。

2<参加者>


参加者は

スペシャルゲスト=ジュネさん
スペシャルゲストのマネージャー=N氏
座長=if
若頭=ifの地元友人A氏
若衆=F氏(幹事)
きれいどころ=Aさん
きれいどころ=Oさん
きれいどころ=Nさん
きれいどころ=Oさん
きれいどころ=Wさん

です。

場所は都内のエジプト料理店です。


可哀想なのは都内在住のF氏(若衆)
店の選定から予約当日の幹事をさせられ
挙句の果てには足が出た分を払わされるという
酷い目に遭っていましたっけ・・・

3<ジュネさん>


ジュネさんを一言で言うと・・・可愛い!
です。

幹事役の30代男性も
「ジュネさんはチャーミングでしたね♪」だそうで。
あら〜〜〜
年上が好み?


私は持参した雑誌
「スター・ピープル」の、ジュネさんの
ページにサインをしてもらいました。
「スター・ピープル」を出したら出席者が皆、
「おお!」とどよめいた。

ふえっふえっふえっ。
用意が良いのは私だけだったようじゃの。。。
と、自分の
老婆心に感謝しました。

で、「このサイン本をヤフオクで売るんだ〜」と言ったら
(せ、せこい・・・)
(呆れた・・・)
(最低!)

という出席者の思念を感じたような気がしたが、多分気のせいでしょう。

4<凄いペンダント>


参加者の一人、きれいどころのNさんが、ジュネさんが
していたペンダントを発見。
それが欲しくて探していた、というのです。
すると、もう一人のきれいどころのOさんがそのペンダント・トップを
ブレスレットにしていました。

そのペンダントップは・・・

R氏の音楽を光に変換してインプットしたセルを内蔵したペンダント。
それには人間の遺伝子情報が入っている。

すると人間のバランスが瞬時に調整されるんだそうです。

5<キネシオロジーで確かめる>


そのペンダントのことは前から知ってはいました。
通称
「すごペン」です。
36500円もします。
チタン製です(金製もある)。
デザインはフラワー・オブ・ライフの模様。


どうも、そういうの信じないんですよ。
で、
「信じられないな。」と言いました。
するとジュネさんはキネシオロジーをすることを提案しました。
自分で体験すれば信じてやっても良い。

ジュネさんとジュネさんのマネージャーを抜かした8人が
実験台になりました。

被験者は両手を後ろで組み、両足を揃えて立ちます。
組んだ手の上から実験する人が右手拳で上から押さえる。
すると当然バランスが崩れ被験者は後ろに倒れます。

次にそのペンダントをして同様のことをします。
倒れません。
8人全員試したけど本当に倒れない。
組んだ手を拳で押さえられ、体重をかけられてもビクともしないのです。

これは人体の中心が定まるからだそうです。


また、このペンダントを水の入ったコップにカチン!と当てると
その水は3時間ペンダントの情報が入るそうです。

で、カチンとやった水を飲んで先ほどのキネシオロジーをしたら
ペンダントをしたのと同様の結果になりました。

6<CDも凄い>(2008年2月29日)


このペンダントをつけると人体のバランスがとれ、
電磁波を浴びても脳が誤作動を起こさなくなるんだそうです。
その場に居た人はみな、そのペンダントが欲しくなりました。
どこで売っているのかは分かりませんが、
私はある人が閃いたので問い合わせてみようかな、と。

このペンダントトップは50年は進んでいる科学で作られたそうです。


さて、実はペンダントよりも先に開発されていた製品があります。
それはR氏というアメリカ人が弾く7弦バイオリンの音色が
いろいろな不思議を起こすそうで、演奏を録音したCDがあるそうです。
このCDは音量を絞り、聞こえなくてもいいんだそうです。

一枚10500円もします。
で、ダビングすると効果がなくなるんだって。
う〜〜〜む。
でも、面白そうなので実験してみたくなりました。

開発者は先にCDを作ったが、
それだと常に音楽をかけてなくてはならない。
持ち運びが出来ない、ということで、装着できるようにしたのが
ペンダントだということです。

R氏の演奏を聴いていた車椅子の子供達が、演奏が終わったら
全員で立ちあがって拍手したとかいう話もあるそうです。
これは是非確かめたいですね。

7<アンデルセン>


長崎にアンデルセンという喫茶店があり、そこのマスターは
ジュネさんに言わせると宇宙人だそうです。
マジックを超えたものを見せるんだそうです。
取材は一切させない。
見たい人は予約を取ること。
でも、凄いものを見せるそうです。

で、参加者の若衆F氏はジュネさんから
「あなたマスター(宇宙人)に似ているからぜひ、アンデルセンへ
行くといいわ。」
と言われて断れない雰囲気の中で
「はい、行きます。」と、答えさせられていました。


で、ジュネさんの話は延々とアンデルセンでの体験談なんですよ。
可笑しい。

8<水晶>


ジュネさんに不思議な能力が芽生えた件はジュネさんのブログを読んでいただけば
分かりますが、最初の頃ふと、売ってた水晶、六角柱と球体のを左手に持ったら
ペンジュラムがぐるぐると回ったそうです。
とにかく水晶がジュネさんの潜在意識が出るのを助けたようです。

私は思わず
「水晶にそんな力があったんですか!」と驚いたら、それを聞いてた
きれいどころのOさんから
「if さん、自分でチャーム作って売ってるくせに」と鋭い突っ込みが入り
「てっへっへh!」と、思いっきり笑ってその場を誤魔化しておいたので大丈夫。

ま、あまり何事も信じない傾向にある私です。
エネルギーの類は見えないし感じないのでね、当然ですわね。

<アンダラ・クリスタル>


エネルギーと言えば
毎日ポケットに入れて可愛がってるアンダラ・クリスタル。
これは絵のお客さんのNさんとTさんからもらったものです。
これを皆さんにも見ていただこうと回しました。

するとアンダラ・クリスタルの中でも
ブリッジ・ストーンというのは
珍しいそうで、皆さん「これが!」と歓声を上げていました。
私がアンダラをポケットから出したら向いの席にいたジュネさんが
「うわ〜」という感じで手で何かを遮ったのでワケを聞きました。
「エネルギーが強い。」んだそうです。

いや〜〜〜私鈍くて良かったです。

次のアンダラは可愛い薄い水色のもの。
こちらは
「アバロン」という品種(?)だそうです。

この石も絵のお客さんのTさんがくれたのですが、
この方から絵の依頼があって、
「三角錐」というタイトルをつけたんです。
するとその方から「これは
円錐ですよね?」という
至極まっとうな突っ込みが入りました。
げっ、そうだ、円錐です。
底面が円(●)なんだから、円錐でした、ありゃ〜〜〜またやった!

そしたらこの方が
「実はウチに本当の三角錐(低面が▲)のアンダラがあります。
ifさんにあげようと思っていたので送ります。」
と言うんです。
これって私のところに三角錐のアンダラが来ることを予知していたのだろうか!

で、アンダラを二個getしたのです。

10<絵と解読の話>(2008年3月3日)


きれいどころから「ifさんは一日に何枚くらい絵を描いてるんですか?」と
質問されたので
「一日3枚くらい。5枚描くと2枚は手抜きに・・・あ、まずい、あっはあh!」
と、また豪快に笑って失言を誤魔化す私でした。

幹事の若衆に金運up絵を描いて持参しました。
金色は透明絵の具なので最低5回は塗らないと色が出ません。
絵を見ただけではそれが分からないだろうけど。
それから宇宙に星がある絵ですが、濃い色の上に白い絵の具を塗っても色がつきません。
なので、点のような★の上にこれも5回ほど塗らなくてはなりません。
点の上に5回。
大変なんです。


私  「ジュネさんはいいよなぁ。」
ジュネ「どうしててすか?」
私  「だってさ・・・
『は〜い、ジュネです〜』(と、言って面倒臭そうに受話器を取る仕草)
     そして(右手でペンを持っていたずら描きする真似)
     (顔は思いっきりつまらなそうな表情)」
ジュネ「あはっは!そんな樂じゃないですよ〜」
私  「そうかなぁ。適当に『はい、あなたは宇宙人でした』って言ってればいいような気がする。」
ジュネ「あっはh!本当は大変なんですよ〜。
     休憩時間が10分しかないし、それすらも無い時が多いし。
     スケジュールがビッシリなので、後から『この日に』という用事が入ると
     スケジュールを変更しなくてはならないんです。
     でも、予定日より後の日に変更できないから、それより早くしなくてはなりません。
     それは大変な作業なんです。
     全部N氏にしてもらってますが。」
私  「そうなんだぁ。ジュネさんも大変なんですね。」




他人のことは良く見えがちですが、それぞれ苦労はあるんですね。

11<○の絵>


ジュネさんがせっかく来てくれるのだから、ジュネさんに絵を描いて持参しました。
最初から白い○しか浮かばなかったので、○の絵です。
それを見たジュネさんは驚いていました。

ジュネさんは最初の頃、潜在意識を引き出すためにペンジュラムを使っていたそうです。
数年前からその必要もなくなったそうで、今はペンジュラムは使っていませんが
電話をしながらグルグルと渦巻きを描いてるそうです。
これは退屈だからではなく、潜在意識を引き出す方法の一つのようです。

私が描いた絵はまさに渦巻の絵だったのです。
だからこれしか浮かばなかったのか。

12<日月ブログの二人>


off会には日月ブログの管理人さんが二人出席しました。
一人は市内に住む(うふっ♪)な年下男性のあっちゃん
あっちゃんは皆から
「え?あのブログの管理人さんは女だと思ってた。」
言われて「いや〜申し訳ない(照」と謝っておりました。

もう一人はえりさんです。
えりさんが言うにはこの日富士山が見えたそうで、そりゃあ目出度い、
吉兆ですな。


このあっちゃんは凄い
「さう男」(リンク3の「うさうさ診断」参照)で
気配り目配り思いやり凄く親切で策士という忙しいお方、じゃなかった
素晴らしいお方です。
当日の行程は全てあっちゃんに任せて私は「家来を連れたお局様」の如く
或いは「介護士に連れられた惚け老人」の如く、一切頭を使わず
現地に到着し家路につけました。

あ〜〜〜楽だった。

また頼もうとしようかいの、ふえっふえっふえっ。

13<やっぱりジュネさん不思議だ>(2008年3月5日)


off会が終わって帰り道、ジュネさんに言いました。
この四日間ほど寝ていると背中が猛烈に痛くなって寝ていられない。
脊椎カリエスとか肺がんとかナントカ症候群とか、怖い病気になったのかと心配している、と。
するとパソコンや絵のやり過ぎで神経や筋肉が緊張しているのと
運動をしないので、寝ていると疲れ(や偏りが出るのだそうです。
「起きてる時は痛まないでしょ?」
「うん。」
「そういう時は寝る前に今日の疲れを手放す、と宣言して寝るといいんですよ。」

と言ってジュネさんが私の背中をちょっとさすってくれました。

すると翌朝・・・全然背中が痛まないんです!
これには驚きました。
何でだ?
ちょっとさすってもらったからか?
寝る前に今日の疲れは手放すと念じたことも良かったのか?

ジュネさんがすごペンをしてて、それは人体の表面から10センチまで効いてるそうです。
電車の中で中央の棒を掴んでいた私にジュネさんが
「if さんに掴まっちゃおうっと♪」と言って降りるまで一緒にいたせいなのか?
(ジュネさんは本当に可愛いんですよ)
くっついていたから人体から10センチまで影響があるとすれば
やはりペンダントのせいなのかな?
本当に不思議なことでした。

14<うう女>(2008年3月10日)


ジュネさんはチャネラーですが、感覚がとっても「普通」です。
突っ込み入れたり突っ込まれたりで大笑いしてました。

ジュネさんのマネージャー氏はとてもおとなしい男性。
ジュネさんが
「Nさんはおとなしくて私が90%喋ってます。」と言うので
「そりゃ違う。
ジュネさんは99%喋ってる!」と突っ込み入れる私。

マネージャー氏はおとなしいが、とても切れる人であることが分かります。
ジュネさんを調査したら私と同じ
「うう女」であることが判明。
あ〜〜〜こりゃマネージャー氏大変だ。
「うう女」は私もそうだけど思いつきで発言・行動している。
それが「うう女」。
計算&計画が無いのです。
そんなジュネさんのマネージャーが(米国の)
公認会計士であることは心強い。

15<受け付けか!>(2008年3月10日)


ジュネさんがPANDORAからのお客さんが大変多いと言うので
「そりゃPANDORAは『ジュネの潜在意識解読』の別館だから。
いや、窓口か・・・いや受付か!」

と言ったら、大笑いしてました。

でも言えてますよね。

<霊的見地から見た日本史>
(2008年2月22日)


ナチュラル・スピリット社から出た本です。
「霊的見地から見た世界史」も
良かったけど、これも素晴らしいです。

日本が歴史上の偉人の霊によって
ずっと守られて来たこと、
今も守られていることが書かれている。

歴史の真相も分かり、歴史好きの方には
勿論、そうでは無い方にもお勧めします。

これからの世界は・・・
◇日本に女性天皇出現
◇日本に女性首相出現
◇アメリカに女性大統領出現
するそうです。

本当に女性の時代になりそうです。

<壊れるケイタイ>(2008年2月16日)


「人間の話」→「意識レベルの話」→<よく壊れる人w>を読んだ方から
報告がありました。
この方の友人のお子さんが小学生時代人の「白・黒・グレー」を判別出来たそうです。

意識レベルを読んで思い出しました。

数年前の話です。
○○さんの息子さん(白黒グレーの人)が
新しい携帯電話を買ってもたせるとすぐ壊れたという話です。

わずかな期間に、何度か買い換えたそうです。
販売店に話しても信じてもらえなかったと、あのころ話していました。

彼が6年生か、中一ぐらいだったでしょうか・・
ある人が、○○さんを頼っていろいろアドバイスをしてもらい、
その後急激に良くなったのです。
それなのに、良くなったとたん態度が悪く変化したそうです。

それを息子さんは知っていたので、
彼女からの電話が掛かると携帯が壊れた・・らしいです。(または彼女の話になると)

壊れたというより、
爆発状態だったらしいです。

凄いですね。
人の悪想念が相手のケイタイを壊すとは。


数人が現場に居合わせてそのつど目にしているようでした。
3回くらい聞いた気がします。

今振り返れば、彼(小学生)も信頼していた人なので
○○さんの悲しみを受けていたのかな〜と思っています。

当時の私は、「なんだか凄い親子」・・・くらいにしか分かりませんでしたが、
今はありえるのだと思っています。

そんなことがあって、
エネルギー・・「思ったら起こる」・・ということを教えてくれたのだと思います。

<絵と指輪の一致・・・火山と富士山>(2008年2月11日)


ifさま
 
こんばんは。HN・シリウスことRです。
いつも お世話になっております。
 
昨日、ジュネさんの潜在意識解読を受けました。
約3ヶ月待ちでした!
 
私が“シリウス”を名乗るようになったのはifさんの影響もあったのですが
その件についてジュネさんにお聞きしたことを ご報告します。
 
初めてifさんにメールしたのは昨年の5月、「私だけの絵」の注文のためでした。
自己紹介として、過去にシリウスを望遠鏡で見たときに
胸が締め付けられるほど懐かしかった という体験をお伝えしました。


ifさんは「シリウスが魂の故郷なのでは?」とおっしゃっていて、


そんなコト言ったっけ?(ああ〜もう忘れている!ダメだこりゃ)

ずっと気になっていたので ジュネさんに観ていただきました。
すると…故郷ではないけど思い出のある星 ということでした。
私は地球での転生が非常に少なく(40回ぐらい)、宇宙ステーションのようなところで
長く生きていたようです。
生まれも育ちも宇宙ステーション…スペースコロニーのような感じでしょうか。
そこから いろんな星へ任務を果たしに行っていたようです。
その中の一つがシリウス…というわけです。
だから「シリウスか…あそこは良かったナァ」という感じですかね。
ちなみに“アースエンジェル”の判定テストでも「スターピープル」でした。
(あのテスト、当たってますね…)
 
私は現在 ××で、これまでに何回か職場を変わっているのですが、
どこの職場へ行っても 新規業務や新店舗の立ち上げに関わっていました。
それらが軌道に乗ると転職したくなるのです。
するとジュネさんは「ステーション時代と同じですね(笑)」とのことでした(笑)
 
最近ではkagari∞さんをはじめ、シリウス系の方々がネットでも活躍されていて
私がシリウスを名乗っているのもなぁ…という気がしていたので
そろそろ改名しようかと思っているところでした。
なんだか このことすら“シリウスがメジャーになってきたから また次のテーマへ”
という感じで、私の行動パターンに当てはまっているように思えてきます。

本当ですね。

 
ラカンさんに指輪を作っていただきました。
ラカンさんのインスピレーションに
お任せ〜でお願いしたら
「富士山」になりました。

変わったデザインです。
世界中探してもこういうデザインは
無いと思います。

それからこの富士山は湖に映った
姿ですね。
これって日本のお札に描かれています。
ということは、金運upの意味もあると思うんです。
根拠は無いけど、そう感じます。


ifさんに初めてお願いした絵
“私へのメッセージ”も「山」でした。
(ドッカーンと噴火している火山です)

絵はよ〜く覚えています。
でも誰に描いたのかは覚えてません。
あなたに描いていたとは。


これは何故?と思ったので 
それもジュネさんに観ていただいたら
「どちらも大きなエネルギーを内に秘めていることの例え」なんだそうです。
ifさんもラカンさんも、同じものを私から感じていらしたのですね・・・

本当にビックリです。

“富士山が もうすぐ噴火する”とかじゃなくて良かったw
 
いや、可能性はありますよ。
日月神示に最後の最後に富士が噴火するとあります。


また何かあったら ご報告します☆

<ハイパースシーン>(2008年2月6日)


germaniaで販売したブレスレット「ハイパースシーン」を買った方から感想が来ました。

ゲルマニアで買ったブレスレットが届きました。
商品写真を見てすぐ「かっこいい!」と思ったので
売りきれる前に、と即注文しました。
シャープで重厚感があって、好みのデザインです。
カレンさんにしては珍しいデザインかな?なんて思います。

germaniaで販売しているものは全て私がデザインしています。
25さんのサイト「ラブフラワー」で販売しているブレスレットも私がデザイン、karenが作成しています。
karenがデザインするのは、注文販売の時です。


さて、ハイパースシーンですが、これは海外在住の方が去年ブレスレットを注文してくれた際、
人生をどう生きたら良いか分からないと仰るので、それを改善する石を探しました。

するとこの方にピッタリのが見つかった。

<ハイパースシーン>
ガラス質のような漆黒の石で、光が当たるとムーンストーンのように美しく光ります。
見た感じは黒い石なので、ぱっと見はオニキスやトルマリンのように見えますが、
角度や光によって手元で奥行きのある光り方をします。

誠実さや温情を表す天然石とされ、忍耐強く自分の信じる道を歩む
ひたむきさから全ての人に信頼を得ることができると言われています。

発言や行動が思い付きではなく、思慮深く奥行きのある方向へ導いてくれ、
優れた指導者になることができることから、王家に代々受け継がれる帝王の石とされています。
その願いもありギリシャ語で超越(hyper)した強さ(sthenos)という名前がつきました。

大いなる目標、使命を感じさせてくれる天然石です。

【願い】
・目標が見つからない方
・夢を叶えたい方
・人から信頼を得たい方

【職業】
・部下を持つポジションの方
・信頼を大切にする職業の方
・研究職、開発などじっくり進めていく職業の方
・経営者の方

これならこの方にはピッタリと思い、この石を購入したのです。


で、送料や振込手数料などを考えると一度に沢山買った方がいい。
なのでこの方の分だけではなく、沢山(と、言っても十数個分)買いました。
その後他の石屋でもハイパースシーンを見つけたので買ってみました。

で、或る石屋から買ったハイパースシーンがブレスレットにするには重すぎて使えないので、
それをチャームのようなものに加工しました。
ただ、紐を通しただけなんですけどね。
それをgermaniaに送り、スペシャルおまけ(4000円以上お買い上げの方)にしました。

karenとK子と私で一個づつ所有し、本当に効果があるのかどうかを確かめることにしました。


karenは末っ子の高校生にあげたそうです。
この子は学校へ行くのが嫌になり、休んでいたそうです。
末っ子にあげた直後、この子が所属していた部活の先輩で、この子がとても尊敬する人から
電話があったそうです。
「学校に出て来いよ〜」
するとこの末っ子君は
「はい。」と素直に返事をしたそうです。

それまで家族が何を言おうと教師が何を言おうと、一切聴き入れなかった子です。
性格はとても良いのに言い出したら頑固なんだそうです。
karenはその点に苦労していましたが、先輩からの電話一本で学校に行くようになり
とても驚いていました。

私のハイパースシーンは何か効果があるのか分かりません。
ウチも末っ子に持たせようかな?
K子の方にもまた問題が持ち上がっているようで(わらい)ハイパースシーンは必需品なようです。


私は石には効果があることは知っているけど、まさかここまで劇的に効果が出るとは
思ってなかったので意外です。
でも、
「今、どうしたらいいか分からない」
「どうやって生きたら良いか分からない」
「何をしたら良いか分からない」

人にはピッタリな石だと思います。


germaniaで販売していたハイパースシーン(3100円)の後に
もう一度ハイパースシーンを使用したブレスレット(3700円)を販売します。
個数は10個くらい。
5個をgermaniaで販売し、サイズが合わない方のためにkarenに残りの5個を
作成してもらう予定です。
これも私がデザインし、大変土俗的になっております。
そのうち販売しますので、お待ちください。

<ズバリ言う超能力者>(2008年2月4日)


Kさんの体験談です。

さて近況報告させて頂きます。
わたくし、一歩踏み出しました!!
去年まで引きこもり主婦でしたが、これではイカンと、
今年からパートに行き始めました^^。
 
すべてはifさんに『コミュニケーション能力アップ』の絵を依頼したことから
どんどん状況が変化していきました。
念願だったS先生にお会いできたし♪毎日楽しく幸せなのです。
 
本音は働きたくない。他人と関わらず自宅で引きこもってたい。
でもこれでは魂が成長しない。
よし、今年は『地に足つけて生きよう!』と
目標をたて、今年最初のS会に参加したんです。
 
そしてこれが最後となるS先生との個人面談で、これから頑張って働こうと
する私に先生は、「貴方、3次元的に言ったら自閉症だから」と仰いました。
以前自閉症の方が書いた本を読んだ時、私に似てる!と思いましたが、
まさか私が…そんな馬鹿な…と、信じられませんでした。
凄いショックを受けて暫く悶々としてましたが、
しかし、過去を振り返ってみると、納得できました。
あと、「心配はしないこと!貴方、心配顔だよ。」とも言われ、
ダブルパンチ!!・・・・・ショック。
「楽しい〜♪という気持ちで生きなさい」と。
 
今回は現実直視させられました。
 
ズバリ言ってもらえて良かったです。
言ってもらえなければ気づきが遅くなるか、一生気づけないか。

そして今、なぜ遭えて私にそう告げたのか冷静に考えてみたところ
今の私ならそれらを受け入れられるからそう仰ったのだ!と、
前向きに受け止めることが出来たのです。

そうですね。
弱いと受け止めることが出来ない。
弱いって何が弱いかといえば「頭が弱い」んですよ。
頭が弱いので相手の言葉や行動を理解出来ない。
そして相手を恨んで終わり。
心を強くしたければ知恵をつけることです。

KさんはPANDORAに来て、知恵を増したんでしょうね。
PANDORAはしょっちゅう極論と暴言を吐いて、読む人に考えさせますからね。
聴いて心地良いことは言いません。
聴いて心地良いことは心地良くなってそして「忘れる」からです。
忘れられないくらいの極論を吐くと
(何でえ?)とムカつき疑問を持ち、忘れられない。
ムカつかなくても疑問は持つ。
だから考える。
そして、自分なりの答えを出せばいいんです。
(※勿論それでも考えることの出来ない人の方が多い)

また、優しいのと弱いのと一緒にしている人がいるようだ。
これも違いますね。
優しい=物腰が柔らかい
とかね。
これも違います。

本当に優しい人はS師のようにズバリ指摘してくれる人です。


 
どこか不安や心配が心の奥にありましたが
気持ちを切り替えました。
常に中今を、意識するようにしてます。
心配しても仕方ない、なるようになる、起こった事は仕方ない、過去は過去と。
今年の目標通り、地に足つけ楽し〜く♪生きていきたいです。

 
私も、いつかは母となるからには強くなりたいし
弱気のままではイカン!!と、自分を鼓舞しています。
確かに働いてると自分の能力の無さに凹みますが、
自分に自信が持てるし、何より楽しいですv。
そして、あんなにガチガチに緊張して不自然な会話しか出来なかった私ですが、
いい意味で開き直り、職場でも自然と笑顔で会話出来ています。
そして、S会で出逢った共に魂の進化を目指す友達もでき、凄く幸せです♪。
 
他人と上手くコミュニケーション取りたい!と言う願いから
PANDORAで絵を描いて頂き、こんな風に変化するとは・・・。
人生、わからないものですね^^。
心を込めてifさんにはお礼を言います。
ありがとうございます!!!
お休みなさい。

良かった。

<欲しいモノが来た>(2008年2月3日)


この間テレビを見ていたら毛蟹が映ってました。
倅と「ああ、毛蟹食べたいなぁ!」などと言ってました。
すると京都の方から
毛蟹が届きました。
何で京都から?
京都の方が知りあいの北海道の物産を扱っている方に頼んでくれたそうです。
まさか毛蟹が来るとは!
さっそくいただきました。
毛蟹は美味いなぁ!カニみそが美味い。
蟹の中で毛蟹が一番美味しいと思います。

それからアトランティス・カードというものがある。
絵柄が素敵なので欲しいな、でも英語だから買っても読めないなぁ、と
諦めていました。
するとある方からメールが来ました。
アトランティス・カードが要らなくなったんだけど、ifさん要る?」と。
勿論喜んでもらいました。
届いたカードは絵柄が素敵で気に入りました。

欲しいと思って執着せず忘れる。
すると「来る」のです。
今、願望が叶う速度が速まっているとか。
ネットが普及したせいもありますが、それ以上にkagari∞さんが言う通り
「この世は既に四次元の中層」にあるからではないか?

願望が叶うなら良い想念を持ちたいものです。
悪い願望が叶ってしまったら困るのでね。

<姫神>(2008年1月30日)


ブログ「ありがとう」(リンク2)の管理人真美さんの「自分探し」の話です。
真美さんから去年の10月、真美さんの誕生日に絵を依頼されました。
過去のメールは削除してしまうので記憶を頼りに書いていきます。
真美さんの依頼は「浄化して調和する絵」でした。

絵を描き始めたら依頼文を忘れてしまったようで

「水の精」
という絵になりました。
いや、忘れていたというよりは「浄化して調和する」
というのを頭に入れたら水の精が出て来たようです。

簡単な絵になったので料金は半額にしました。
すると、真美さんは以前から行きたいと思っていた
◎◎神社で行われる行事の参加料金分
安くなっていた、では行ってみよう、みたいな話になりました。

さらに絵についてきたおみくじが
「行きなさい」だったので、決心したそうです。


この◎◎神社は謎の方が私に行けたら行くように・・・と、以前教えてくれた所です。
そして◎◎神社と縁のある地元の方に、私が電話をすると良いと
提案してくれました。
しかし相談ごとも無いし・・・と思ったので私は電話をしませんでした。

で、地元に住んでいる真美さんに私の代わりにそこへ行くよう頼んだのです。
真美さんはその方のサロンへ行ってくれました。
サロンの女主人の方はエジプトへ何度か旅行されているので「どこへ行ったら良いか」
それを訊いてくれるよう、頼んだのでした。
しかし私はツアー旅行なので行きたい場所へは行けませんね。
まぁ、あえて質問しなくても良いようなことでした。

さて。
私から「行け」と言われて素直に出掛けた真美さんは、サロンの女主人と親しくなり
女主人の方も真美さんの性格が良いので気に入ったようでした。
それで月に一度開かれる◎◎神社の行事に参加するよう、誘ってくれたのだそうです。



それから毎月「満月の行事」に参加した真美さんは、
その神社の巫女としてアルバイトしてくれないかと頼まれたそうです。
真美さんは既婚ですが、既婚でも構わない役目があるそうです。

その◎◎神社にはきれいな清水が湧いており、水の神を祀っています。
その時点で私が描いた「水の精」の絵が、◎◎神社と関係があるか、
◎◎神社で仕事をする真美さん自身を描いたものか、ということになってきました。
「水の精」の女性は真美さんにそっくりだからです。



真美さんは一年前にPANDORAに来た時は憔悴しきっていました。
変な占いサイトに騙されたりしていました。
後から考えるとどうも低級霊が憑いていた、と本人は言います。
憑かれている当時は異常に勘が働き、霊能者のように物事を当てていたそうです。
なのに体調と心は最悪だったそうです。

そんな時PANDORAに来て、絵を依頼してくれました。
一枚描いてそれを時間をかけて理解して行き、次の絵を依頼する・・・ということをやってました。
それぞれの絵の不思議話が「絵の不思議話」に載っています。
真美さんには解決しなくてはならない課題が幾つか有り、それらを一つひとつ分かりつつ
進んで行ったのです。

ある時は「あなたにはどうも低級霊が憑いてるようだから、霊感のある人に訊いてごらん」と
言いました。
すると木下みちるさんに訊いたそうです。
やはり憑いてたそうで、みちるさんが取ってくれたようです。
私は霊能者ではないが、憑いてそうなのは文章から分かります。
常識と勘で分かる。


真美さんは御主人と別居中だそうで、その話をたまに聞いてましたが
或る日私はこう言い(書き)ました。

「あなたはそんなにメソメソしていたのか、知らなかった。
女房というものは亭主がどうあれ、ドンと構えて何があっても平然としているほど強いか
弱い場合は亭主の言うことを100%聴かなくてはならないのでは?
それなのに、あなたは常にメソメソしてて弱いくせに亭主の言うことは聴かない。
そんな女と誰が一緒に暮らしたいと思うだろうか?」と。

そうじゃないでしょうか?

肝っ玉母さん(女房)になるか、超従順女房のどちらかでは?
勿論、対等・五分五分・友達夫婦もいいでしょう。
しかし対等になるには互角の力量(判断力など)が必要。
男性並みの論理が必要。これも大変ですよ。

まぁ、この三つの中のどれかです。


私にそこんところを指摘された真美さん、はっと分かったそうです。
結婚前は明るく元気だったのに、何故か結婚してからはめそめそうじうじするように
なってしまったことに気づきました。
御主人は真美さんが明るく元気だから一緒になったのに、これでは話が違う、みたいな
そんな気になっても仕方ないです。



一ツ悟った真美さんでした。
悟れるほど心の状態が回復していたこともあります。
周囲に優しい理解者が沢山いて、心が安定していたし
毎月神社の行事に参加して心が洗われていたこともあります。
絵もヒントを示したり応援しています。

また、去年の秋ごろには私が「ありがとう」をブログにする人を探していました。
誰がいいかな、と探していて一人の人に「やりませんか」メールを出したら届かなかったようです。
次に真美さんから近況報告メールが来たので、では、と真美さんに「やりませんか」と
提案しました。
すると「やります」という返事。

これも去年開始していたのです。
初めてPANDORAに来た当時は憔悴しきっていた真美さんでしたが、
ありとあらゆる努力をしたようです。
提案したことには素直に乗る、厳しい指摘も受け止める、などなかなかハードでしたが(笑)
その結果別人のように生き生きしています。



さて、絵の話に戻ります。

そして、私の誕生日にお願いした「水の精」の絵。
浄化して調和する絵をお願いしましたが、
これの意味が今分かりました。
◎◎神社は水が有名です。
遠くから汲みに来ている人もいて、休日は長蛇の列らしいです。

私がこの絵を依頼したときは◎◎神社に行ったことはありませんでした。
でもこの絵を新月にお願いし、その月の満月には◎◎神社に行っていました。
そして翌月の新月には年末年始の◎◎神社の巫女にスカウトされていました。
「水の精」とは、「◎◎神社の巫女」を意味していたのでしょうか。。。

そういえばcocoroさん(サロンの女主人)には、
年末年始、◎◎神社の水をたくさん飲んで浄化をしましょうね♪
って言われていました。
磁場がセロなのでジュネさんにも浄化する土地ねって言われていました。
そう、ifさんは守護天使を描く という依頼だったと勘違いしていた と仰っていたのですが
やはり、この絵は私が依頼したとおり浄化の絵で、
そして私を◎◎神社へ導いてくれた絵でした。

私が以前にお世話になった霊媒系ヒーラー兼チャネラーさんに「巫女をやることになりました」
と報告したら、
過去生でその神社で巫女をやられていたのでしょうね♪
と言われまして、私はやはり今このタイミングで色んな方向から
◎◎神社に導かれたのでしょうね。
父の実家の土地の神様が祀られているというのもビックリでしたが・・・
 
浄化とご奉仕をしっかりさせていただいて
すすみたいと思います。

ifさん
 
「水の精」はviancaさんのリーディングでは

この絵に最も強く表れているのは「望みが叶う」ということです。
成長したいとの願いから、人間関係や恋愛関係、お仕事や経済面での
願いまで、この絵はすべての望みを実現に向けて
後押しするちからがあります。
あなたが望みをこころに描き、実現に向かって行動を起こせば、
この絵はあなたをどんどんサポートしてくださいます。
 
だそうです。
就職活動は願いが叶いましたね♪

就職に関して描いた絵は、描いてから10か月ほどで成就したようです。
絵に書かれた通り「S」のイニシャルのビルに就職した、と去年教えてくれました。


まさしく実現に向けて行動を起こした結果でしょうね。
この絵がサポートしてくれました。

27日から◎◎神社入りしております。
ありがとうございます。

私◎◎神社には、お金を頂かなくてもご奉仕したいな
という気分にまでなっちゃいました。
本当に居心地が良く、どこか懐かしい・・・。
誕生日に描いていただいた
「水の精」とは、本当に自分が◎◎神社の水の精なんじゃないかと
思っちゃうほどです・・・(ずうずうしい・・・)

いや、そうなのかも。顔がそっくりだというし・・・

今、rakanさんに指輪をお願いしようとしていました。
なんせ、◎◎神社での報酬がすごかったもので・・・。
ifさんの金運の絵が大活躍です^^
絵の十倍以上の収入ですわ♪
楽しく仕事が出来て、気持ちよい空間で、本当にあり難いお仕事でした。

いいなぁ!
その後真美さんから改めて「本質の絵」を依頼されましたが「水の精」が本質だと思うので
あれで我慢するよう、言っておきました。


ifさん
 
そっか〜
水の精か。
そうですね、確かに本質かも。


こんばんは〜
水の精 を描いていただいて
私は ◎◎神社にご縁が出来たので 水で有名な◎◎神社に年末年始ご奉仕させていただく事を
絵が示してくれたのかとも思ったのですが
 
◎◎神社には隠れて セオリツヒメ が祀られているそうです。
セオリツヒメは昔は神様と登録されていたそうですが、明治だったかな?
神社庁より削除されたそうです。
そのセオリツヒメ は私の父の実家のある遠野物語で有名?な遠野にご縁があるらしく
ななんと!!水の神様 らしいです。。。
ってことは・・・この絵はもしかして・・・セオリツヒメですか???

来月ジュネさんの解読あるから、聞いてみようかな・・・。
この絵が神様だったら、この絵は私だ〜!!なんて言っていた私はなんと罰当たりな・・・。



ifさん
 
こんばんは〜
ゲルマニアの金運の亀のチャーム届きました。
これは・・・金がよって来そうですw
強力だわ。
御神籤ですが。。。開いてしばし悩む・・・。
読めん。。。
私の頭にない単語だったので読めなかったのですが
素直にそのままyahooでしらべたら
ヴェガ。
ヴェガ って書いた記憶ありますか?
 
こと座みたいですが。

多分「ヴェガ」です。

なるほど。。。
ヴェガは 織姫 みたいです。
水の精の セオリツヒメ。
漢字にすると 背織津姫。
すごいこじつけですがね。。。

いや、サインだと思う。

やっぱりそうですかね?
最近自分の気になることが勝手に向こうから答えがやってくるな〜
なんて考えながら帰宅していたので・・・
ヴェガが 織姫 だとネットで見つけたとき
背織津姫 がやってきた と思いました。
水の精 が 背織津姫 なら・・・
ifさんがすごいんですけど!!!

だって描いてもらった時点で
私はまだ◎◎神社に行ってないし、背織津姫のことなんて当たり前に知らないし
◎◎神社に隠れて祀られていることも、父の実家の土地に縁がある神様だなんてことも
な〜んにもしらないうちにifさんが描いていたんですから・・・。
ジュネさんに聞いてみよう・・・。

確かにviancaさんの鑑定でも
「水の精」とのタイトルだそうですが、このかたは、
単なる「妖精」というよりは「精霊」であり、女神さまにも近い存在です。
と。女神様に近い存在 って言われていますしね。
昔は神様として祀られていたけど、今は神社庁から削除されてしまったあたり
神に近い存在・・・と物語っていますね。。。
 
恐るべしifさん。。。
でも、今に限ったことではないので、納得ですが・・・

そ、そうなんだ・・・

ifさん
 
やっぱりセオリツヒメかも・・・。
今お風呂掃除しようとして、スポンジに水を含ませようと
蛇口をひねったら、シャワーが出て服がびしょ濡れ・・・。
その時に温水じゃなくて水だったので
瞬間的に うわ!!水だ!! て声に出したんですよ。。。
セオリツヒメ=水の神様。
答えを出されたような気が致します。
 
いつもは水を被るようなことはありませんよ。。。
今日が初めてです。
いや、人生で初めてです・・・。

サインだと思う。


うむむ・・・。
なんと。。。
背織津姫 調べてみよう・・・。
ちょうど29歳の誕生日に描いてもらった絵が
ものすごいことになりそうです。
ありがとうございます。


土星は約30年で太陽の周りを公転しているそうです。
「30年経つと自分が生まれた時の(天空における)位置に、土星が戻る」のです。
生まれた時と同じ位置に土星が来る。
地球より外側の惑星、特に土星や木星などの公転周期が長い惑星が
本人に及ぼす影響は目には見えにくいが、深い部分で重大な影響を
与えるそうです。

真美さんは去年29歳になりました。今年の誕生日で30歳。
生まれた時の土星の位置になります。
何か一ツの周期が完了する、という感じです。
慢然と過ごしても一年。
努力しても一年。
それなら何かを習得したり、意識レベルを上げたり出来る一年を過ごしたい、と私は思うんです。

御主人とのごたごたはまだ解決していませんが、これは不幸ではなく
むしろ真美さんが何事かを悟るために、運命が用意したイベントだと思います。
何もなければ真美さんはそれを解決しようなどとは思わない。
本気で考えようとしなかったでしょう。
しかし、それでは魂の向上(意識レベルの向上など)は出来ない。
本気になる必要がある切っ掛けがないと、人間は探究しようとしません。
なのであえてこの時期、30歳を目前にした人生の新しい周期に入る直前に
「本気モード」になるイベント(ゴタゴタ)を自分で用意しておいた、と考えられます。


真美さんは私を凄いと褒めてくれますが、一番凄いのは
「或る日、ふらっとPANDORAにやって来て、必要な課題を素直な気持ちで
どんどんこなし、最短時間で一応の答えに辿りついた真美さん」
だと思います。
私は思いついたことを言ったり、謎の方の伝言を伝えただけですから。

さて、瀬織津姫ですが、私は真美さんがこの女神と何らかの縁があると思います。
姫神と霊的なつながりがあるのではないか、と。
これからも現れるサインを見過ごさず、毎日を意識レベルの向上と
心の浄化と調和に心がけ進んで行ってください。
姫神が真美さんを導いてくれると思います。

<宇宙語?>(2008年1月26日)


先日テレビを見ていたら俳優の高島マサヒロ氏が奥さんと出演していました。

高島氏は以前仕事でアイスランドに行った。
昼、一人でパブのような店に入った。
店内には老夫婦の他数人のお客が居た。
すると高島氏の耳に「シュルシュルシュゴーシュルシュル」みたいな音が聞こえた。
音というより「声」だと思った。

驚いて今、喋ったのは誰?と店内を見渡しても、他のお客は高島氏から
離れた席についている。
窓の外にも誰もいない。
おかしいなぁ・・・と思ってテーブルで静かにしているとまた「シュルシュル」が聞こえる。
(いったい何だ?)
声の主を探すが居ない。
そんなことをこのパブで繰り返したそうです。

そして、帰国してから奥さんにその話をしたそうです(前後関係は忘れました)。
すると奥さん
「あら、あなたしょっちゅう寝言で『同じこと』言ってるわよ。」



実は高島夫妻は或るチャネラーから
「ご主人(高島氏)は魂が宇宙人。」と言われていました。
テレビでその話を高島夫妻が始めたら周囲のタレントが一斉に
(おやおや)という困ったような感じになりました。
話に乗って来ない。
苦笑している。
スタジオのテンションがどんどん下がっていくのが私には分かりました。

ところが。

KYな高島夫妻はそんなコトはお構い無しで話を続けます。
(やはり宇宙人か!)
高島夫妻のKYのおかげで私はこの話(アイスランドと寝言の”宇宙語”)を
知ることが出来たので感謝。



しかしこの”宇宙語”について、まだ話があるのです。
さらに数年前のことです。
テレビで、怪談で有名な稲川淳二氏が自分の体験談を語っていました。

稲川氏が或る旅館(ホテル?)に宿泊しました。
すると真夜中に音が聞こえる。
その音とは・・・
「シュルシュルシュゴーシュルシュル」
高島氏が聴いた「声」と同じものでした。
その「声」はずっと聞こえていたそうです。

これは私が同じものだ、と判断したのです。
二人はテレビでその「声」を再現していましたが、「同じもの」でした。



これはいったいどういう現象でしょう?
私はこの「シュルシュル」は宇宙語だと思うんです。
高島氏と稲川氏は魂が宇宙から転生して間もないか、
宇宙人と無自覚に交信しているか、ではないでしょうか?

一人になり、感覚を邪魔するものがなくなった時、それは聞こえるが
本当は一日中聞こえているのではないか?
でも、ひとが忙しく現実に向かっていると、意識がその声を聴くモードに入らない。
高島氏は異国で一人、という状況、
稲川氏は旅先の旅館で一人、という状況。
そういう「自分の声を聞くような静かで落ち着き、内省出来る状況」になって
初めて「聴く」モードに入るのでしょう。



kagari∞氏の寝言も「シュルシュルシュゴーシュルシュル」なんでしょうか?



記事を読んだViancaさん( http://sacredknowledge.hp.infoseek.co.jp/ )から
メールが来ました。

おはようございます。viancaです。
いつも大変お世話になっております。
先日はカモワンでのオラクルありがとうございました。

「パンドラの壷」の<宇宙語?>を読みまして、
ひぃいい〜とおののいております。
と、いうのも、つい先日姉とメールでやり取りしたのが、

「寝言で宇宙語的な謎の言葉をしゃべっていた」

……という内容だったんです。。。

姉に指摘されるまで忘れていたのですが、
わたし、昔お付き合いしている男性に、
「寝言で宇宙語を喋っている」と言われたことがあるんです。
寝ているのに大きな声で、
どこの言語体系ともわからない謎の言葉を話すんだそうです。
それを「宇宙語」と言っていました。
その男性はなかなかトンデモ+すぴなひとで、
レイキを行い、愛読書は『ムー』というひとでした(笑)。

姉のメールが来る少し前に、
ふと思い立って職場PCのデスクトップ壁紙を「すばる」にしました。
そして、
「すばるといえばプレアデスだったなぁ……。
プレアデス星人ってあったなぁ……」
と思っていたところ、姉のメールで、宇宙語の話でした。

そのときに姉と、
「昴人でわ?(ワラ」
……というようなやり取りをしたのですが、
正直なところ、
自分が「スターピープル系かもしれない」と思ってはいても、
あまり信じていないのです。
こころあたりはほかにもいろいろあるのですが……。

そこに今朝読んだPANDORAの記事で、
飲んでいたコーヒーを危うく噴出しそうになりました……。

あまりに驚いたので、メールしました。
読んでくださってありがとうございます。
では、これにて失礼致します。


意外と多いんですね、「宇宙語」しゃべる人・・・

<ペガサス〜彗星>(2008年1月23日)


「ラブフラワー」(TOPから行けます)で、先日販売していた
響きさんのストラップを買いました。
覆面なので面白そうなので・・・

画像の中から一番気に入ったが「ペガサス」でした。
A〜Eの中から何故か(絶対C)という確信がありそれを選びました。
数日後・・・

ペガサスが届きました。
石の色も素敵でとても気に入りました。

やっぱり・・・



ところが驚くのはこれだけではありません。

その日私は「ジュネさんの潜在意識解読」(リンク1)を受けたのです。
三回目なのでジュネさんにも名前を覚えてもらってました。
PANDORAを見てジュネさんに申し込んだ人が沢山いるそうです。
「或る日の御客さんの2/3はPANDORAから来た」そうです。

私  「済みませんねぇ。」
ジュネ「いえいえ、有難う御座います。」
私  「で、皆さん『私は地球に来る前はどの星に居ましたか?』なんて
     おバカな質問するんでしょ?」
ジュネ「あはは、そうですね、でも、バカだなんてそんなことはありませんよ。」
私  「いいえ、本当にすみません、変な人ばかりで・・・。
    で、今回私が訊きたいのは『私は地球に来る前はどの星に居ましたか?』」
ジュネ「・・・・・・・・・・・・・・。」


さて、私も地球に来る前はいろんな星に居たようです。
皆さんと同様いろんな星に滞在したそうです。
長く滞在したり短期間だったりいろいろですが。
で、特徴的なのは「彗星に居た」そうです。

私  「す、彗星い?」
ジュネ「そうです。今まで数千人読んだけど、一人だけ居ました、彗星に居た方は。」
私  「するってえと私で二人目ですか?」
ジュネ「はい。」
私  「ハレー彗星ですか?ヘールボップ彗星ですか?」
ジュネ「えええと良く読めないな、車のような名前。」
私  「シューメイカー・レビー彗星ですか?
    (どこが車だ?シューマッハから連想してしまった)」
ジュネ「いえもっと、こう・・・新幹線より速い・・・」
私  「え?電車ですか?」
ジュネ「乗り物・・・速い・・・」
私  「リニアモーターカー!」
ジュネ「そう、それです!」
私  「へ?」
ジュネ「リニア彗星です。でも、そんなのがあるのか私は知らないんだけど。」
私  「リニア彗星?そんなのがあったんだ・・・」
ジュネ「どうでしょう?あるんでしょうか?浮かんだのですけど。」

で、調べたらありました。
「リニア彗星」  http://www.astroarts.co.jp/special/C1999S4/index-j.html


私は宇宙の或る場所に居て、そこで彗星を作り飛ばしていたそうです。
彗星に自分の意識を載せ、通過する星ぼしの情報を得ていたんですって。
なので「彗星に乗る」という表現も出来るわけです。
(そのもう一人の方とコンビを組んでいたんだろうか?)



で、ストラップの話に戻ります。
ペガサスが欲しいと思ってペガサスが来たので嬉しくて響きさんにメールしました。

ペガサスのキーワード検索の中で、
○夢占いってありました。
その他の意味は、

○人と人を繋ぐ友人との関係(絆)とありました。
○天空を縦横無尽に駆け巡る唯一の天馬。
○最高神ゼウスの遣い。
○傲慢を嫌う。

へ〜。です。

へ〜。

「天空を縦横無尽に駆け巡る」ってのが彗星みたいです。

で、思い出したことがある。
或る方からこう言われました。
「大昔、if さんは不死鳥の姿で宇宙から飛来しました。
その時尊い方を背中に載せていました。」
と。
すんごいデンパちっくな話です。

で、思ったのはこの方が霊視した宇宙の不死鳥というのは
彗星のことではないか?
彗星に意識を載せて宇宙のいろんな場所へ飛ばしていたのでは?
それが「不死鳥の背中に尊い方を載せていた」という表現になったのかな?
おとぎ話のようです。

彗星を動物にたとえればペガサス、鳥にたとえれば不死鳥、なのではないか。


そんな気がします。

<ペガサス〜蝶>(2008年1月23日)


上の<ペガサス〜彗星>を読んだTさんから。


で、今日メールしたのは「響き」さんのストラップのことが「etc」にのっていたのを見ての感想・・・と言うか報告、とゆーか。
私も購入しました(笑)今日届いたんですが、私のところに来てくれたのは「蝶」でした。

あら、Tさんも買ったの!

少々話が飛びますが、以前私だけの絵で「仕事を続けるか辞めるか決められる絵」をお願いしたら
届いたのが「ペガサス」だったんですが、覚えてますか??


覚えてます。そしてあなたにペガサスのサインが何度も来たことも覚えてます。

未だ、その結論がでてないんですが^^;、ペガサスのキーワードってなんだろう??
と思っていたところにifさんがそれについて記事にしてくれてました。「夢占い」の観点から調べる・・・
って言うのは思いつかなかったんで、すごく納得したわけです。


おお。
実はつい最近も或る方にペガサスの絵を描いたんです。
この方は悪夢か幻に悩まされているようなので、守護存在としてペガサスを描きました。
夢と関係あるとは知りませんでした。
ペガサスの絵は今まで二枚描いてます。


ifさんの絵、実際に見つけたイタリアのチャーム・・・と2回ほどペガサスがやってきたので、もう1回くるかな???
と思っていたんですが、柚菓さんのストラップのペガサスはifさんの所でしたか!!


えへっへ・・・悪いね!

話をストラップのことに戻しますが、実は、仕事のことをどーーーーしたらいいのかもうわかんなくなってたので、
今回買ったストラップで何が来るか?で結論を出そうとしていたんです。
「ペガサス」だったら辞める
「蝶」だったら天使様に任せる
「イルカ」だったら続ける・・・てな具合に。

なるほど、自分でサインを決めたんですね、いいアイディアです。

それで届いたのが「蝶」。やっぱり、自分で問題をコントロールせずに天使様・・・

良かったじゃないですか!
ペガサスが届いていたら仕事を辞めなくてはならなかった。


神様に全てをお任せするべきなのね・・・と思いました・・・。


そうですよ。
これに限らずそうですよ。


でも、ストラップは凄く可愛かったので買ってよかったvvvと思いましたvvvアメジストもキレイな石だったし!!

「ペガサス」のヘミモルファイトもかなりいいよ〜
(張り合ってどうする?)


とにかく、仕事のことはifさんが教えてくれたキーワードとペガサスの絵を見ていろいろ考えつつ、天使様にお任せする、とゆー事で。

そうそう。

まぁ、確かにそれが一番いい方法ですね^^;

そうそう。

また、なにかあったらメールします。それでは、失礼します。

<Sさん一家の不思議な毎日>(2008年1月17日)


Sさんに描いた絵の鑑定でお子さんがレインボー・チルドレンと出たそうです。
その時からSさんには不思議なことが立て続けに起こったそうで、報告してくれました。


以上のような鑑定結果をいただきました。
鑑定結果を見ても、クリスタルチルドレンや、レインボーチルドレンとおっしゃられても、
ただただ驚きだけでした。
その後、何度も、クリスタルチルドレンや、レインボーチルドレンのことを調べて、余計に、
そんな大それたことーー!!という気持ちが強かったので
鑑定結果を、大事に大事に心にしまっておりました。すみません。
でも、今日、シェアしなくては!!と、思い立ちメールしました。
 
描いて頂きました絵が、我が家に来てからというもの、
たくさんの不思議なことだらけで、パニックです。
でも、不思議と、自然に受け入れている自分がいます。


最初は、写真からはじまりました。虹子供
子供たちをとっていても、
お花を撮っていても、虹がいっぱいの写真ばかり。
ほこりかな?!思っていても、オーブ?とも思える写真の数々・・。
今までの写真と、同じもので撮っているのにちがうんですね。
何をとっているんでしょう・・・。
 
可愛いですね♪

子供たちはあいかわらずの不思議な雰囲気な子達ですが・・。
おとなしく、マイペースで、いつもみんなの回りで
ニコニコと見ているだけのタイプで
(漠然とですが)何で子供らしく生き生きしていないんだろうかとか、
周りの子と違うことで悩んでいたのですが、
学級委員にみんなの推薦でなっていたり、
以外やみんなに受け入れられ、認められていることも、
最近わかりました。
絵のおかげでしょうか。のびのび、彼、彼女らしく、過ごしています。
 

あっと、話がそれました。
その子達が、ほしいといったものは、必ず、何らかの形で手に入ります。
「ピアノの形の天使でもいい、時計がほしいです。」とサンタに手紙を書いていて、
こまったなああ。なんて難しいもの、おねがいするんだーー!と、お店を捜し歩いたり、
ネットで検索していると、
何でこんなにぴったりなのものがーーー!と、びっくりするくらいの
商品が懸賞プレゼントにされていて、応募したら、ほんとに当たり!!!ビンゴ!
そして、ちゃんとクリスマスにとどきました。子供たちの手に!
 
売り切れで手になかなか入らないものなども、うまい具合に同じ額の商品券が
なぜか、早朝にポストに届いているのに気づいて、(いつも、ちゃんとみているんで、朝に気づくことなんてなかったんですが、)
まさかね・・。おんなじ金額ってどうなのよ。と店に行くと、ちょうど朝一番で店頭に並んでいたり・・。
 
子供たちが発した言葉は、怖いくらい、現実化しているような気がします・・・。
心のそこから、信じる、思い切るのが、よいらしいですが・・。子供たちいわく・・。
なんだか、信じれそうです。子ども達の言葉。
 
子供の願望は叶い易いんです。
邪気がありませんからね。
顕在意識がまだ、育ってないのと、
想念帯が汚れてないので、潜在意識の発動を邪魔するものがないからです。
それにしても良く叶いますね、凄いや。


子供たちと、同じ部屋でそれぞれ別のことしていたのに、
歌いだした言葉が、頭のなかで歌っていたフレーズだったり・・。
歌だけでなく、自分でも意識なく「遊びにいってもいいよ。」とか、
返事を勝手にすると、なんで、言おうとしたことがわかったのーーー?とか・・。
声に出さないで、お話している感覚が多くなりました。
テレパシー?

テレパシーだと思いますよ。
既にこの世が四次元の中層にあるらしいので。


 
主人が「富士山に行くぞー!」といって、車に乗り込んだのに、なぜか、私は、勝手に
「川で遊べるようにぞうりいれようね。」とサンダルを車につんんでいて・・。
主人になんだ?という顔されてたのに、道に迷いに迷った挙句、いったこともない小さな滝のある川に・・・。
家族で、びびっておりました。
もちろん、川遊び用に着替えとサンダル持っていたので、そこで遊んで楽しんできました!
 
おみくじも大変です!!
おじいちゃんが倒れたときは、指輪も切れ、ばらばら。
その日にきたおみくじは,「治る」
確かに、退院しました。
 
指輪が身代わりになったか、邪気を吸い取ったか。

「海」と出れば、またしても道にまよった挙句、海につき。
 
「本」と出れば、息子の自由研究が本にと、校長先生より依頼がくる。
 
娘のケロイドの除去手術の時は、「再考せよ」だったのに、そのままやれば、
考えなおさなかったので、またケロイドつくってしまい。ああーーと。忠告を無視したことを悔やみ・・。
 
娘の手術近くには、「ラファエル」のおみくじ。
 
ラファエルは癒しの天使ですもんね。
出て良かったです。


ケロイドのことで、たすけて。と、お願いして、おみくじ開いたら、「えびす」これには、よくわからなく。
それでも、なんだか「恵比寿」さんが「幸」(都里さんの名刺に書いてあった文字です。)を運んできたぞ!と喜んでいました。
それが、たった今さっき、わかりました!!
パンドラさんから、いろいろリンクを飛んで、あそんでいて、
まだ、購入していないなあ。ほしいなあ。どうしようかなあと、まはるだサンのサイトに・・。
(すみません。依頼はしていません。まだ。)
その横に、ケロイド!の文字があり、思わずクリックしたら、「恵比寿」の所在地!!

地名でしたか!

思わずのけぞりました!!
ここにいけ!ということでしょうか・・。
とりあえず、問い合わせメールしちゃいました。

 
パンドラさんでよく名前を目にする日月神示。読んでみたいなあと思っていたところに、
付き合いでいった古本屋に偶然?目に着くところにあり・・。手にすることに。
もちろん購入してきました!
 
 
LOTUSで福袋を購入した頃、息子が書初めの字は、何がいい?なんて、親子で話していて、
(光り輝く)なんてどう?と、話していたら、メッセージに「光輝けるように・・。」なんて文字が!
それらの石たちと、お昼ねしてたら、「無償の愛」という言葉が頭に残っていて。
その後から、いろんなところで、無条件の愛とか、無償の愛という文字を目にするように。
わざわざ、そういうサイトをあるいているのかもしれませんが・・。
 
最初の頃に出た、「第7チャクラ 」の3連発・・。そして「第4チャクラ」1枚
知らないうちに、いろいろなことを、受け取っていたのでしょうか・・・。
 
そして、今までのおみくじを整理していて、一番上に「神を信じよ」の文字・・。
今なら、心から信じられそうです。
はい、信じます!
 
凄いや・・・

なんだか、いろいろありすぎて、何を伝えたかったのか、よくわからなくなてきましたが、
毎日が不思議な現実です!
もっともっと、いろんなことが、クリアになるといいなあ。と思ってます。
子ども達のいうように、
おみくじのいうように、
とにかく信じきって、みようかな。と思っています。
 
何ヶ月か前に偶然ifさんのところにたどり着き、
どうしてか、自分にも絵が描いてほしくなり、描いていただきました。
最初は、ネガティブな発想ばかりだった私で、
絵も最初は私って泥なんだーーとか、根っこがぐらついてる・。とかそんなイメージしかなかったのに、
今は、どんな環境でも、いろんな悩みや困難があっても、
きれいな花がさかせられるぞ!って、思えます!

絵は「泥の中に咲く蓮」でしたね。
その通り、たとえ環境、この世、世界が泥のようでも、その中から蓮のように美しい花を
いくらでも咲かせることが出来る・・・そんな絵でしたっけね。


まだまだ、未熟な私ですが、絶対、きれいな花を咲かせてみせますね。
本当にありがとうございます。
 
写真は虹の中で遊ぶ子どもです!
ただの光の加減のようですが、勝手に虹の子だー!と喜んでいます。

虹の子(レインボー・チルドレン)で間違いないでしょう。

<天使の羽根の不思議>(2008年1月12日)


勘の良い人、霊感がある人から
germaniaで買った小さなチャーム、
天使の羽根が見掛けに寄らず凄い、
という報告を数件いただいています。
そうなのか!
私が作った超簡単なチャームなのに?
下がっている石は水晶、シトリン、
フローライト、ムーンストーンなど、
天使を連想させるものを使用しています。
germania発足からずっと販売ている定番商品です。
私が作ったのに変わった感覚、
体験をその方たちはしているそうです。
信じられない。
中には後ろに憑いてる方=天使的な存在
から、「それはお守りになるよ」と、知らされた方もいます。
某nonokaさん(リンク2)ですが・・・
今回、天使の羽根を購入してから不思議な感覚に見舞われた方の
体験談を紹介します。




去年の6月11日、ちょうど半年前のメールです。


ifさま、はじめまして。
3週間ほど前に天使の羽チャームを購入させていただきました
Aと申します。
お礼のメールが遅れてしまいました。

いえいえ、お礼なんてトンデモございません。
こちらこそお買い上げ有難う御座いました。


1年ほど前から、PANDORAは時々拝読していました。
理解できないけれども、面白くて楽しい気分になるので
足りない頭で無理に理解しようとせずに
ただ純粋に楽しませていただいております。

そう、頭でいくら考えてもダメ。
「人間の話」などは考えないでとりあえず読み、生活し、思いだし、
また読んでみてください。
それを何度かやると(あれ?一回目には全く分からなかったけど、
今は分かる!何で?)ということになります。
分からないモノをいくら頭で考えても分からないのです。
あなたのやり方が最も効果的です。


半年ほど前から、ストラップも欲しいなぁと憧れていました。
でも、なかなか購入には至らなかったんです。
ところが今回の天使の羽は即決でした。
お値段が手頃だったこともありますが、この小ささが気に入りました。
いつでもそっと身につけていられるのが嬉しいです。

で、すごく不思議なんですが、
注文をした瞬間から何故か異様に眠くなり、
どれだけでも眠れてしまうような日が続きました。
チャームが届いた日は、今日来てくれるかな?と
朝から何となくそわそわして、何度も郵便受けを見ていました。
自分では鈍感だと思っていたのですが、その日本当に来たよーーー!!

届いた天使の羽に、何故か話しかけたくなって
よく来たね、これからよろしくね! と心の中で語りかけたら
小さな虹が出てまたビックリ!!
ちゃんと応えてくれたーー!! すごく嬉しいです。

モノにも魂、意識があると言います。
あなたが真心を込めればモノがそれに応えてくれる。
優しく素直なのが一番です。


天使の羽は携帯に付けていつも持ち歩いています。
寝るときも一緒です。
時々、食べてしまいたくなるほど美味しそうに見えます。
綺麗な水が滴り落ちてきそうなほどつやつやで、
透明な氷のようにも見えます。
程良い大きさで、見れば見るほどに愛着が湧いてきます。
本当に素敵です。ありがとうございます。

そんなに可愛がってもらえてあなたのところへ行った天使の羽根は
幸せものですね。


ついてきたおみくじは
「猿も木から落ちる」でした。

え?

それなのにそのおみくじの言葉は・・・なんという仕打ちでしょう。


最初は何のことだろうと思っていたのですが、
後になって気がついたことがあります。

殺風景なベランダにお花があったらいいなと思って
植木鉢に種を蒔いてみたんです。
で、せっせと水やりをしていたのはいいんですが
勢いの良すぎるジョウロで水をやっていたおかげで
せっかくの双葉を駄目にしてしまいました。

ありゃ。「過ぎたるは何とやら」ですな。

それと同じ頃、仕事でストレスを溜めて弱り気味の友達に
手紙を書いて送ったり、葉書を書いてみたりしたんですが、
その時は優しい言葉さえも負担になってしまうほど精神的に
追い詰められていたみたいだったのです。

良かれと思ってしたことは、単なる優しさの押し売りでしかなく、
かえって彼女の負担になっていたことに気づいて猛反省しました。

ありゃりゃ。。。それも「過ぎたるは何とやら」ですな。

勢いの良すぎるジョウロで水をやって駄目になった双葉ちゃんが
お友達に同じコトをしちゃ駄目だよーーって
命をかけて教えてくれていたのに、何もわかってませんでした。

気づくのは難しいですよね。

その友達とは何でも言い合える仲なので、
今は優しささえも心苦しいよー と素直に言ってくれたのですが
言われる前にどうして気がつかなかったのかと
自分のバカさ加減に呆れました。
言ってくれた友達には感謝しています。

本当に。
それが本当の友達です。
甘やかす、遠慮するのはいまいちです。
勇気を持って忠告し、通じなくて相手が怒ってもしょうがない、と
腹を括れる友人が本当の友人。


天使の羽が来てくれてから、偶然にしては出来すぎているような
タイミングの良いことが沢山起こるようになっています。
ちょっとスケジュール詰まり気味で苦しいなー と思ったら
何故か突然の延期やキャンセルで時間が空いたり、
やりたいなと思っていたことに友達が誘ってくれたり。

タイミングが良くなった?

誰にも何も言ってないのに、ただ思っただけで流れができるのです。
だから自然な流れに乗っていれば、思った通りになるみたいです。
都合やしがらみにとらわれて流れを変えようとするとダメみたいで、
人からどう見られるか、とか気にしちゃうとかえって変になります。

他人は皆様々な意見、気持ち、性格、信条があるので、他人を気にしていたら
何ひとつできません。
何かをしたいときはまず「自分」が何をしたいのかを考えればいいんですよ。
そこに気づいたようですね。


ただ楽しいと思って自然にしていたら
それが周囲をも楽しませる結果になったり
やりたいことを好きなようにしていたら
それが人に喜ばれてしまったり。

あなたは本々素直なのでしょうが、さらに素直になったので
運命がどんどん良い方向に流れるようになったんですね。
以前は要らない心配などをしていたかな?
それはやりがちですが、良くないです。
心配するとそれが実現しますからね。
「天使の羽根」があなたにほんのちょっとの勇気をくれたかな?


(中略)

私は勝手に太極拳をしたり、健康相談に乗ったり(元看護師です)、
ただ普通に喋ったりしているだけなのに、何故か感謝されます。
その上、おいしい和菓子をいただいたり、お花をいただいたり、
お抹茶をたててもらったりしています。

いいんでしょうか、こんなもらいっぱなしで。
でも有り難く頂戴します(寿!)

そう、遠慮してはいけない。
相手の、あなたに何かしてあげたい、という「心」を受け取るのが「本当の心」です。
申し訳ないから要らない・・・というのは低次元の「我」なのです。
喜んで受取り、喜んで手放しましょう。


私は幼い頃に両親が離婚していて、今は両親どころか親戚とも
全く音信不通状態になっているのですが、天使の羽が来てから
まるで祖母や母が何人もできたみたいで嬉しいです。

あなたの周囲には見えないけれど何人も何十人もの「存在」がいます。
寂しがらないでくださいね。
ひょっとしたら「天使の羽根」も、それらの見えない存在があなたの元へ
もたらしたのかもしれません。
或る日あなたにgermaniaを見せてね。


天使の羽を注文してからの約3週間の間に
生活がガラッと変わってしまいました。
仕事をしていない主婦ですから、毎日ヒマだったわけですが、
ここ最近は友達が何かしようとか、教えてとか声をかけてくるし
義父に誘われて一緒に気功教室と英会話にも通い始めたので
宿題やら下準備やらで大忙しになってきました。

主婦業だけをしてても、それ以外のことをしても同じ時間が流れてしまいます。
それだったら一年後に何か手にするような、才能や心の能力や資格でも
何でもいいから、ひとつくらい継続してやってみると良いですね。
何もしなくても一年、何かしても一年、です。
それなら何かした方がいいと思います。
あなたの選択は正しい。


でも、苦しいなぁ〜と思ったら突然キャンセルや延期になるので
何も考えずにやりたいようにやって平気なのです。
ちなみに明日は太極拳教室がキャンセルになりました。
ちょうど、英語の宿題間に合わないかも?と思っていたところなので
すごい助かりました。(寿!!!)

多分天使など、高次の存在が働いてくれているのです。
私ごとで恐縮ですが、絵の依頼が本当にちょうど良い具合に入るんです。
今まで溜まり過ぎて御客さんに凄く待たせたことも、
絵の依頼が一週間無かった、ってこともありません。
何故こんなにちょうど良く依頼が来るんだろう?と、不思議なんですよ。
これは上の方の存在が調整してくれているとしか言いようがありません。


これも天使の羽効果でしょうか。
なんかすごいです。
ifさま、これで500円はすごいお買い得です!!
ほんとうにありがとうございました!!


いやぁ、そう言っていただけると嬉しいです。
「天使の羽根」はgermaniaが続く限り作り続けるつもりです。
Aさん、貴重な体験談、有難う。



さて、このAさんはこのメールをくださった半年後にエジプトに旅行しました。
そこでさまざまな不思議体験をしています。
「不思議写真館」に掲載してあります。
Aさんは旅行に天使の羽根を持って行ったそうです。

実は私も持って行きました。
ホテルで霊が出たら怖いのでね・・・
ツアーの人達は順番に下痢したり頭痛を起こしたり乗り物に酔ったりしていましたが、
私は「日本に居た時より元気」でした。
これも不思議なことですわね。

<おっぱっぴー!>(2008年1月11日)


先日、美容院へ行って女性週刊誌を読んだら
小島よしおが「好きなタレント」と「嫌いなタレント」の両方に出ていました。

私は小島よしおが大好きです。
無邪気なところがいいです。
え?
裸芸が好きなんだろ、ですって?
違いますよ。
裸でも「たむ◆ん」「江◆何時何分」「エスパーなんたら」は嫌いだもん。
「長州◆力」は嫌いだったけど慣れました。
TVチャンピオン(TV東京)の「温泉王選手権」は好きです。

あ、そんなコトは関係なかった。

週刊誌の記事に小島よしお氏が◆木◆子の番組に出た際、
◆木に毛嫌いされていた、とありました。
小島氏は服を着ているのに、◆木の婆あは
「下品」だの「そばに寄らないで」だの罵詈雑言を浴びせていたそうです。
美容師がその番組を見ていたそうです。

で、今度は違う番組で。
美輪様は小島氏が大好きだそうです。
邪気が無いところがいいんだそうです。
小島氏が「昨年は色んな大人の人に叱られました」と言ったら
「そんなセンスのない人達はほっとけばいいのよ」
「ですよね!H先生とか…おっと!」
という◆木が聞いたら逆上して脳溢血になりそうな会話をしていたそうです。



思うに・・・
やはり◆木女史には◆級霊が憑いているのではないか?
なので、明るい小島氏が嫌なのでしょう。
小島氏は無邪気なので魂の光を遮るもの(暗い想念、黒い心)が無い。
なので、魂の光がそのまま表に出ている。
◆級霊が憑いた方は明るい人や輝いている人が嫌いなんですよ。
生理的に嫌なんです。
だから、嫌う。

◆木女史に◆級霊が憑いていると思うわけは・・・

@やたら威張る。
  ◆級霊はとにかく自分が威張りたい。
  周囲に気を使い、自分は苦労を背負い込み、他人に奉仕をするなんて
  間違ってもやらない。
Aとても下品。
  小島氏を下品と言ってる本人の方が下品。
B霊感の有る人がテレビで◆木女史を見たらキ◆ネが憑いているのが
  分かったそうだ。

以上です。


また、美輪様&江原氏はkagari∞さんに言わせるとクワン・イン意識だそうです。

今、テレビで方や動物霊、かたやクワン・インがそれぞれ番組を持ち
同じようにタレントの相談に乗っている。
方や四次元(本来は無い次元で、幽界)と繋がり
方や高次元(神仏の世界)と繋がっている。
つくづくこの世(三次元)って面白いな、と思います。

自分がどちらの
「界」に繋がるかは、どちらを好むかで決まる。
正しいとか正しくない、こうあるべき・・・という頭の、理屈の問題ではないのです。
好きや嫌いか、心地よいか悪いかの問題、
「心」の問題です。
心のレベルが「魂の住む世界」を決めるのでしょう。





女性週刊誌に「好きなタレント」と「嫌いなタレント」の、
両方に高得点を獲得している小島氏。
彼を好きな人と嫌いな人、両方多いというのは面白い現象です。
実に分かり易い。
あなたは彼を好きですか?嫌いですか?

<ファンタジー(?)な初夢>(2008年1月5日)


Jさんからのメール。

年末年始に買ったTVとゲーム機でDVDを見たり、
昔のゲームをしてたせいで、その影響をもろに受けた初夢を見てしまいました。

内容は、まぁ、ファンタジー系。
空からモンスターがたくさん降ってきて、人々が襲われてました。
私は、自分が唯一できる『逃げる!』ことを必死でやりまして、
なんとか事務所(と言っても見たことがないとこでしたが)へたどり着きました。
それで、なぜか、ふら〜っと外の自販機に飲み物を買いに・・・。(苦笑)
案の定、警官隊に囲まれた黒い影と対峙するはめになりました!

何の力もない私は、パニックになりつつも、その影に向かって言ってました。
「私はifさんの知り合いだっ!!」(ハッタリ)
「・・・ひ・・・ひふみ神示も知っているっ!!」(・・・神様の名前を思い出せな
かった・・・)

この「虎の威を借る狐」大作戦(?)が効を奏し、
見事、影を撃退いたしました!
いや〜、ifさんありがとうございました^^(笑)
その後の世界はどうなったかはわからなかったですが、
私は助かりました。はい。


私に悪霊退散の効果があるかどうか分かりませんが
とにかく良かった・・・
のか?

<占星術による2008年の予測>(2008年1月1日)


「リンク3」→「providnce」は、生まれた日の星の位置から
運勢を予測するメルマガ(有料)
「銀河めーる」がほぼ毎日届きます。
月に一度は、個人の長期的な運勢が送られてくる。
今朝、1月1日は個人の運勢の他に、今年の日本の予測が送られて来ました。




∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 ■ 2008年はどんな年に?■
 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 
 2008年はどんな年になるのでしょうか。
  いつものように、首都における今年の春分図から、日本の運勢を読み解いて見
 ます。
 
  国民の運勢を示す第1室には土星と月があります。土星は水星と衝(180°)、
 火星と60°冥王星と120°の吉坐相。月は第7室の水星・金星・海王星と衝(180
 °)の凶坐相、火星と60°、木星と120°の吉坐相を作っています。
 
  第1室の月、土星ともに第7室の水星と衝。この配置が今年の日本国民の運勢
 に大きな影響を与える要素です。第7室は同盟国(主としてアメリカ)、水星は
 通商を意味し、
アメリカ経済の低迷が、国民の気分(=月)を冷やし、また、具
 体的に経済的なブレーキ(=土星)となると解釈します。イラク政策の失敗、サ
 ブプライムローンに端を発する経済の減速、機軸通貨ドルへの信用下落など、か
 つてないほど米国に対する信頼が揺らいでいます。
 
  そこで、このような米国発の先行き不安に対して、希望の光となりそうな第1
 室の月に対する第5室木星の吉坐相(120°)の意味を考えてみます。
  
木星は宗教・哲学・思想を象徴します。従って、日本国民にとって光を投げか
 け得るものは、目先の経済的な利益を超えたもの、もう少し精神的な、未来に対
 するヴィジョン
なのではないかと思います。
 
  グローバルスタンダードという自由市場原理主義がもたらしたものの光と影が、
 とくに此処にきて影の効用が認識され始めています。勝ち組がリードして社会全
 体の底上げをはかるとされてきましたが、実際に米国で起きていることは格差の
 拡大、中産階級の消滅、貧困層の増加、社会不安の増大です。
 
  かつてフィギュアスケートといえば米国選手が常に上位に名を連ねていました
 が、昨今は見る影もありません。フィギュアスケートという種目が経済的に豊か
 な中間層の中から生まれてくるという背景を考えれば、このスポーツの世界にも
 米国の現状の一端が垣間見えます。
  幸い、今のところは日本の選手が活躍していますが、安易に自由市場原理主義
 に乗っかってゆくなら、早晩、米国の後をたどることになりかねません。
 
  
富める者だけが益々富み、貧しき者はひたすら貧しくなるような仕組みは社会
 全体の調和ある発展を妨げます。ガン細胞が生体の調和を顧みず、己が存続発展
 のみに突出するがゆえに生体全体の機能不全をもたらし、やがて死に至るように、
 手放しの自由市場原理主義は生体におけるガンのように社会全体を瀕死の縁に追
 いやる危険を孕んでいます。
  官僚による天下り、特殊法人、官制談合などの問題も社会システムにおけるガ
 ン化問題といって良いでしょう。
 
  そこで第1室の月に対する第5室木星の吉坐相の作用は、このような
社会不安
 に対する救済のヴィジョンが示される可能性
を示唆しています。どのような形で
 それが示されるのか期待を持って見守りたいと思います。
 
  さて、未来を照らす希望のヴィジョンを実際に現実の施策として実施するのは
 政府であり行政の長たる首相ですが、こちらは春分図の太陽で見ます。
  太陽は第8室にあり、5室の冥王星、11室の火星の作る衝に対してそれぞれ
 90°をなすT字スクエアに捉えられています。動きのとれない厳しい配置です。
 福田首相個人のトランジットを見ても今年はプライベート面でのトラブルや人気
 運の低迷など運気がよくありません。政権の運営はかなり厳しいものになりそう
 です。
 
  そこで気になるのは解散総選挙ということになりますが、時期的には意外にも
 8月の洞爺湖サミット後で秋以降の可能性が高いようです。平成20年度の予算
 が成立する春あたりにも解散の気配が無くもないですが五分五分といった感じで
 す。
 
  以上、春分図を見る限り、予断を許さないながら希望もほの見える年になりそ
 うです。『銀河めーる』を購読してくださる読者の皆様には、すばらしい、幸せ
 な年でありますよう、微力ながら心よりお祈りいたしております。
 
 この1年が、
  この世のすべての人、すべての存在にとって、心安らかな、生きがいのある年
 となりますよう、お祈り申し上げます。
 
 2008年、元旦

<クラキマイ/ウタダヒカル>(2007年12月29日)


倉木麻衣さんの話が出てましたよね。
シリウス文明〜からの転載のようですが。
で、彼女の歌とかには全然関係ない話なんですけど、名前のこと。

倉木麻衣って「暗き舞」ですよね。。。で、
宇多田ヒカルって「歌だ光」ですよね。

どうも、
対になってると感じるのですよ。
彼女たちって年齢も一緒か1歳違いぐらいだし、デビューも近かったし、
以前はよくニュースとかでも対比されたりしてたんですよね。
なにかこう、なんかの両翼のような。そんな気がするのです。
で、今年の夏頃名前のことに気づいて、
おお、ここでも対になってる! とか思いました。


面白いです。

<アースエンジェル>(2007年12月25日)


kagari∞さんから教えてもらって買いました。
アースエンジェルというヒトがいる。それは
◇天使
◇元素霊(自然霊)=火・水・風・土など。妖精も。
◇スターピープル
◇賢者・・・魔法使い・錬金術師
で、それらはさらに細分化されています。

これを読んで(どうも私は元素霊だな)と、思ったら
巻末の診断テストでも元素霊と出たので、そのようです。
私は複数能力者から不死鳥だった、と言われていました。
で、そんなコトありなのか?って思っていましたが、そのようです。
倅からしょっちゅう
「母ちゃんは人間じゃねえよ。」と言われているのは
そのせいか!

で、周囲の人を見てみると、いるいる天使っぽい人や妖精っぽい人。
たとえばアンジュさんなどは妖精でした。
指輪のK子も妖精です。
rakanさんは賢者です。
外見からして賢者。
彼はあるところで超能力者からひと目見て言われたそうです。
「キミは錬金術師だな。」と。
凄いです。
kagari∞さんは勿論スターピープル。



<一日の長さ=16時間>
(2007年12月21日)


「5次元世界への超扉」という本があります。
師匠の盟友エハン・デラヴィ氏の本です。
この本の中に
「今、一日の長さが16時間しかない」
書いてあります。

ちょっと前の情報では一日の長さは18時間でした。
いつの間にか2時間減っています。
このままどんどん体感時間が減って行き、
それが「ゼロ」になる日が来るそうですよ。

私たちはうかうかしては居られません。
しっかり目を開いて生きましょう。

<日本海>(2007年12月21日)


さて、ワタクシ、『新潟のYさんの記事』を読みまして
「私か?」と、思っちまいました。

をいをい・・・同じなのは「居住地とイニシャルだけ」じゃないですかw

そんなワタクシからもひとつメールいたしまっす。
 
昨日ローカル版HNKニュースを見ておりました。
そこで耳に残る言葉がありました。
 
数値を詳しく覚えておりませんが、
日本海の水温の上昇が世界のどの海域の水温の上昇に比べて高いのだそうです。
上昇が高い。意識上昇?アセンション??
日本海。日本。日本が先駆け??
 
へええ!
そうなんですか!
地球温暖化は二酸化炭素のせいではないそうです。
師匠の盟友エハン・デラヴィ氏他が、INTUITIONセミナーで説いております。
地球の波動が上がっている、フォトン・ベルト通過中なので、
気温が上がっているんだそうです。
なので、「不都合な真実」を見てもダメなんだそうです。
エハン氏のビデオと本は実に面白く科学的なのでお勧めです。

多分日本の波動が世界一高い(これはさまざまな人が指摘しています)ので
まずは日本から、そして、新しいカタを示す新潟の海から「上がる」のでは?


と、思ったというだけの、たいしたコトない内容ざますども。。。


いやいや、大変参考になりました。
有難う。


日本海の水温⇒百年で1・6度上昇…世界平均の3・2倍

だ、そうです。
昨日のニュースは過去10年間で特に・・・という語りでしたが・・・
 
あぁ、過去10年間では特に日本海の水温の上昇が世界の海域に比べて大きいってコトですよね。
 
それは異常です。
こんな大ニュースが何でローカル・ニュースなんでしょう?
世界的な大問題ぢゃありませんか。
つくづくマスコミの報道だけを信じて生きていてはいけないな、って思いますね。

<エジプト旅行記>(2007年11月26日)


特に書くこともないような旅でしたが、一応書いておきますね。

羽田→関西国際空港→ドーハ(カタール)→カイロ(エジプト)と、
飛行機を乗り継いで行きました。
飛行機はボーイング330の200でした。

330=神とアセンデッド・マスターがあなたの注意を引こうとしています。
    ほとんどの場合、あなたの神聖な人生の使命に関することについてです。
    最近、あなたが無視し続けている導きはありませんか?
    もしあるなら、今あなたは停滞しているように感じているかもしれません。
    この番号の組み合わせは、この共同制作のプロセスで、
    あなたも自分のすべきことをしなければいけないという事実を
    天が警告する方法なのです。
    これはある特定の行動をしなさいという神聖な導きに耳を傾け、
    それに従いなさいという意味です。
200=神はあなたに、あなたのことを忘れても捨ててもいないということを知って欲しいのです。
    神はあなたを本当に本当に愛しています。
    事実神はあなたの人生の新たな素晴らしい段階を指揮しています。
    神によく話しかけてください。
    そうすればこれからやって来る奇跡を感じるでしょう。
    神はさらに「神聖なタイミング」の重要性を思い出させています。
    あなたの望む結果が達成される前に、
    まずある特定の要因がはまるべきところにはまらなければならないことがあります。
    思考し、信じる心もしっかりとしている限り、
    あなたの望みの達成を妨害するものは何もありません。

帰りの飛行機はたしか

373=アセンデッド・マスターは喜んでいます。
    あなたの内なる神聖さが見えるだけでなく、
    あなたが選択した道に賛成しているのです。
    彼らはあなたには幸福を手にする価値があると知って欲しいのです。
    そしてあなたの神聖な伝統と選んだ道からくる聖なる至福があなたに流れ入るのに
    まかせるよう言っています。

飛行機が着陸し土を踏んでからもエジプトにいる間、帰国してから
ずっと身体が揺れてました。
乗り物に乗ったからだと思ったので、ツアーの仲間数人に
訊いてみましたが、皆さん「そりゃあバスに乗ったから揺れている。」と
答えてました。
しかし、私の感覚の揺れ方は皆さんとは違うようでした。

そして、飛行機の中、バスの中で目を閉じたり静かにしていると
身体の中身が顔の真ん中かみけんの辺りに集中し、それが
一点に集まり次の瞬間にはふいっとここではないところへ移動するようで
これを何度も何度も感じていました。
(この感覚はいったい何?)と、まぁ、面白かったです。




エジプトで一番驚いたのはピラミッドもなくスフィンクスでもない。
「エジプト人」でした。
エジプトの道路は広いのですが、そこに車線が引いてあるのかないのか、
車は何車線(?)にも並んでまして、つまり車線がありません。
皆、好きなように車を走らせている。
なので、車と車の間は20センチくらいに接近しますがブツかりません。
バスからその様子を見ている私たち一行は
「うわ!」
「きゃー!」
と叫んでおりました。

エジプト人は大渋滞を起こしている道路を、車の間を縫いながら
平気で横断、歩行していました。
車との距離が20センチくらいのところを・・・凄い・・・
歩道には沢山のエジプト人が立ったり椅子に腰掛けたり、一人だったり二人で
会話したり、いったい何をしているのでしょう?
あちこちで「椅子に腰かけたオヤジ」を見ます。
若い人も老人も昼間から何もしないでいる。
失業中なのか、何なのか、
あれでも生活できる・・・エジプトって素晴らしい国なのではないか?

交通事故を見ませんでした。
ルールがないのに事故が起こらない・・・素晴らしいことです。
ずうずうしく進むけれども、他人を入れてあげる・・・そういう絶妙なタイミングを
エジプト人は知っているようです。

日本人ガイド(女性)が言うにはエジプト人には公徳心がないそうです。
カイロ市内の川はゴミ捨て場と化しておりました。
その割には街はきれいだったけど。


エジプト人は優しく温厚、素朴、素直、無邪気、明るい。
そしてずるくてすけべでした。
イスラム教徒は異性の身体にふれてはいけないという戒律がある。
けれど、相手が異教徒なら間係ないのでした。
私はエジプト人を気に入りました。
油断も隙もないが、それを頭に入れておけばいいのだから。




カイロ・メンフィス・ルクソールに行きましたが、どこも外国人だらけ。
エジプト人、イスラム教徒は言語の達人ですね、
エジプト人のガイドがさまざまな国の言語で遺跡を解説していました。

どこの遺跡も(ふ〜〜〜ん)てな感じで、特に感動することもなく
前世を思い出すこともなく、淡々と見て回りました。

ところが一か所。
カルナック大神殿で。
石畳の参道を歩いていていきなり凄い転び方をしました。
石畳の窪みに足が入り、膝をガツンと石に当ててしまい、大きな音がしたので
回りの人が皆、私に注目するほど。
(げっ、罰が当たったかな!)
回りの人が驚いて心配するほどの転び方でして(恥ずかしい!)
後で膝を見たら怪我をしていた。
でも、痛みはすぐ引いてしまったんです、不思議です。

数日経ってから
(そうか、あそこは前世、私が居た場所なのだ)と、分かったのです。

そばに居た人が言うには私は「ひざまづいていた。」と言うのです。
まるで祈りを捧げるかのようにね。


私の知り合いがイタリアを旅行中、どうってことな道で転んだ。
後で前世を調べたらそこはどうも、自分が生きていた場所だった・・・
という話を後で思いだしました。
また、或るかたの親族がドイツで派手に転んだ。
後から前世鑑定で「ドイツに居た」ことを知ったそうです。

なので、私はあの巨大な遺跡、2000年間に渡って増築され続けていた
カルナック大神殿に縁があるのだと、思います。

身体は前世を覚えているそうです。
なので、身体が転んで本人に「ここに居た」ことを教えてくれるのでしょう。



カイロ市内のレストランへ行きましたがその店の名前は「クリスト」
キリストってことでしょうかね?
エジプトにもキリスト教徒が居ます。
コプトと言います。




私が小学生の頃、東京の博物館にツタンカーメンが来ました。
当時から歴史好きだったので、壁新聞を見ながら(見たいな〜)と
思ったことを覚えています。
でも田舎の小学生なので見ることが出来ませんでした。

その後一度ツタンカーメンのミイラ、副葬品は、また日本に来たようですね。
でも、忙しくて見に行けませんでした。
ところが、今回のエジプトでは通常は非公開のツタンカーメンのミイラが
一般公開されていました。二ヶ月間だけ公開するそうです。


私はミイラは見たくはないけど、見ることになりました。
今だに呪を発しているというツタンカーメンです。
気の毒な少年王でした。
(「霊的見地から見た世界史」に記事があります)

小さい頃抱いた願望が40年経ってから叶いました。
その間そんな願望を抱いたことすら忘れていたのに、
つくづく不思議だなと思いますね。




さて、毎日強行軍で皆が筋肉痛になるくらい凄い日程でした。
ホテルに帰っても自由な時間はほとんどなく、疲れて寝るしかない。
朝は4時半起床とかいう日もあり、凄まじかったです。
これはみな、竹下氏のせいであります。
皆でぶうぶう言いながら日程をこなしましたが、後から思えば
沢山の遺跡を回れて良かったです。

朝ほとんど時間がないけど、同室になった人にカモワン・タロットを
してあげたら大変喜ばれそれからは飛行機の待ち時間にも
数人にカモワンをして時間を潰しました。
当たっていたようです。




エジプトでは数人が下痢や乗り物酔いで気の毒なことになってましたが、
私は絶好調でした。
食べ物もエジプト料理が美味しく、持って行った梅干しを忘れてました。
和食を食べたいと思いませんでしたね。

エジプトはまた行きたいです。
私に合っているようです。




行く前は行くのが面倒になり、またkagariさんに
「エジプトがこっちに来い!」と、我がままを言ってた私です。
(てへっ♪)
でも、行ってる間は体調は絶好調。
毎日元気一杯でした。

帰国したらkagariさんから

無事にご帰宅されまして何よりです!
 
 
>目を閉じると身体の中身がみけんのあたりに集まる感じを何度も感じました。
 
エジプトの神、イシスさんと、オシリスさんが、
ずっと一緒についてたのではないでしょうか。
エジプトに行って、アンクを持ち帰って来たのかもしれませんね。

とのメールをもらいました。
そうだったのか・・・

<消えたブレスレット>(2007年11月13日)


ストラップに限らずgermaniaで販売しているブレスレットなどの話です。
たまにブレスレットやストラップをなくしてしまいました、と報告してくれる方がいます。
特にsivaをなくした方が多い。
ホックがちゃんとはまっていなかったのでしょうか?
いや、あれはパチンとしっかりはまるので、それはないと思います。

この間は龍神が消えてなくなりました、という報告がありました。
詳しく訊いてみるとカニカンは残っている、というのです。
それって、カニカンの下の丸カン(金属製の輪)の切れ目から外れてしまったのでは?
ウチに来ていたS子に
「龍神が消えたって言ってる人がいるんだけど、これ、輪っかが外れただけじゃないのか〜?」
しかし丸カンから外れないように作らないとね、改善しますね。
丸カンを二個使って丈夫に作ってあるのもあります。
見栄えは悪いけど壊れないようにするためです。

「普通はストラップが壊れた、って報告するもんだ。
異次元に消えた、みたいな言い方をするのはPANDORAのお客くらいしか居ないな。」と
言ったらS子が大笑い。
普通、そうでしょうよ。

ところが・・・

本当に異次元に消えたとしか言いようがないケースも沢山報告があるんです。

「昼間休憩室で横になった。目が覚めると腕にしていたブレスレットがない。
誰も入室していないし、狭い部屋(6畳間)のどこを探しても見つからない、
これはあり得ない。」とか・・・


何なんでしょう?



この記事を読んだ方からメールが来ました。

ifさま
こんばんわ!
Eです。
 
消えたブレスレットを読んで、
 
以前Germaniaで購入したミカエルのストラップなのですが、
 
丸かん二個なのですが、外れます。
でも、本体の方も丸かんのどちらも
輪は緩んでいないのです。
 
ペンチでもう一度開いて つなげてますが、
これでもう4.5回はそんな感じで外れます。
 
たいてい鞄の中に落ちているので、すぐ直しますが…
 
外れる隙間なんてないのに、不思議です。

げっ。
丸カンを二個つけても外れるってのはいったい・・・
しかも丸カンには切れ目はありますが、そこが開いてないというんです。
それでも外れるのならお手上げですわ。


他にはラピスラズリの指輪(クイーン)をしていた日に男の友人に腹を立て
ブン殴った方がいます。
で、気づいたら指輪がなくなっていたそうです。
そんなことがあるんでしょうか、驚きました!
勿論「男友達をブン殴る」ことに、です。

謎の方もブレスレットを沢山買ってくださいましたが・・・
知人にあげたところ次から次へとなくなったそうです。
おかげさまで次から次へとお買い上げいただき、私は嬉しかったです(不謹慎)。
それが有り得ないなくなり方をするそうで、謎の方は
「異次元に消えた」と言ってます。

kagariさんが言うには今、この世界は四次元の中層だそうです。
私が作るストラップやチャーム、ブレスレットなどがどうも違う次元に
一足先に行っちゃってるようなんです・・・

ブレスレットやチャームをなくした方済みませんね。
一足先に行ってあなたを待ってるのかもしれませんので、ここは一ツ穏便に・・・

<赤龍の考察>(2007年11月9日)


閲覧者の中には研究心旺盛な方がいるんですね!
Nさんという方がgermaniaで販売している赤龍についていろいろと調査&研究してくれました。
面白いので掲載しますね。


if様


Nと申します。
先日は、赤龍のおみくじの話を採用していただき、ありがとうございま
した。


あれから、赤龍Cのデザインの記憶をたぐったのと、たまたま調べてい たことで
なんだかシンクロがあったので、メールさせてもらってしまいました。



これも完全に趣味なんですが、
落書きで描いている漫画の話を作るために、調べ物をするのが好きで (^^;
最近調べていたのが、
火の神迦具土のことでした。

手伝っている個展会期中はあまり調べられなかったのですが、
1つ、面白いHPを探し当てて、昨日今日で読んでみたら、
なんだか赤龍Cのデザインに、面白く呼応するような気がして、
ちょっと興奮してしまいました。

http://homepage1.nifty.com/fumio-y/jikuu00.htm
「月神の研究」というHPです。



初めは迦具土神のことを調べていたので、
ストラップのデザインは、イザナミが迦具土を産んだ後生まれてきた 3神が、
丁度いるなあ・・・と思ったんです。
(元々赤龍が気に入ったのは、丁度迦具土を調べていたから)


水晶・・・ミズハノメ(彌都波能賣神・罔象女神)(水の女神)

レッドジャスパー・・・埴山姫(埴安姫・波邇夜須毘売神)(赤土の女 神)

金のビーズ・・・金山彦(鉱物の男神)

下部の赤い部分・・・迦具土


と対応しそうだな・・・とこじつけて楽しんでいたんです が・・・。


でも、そのHP、
ニギハヤヒという神様の事を研究しているもので、
HPを読み進めていくと、上記の神が別の神と取れるなあと面白くなっ てきました。



イザナギの目から、アマテラスとツキヨミが生まれたのに
その後の神 話では月(読尊)が出てこないから、
月読尊をお祭りする調(つき)神社の、7不思議の1つの話 の中で、
ここにあったひょうたん池の魚は片目になると言う伝説が生まれたのだ ろう、
と書かれていました。

私の所へ来た赤龍の目は、片目でしたので、
(片方が真っ黒で、うっすらとしか模様が判別できない、無理矢理見て も半眼状態)、
あ、あの目はツキヨミだったのかな、と思いました。

(もう片方の目の方もちょっとぼんやりしていて、そのせいで
 こっちを見てくれないなあ・・・という気がしたんです)

ツキヨミ=ニギハヤヒと推理するHPなので、
天眼石・・・月読尊=天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊
に当てはまりそうだな、とワクワクしていました。


その後、どんどん読み進めると、
天眼石の模様のようなものは
、蛇の目紋といって、
禁止と招来2つの霊力を持つ呪符に使われるそうですが、

「この目は蛇神としてのニギハヤヒの目の形なので 霊力をもつ のだ。」引用

と書いてあって、だから、ifさんの龍神は力があるんだなあ、と 思いました。



迦具土は、ニギハヤヒの父・スサノオの火の性を表してる
そうだし、
ミズハノメは、ニギハヤヒの母・市姫を表し、水の性を持つそうだし、
埴山姫は、ニギハヤヒの孫娘と思われる、邪馬台国の2代目女 王・トヨに関連してるようだし、
金山彦は、ニギハヤヒの別名だそうだし・・・
これはニギハヤヒの力のあるストラップなのか??と思いました。

ニギハヤヒ。
実はずっと前にお師匠に絵を描こうと思って浮かんだ言葉がニギハヤヒでした。
でも、同時にニニギノミコトも浮かんでいてどっちなのか、
分かりませんでした。
何となく天孫降臨の方=ニニギノミコトにしてしまいましたが、
やはり最初に浮かんだニギハヤヒだったのか・・・と。

その後何度もニギハヤヒという言葉が絵を描く際に浮かんでいます。
「絵の不思議話」にも男性の絵二枚はニギハヤヒ関連なのです。
何でこの言葉が浮かぶのか分かりませんが・・・
(if)

ニギハヤヒとトヨは一緒にまつられていることが多く、
伊勢神宮のアマテラス(天照大神)=ニギハヤヒ、トヨウケ(豊受大神)=トヨらしい
です。
しかも
、トヨの性質が「赤龍」らしい。
(ニギハヤヒは青龍だそうです。青=月の主だからとのこと)

げっつ。
実は師匠にサンプルとして龍神ストラップ」を送ってます。
それは「青龍」なんです。
やはり師匠はニギハヤヒ関係者なんでしょうか?
(if)



ピラミッドの話も出てきてビックリしたのですが、
ピラミッドはこの世と鏡写しであの世にもあり、
正八面体の姿をしている。(これを黄金太陽というらしい)
下に当たるあの世のピラミッドは赤い色をしているそうです。
日本でも、赤い色は黄泉(四三)を表すそう。この世は御代(三四)で 白で、
巫女さんの装束がその色を表してるそうです。

(このHP、ひふみ神示の数字も出てきて、
一二三四五六七八九十の話がいっぱい出てくるので驚きました。)

それで、あのスワロフスキーのビーズ◇は真ん中を境に、
黄泉の国にいるニギハヤヒの状態を表してるのかなあ、と。

そうすると、このビーズの上下に4つあったガーネットのビーズ は、
ニギハヤヒが閉じこめられているという□の結界なのかも?と。
この辺はよく分からず。



小さな金ビーズがいくつ使ってあったか、うろ覚えなので、(確か 4つ?)
これにはこじつけが出来ませんでした。
(6つだったら亀甲紋でニギハヤヒ、
ガーネットと合わせて8つだったらニギハヤヒ達の属する出雲族 orスサノオを表す数霊、
大きい金ビーズと合わせて9つだったらニギハヤヒを表す数霊、とかか なあ)

実は私もチャームなどを作る際には、日本の数霊ではありませんが、
何となく数字の意味を思い出しつつ作っています。
目立たないけど小さな丸小ビーズの数を、恋愛なら「6」とか金運なら「8」〜「9」にするとか
精神的なものなら「7」にするとか、一応考えているんです。
厳密ではありませんが。。。



他にもなんだかヒントになりそうな情報が・・・。



トンデモかも!?と思いつつ、
ひふみ神示を学び、龍神様が来ているらしいifさんのことですか ら、あり得るのかも。
封印されてるニギハヤヒが出てくると、グレンとひっくりかえるそうで すし・・・??
(アセンションの話かな?)
ひふみは火風水でもあるそうで
、ニギハヤヒは風の性らしいです。
父子 母にも対応してるようです。



なんだかよく分からないとは思うのですが、
そんなわけで、ifさんの龍神ストラップの力は、ニギハヤヒの力 なのかも、と思いました。

へえ、とても面白い考察です。
凄いです。



ところで、おみくじ
「6」(シヴァ神ブレスレット)の意味が分かりま した。
最初にこのおみくじ見たときに、そういえば、数字の6と言うよ り、勾玉、と思ったんです。
(これも迦具土を調べてるせいだと思います)
よく考えたら、6日の昼、勾玉を手に入れていました・・・。
赤龍事件がすごすぎて、すっかり忘れてたんですが・・・。
シヴァ神=大黒天も、ニギハヤヒにあたるんだそうです。


ちなみに
勾玉の形は巴で、これもニギハヤヒを表すらしい。
「巴紋とは水の渦巻きや武士の弓手の鞆(とも)絵、勾玉 (霊魂の形)、
古代中国では龍など多くの由来が考えられている。」引用
ニギハヤヒだらけです。
(しかも赤いからこれまた?)


・・・・・・ニギハヤヒスパイラル・・・(笑)


下手すると残る「光線」もニギハヤヒじゃないだろうな・・・と心 配になりますが、
そうかもしれません。なんとなく。
でもこれについては、もう少しゆっくり待って楽しもうと思います。

凄い研究力・・・大学の卒業論文かと思いました。
Nさん、有難うございました。

<拾ったお守り>(2007年11月3日)


今から半年ほど前にTさんからメールがありました。
街でお守りを拾ったんだそうです。
そのお守りは東京のお寺(神社か?)のものでした。
これをどうしたら良いか、捨てるのは嫌だし
かと言って他人のモノを自分が預かっていて良いものだろうか?と。

それに対して・・・
そのお守りはもちろん捨ててはいけない。
出来たら東京のそのお寺(?)に届けると良い。
あなたが「このお守りを東京のお寺(?)に届ける」と決心すれば
東京へ行くことになりますよ。
あなたがそのお寺のお守りを拾ったのは偶然ではなく、
縁があるからでしょう。
そのお寺の御本尊があなたに「来い」と言っているのでしょう。

それから半年余り経ち、Tさんからメールが来ました。

それから、話はかわるんですが(^^;)以前、お守りを拾った・・・
と言う話をifさんにしたんですが、覚えてますか??
そのお守りの本山が東京にあるらしいんですが、
12月に東京に行く機会ができたんです!!
なので、ごあいさつに行きます!!
やっぱりなにかご縁があるところなのかもしれないです。

呼ばれたんですね。

<「スターピープル」>(2007年10月31日)


雑誌の名前です。

先日「ジュネさんはそのうち雑誌に載るから」なんて適当に書きました。
私はア◆モネに載るのではないかと思ったのです。
アンジュさんも二年ほど前にア◆モネに載りましたからね。
ジュネさんの仕事はアンジュさんに劣らないのでこれはいつか載るな、と。

ジュネさんはやはり載りました。
でもア◆モネではありませんでした。

ナチュラル・スピリット社から出ている「スター・ピープル」最新号です。
ちょっと違った。
なので、ジュネさんの予約はさらに困難になりました。
皆さん、ジュネさんのセッションの予約はしてありますか?


「スター・ピープル」という雑誌は一冊1500円で少々高い。
でも、内容は濃い、レベルは高い、で、1500円でも安いくらいです。

で、手元に「スター・ピープル」があるんですよ。
ひょっほっほ〜!
ジュネさんの顔を見たい方はどうぞ♪
アマゾンで買うと送料が無料です。

<ストラップの変わった使い方>(2007年10月24日)


Sさんのおいの方が888888のスペシャル・キリ番を取ったそうです。
スペシャルにはチャームなどをつけて送ってます。
「天使の羽根」のサンプルがウチにあるので、送りましょうか?


チャームをいただけるとのことで、どうも有り難うございます。
うちの甥っ子に伝えたら、「貰えるならなんでもいいよ♪」と、ニコニコ嬉しそうです♪

この甥っ子、実は三人兄弟の中では1番、大人に対して手強いところがあり、
言葉より先に手足が出るタイプでありました。
文章を書くのが好きなだけあって、口の方もたつには、たつのですが、
キレると手足が飛びました。
人に対しては無かったですが、壁や物に当たっていました。

多分感受性が鋭く、それが周囲に理解されないので、イラだっていたのだと思いますよ。
生きてて何が一番嫌かというと、私なら「他人が理解しないこと」ですが。


また、この子は小さい頃から、普通の人には見えない者(つまりおばけですが)を観る子で
私は、質の悪い低級霊に憑依されやしないかと心配でした。
というより、キレる時の彼を観てると何か憑いてるのでは?と思わされるときがありました。

そんなこの子が仲の良い三人兄弟の中で、牽引力のような役割を持ってるようなのです。

   (ジュネさんによると、
この子達は何度も一緒に転生して兄弟や三つ子で生まれて
   協力し合いながら人生を送って成し遂げている
のだそうです。
   hakoさんにも同じような事を言われていました。
  
 もとは、一つの魂だとのことでした。鑑定はストラップをいただいた少し後です。)



そんなこともあり、i f さんの貴重な「釈迦根付け」や「キリストストラップ」を三人の
甥っ子達にいただいたのでした。
「キリストストラップ」は、たしか三個しかないというものを有り難いことに
全部うちの甥っ子達にいただけたのでした。(魚の形の茶金石のストラップです。)

あげたことを忘れていました。
あれは三個しかないので、売るのは面倒なので甥っ子さんが三人いると聞いて
それなら・・・(これで面倒がなくなる)・・・と、送ったのだと思います。


ストラップは三人とも喜んでくれましたが、
上の子と下の子は、私のアドバイスどおりにベッドの枕元に下げて
おみくじも壁に貼り付けてたり、机の小引き出しに入れてたりするのですが、
この真ん中の甥っ子だけが、「無くすと悪いから…」と言って、自分の近くに置こうとしなかったのです。
これは、もしかしたらやはり憑いてるかもと思い、
無理強いすると反発するだろうからと、テーブルにほっぽってあった生徒手帳の見返しと裏見返しに
「釈迦根付け」と「キリストストラップ」をはさみました。(ストラップで、サンドイッチ状態です。)
生徒手帳には、彼の写真も貼ってあるし、個人情報が全て書いてあるので
彼の分身のようなものと考えたのです。


なるほど。
御主人や彼氏の写真を、あなただけの絵でサンドイッチしている人もいるようです。
効果が出た、という報告があります。


そうしたらですね。この子が少しずつ変わってきたのです。
まず、人間関係でストレスがあった部活を辞める決心をしました。
でも良い友達は、部活を辞めても関係を絶つことはありませんでした。
ストレスが減ったせいか、まず、愚痴をこぼす回数が減り、
笑顔が増え、楽しいこと嬉しいことを言うようになりました。
未だにテストの点数は悪いし、親にはそのたびにいろいろ言われるわけですが、
以前ほど反抗的でなくなり、冷静に対処し、親に勉強を聞くくらいの心の余裕が出来てきたのです。

それは良かった♪
関係ありませんが、我が家の末っ子ちゃんも勉強が全然出来ませんが
親が何も言わないので、反抗しません(て、当り前か)。


この変化は、きっと「釈迦根付け」と「キリストストラップ」のお陰ではないかと思っています。
たぶん、憑いてたものが抜けたのではないでしょうか?

私はその子にはTQ霊は憑いてないと思うんです。
感受性が強いので、理解者が居ないことがキレる原因だと思いますよ。
でも、ムカついて暗い気分になればTQ霊は寄ってくるでしょうし、どうなんでしょうね?

<ラクシュミー>(2007年10月18日)


Eさんにラクシュミーの絵を描きました。
すると、Eさんとても気に入った様子。
Eさんはサラスバティ(弁財天)と、勘違いしていたそうです。


これはインドに3000年伝わる伝説です☆
世界中の様々な成功者が最後にたどり着く哲学であり、お釈迦様にも影響を与えた思
想です☆


その昔、商売で成功を目指す1人の若者がいました。名だたる賢者に成功への方法を
聞こうとして、数多くたずね歩きましたが誰一人答えられる者はいませんでした・・
本当の答えを知っている者は、若者のすぐ近くに住む汚い衣服に身を包んだ老人でし
た☆
老人は言いました。
「人の心には、2人の女神がいる。1人は
“ラクシュミー”富の神じゃ。もう1人は
“サラバスティー”知識の神じゃ。
人は成功を目指す中で、志を忘れ富を求め始めてしまう。しかし、ラクシュミーは高
慢な女神だから、なかなか振り向いてくれない。
知識を求めよ。サラバスティーは味方してくれるはずじゃ。すると、嫉妬深いラク
シュミーは、振り向いてほしくて自然となびいて来るんじゃ。」


つまり、地位や名誉を求めるということは、人間性を、知識を、知恵を、向上させ続
けること。
これが成功への自然な道なんです☆
ラクシュミー神のように、お金は嫉妬の賜物です。知っとった?


いや、知らなかった。Eさん凄い。
ラクシュミーを得るためにはサラスバティーが必要だそうです。
富を得るためには勉強しないとダメらしい。

資格を取るための勉強を始めたEさんですが、サラスバティ(勉強)を選んだら
ラクシュミーの絵が来たので驚いているのです。

<スコットランド>(2007年10月17日)


Mさんに本質の絵を描きました。
すると「スコットランド」という言葉が浮かんだ。
意味はわかりません。
Mさんにもわかりません。

その後Mさんはgermaniaでブレスレットを買ったそうです。

「ロスリン」というブレスレットを一目惚れして購入したんですが
後で、ロスリンはダヴィンチコードで有名になった教会だったと知りました。
そのロスリンだったのでしょうか?
ifさんに以前、スコットランドって浮かんだと言われた事があったので、関係あるのかなーなんて^^
あああ、鈍い私!!


そうです、そのロスリンです。
ロズリンでもいいのかな。
ロズリン修道会?をイメージして作りました。

Mさんは知らず知らずスコットランドにちなんだモノを引き寄せていたようです。




私は忘れていましたが、最初に絵を描いた時オマケに描いた絵が「じゃがいも」でした。
ジャガイモはスコットランドでは主食だそうです。
またMさんの友人にスコットランド人がいるそうです。
沢山符合がありました。

Mさん、前世はスコットランド人なんでしょうか?

<絵ハガキ>(2007年10月12日)


ヒーリング・エネルギー入りの絵ハガキを売ってるサイト。


IPUKU

絵ハガキはとても安く良心的なので気に入りました。



IPUKUさんに絵ハガキにまつわる不思議な話がないか、
訊いたところ・・・


絵葉書にまつわる不思議な話・・・というか
 
リーディングのままに・・・オリジナルで絵やブレスレット
(石の配置にも意味があるようです)を作製していますが・・・

それらを通して、その時に必要なメッセージが送られてきます。
そのメッセージは、お客様へお渡ししています。
 
私の実感としては、自分自身が素直であればある程・・・
その送られたメッセージの方向へ導かれていく。
気づいたら導かれていた・・・
そんな体験をするような気がします^^
 
“素直” というのは、自分の内側に持っているいろんなネガティブなエゴがでてきたりして・・・
素直で在り続けることって、なかなか難しかったりしますが、
それでも・・・
“素直” である自分を意識し続けていくことって大切なのではないか!? と思います。
こんな自分、素直じゃないな!! と感じたら・・・勇気を持って、今までの自分を変えていく・・・。
そんな素直さは自分自身をどんどん輝かせていきます。
頭で考える素直ではなく・・・心や体、魂の輝きの部分で感じる “素直” 。
それは、本当を・・真実を・・・知る “カギ” になってきますので・・・。
 
以上が
私のオリジナル商品である絵やブレスレッド、パワーストーン(ブレスレッド以外)を
より良く活用して頂くためのメッセージになります。

なるほど・・・

<オーラの泉>(2007年10月10日)


オーラの泉は1〜2回しか見たことがありません。
最近、オーラの泉の内容を短くまとめているサイトを発見しました。

これを読むと前世が今世の及ぼす影響、
持ち越している課題、性格、どう生きるべきか・・・などが
分かり易く説かれていて、参考になります。


http://spiritual.syuji.com/

また、ゲストは二回以上出演している人もいますが、
一回目で三輪様と江原氏によって浄化されたり
生きる指針を教えられたり欠点を諭されたりするせいか、
二回目は皆さんオーラがきれいになっているそうです。
でも、それも三輪様と江原氏が言ってるので、本当なのかどうか・・・


でも、この二人はもしウソを言ったら自分の魂が
どうなるのか、他の人より良く知っているだろうから、
ウソは言わないと思うんです。

<開眼と半眼>(2007年10月9日)


germaniaで「龍神/黄龍」を買った方から。


天眼石をながめながら・・・
『開眼』と『半眼』だ。。。

と、思ったのでメールでーす、

天眼石おもろー。

ははっはh!
よくそんなコトに気づくね♪



天眼石は縞模様、目玉模様がはっきりしたのを選んでますが
もし、目玉がはっきりしないのがあったら、直しますよ。
送ってください。

<本の紹介>(2007年10月5日)


霊視者平岩浩二氏が世界史の真相、深層を
霊視によって明らかにしていくトンデモな本。
平岩氏はアストラル界でシュタイナーに
師事したそうで、シュタイナー的な
見地から歴史を見ています。

帯には
「好評の日本史に続く、待望の世界史。
霊視から見た
人類の歴史を記述する驚天動地の霊的真相」

と、あります。

私は歴史好きなのでとても面白かったです。
それだけでなく、本の価値としてはここ数年間で
私が買った本、知った本の中では一番です。

この本に出会えて良かったと思います。

<夢の中で会う>(2007年9月29日)


去年謎の霊能者Kさんに、私が夢の中でいろいろな人と会っている、と教えられていました。
私はここ数年ろくな夢を見ていません。
モノクロで話はまとまりがなく、ごちゃごちゃした夢で、しかもよく覚えていない。
とてもつまらないです。
ところが、閲覧者の方の中で私の夢を見る人がとても多い。
沢山の報告を受けています。

先日ジュネさんのセッションを受けた時、夢について聞いてみました。
すると、やはり私は寝ている間に時空、次元を超えて旅をしているそうです。
いろいろなモノを見て知るためです。
その旅の途中、誰かの要請があればそちらへ行くんだそうです。
すると誰かの夢に私が登場する、という形になるのだそうです。

私は覚えていませんが。

今まで報告してくださった方、有難う。
いただいたメールはどこにあるのか、わからなくなってます、済みません。
時間が経つと削除しているので、削除してしまったかもしれません。
済みません。
今回、Aさんが夢の報告をしてくれたので、掲載します。




if さん
 
こんにちは。Aです。
 
いつもPANDORAを楽しく拝見しています。
 
パンドラの壷 → 直感についてY → ジュネさん潜在意識解読 
にあった、if さんの夢の話を読みました。
 
私もif さんの夢を見たのでご報告します。
 
普段、夢日記をつけているんです。
毎日とはいきませんが、時間の許すときにコツコツ書いています。
 
その夢は、×月×日に見ました。日記を要約して書きます。
 
〜夢〜
 
今日は、if さんに依頼していた、私たち夫婦の湯のみ茶碗が、出来上がる日です。
私たちの実家がある町の、とある坂道(上り坂の印象)で、if さんとご対面。
( if さんが坂の上側、私たちが下側に立っていました )
if さんは、髪を後ろにきゅっと結って、カジュアルな服装でした。
 
実際の私は髪の毛は短いので縛れませんが。

if さんは湯のみ茶碗を手にとって、
ちゃんと絵が描けているか、割れていないかなど、最後のチェックをしています。
ねずみ色で少し大きめ、つややかな湯飲み。
お地蔵様の絵が描かれていたのですが、
厳か、というより、ポップな可愛いお地蔵様が一人ずつ描かれていました。
 
しばらく真剣な顔をしていたif さんは、
初めてにっこりして 「うん、いいね」 と言って、私たちに手渡してくれました。
 
                                     〜 以上です 〜
 
もう少し夢は続くのですが、if さんのご出演はここまででした。
今まで if さんとお会いしたのは、この夢だけです。
もっとお話したかったです ^^
 
 
それから、
 
if さんがあまり夢を覚えていないのは、夢が一番の楽しみにならないように、
とのことだったようですが、
 
私が、高校生で鬱のどうしようもなかった時期のことですが、
 
本当に夢が美しくて楽しくて、生活で一番の楽しみが夢でした。
空を飛んだり、花畑を歩いたり、色とりどりの風船が空から降ってきたり。
鬱という現実からの逃避のためにか、寝ても寝ても眠れるんですよ。
そういう体調だったのかもしれませんが。
 
現実は、自分の蒔いた種の刈り取りだったとはいえ、とても辛い時期だったので、
夢が楽しかったのは、少しの救いでした。
 
鬱の人の心は闇、とどこかで読みました。
確かに、暗くて妬ましい心で真っ黒だったと思うのですが、夢は楽しかったなぁ。
 
この記事を読んで思い出しました。



if さん

Aです。
先日、湯のみ茶碗をif さんから貰う夢を見た、と報告したものです。


お忙しい中、夢の鑑定までしていただきまして、恐縮です。
ありがとうございました^^


夫婦仲について評価される夢だったとは。
実は、夫婦仲に関しては、少々考える事があります。

中国風景
5月、if さんに、夫の守護の絵を描いていただいてから、
夫がビックリするほど穏やかになったんです。
彼は朝が弱いので、機嫌が悪い事が多かったのですが、
今では、目覚め直後、布団の中にいる時に
笑顔が出るようになりました。


絵は、低級霊に憑かれていると思われる夫の上司、
これからの守護をお願いしたのですが、
家の中まで本当に明るくなりました。



その上司からは、いまだに理不尽な指示があるそうですが、
別に気にならないようになったそうです。


私も物事を言うタイミングを考えるようになったことと、
笑顔を作ることを意識するようになりました。
やっぱり、家庭の中は温かいほうが良いですね。


夫を助けてください、とお願いした if さんが夢に出てきて、
これでよし、と告げてくださるなんて。
しかも、夢判断までしていただいて。ありがとうございます。
if さんは、夢を見ているときでさえ、忙しいのですね。

今週の土曜日は、私たちの10年目の結婚記念日なんです。
それを前にして、夫婦これでよし、と告げられるなんて、
サプライズプレゼントです!
if さん、本当にありがとうございます。



本人が身に覚えのないことで感謝されるなんて・・・えっへへ・・・ま、いっか。

<日本雛型論>(2007年9月26日)


神道系の考え方なんですが「日本雛型論」というのがあります。

世界地図と日本地図を見比べてください。
多少歪んでいるけど「同じ形」であることがわかります。
これも「相似象」です。

あ、相似象って言葉の意味をここで言います。

◆原子モデルと太陽系、相似象です。
両方、ほとんど何もない空間を原子と惑星が回っていますね。

◆遠い山並と近くの地形相似象です。
見てみるとわかります。

このように、大きなものと小さなものが実は相似である、というのが
相似象という言葉の意味です。


また

◆天皇陛下と国民の関係。
戦時中は国民は天皇の赤子(せきし)と言われました。
これと家族が相似です。
このような思想は日本だけです。

◆会社では社長と社員が家族関係となっております。
これも相似象です。
このような考え方は日本にしかありません。
海外の会社では社長と社員の年収の差は凄まじい。
しかし、日本では家族と相似なため、社長は社員を我が子のように
処遇していて、これが世界でも稀な生産性、品質の高さの
理由となっているのかもしれません。




さて、先日ウチに来てくれる電気屋さん(女)のご主人と
トンデモ話をしました。
このご主人、トンデモ体験が大変多い。
それを聞いた後で私が教えました。
「日本雛型論」を。
ご主人、鳥肌を立てていました。


日本雛型論。
日本は世界の縮図です。
対応するのは

◆本州=ユーラシア大陸
◆北海道=北アメリカ
◆四国=オーストラリア
◆九州=アフリカ
◆台湾=南アメリカ

台湾は歴史的にも中国ではないのです。

彼の地は中国からは長らく「化外(けがい)の地」とされていた。
今中華人民共和国が台湾を我が国であるとゴリ押ししていますが
あれはウソですよ。

台湾は日本でもないと思う。
でも、日本雛型論からは日本列島の一部なのです。

不思議なのはこれだけではありません。

その地にある湖や山や川などもちゃんと対応しています。
調べてみてください。
また北海道のアイヌと、北アメリカの先住民が対応しています。


これを言ったら電気屋さんのご主人、鳥肌を立てていました。

<チャイム>(2007年9月22日)


Aさんからの報告です。
Aさんには県外で暮らす長女と高校生の次女、二人のお嬢さんがいます。

長女とカミさんに不思議な話を聞きました。
長女のアパートのインターホンのことです。
怪しいセールスが訪ねて来たり、同じアパートに住む男子学生のトッポい仲間達が悪戯で、
アパート各戸の部屋のピンポンを押すらしいのです。

でも、
何故か、そんな時に限って娘の部屋はチャイムは鳴らないのです。
私たち家族や仲の良い友達が訪ねて来た時には、ちゃんとチャイムがなります
新築のアパートなので、故障は考えられません。
これって、見えない存在に守護してもらっているということなのかなぁ〜。
不思議なことですが、良い現象なので、感謝しなくてはなりませんよね!
以上、報告でした。
ではまた。
(^O^)/~~


本当に不思議です。

<□スチャイルド>(2007年9月17日)


Gさんから面白いサイトの情報が来ました。
「Anti-R○thschild・・・」というサイトです。

http://www.anti-rothschild.net/index.html

<レムリアン(↓)とビジター(↑)>(2007年9月7日)


Mさんからの報告です。

指輪「レムリアン/魔法」が届きました。
ありがとうございます♪

いつも思うのですが、指輪の仕上がりが丁寧できれいですね。
上手な人なら当たり前なのかもしれませんが、
糸の端がどこかわからない丁寧さに感心してしまいます。

指輪は作るのが意外と大変です。
まず、テグスを通しますが、交差したらまた通します。
テグスは二重になってます。
そして、結び目を作り接着剤で補強したあと、余分なテグスを
またビーズに通します。
この時、ほとんど一周するくらいの長さを通します。
それでも壊れてしまう場合があり、K子もS子も処理が難しいと言ってます。


最近は、ifさんが指輪売り出しUPして間もない頃に
いつもタイミング良く出会えるのでその度購入できて嬉しいです。

良い流れに乗っているんでしょうかね。

縁があって
「ビジター」もウチにやってきました。
「ビジター」はレムリアンシードより体に合っているようで
到着後からすぐに指にはめていましたが、
なんだか良い感じでした。
それに、デザインもとっても好みのものが来たので
なんとなく気分も浮かれるようでした。

写真を見ると渋い色合いですね。
好きな色合いが来て良かったですね。


その後やって来た指輪
「レムリアン/魔法」は、
前に購入したレムリアンの指輪より神秘的なデザインで、
これもすごく気に入ってしまいました。

この指輪のデザインですが、なんと私が三回ダメ出ししました。
「魔法に見えない」というのがその理由です。
大変だったんですよ。


おまけにウチに来た
「ビジター」と「レムリアン/魔法」
雰囲気がこれまた近いものがあって(写真参照)
「ビジター」も「レムリアン」もエネルギーの強い物だと
分かっているんですが2つの指輪を重ねて使っています。




本当に色合いが似てますね。

ブログ「irideの幸せはここにある」(リンク2)の日記にあるように
写真の撮るとぼけますね。
おまけに正面から撮ろうと携帯を構えたときに
携帯の画面に乱れが入ったりと、なんとも不思議な石です。

指輪からエネルギーが出ているんでしょうか?
不思議ですね。


実は、前回のレムリアンだけ指にはめた時はなんだかクラクラしたんですが、
ビジターと今回のレムリアン2つだと反対に安定して落ち着く感じなんです。
そしてそのうち着けている左手が肩までジワ〜ッと暖かくなって、
おおっ!すごいっ!!って感じです。

でも、エネルギー強すぎるならあまり合わせて使わない方がいいですかね?
でも不快な感じにはならないから良いかな〜と思って使っています。
(単に私の感覚が鈍いだけなのかもしれませんが・・・。笑)

で、なんで2つ合わせると安定した感じになったのかな〜と思ったんですが、
レムリアンシードはレムリア人(地底人)の意識で下に引っ張られる感じ。
テクタイトはむしろ宇宙に意識が向く石。
両方着けるとバランス取れるのかなと思いました。
単純発想ですねー。(笑
(当てにならないトンデモ発想なのであまり気にされないで下さいね。エヘッ )

実はこういう情報が来ています。
「あまりレムリアにのめり込むと、意識をレムリアに引っ張られる」と。
レムリア意識というのは、地中です。
地底人のことです。
他には、レムリア人はいるかになった、という説もありよくわかりませんが、
そういうことです。
何事ものめり込んではいけません。
参考にする、好む、くらいにしておいた方がいいです。


それにしても、この指輪達がウチに来てくれて嬉しいです。
おみくじも
「ビジター」「向上する」
「レムリアン/魔法」
「収入が上がる」だったので
ますますラッキー気分です♪

本当にありがとうございました。


Mさん、画像と感想を有難う。

<指輪「ビジター」>(2007年9月5日)


「スピと現実の挟間で・・・」(リンク2)のnonokaさんより。

ifさんこんばんは。nonokaです。
 
指輪「ビジター」、届きました!
 
んで、早速、つけました。
 
感想。
 
「あうぅっ、頭がぐらんぐらんするぅ〜〜!!!」
 
 
PANDORAで販売している指輪は
会社にはつけていけないので買うことはないだろうと
思ってたんですが、この「ビジター」ちゃんは見た瞬間
「ほしい!!」と思い、ご存知の通り会社から
申し込みメールしちゃったんですよね。
(見た瞬間、何故か、ハワイにつけていこう!と
激しく思ってしまいました。)
 
この指輪、強力ですわ・・・。
 
1時間ほどして、やっと慣れました(笑)
 
ちなみにおみくじは、「プレゼント」
 
わ〜、ナンだろう♪(わくわく)
 
って、この強力な指輪がプレゼントなのかもな〜。

nonokaさんは霊感があり、エネルギーに敏感なので反応も凄いですね。




他にもビジターに一目惚れして購入したら
凄かったという方がいました。
(誰だかわかりません、この記事を読んでたら名乗り出てください)

ビジターのメインの石はテクタイトです。

<